シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

AIがもたらす10個のメリット|デメリットの対処法についても解説

AIが普及することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。この記事ではAIの概要やAIがもたらすメリット、デメリットなどを紹介していきます。AIについて興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「そもそもAIってどんなもの?」
「AIを導入することでどんなメリットがあるの?」
「AIにはデメリットもある?」
このように、近年あらゆる分野で活用されはじめているAIに対してさまざまな疑問を持っているという方もいるのではないでしょうか。


この記事では、AIのメリットやデメリットについて解説しています。この記事を読むことで、AIが私達の生活にもたらすメリットやデメリットについて把握できるでしょう。今後エンジニアとしてAI開発に携わりたいと考えている方も参考にできます。


AIがもたらすメリットやデメリットについて知りたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

そもそもAI(人工知能)とは?


「AI(人工知能)」とは「Artificial Intelligence」を略した言葉で、人間の知的な振る舞いをソフトウェアを使って再現したものです。AIは自ら経験し、学んでいくことにより、人のように柔軟にタスクを実行していくことができます。


AIは企業のビジネスや医療、教育など私達の生活のさまざまな部分に活用されており、業務を効率化するのに役立てられています。

AIがもたらす10個のメリット


AIは従来のようにあらかじめ命令されたことしかできないコンピュータと違い、人のように状況を見て判断したり、予測を行ったりすることが可能です。そのためAIを活用することで企業の業務を効率化できるなど、AIには多くのメリットがあります。


ここではAIがもたらすメリットについて紹介していくため、参考にしてみてください。

1:生産性が上がる

たとえ単純な作業であっても、人が行えばヒューマンエラーが発生する可能性はあるでしょう。しかしAIであればミスをすることはないため、AIが人の代わりに作業を行うことでにエラーをなくせます。


また、AIは人が行うよりも素早く、24時間でも休みなく繰り返し作業を行うことができます。特にAIは同じ作業の繰り返しやミスが許されないような作業を行うことを得意としているため、このような作業にAIを導入すれば生産性を大きく上げることができるでしょう。

2:事故を防ぐ

AIは正確な作業を繰り返したり、異常を検知したりすることに強みを持つため、AIを活用することで事故のリスクを下げることができます。たとえばAIを搭載した自動運転技術が一般化されれば、人が車を運転する場合よりも事故の発生率を下げることができるでしょう。


また、他にもAIは河川の護岸など危険性を検知するためのインフラの自動点検にも活用されています。

3:コストを削減できる

これまで人が担っていた業務をAIに置き換えれば、その業務のために人を雇う必要がなくなります。そのため、これまでかかっていた人件費を削減することができるでしょう。


また、AIOpsツールなどを利用してデータを一元管理できる環境を構築すれば、ITリソースの最適化によって無駄をなくすことも可能になります。このように、AIを導入することで人件費以外にもさまざまな費用を削減することができます。

4:労働力を補える

AIは繰り返し行われるような定型業務や単純作業を得意とするため、これまで人が行っていた定型作業をAIに置き換えることが可能です。AIを導入することで人への負担を軽減し、労働力を補うことができるでしょう。


たとえば現在人手不足になっている農業などの業界も、AIを導入して農作物の収穫作業や農薬散布などを自動化すれば、労働力不足を解消することができるでしょう。

5:利便性が上がる

AIを活用すれば、さまざまな業務を24時間でも継続して自動化できます。そのため、これまではサービスとして提供されていたものがAIによって常に安定して供給されるインフラになり、生活の利便性も向上していくことが予測されます。


また、AIは医療分野での活用も進んでいるため、あらゆる面から人々の生活をサポートしてくれるでしょう。

6:満足度が上がる

AIを活用することでビッグデータを分析することにより、顧客が求めている商品をレコメンドしたり、需要を予測することで適切な在庫管理を行ったりすることができるようになります。このようにAIを活用すればサービスの品質が上がるため、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。


他にも、コールセンターにAIを導入して質問に対して迅速に回答できるようにすることで、顧客満足度を上げることができます。

7:コミュニケーションが円滑になる

AIは自然言語処理に強みを持つため、コミュニケーションの品質の向上にも役立ちます。AIは自動翻訳やチャットボットなどに活用されており、コミュニケーションの質の向上に役立てられています。


たとえばAIを活用した自動翻訳サービスの精度が上がれば、言語の壁をなくし、さまざまな国の人と交流できるようになるでしょう。

8:業務を効率化できる

AIを導入すれば、あらゆる分野の業務を人の代わりに代行してくれます。多くの定型業務をAIに任せることで、業務を効率化できるようになるでしょう。


たとえば教育分野の場合、採点の自動化や生徒一人ひとりに合わせた学習の最適化などにAIが活用されています。他にも、ビジネスの分野ではデータ入力などのルーティーン化している作業をAIに任せることで、業務を効率化できます。

9:データ分析が容易になる

AIはビッグデータを活用したデータ分析やデータ予測などに強みを持ちます。AIのデータ分析能力は人の能力を大きく上回っているため、AIをマーケティングに活用することで、自社商品やサービスの売上アップにつなげることができるでしょう。


また、医療分野であればCT画像やMRIの画像などからAIがデータ分析によって診断を行い、医師の診断をサポートすることにも役立てられています。

10:人間の強みを活かせる

これまで人が行ってきた作業の中でも単純な作業をAIに置き換えることができれば、人はより重要度の高い業務やクリエイティブな業務に集中することができます。そのため、これまで以上に人の強みを活かせるようになるでしょう。


クリエイティブな作業に関してはAIは不得意のため、AIに定型業務を任せることで人材の有効活動にもつながります。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

AIがもたらす6個のデメリット


ここまで紹介したように、AIは私達にさまざまなメリットをもたらすものです。しかしその一方で、AIはデメリットももたらすと言われています。


ここではAIがもたらすデメリットについて紹介していくため、参考にしてみてください。

1:悪用されることがある

AIはさまざまな形で悪用されるリスクもあります。AIを悪用することで、SNSから大量の個人情報を収集することや、本物と区別がつかないほど精巧に作られたメッセージを使用したフィッシング攻撃なども可能になるでしょう。

2:雇用が減る

AIが普及することによる大きなデメリットとして、雇用が減る点が挙げられます。AIは定型業務や単純作業などを得意としているため、このような作業が多い職業はAIに置き換えられ、将来なくなる可能性があるでしょう。


たとえば事務員や銀行員、受付、レジ係、工場勤務などは比較的単純な作業が多いため、将来はAIに代替され、雇用が減っていくことが予想されています。

3:高度なリスクマネジメントが必要

AIがあらゆる業界に導入されはじめていることから、AIに問題が発生した場合のリスクも非常に高くなってきています。このように、高度なリスクマネジメントが求められることもAIのデメリットだと言えるでしょう。


専門的な知識がなければ万が一の場合にどのくらいの影響が出るのか予測することも難しいため、AIを導入する場合はまずは一部に限定して導入する必要があるでしょう。

4:責任が曖昧になる

AI技術を利用したサービスや製品に事故やトラブルがあった場合、責任の所在が曖昧になるというデメリットもあります。たとえばAIを利用した自動運転の車が事故を起こした場合、その責任は乗車していた人にあるのかそれとも自動車を開発した会社にあるのかわかりません。


現時点では法律でも決められていないため、責任の所在がわからない点はAIを導入するリスクの1つだと言えるでしょう。

5:一時的にコストがかかる

AIをビジネスなどに導入する場合、どうしても一時的にコストが増大するというデメリットがあります。AIを活用するにはこれまでの業務フローの見直しやシステムの入れ替えなどが発生するため、時間や金銭的なコストが必要になります。


また、効果が出るまでのランニングコストも必要になるケースがあるため注意しましょう。

6:ブラックボックス問題がある

「ブラックボックス問題」とは、AIの答えを導き出すためのプロセスが見えないという問題を指します。かつてAIがプロの囲碁棋士との囲碁勝負に勝った事例がありますが、ブラックボックス問題があるため、なぜAIがプロの囲碁棋士に勝てたのかは不明です。

AIがもたらすデメリットの対処法は?


AIのデメリットとして、責任の所在がわからない点を挙げました。この対処法としては、「AIが行ったことの責任の所在はAIの所持者にある」とすることで、対処できるでしょう。


また、AIによって雇用が減るという問題もありますが、その一方でAIに関連した新しい職業が増える、労働時間が減るといったメリットにも目を向けると良いでしょう。

AIのメリットとデメリットを理解しよう


AIを導入することによって業務の効率化や生産性の向上といった多くのメリットがありますが、一方で雇用の減少やブラックボックス問題などのデメリットも存在しています。


この記事で紹介したAIがもたらすメリットやデメリットなどを参考に、AIが普及することによって私達の生活に与える影響について理解を深めてみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/01/28

2022/07/16