シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

なんのスキルもない人でもフリーランスになれる?おすすめの方法を紹介

なんのスキルもない人でもフリーランスになることはできるのでしょうか。本記事では、なんのスキルもない人がフリーランスになるまでにやるべきことや、フリーランスになる時に注意すべきポイントなどを紹介するため、参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「スキルのない人がフリーランスになることはできるの?」
「なんのスキルもない人がフリーランスになるまでにやるべきことって?」
「フリーランスになって後悔することにはどんな例がある?」


このように、スキルのない人でもフリーランスになれるのかどうか知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。


本記事では、なんのスキルもない人がフリーランスになるまでにやるべきことを紹介しています。本記事を読むことで、スキルのない状態からどのようにしてフリーランスを目指せば良いのか把握できるでしょう。


また、フリーランスになって後悔した例や後悔しないための対処法についても紹介するため、実際にフリーランスを目指しているという人も参考にできます。


スキルがない人でもフリーランスになれるのかどうか知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

フリーランスの働き方とは?

フリーランスとは、企業や会社に属さずに契約を結び、仕事を獲得する人を表す言葉です。


したがって、仕事の契約は個人で獲得する必要があります。また、業務の対価として「給料」をもらう会社員とは異なり、フリーランスは「報酬」を得るという働き方が主流です。


さらに、自分自身で引き受ける仕事の内容や量に加え、働く時間の調節ができるため、会社の就業時間や業務の進め方に縛られず、自由に働けるのも特徴の一つだと言えるでしょう。


▼関連記事
【注目】フリーランスの生き方とは?

なんのスキルもない人がフリーランスになることは可能なのか?

フリーランスとは、特定のスキルや資格が必要な働き方ではないため、スキルがない人でもフリーランスを名乗ることは可能です。ただし、実際にフリーランスとして生活していくことができるかどうかは別問題でしょう。


実際にフリーランスとして活動していくためには、一定のスキルや実績などが求められるでしょう。

なんのスキルもない人がフリーランスを目指すのが大変な理由4つ

フリーランスの場合、自身のスキルを武器に仕事を獲得していくことになります。そのため、そもそもスキルがない状態でフリーランスを目指すのは難しいと言えるでしょう。


ここでは、なんのスキルもない人がフリーランスを目指すのが大変な理由について解説していくため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

仕事を獲得しづらい

フリーランスに仕事を依頼するクライアントは、相手の実績やスキルを見て依頼を発注するかどうか検討します。そのため、なんのスキルもない状態では仕事を獲得することが難しいでしょう。


自分をアピールするためのスキルがないと、営業を行うことすら難しいです。

仕事の単価が安くなりがち

なんのスキルもない人でも、仕事を獲得することができるケースもあります。ただし、スキルを必要としないような案件は誰にでもできる案件であるため、単価もそれだけ安くなる傾向があります。


また、スキルを必要としない仕事を続けていても実績を積むことは難しいでしょう。

最初から最後まで自分で解決して取り組まなければならない

フリーランスの場合、営業活動や税務処理など本業以外の業務も全て自分で対応する必要があります。なんのスキルもない場合、仕事を獲得したとしても大きな収入にはつながらないため、このような手間のかかる作業を外注することも難しいでしょう。

即戦力を求められることが多い

フリーランスは自身のスキルを武器に案件を獲得していく働き方であるため、クライアント側も即戦力となる人材を求めています。そのため、なんのスキルもない状態で仕事を依頼してもらうことは難しいでしょう。


自社の社員あれば育成する意味で仕事を任せることもありますが、フリーランス相手の場合、なんのスキルもない人材に仕事を任せるメリットはありません。

なんのスキルもない人がフリーランスを目指すなら

なんのスキルもない状態からフリーランスを目指そうと考えている人もいるでしょう。ここでは、なんのスキルもない人がフリーランスを目指す場合のポイントについて解説していきます。

なぜフリーランスになりたいのか目的を明確にする

同じようにフリーランスを目指す人でも、フリーランスになる目的はさまざまです。そのため、まずはなぜフリーランスになりたいのかという目的を明確にしておきましょう。


目的がはっきりしていないと、フリーランスを目指すまでの方向性がぶれてしまう可能性もあります。

既に活躍しているフリーランスの人から学ぶ

既にフリーランスとして活躍している人であれば、フリーランスとして活動する上での軸を持っているでしょう。そのため、フリーランスとして仕事をするための心構えやマーケティング方法などをリサーチしておきましょう。


フリーランスとして活躍している人の行動には目的があるため、どのような目的で実施しているのかという目線で見ることが大切です。

スキル習得のため努力する

なんのスキルもない人がそのままフリーランスになっても、成功することはできないでしょう。そのため、勤めている会社でスキルを身につけたり、それが難しいのであれば転職してスキルアップを目指したりするようにしましょう。


転職することも難しい場合は、休日や休み時間などを使って勉強するなど、スキル習得のための努力をすることが大切です。

副業などで最低限の収入を確保しておく

スキルを身につけたら、副業などを行って最低限生活できるだけの収入を確保しておきましょう。生活できるだけの収入を担保しておき、計画的に行動できるようにしておくことをおすすめします。

なんのスキルもない人がフリーランスになるまでにやるべきこと10選

なんのスキルもない状態でフリーランスになってしまうと、独立してからさまざまなトラブルに見舞われる可能性があります。そのため、事前の準備が重要になるでしょう。


ここでは、なんのスキルもない人がフリーランスになるまでにやるべきことを紹介するため、参考にしてみてはいかがでしょうか。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

勤めている間にアピールできるスキルや実績を作る

なんのスキルもない状態では、仕事を獲得することもままなりません。そのため、フリーランスとして独立する前にスキルアップや実績作りをしておきましょう。


特に高度なスキルはすぐに身につくものではないため、できるだけ早い段階から取りかかりましょう。

副業に挑戦してみる

いきなりフリーランスになるのではなく、まずは副業に挑戦してみるという方法があります。複業に挑戦してみることで、フリーランスとして仕事をする場合の流れも把握できます。


また、副業であれば、たとえうまく案件を獲得できなかったとしても本業の収入があるため、リスクもないでしょう。

自分の今後の目標を決める

フリーランスとは、個人で仕事をする働き方のことであり、特定の職種や職域を指すものではありません。そのため、フリーランスになる場合は先に今後の目標について定めておきましょう。


例えば、将来的に経営者を目指すのであれば、経営者になるという目標を立てることでどのような勉強をして実績を積んでいけば良いのかが明確にできます。

貯金をしておく

フリーランスとして独立して間もない間は収入も安定しにくいです。そのため、ある程度の期間収入がなくても生活していけるだけの貯金をしておきましょう。


フリーランスの開業資金が必要になるケースも多いため、十分な貯金を用意しておくに越したことはないでしょう。

生活を支える収入源を用意する

最初のうちに、フリーランスとしての生活を支える収入源を確保しておきましょう。中心となる収入源があれば、どのような方向性で進んでいけば良いのかはっきりします。


生活を支える収入源を決めておかなければ、フリーランスとして中途半端な状態になってしまう可能性があります。

フリーランスとして成功している人を研究する

実際にフリーランスとして成功している人について研究すれば、フリーランスに関する正確な情報を集めることができます。身の回りにフリーランスとして活動している人がいるのであれば、話を聞いてみると良いでしょう。


なんのスキルもない状態から具体的にどのような準備を行えば良いのかなど、参考になります。

人脈を広げて信頼を得る

フリーランスとして活動している人の中には、知り合いからの紹介で仕事を獲得している人も多いです。そのため、本業をしている間に人脈を広げておきましょう。


周りの人と信頼関係を構築しておけば、フリーランスとして独立してからも案件確保や何かあった場合の相談などがしやすくなります。

やりたい仕事について調べたり勉強したりする

事前に自分がやりたい仕事について学んでおきましょう。自分のやりたい仕事に関する知識を身につけたりスキルを磨いたりしておくことで、案件を獲得しやすくなるでしょう。


また、フリーランスとして長く活動するには、独立前だけでなくフリーランスとして独立してからも勉強を続けることが大切です。

エージェントサービスなど利用できるサービスがあれば検討する

エージェントサービスなどを利用することで、なんのスキルもない人でも案件を獲得しやすくなる可能性があります。また、エージェントを利用すれば自分で営業活動を行う必要がなくなるため、スキルアップに時間を割くこともできるようになるでしょう。

必要なスキルの習得に励む

フリーランスは自分のスキルを武器に仕事をするため、なんのスキルもない状態ではフリーランスとして活躍することは難しいです。そのため、フリーランスになる前に必要なスキルの習得に励みましょう。


事前にスキルを身につけておけば、フリーランスとして仕事を獲得しやすくなります。

なんのスキルもない人がフリーランスになる時に注意すべきポイント

フリーランスという働き方は、正社員のような保証がありません。そのため、なんのスキルもない状態でフリーランスになる場合、いくつか気を付けなければいけないポイントがあります。


ここでは、なんのスキルもない人がフリーランスになる時に注意すべきポイントについて解説していきます。

何らかの事情で働けない場合はその期間は無収入になる

フリーランスは獲得した仕事がそのまま収入になります。逆に言えば、病気や怪我など何らかの事情で働けない期間が発生した場合、その間は無収入になるリスクがあります。


また、仕事の報酬の振り込みが数カ月後になるケースもあるため、すぐにお金が入ってないという点にも注意が必要です。

独立するタイミングをしっかり見極める

フリーランスとして独立するにはタイミングも重要です。クレジットカードやローンなど社会的な信用が必要な審査を全てパスした後など、タイミングを見極めてから独立するようにしましょう。


また、フリーランスや景気にも影響を受けやすいため、フリーランスとして仕事が軌道に乗りやすいタイミングを見計らって独立することも大切です。

スケジュールの管理には注意が必要

フリーランスは会社員と違い、自分で税務処理や保険料の支払いなどを行うことになります。そのため、スケジュール管理には十分気を付ける必要があります。


税金の支払いを忘れてしまった場合、納税額が増えるなどのペナルティが課せられる可能性があるため、注意が必要です。

仕事を探すことばかりに時間を費やさない

フリーランスは仕事をした分だけ収入につながるため、仕事探しに時間を掛け過ぎてしまうのは良くありません。仕事探しに時間がかかってしまうと、スキルを磨いたり人脈を広げたりすることに時間を取れなくなってしまうでしょう。

なんのスキルもない人でもフリーランスを目指せる仕事

フリーランスとして働ける仕事にはさまざまな種類がありますが、中には特にスキルがなくても目指しやすい仕事もあります。


ここでは、なんのスキルもない人でもフリーランスを目指せる仕事を紹介していきます。

ブロガー・アフィリエイター

ブログを運営してアフィリエイトで利益を得るブロガーやアフィリエイターは、スキルがない人でも仕事をしやすい職種だと言えます。コンセプトに合わせて継続して記事をアップしていく努力は必要ですが、高度なスキルは必要ありません。

Webデザイナー

Webデザイナーの案件にも高度なスキルが必要とされないものがあります。例えば、集客サイトのデザインやコーディングを行う案件の中には、スキルなしかつリモートで対応できるものもあります。

Webライター

クライアントが運営するWebメディアの記事などを執筆するWebライターも、特にスキルを持っていない人でも仕事をしやすい職種です。ライティングの案件はクラウドソーシングサービスなどにも多く掲載されているため、獲得しやすいでしょう。

ECショップ経営

自身でECショップを経営することも、スキルがない状態から始めやすい仕事です。まずはAmazonなどの既存のECサイトに出店し、商品を販売するところからスタートすると良いでしょう。

エンジニア

フリーランスエンジニアも人材不足の状態であるため、案件の内容によってはスキルがない人でも対応できます。例えば、最初のうちはヘルプデスクなどの高度なスキルが必要ない仕事で実績を積み、スキルを身につけながらより高単価の仕事にシフトしていくこともできます。

フリーランスになって後悔した例

会社のルールや働き方に縛られずに稼げるのであれば、早いうちにフリーランスになりたい、と考える人も多いのではないでしょうか。


しかし、その考えには不安が残る可能性があるでしょう。


ここからは、フリーランスになって後悔した例を具体的に見ていきます。実際にフリーランスになって後悔した人も少なくないため、フリーランスを考えている方は、ぜひご一読ください。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

突然仕事が減った

まずは、突然仕事が減ったという失敗例です。


会社に属している間は、仕事が急になくなってしまうということは滅多にないでしょう。


しかし、フリーランスは自身で仕事を取ってくる必要があります。当然、自分で仕事を取ってくることができなければ仕事が減ってしまったり、全くなくなってしまったりすることもあるでしょう。


▼関連記事
フリーランスは生活できないのか?

想定よりも労働時間が多い

また、思っていたよりも労働時間が長いという後悔の声もあります。


会社員とは異なり、就業時間というものが定められていないフリーランスは、獲得した案件に思ったより時間がかかってしまったり、「残業」という概念がないことで、長時間働くことになってしまう場合があるのも現実です。


フリーランスになる前に想像していたよりも、働く時間が長くて大変な思いをするという可能性もあるでしょう。

事務・雑務に時間を取られる

また、事務や雑務などの仕事以外での時間を取られやすいという傾向もあります。


本来、会社に属していれば事務や雑務は、担当の事務員が行ってくれるところも多いでしょう。しかし、フリーランスの場合は、そのようなサポート役はいないため、細かい作業も含めて全て自分で行わなければなりません。


特に確定申告の時期には、獲得した業務の他に、申告の準備や手続きのために時間や労力が必要なことにも注意が必要です。


▼関連記事
フリーランスは確定申告をするべき?

スキルが伸びにくい

さらに、スキルが伸びにくいというデメリットもあります。


一般の会社員であれば、わからないことは先輩や上司がフォローしてくれて、自身の成長のために色々とサポートがあるなど、スキルアップの機会がたくさんあるでしょう。


しかし、フリーランスの場合は、クライアントも「その道のプロ」と思って契約を結んでいます。誰かがわからないことを教えてくれることもなければ、自然に新たなスキルが身につくこともないでしょう。


常に新しいスキルを追い求め、成長していきたいという意思が強い場合には、会社員の人が向いている可能性もあります。

審査が通りにくい

また、いろいろな面での審査が通りにくいという声もあります。


簡単に言えば、社会的信用が通常の会社員と比べて低くなってしまうということです。


例えば、クレジットカードを新規で発行したり、住宅ローンを組んだりするのが難しくなってしまいます。


フリーランスになったら必ずしも審査に通らなくなるわけではありませんが、会社員と比べるとハードルは一気に上がると考えておきましょう。


▼関連記事
フリーランスはクレジットカードを作れない?
フリーランスは賃貸の審査が通りにくい?

後ろ盾がない

また、万が一何かがあった場合、後ろ盾がないというのも不安を感じやすい部分でしょう。


例えば、体を壊してしまった場合、会社員であれば傷病手当金などの受給が受けられます。しかし、フリーランスは会社や企業に属していないため、万が一の時のフォローは期待できないでしょう。


このような背景も、フリーランスには覚悟が必要だと言われる所以です。


▼関連記事
【重要】フリーランスエンジニアが入れる保険を解説!

万が一が起きたときの代わりがいない

先述の「後ろ盾がいない」ということにプラスして、代わりがいないというのもデメリットになります。


万が一体を壊してしまったり、事故にあったりしても、自分で獲得した仕事や案件は自分でどうにかするしかありません。代わりがいないため、誰かにお願いするということはできないので注意が必要です。

孤独に耐えられない

また、孤独に耐えられないという声もありました。


フリーランスになると、誰とも関わりを持たずに仕事に向き合うだけになってしまうことも多いため、社会から取り残されたように感じることも増えるでしょう。


会社員時代に少なからず同僚や先輩との関わりがあり、そこで切磋琢磨してがんばってきたという人にとっては、環境に対応することが難しいケースもあるのではないでしょうか。


▼関連記事
フリーランスの孤独を解消する12の方法を解説!

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

フリーランスで後悔しやすい人の例

ここからは、フリーランスで後悔しやすい人の例について解説していきます。


無計画にフリーランスという働き方に飛びつくのは、少なからず危険性があると言えるため、自分の性格と照らし合わせた上で、働き方を決めましょう。

向上心や意欲が少ない

まずは、向上心や成長意欲が少ない人です。


自分にできることを増やしたい、と常に上を目指す気持ちがない人や、このまま淡々と依頼をこなせればそれで良いと考えるタイプの人は、将来的に後悔しやすい可能性があります。


できる仕事の幅が一向に広がらないことは、収入が増えないということに繋がります。成長と収入アップは同じライン上にあるためです。


多少難しそうなことにも挑戦してみたいという向上心がない人は、フリーランスになってから後悔することもあるでしょう。

先見性がない

また、先見の明がない人も後々後悔しやすいと言えるでしょう。


何か物事が起きる前に、それを見抜く力というのは、企業で働く時はもちろん、フリーランスで仕事をする上でも、とても重要になります。


先を見据える能力がないと、短い間に物事が変化しやすい現代では成長するのが難しくなっていくでしょう。

自分で仕事を取れない

企業に属さないフリーランスは、仕事の獲得から遂行、報酬の受け取りまで自分で行う必要があるでしょう。


したがって、自分で仕事を取ることができない人には向いていないと言えます。


また、ただ仕事の案件を待つだけでは食べていくのは難しいでしょう。新規で案件を獲得するには、自ら営業をかけたり、時にはクライアントとの交渉に応じたりと、仕事獲得のために努力が必要になることもあります。


自分で仕事を取ってくる、という気持ちが弱い人は後悔に繋がりかねません。

プレゼンが苦手

先述したように、仕事を獲得するためには「自分はこんな仕事ができます」とクライアントにアピールやプレゼンする必要があります。


そんな時に、自分の魅力やスキルをプレゼンできないと、仕事の獲得自体が難しくなってしまうこともあります。


そのため、自分のできることや魅力を他人にアピールするのが苦手だという人は、後悔する可能性があると言えるでしょう。

自己管理が不得意

また、自己管理が苦手な人も後悔するリスクがあります。


フリーランスという働き方においては、働く時間も、休日も、一日の労働時間数もこなす仕事の数も全てが自由です。誰に監視されているわけでもないため、いつ働いても、いつ休んでも良いのが魅力でしょう。


しかし、その考えが度を越してしまうと危険です。例えば、サボり癖がついてしまって、クライアントから指定された納期に間に合わなかったり、決められたタスクがこなせなかったりすれば、信用にまで関わるでしょう。


上記のようなことから、自分で一日のスケジュールを決め、計画通りに仕事をこなせない人には、フリーランスは不向きだと言えるでしょう。

フリーランスで後悔しないための対策法

フリーランスは、自由度が高く自分のライフスタイルに合わせて働くことができる面で、非常に便利な働き方であると言われています。


しかし、向いていない人が無闇に飛びつくと、失敗しやすい働き方にもなるでしょう。


ここからは、フリーランスという働き方を選択する上で後悔しないための対策について紹介していきます。

会社員時代にローンを組む

ローンを組む予定があれば、フリーランスになる前の会社員時代にしておきましょう。先述したとおり、フリーランスになるとローンを組んだり、銀行からお金を借りたりすることは難しくなります。


そのようなことを避けるために、会社員時代から計画的にローンを組んでおくことをおすすめします。


▼関連記事
フリーランスは住宅ローンが通りにくい?

常に体調を整える

フリーランスに限った話ではなく、働く世代にとって健康な体は欠かせないでしょう。特にパソコン仕事をしている人の場合、体を動かす機会が少ないということも多いのではないでしょうか。


仕事の合間に適度に運動するなど、常に健康を意識することを心がけてください。

万が一に備えて貯金する

貯金しておくことも大切な対策の一つです。健康に配慮していても、人間の体はいつ何が起きるかわかりません。


万が一長期にわたって働くことができなくなっても、しばらくは生活していける程度は貯金しておくようにしましょう。


収入が不安定な働き方であるフリーランスには、この対策はとても重要だと言えるでしょう。

クライアントを複数掛け持つ

フリーランスにとって、仕事の請け負い方は重要な部分となります。


仕事を引き受ける時には、クライアントを一つに絞るのではなく複数を掛け持つようにしましょう。一つのクライアントからの仕事しか引き受けない状態にしてしまうと、万が一そのクライアントからの仕事が打ち切られてしまった場合、継続的な収入が途切れてしまう可能性があります。


自分がこなせる範囲で、クライアントは複数掛け持ちするのがおすすめです。

節税の知識を得る

フリーランスは、納税も自分で行う必要があります。その際、正確で最新の情報が頭に入っていなければ、無駄に税金を払ってしまったり、正しく納税できなかったりすることもあるでしょう。


フリーランスになる前に、納税の方法や節税の知識をつけておくことが重要です。

公私にメリハリをつける

仕事の時間は仕事に集中する、プライベートの時間は趣味を楽しむなど、きちんと公私の線引きができるようにしておくと良いでしょう。


例えば、仕事のスペースを別に確保し、その部屋にいる間は仕事にだけ集中するというように環境を整えるようにするのがおすすめです。

フリーランスの仲間を見つける

フリーランスは、同僚や上司という存在がいないため、どうしても孤独を感じやすいと言えるでしょう。


フリーランスとして働く人の中には、人とのつながりが希薄になってしまうせいで、モチベーションを保てないという人もいるのではないでしょうか。


そのような場合、同じフリーランスで働いている仲間を見つけるのがおすすめです。SNSでは、効率的に案件を獲得するコツや、働き方のコツなどをシェアしているアカウントもたくさんあります。


また、フリーランス向けに勉強会やセミナーなどが開催されていることもあるため、機会をつくって一度参加してみると良いでしょう。

フリーランスでも後悔しないよう対策を万全にしよう

本記事で紹介したように、しっかりとした対策や勉強、スキル磨きをしていれば、フリーランスは、自由度が高くプライベートも大切にできる、とても素敵な働き方と言えるでしょう。


フリーランスへの転身を決めたら、できる限り対策をした上で、万全の状態で挑戦してみましょう。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/02/22

2022/08/18