「インフラエンジニアってどんな仕事?」
「インフラエンジニアはどんな資格を取得するのがおすすめなの?」
「インフラエンジニアにはどんなスキルが必要?」


このように、フリーランスのインフラエンジニアという働き方に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。


本記事では、インフラエンジニアの仕事内容やインフラエンジニアに役立つ資格などを紹介しています。本記事を読むことで、どのような資格を取得すれば良いのか把握することができるでしょう。


また、身につけておくとよい能力なども紹介するため、フリーランスのインフラエンジニアとして独立することを目指している人も、参考にできます。


インフラエンジニアにおすすめの資格について詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

インフラエンジニアに役立つ資格を取得するとよい理由

インフラエンジニアという仕事は資格が必須の職業ではないため、資格がなくてもインフラエンジニアとして仕事をすることは可能です。しかし、資格があることで有利に働く場合もあります。


ここでは、なぜ資格を取得するとよいのかを解説していくため、どのような理由があるのか参考にしてみてください。

基礎知識を習得できるため

資格取得のために勉強することで、インフラエンジニアに必要な基礎知識を習得することができます。たとえばITパスポートや基本情報技術者試験などを取得すれば、ITエンジニア全般で有効な基本的なIT知識を身につけられるでしょう。


また、それを足掛かりに難易度の高いネットワークスペシャリスト試験やシスコ技術者認定に挑戦すれば、インフラエンジニアに求められるネットワーク関連の高度な知識を習得できます。

スキルの証明ができるため

未経験でインフラエンジニアとして就職や転職をする場合、経験も資格もなければ自身のスキルを証明することができません。しかし資格を取得していれば、一定のスキルを保有していることを客観的に証明できるようになります。


そのため、採用選考の際においても資格を持っている人材の方が、市場価値が高い人材だと判断されやすくなるため、転職活動でも有利になるでしょう。

インフラエンジニアの主な仕事内容とは

インフラエンジニアは、サーバーやネットワークなどのITインフラ全般の企画や設計、開発、保守運用などに関わる仕事です。


インフラエンジニアの職務領域は多岐にわたり、専門とする分野によってサーバーシステムを扱うサーバーエンジニア、ネットワークシステムを扱うネットワークエンジニアなどに分かれます。

インフラエンジニアにおすすめの資格9選

インフラエンジニアとして知識やスキルを証明できる資格には、国家資格からベンダー資格までさまざまな種類があります。また、習得難易度なども異なるため、まずは簡単な資格取得からチャレンジするとよいでしょう。


ここでは、インフラエンジニアにおすすめの資格を紹介していきます。資格取得を検討するための参考にしてみてください。

1:基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは、情報処理技術者に必要な知識があることを証明できる国家資格です。IPAによって実施されている情報処理技術者資格の試験区分の1つで、スキルレベル2に相当します。


情報処理技術者資格の中では基礎的な内容を問う試験ですが、出題範囲が広いため、幅広いIT知識を習得することができるでしょう。


出典:基本情報技術者試験(FE)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html?_fsi=oqEd7qvi

2:応用情報技術者試験

応用情報技術者試験とは、基本情報技術者よりもワンランク上の国家資格です。基本情報技術者試験と同じく情報処理技術者試験の試験区分の1つで、スキルレベル3に相当します。


基本情報技術者試験よりも、より応用的な問題が出題されるため、ITエンジニアに必要な幅広いIT知識と応用力を身につけることができるでしょう。


出典:応用情報技術者試験(AP)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html

3:ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験とは、ネットワークの専門的な知識やスキルを証明できる国家資格です。情報処理技術者試験の中でも、高難易度のスキルレベル4に相当する試験となっています。


取得することで、専門性の高いネットワークのスキルを証明できるため、インフラエンジニアにおすすめです。


出典:ネットワークスペシャリスト試験(NW)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/nw.html

4:データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリスト試験とは、データベースの専門的な知識やスキルを証明できる国家資格です。ネットワークスペシャリスト試験と同様に、スキルレベル4に相当する高度情報処理技術者試験となっています。


取得することで、データベースの専門家としてデータベースシステムの構築を主導できるスキルを持っていることを証明できるでしょう。


出典:データベーススペシャリスト試験(DB)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/db.html

5:Linux技術者認定試験 (LinuC)

Linux技術者認定試験 (LinuC)とは、クラウド時代に必要なLinux技術者のスキルを証明できるLinux試験です。LPI-JAPANが実施している日本独自のLinux技術者試験で、レベル1~3の3段階のレベルが設けられています。


Linuxは企業でもサーバーOSとして利用されるケースが多いため、インフラエンジニアに必要なスキルの1つとなっています。

6:情報処理安全確保支援士試験

情報処理安全確保支援士試験とは、サイバーセキュリティの専門的な知識やスキルを証明できる国家試験です。IPAが実施している資格ですが、情報処理技術者試験制度とは別に、独立した資格制度となっています。


難易度としてはスキルレベル4に相当するため、高い専門性が求められるでしょう。取得することで、情報システムの安全性を保てる人材であること証明できるようになります。


出典:情報処理安全確保支援士試験(SC) | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sc.html

7:CompTIA Cloud+認定資格

CompTIA Cloud+認定資格とは、クラウドコンピューティング環境で活躍するエンジニアに、必要な知識やスキルを認定する資格です。


企業におけるテクノロジーの組み込みや管理、運用スキルに重きを置いた国際資格となっているため、取得することでクラウド環境にも対応できるインフラエンジニアとしてスキルを証明できるでしょう。

8:AWS 認定

AWS 認定とは、AWSの利用スキルや知識を証明できるベンダー資格です。AWSが認定している資格で、「FOUNDATIONAL」「ASSOCIATE」「PROFESSIONAL」「SPECIALTY」の4つに分かれています。


また、4種類の中でもさらに細かく資格が用意されており、現在12種類のAWS認定が存在します。AWSはクラウドサービスとして利用されることが多いため、インフラエンジニアに役立つ資格だと言えるでしょう。

9:シスコ技術者認定

シスコ技術者認定とは、シスコシステムズが認定しているネットワーク系のベンダー資格です。認定プログラムは「テクノロジー」「エントリー」「アソシエイト」「プロフェッショナル」「エキスパート」の5つに分かれています。


シスコ技術者認定を取得する場合は、アソシエイトレベルのCCNA以上を取得すると、インフラエンジニアとして評価されるようになります。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

インフラエンジニアとして身につけたい能力

インフラエンジニアとして実務を行う場合、さまざまな能力が必要になります。資格を取得することも大切ですが、実務で活かせるスキルも身につけるようにしましょう。


ここでは最後に、インフラエンジニアとして身につけたい能力を紹介していきます。

セキュリティに関する能力

サイバー攻撃は年々巧妙化しており、企業のサイバーセキュリティ対策への意識も高まってきています。そのためインフラエンジニアには、企業の重要な情報資産を守るためのセキュリティスキルが必要になるでしょう。


セキュリティを重視したITインフラ設計を行い、安全なシステムを構築することが大切です。

クラウドに関する知識・能力

近年、クラウドサービスを利用することが主流となっており、オンプレミスからクラウドへの移行を検討する企業も増えてきています。そのため、インフラエンジニアにもAWSやAzure、GCPなどのクラウドに関する知識や利用スキルが求められるでしょう。

サーバーやネットワークに関する能力

インフラエンジニアは、サーバーやネットワークなどのITインフラ全般に関わる仕事であるため、これらのITインフラに関するスキルが必須です。サーバーOSであるLinuxや、ネットワーク機器の利用スキルなどを身につけておきましょう。

インフラ設計の能力

インフラエンジニアとして上流工程に携わるためには、インフラ設計のスキルも必要になります。インフラエンジニアになって間もない頃は運用保守からスタートしますが、設計スキルを身につければ上流工程やチームリーダーなども任せてもらえるようになるでしょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

資格を取得してフリーランスのインフラエンジニアを目指そう

フリーランスのインフラエンジニアとして活躍したいのであれば、資格を取得するのがおすすめです。


ぜひ本記事で紹介したインフラエンジニアにおすすめの資格や身につけたい能力などを参考に、必要なスキルを身につけて、フリーランスのインフラエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300