「フリーランスはクレジットカードの審査に通りにくいって本当?」
「フリーランスがクレジットカードを作る場合のポイントは?」
「フリーランスでも作れるおすすめのクレジットカードは?」


このように、フリーランスの人でクレジットカードの作成を考えている人には疑問や不安があるのではないでしょうか。


本記事では、フリーランスはクレジットカードを作れないと言われる理由やクレジットカードの審査で気を付けるポイント、フリーランスにおすすめのクレジットカードなどについて紹介していきます。


この記事を読むことで、クレジットカードを作るためのポイントやおすすめのクレジットカードについて把握できます。その知識を元に、フリーランスの人でもスムーズにクレジットカードが作れるでしょう。


クレジットカードの作成を考えているフリーランスの人は、ぜひ参考にしてください。

フリーランスはクレジットカードを作れないと言われる理由

フリーランスはクレジットカードを作れないと言われるのは、収入が安定していないからです。


会社員と比較するとフリーランスの仕事には波があり、収入が安定しにくい傾向があります。クレジットカードを発行してしまうと支払い遅延のリスクがあるため、審査が通りにくくなっているのです。


フリーランスでも、安定した収入があることを証明できればクレジットカードは作れます。

フリーランスがクレジットカードを作るメリット

クレジットカードには個人用とビジネス用の2種類があります。フリーランスとして仕事をする人はビジネス用のクレジットカードを持つことがおすすめです。


フリーランスだと個人用でも十分だと思う人もいるでしょうが、ビジネス用のクレジットカードを持つことで以下のようなメリットを得られます。

経費の管理がしやすい

フリーランスがビジネス用のクレジットカードを持っていると、経費の管理がしやすくなります。


個人用のクレジットカードだけだと、プライベートでの支出か仕事での支出か分かりづらいです。


ビジネス用のクレジットカードを1枚作り、仕事上の決済を行うようにすれば、利用明細をそのまま経費として記録できます。また、クレジットカードの中にはクラウド会計ソフトと連携しているものもあり、仕訳を自動で行うなどしてくれるため管理が楽になるでしょう。


▼関連記事
【節税対策】フリーランスが経費にできるものとは?

資金繰りに役立つ

フリーランスがクレジットカードを作ることで、資金繰りに役立つというメリットもあります。


クレジットカードは締め日に利用額が確定して、実際に口座から利用額が引き落とされるのは1ヶ月~2ヶ月先です。クレジットカードを利用すれば、手元に現金が無くても品物の仕入れができるため、資金繰りに役立ちます。


また、クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、一時的な資金調達も役立つでしょう。

節税に繋がる

フリーランスがクレジットカードを作ることで、節税に繋がります。


なぜ、クレジットカードを作ると節税になるのかと言うと、年会費を経費として計上できるからです。個人用のクレジットカードは経費にできませんが、ビジネス用のクレジットカードであれば経費に計上できます。


個人用のクレジットカードしか持っていないという人は、ビジネス用のクレジットカードの作成を検討しましょう。

確定申告の手間が軽減される

前述しましたが、クレジットカードの中にはクラウド会計ソフトと連携しているものもあり、面倒な仕訳を自動で行ってくれます。


確定申告に慣れていないと仕訳の仕方が分からず、帳簿を付ける作業に時間も手間も取られてしまうものです。


クレジットカードと会計ソフトを連携させれば、自動仕訳でミスが減り、確定申告の時期に慌てて領収書を探す必要もなくなり、手間が大幅に軽減できるでしょう。


▼関連記事
フリーランスは確定申告をするべき?

特典や優待サービスがある

特典や優待サービスがあることもフリーランスがクレジットカードを作るメリットです。


クレジットカードにより内容は異なりますが、ショッピングの割引優待や出張向けの優待、経営に関する無料相談などビジネスに役立つ特典や優待サービスを受けることができます。クレジットカードを作る前に、どのような特典や優待があるか確認しておきましょう。


また、特典以外にもポイントが貯まるということもメリットです。すべての経費をクレジットカードで支払えば、たくさんポイントを貯められます。貯まったポイントは商品や航空会社のマイルなどへ交換できますから、積極的に決済に利用しましょう。

フリーランスがクレジットカードの審査で気を付けるポイント

フリーランスは収入が安定することを証明することが難しいため、簡単に審査は通過できません。フリーランスがクレジットカードの審査を通過するためには、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。


ここからは、フリーランスがクレジットカードの審査で気を付けるポイントを紹介していきますから、参考にしてください。

申し込み要件に該当しているか

クレジットカードごとに申し込み要件が決められています。収入が安定していても申し込み要件に該当していないと、審査に通過できません。


まず、自分が申し込み要件に該当しているか確認しましょう。申し込み要件はクレジットカードの申し込みページなどに記載されていますから、申し込み前に確認してください。

収入を証明する書類が必要

カード利用枠によって収入を証明する書類が必要です。一般的にフリーランスの方は、3年以上の実績があり、収入が横ばいか増加傾向にあれば、クレジットカードを作れる可能性が高いと言われています。


給与明細が発行されないフリーランスの人は、収入を証明する書類として、源泉徴収書、課税証明書、確定申告書などの書類を用意してください。


ただ、フリーランスになりたての人にはこのような書類がないため、審査が通りにくくなってしまうでしょう。

信用情報に傷がないこと

信用情報に傷がないことも大切です。


クレジットカードやローンを契約すると、取引に関する情報(信用情報)が記録され、信用情報機関で管理されます。クレジットカードの申し込みがあった場合、申込者の信用情報の照会が行われるのが一般的です。


信用情報の中には、支払い遅延や延滞といった傷があると新しくクレジットカードを発行することが難しくなります。過去に遅延や延滞がなかったか発行前に確認しておきましょう。

キャッシング枠の金額を抑えること

クレジットカードには、商品やサービスの購入に利用できるショッピング枠とお金の借り入れに使えるキャッシング枠があります。


フリーランスの人がクレジットカードの審査を通過するためには、キャッシング枠の金額を抑えることも重要です。


キャッシング枠があると資金繰りに使うことができるというメリットはありますが、支払い遅延や延滞のリスクが増えるため、審査通過が難しくなります。


キャッシング枠をゼロにするか、金額を抑えて申し込むようにしましょう。

開業届の提出

社会的信用を高めることができれば、クレジットカードの審査に通過しやすくなると言われています。フリーランスの人が社会的信用を高めるためには、開業届を提出することが有効です。


フリーランスには登記制度がなく、開業届の提出義務もありません。そのため、提出していないという人も多いでしょう。しかし、開業届を提出するという公的な手続きを踏むことで、社会的信用を高めることができます。


クレジットカードの審査を受ける場合には、事前に開業届の提出を検討しましょう。


▼関連記事
フリーランスに開業届は必須か?

屋号があるか

屋号を持っていると公的な申請をしていることを証明でき、社会的信用が増し、クレジットカードの審査が通過しやすくなります。


屋号とは、「○○商店」「○○屋」など企業で言うところの会社名にあたるものです。開業届を提出する時に屋号を記載しておくことで、屋号の申請は完了します。開業届に記載しておきましょう。

固定電話番号があるか

固定電話番号があることもポイントです。


携帯電話だけだと、「事業の実体がないのでは」「違法な事業をしているのではないか」という不安を抱かせてしまいます。固定電話があることで特定の場所でしっかりと事業を営んでいることを証明でき、社会的信用を高めることができるでしょう。


またビジネス用のクレジットカードの中には固定電話の記載が必須の場合もあります。固定電話を持っていないという人は、IP電話でも構いませんから番号を持っておくようにしましょう。

勤務先記入方法

ビジネス用のクレジットカードを申し込む場合、勤務先記入を求められます。


フリーランスの人は勤務先の欄に、開業届を提出する際に登録した屋号を記入するのが一般的です。屋号を持っていないという人は、勤務先乱に自分の名前を記入しましょう。


勤務先の住所は、自宅を事務所にしている場合は自宅住所を、別に事務所を構えている場合はその住所を記入します。

独立前にクレジットカードを作っておく方法もある

前述したようにフリーランスがビジネス用のクレジットカードの審査を通過するためには、実績を3年以上積んだり、開業届を提出したりする必要があります。


すぐにはビジネス用のクレジットカードを作れないので、独立前に個人用のクレジットカードを作っておくのがおすすめです。


ビジネス用のクレジットカードができるまでの間、個人用のクレジットカードを使って決済するといいでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

フリーランスにおすすめのクレジットカード

ここからは、フリーランスにおすすめのクレジットカードについて紹介していきます。


どのクレジットカードを作ればいいか分からない人や迷っている人はぜひ参考にしてください。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、出張時に利用できる付帯サービスが充実しているクレジットカードです。


JALの国内線を法人運賃で予約できるサービス、旅行傷害保険、空港ラウンジ、手荷物宅配サービスなどの出張にうれしいサービスが付帯されています。


また、クラウド会計ソフト「freee会計」と連携しており、カード利用情報を自動で取り込め、業務効率化も図れるカードです。

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード for Ownersは、最短3営業日で発行できるフリーランスにおすすめのクレジットカードです。


海外旅行傷害保険、国際線航空券やホテルの予約・手配をしてもらえるエアライン&ホテルデスク、サインだけでタクシーが利用できるVJタクシーチケットといった、ビジネスシーンにうれしい特典が付帯されています。

セゾンコバルト・ビジネス・アメックス

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスは、本会員・追加カードとも年会費永年無料で利用できるクレジットカードです。


登記簿謄本も決算書も不要で、本人確認資料だけで申し込めます。申し込みはインターネットからいつでもできるため、独立間もないフリーランスの人がはじめて持つクレジットカードとしておすすめです。

テックビズゴールドカード

テックビズゴールドカードは、ITフリーランス向けに作られたクレジットカードです。


ITフリーランスの活動をサポートする税務サポートやビジネス支援サービス、コワーキングスペース、福利厚生サービスなどを利用できるサービスが付いています。


さらに、テックビズゴールドカードには、クラウド会計ソフト「freee」の有料プランが2ヶ月分お得に利用できる特典も付いており、独立したてのITフリーランスにおすすめです。

JCB CARD Biz

JCB CARD Bizは、法人の確認書類を提出せずに発行できる中小企業やフリーランスの人向けのクレジットカードです。


一般カードとゴールドカードの2種類があります。ゴールドカードなら一般カードには付いていない、国内・海外航空機遅延保険や空港ラウンジサービス、グルメ優待サービスが付帯されているためおすすめです。

Pe-BANK VISAカード

Pe-BANK VISAカードは、フリーランスエンジニアを長年サポートしてきたPe-BANKとVISAが提携して発行している、ITフリーランス向けのクレジットカードです。


レアジョブオンライン英会話やオライリーの書籍購入、PE-BANK内での支払いに利用することで10倍のポイントが受け取れるといったサービスを受けられるという特徴があります。


さらに、収入証明書類を提出せずに、最短5営業日で発行できるという特徴もあり、ITフリーランスが最初に持つクレジットカードとしておすすめです。

楽天カード

楽天カードにはさまざまな種類がありますが、ビジネスシーンに利用できる楽天ビジネスカードがあります。


楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードに付帯して利用できるクレジットカードです。Visaビジネスオファーや国内・海外空港ラウンジサービス、国内・海外傷害保険、トラベルデスクなどの付帯サービスを利用できます。


ETCカードが無料で1枚まで発行できる(2枚以降は有料)ため、車での移動が多いフリーランスの人におすすめなクレジットカードです。

freeeカード

クラウド会計ソフト「freee」を提供するfreeeでは、freee MasterCard・freee VISAカードなどフリーランスの人や経営者向けのクレジットカードを発行しています。


事業所得が低い状態でも審査可能なカードもあり、独立直後のフリーランスの人におすすめなクレジットカードです。


カードの種類により付帯される特典には違いがありますが、士業への無料相談や空港ラウンジサービス、国内・海外旅行傷害保険などのサービスを受けることができます。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは、原則として高校生を除く18歳以上の人が申し込みできる、フリーランスの人でも利用しやすいクレジットカードです。


Orico Card THE POINTには、ポイント還元率が高いという特徴があります。年会費が無料で利用できるため、はじめて持つクレジットカードとしておすすめです。

ACマスターカード

ACマスターカードは、消費者金融の「アコム」が発行する年会費無料のクレジットカードです。


ACマスターカードには、即日審査・発行が可能という特徴があります。一部、無人契約機コーナーで申し込めば、その場でカードを受け取れるようになっており、すぐにクレジットカードを使いたい人におすすめです。

フリーランスが迷わずにクレジットカードを選ぶ方法

フリーランスが迷わずにクレジットカードを選ぶためには、年会費・カード利用枠・ポイント還元率に注目しましょう。


クレジットカードの中には年会費が無料のものもありますが、年間1万円以上の年会費がかかるものもあります。年会費が1万円以下のカードがおすすめです。


ビジネスシーンでクレジットカードを利用する場合、利用額が高額になってしまうことがあるため、最低でも100万円以上のものを選ぶようにしましょう。


ポイント還元率が高いものを選ぶことも重要です。ビジネスでクレジットカードを利用する場合、利用額が高くなるため、還元率次第で獲得できるポイントが大きく変わります。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

フリーランスもクレジットカードを作れる

フリーランスの人は収入が不安定なことから、クレジットカードの審査に通過しにくいのは事実です。


しかし、本記事で紹介した審査で気を付けるポイントに注意しておけば、フリーランスでもクレジットカードを作ることはできます。年会費や利用枠などを比較して、自分に合ったクレジットカードを探して申し込んでみましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300