シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

フリーランスが在宅でできる仕事7選|孤独に陥らないための方法も解説

フリーランスが在宅でできる仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。本記事では在宅フリーランスが案件獲得する方法や在宅フリーランスができる仕事、在宅フリーランスの孤独を解消する方法などを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「フリーランスが在宅でできる仕事にはどんな種類がある?」
「在宅フリーランスで働くことのメリットって?」
「在宅フリーランスは孤独だと言われている理由は?」


このように、フリーランスとして在宅でできる仕事について詳しく知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。


本記事では、在宅フリーランスができる仕事や在宅フリーランスで働くメリットについて紹介しています。本記事を読むことで、在宅でどのような仕事ができるのか把握できるでしょう。


また、在宅フリーランスが孤独とされる要因や孤独を解消する方法についても解説するため、孤独に陥らないためにはどうすれば良いのか参考にできます。


フリーランスが在宅でできる仕事について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

在宅フリーランスが案件獲得するには?

在宅で働くフリーランスの場合、案件は自分で獲得していかなければなりません。フリーランスが案件を獲得する方法にはさまざまな手段があるため、自分に合った方法で案件獲得を目指しましょう。


ここでは在宅フリーランスが案件獲得する方法について解説していきます。

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングとは、仕事を探している人と仕事を発注したい人をインターネット上でマッチングさせるサービスです。近年ではさまざまなクラウドソーシングサービスが登場しており、あらゆる案件が掲載されているため、自分に合った案件を探して応募すると良いでしょう。

エージェントを利用する

エージェントなどを活用することで、自分に合った案件を紹介してもらえます。近年では、フリーランス案件に特化したエージェントもあるため、登録しておくと良いでしょう。

SNSを活用する

SNSを使って自分のスキルや事業内容などを発信することで、目を留めたクライアントから声をかけてもらえる可能性があります。近年では、SNSを営業ツールとして活用しているフリーランスも多いため、コツコツと情報発信に取り組むと良いでしょう。

友人・知人に紹介してもらう

身の回りの友人や知人に相談し、仕事を紹介してもらうという方法もあります。実際にフリーランスとして活動している人の中には、知り合いからの紹介を中心に案件を獲得しているという人もいます。


友人や知人からの紹介であれば、最初から信頼関係ができている状態からスタートするため、話もスムーズに進みやすいでしょう。

在宅フリーランスができる仕事8選

在宅フリーランスを目指す場合、具体的にどのような仕事があるのか知っておくことが大切です。ここでは在宅フリーランスができる仕事について解説していくため、参考にしてみてください。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

1:ブログ・アフィリエイト

ブログやアフィリエイトで収入を得ているフリーランスも存在します。ブログを運営してアフィリエイトによって利益を得るビジネスモデルとなっており、ブロガーやアフィリエイターとも呼ばれています。


ブロガーやアフィリエイターとして収入を得る場合、専業ではなく他の仕事と掛け合わせるのがおすすめです。

2:プログラマー

プログラマーとは、システム開発における下流工程の業務を中心に行う仕事です。仕様書をもとに、システムやアプリケーションを開発する仕事です。


フリーランスエージェントにはさまざまな開発案件があるため、スキルがあれば案件も獲得しやすいでしょう。

3:システムエンジニア

システムエンジニアとは、システム開発における要件定義や設計などの上流工程の業務を中心に行う仕事です。クライアントからのヒアリングを行い、システムの仕様を決定し、仕様書を作成します。


システムエンジニアの案件は、フリーランスエージェントを利用して獲得すると良いでしょう。

4:Webデザイナー

Webデザイナーは、WebサイトやWebアプリケーションなどのデザインを作成する仕事です。そのためデザイン知識やデザインツールを扱うスキル、トレンドのデザインについての知識などが求められます。

5:イラストレーター

イラストレーターとは、企業ロゴやキャラクターなどさまざまなイラストを書く仕事です。イラストレーターになるには、illustratorやphotoshopを扱うスキルが必須になるでしょう。

6:Webディレクター

Webディレクターとは、Web制作におけるディレクションや企画などを行う仕事です。Webディレクターは関係各所との調整や予算管理、進捗管理などさまざまな業務を行うため、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルなどが必要になるでしょう。

7:フリーライター

フリーライターは、雑誌やWebメディアなどの記事を作成する仕事です。フリーライターの案件では、ブログ作成代行などもあります。


在宅で働くフリーライターになるには、執筆に使用するツールを扱うスキルやチャットツール、オンライン会議ツールを扱うスキルが必要になるでしょう。

在宅フリーランスで働く5つのメリット


在宅フリーランスとして働くことでのメリットを詳しく紹介していきます。メリットを知ることで在宅フリーランスの良さに気がつけるため、どんなところがメリットなのか参考にしてください。

1:1人で仕事を進めることができる

在宅フリーランスは基本的に1人で作業していくため、意思決定は全て自分になります。他の人に左右されず、1人で淡々と仕事を進められるのは在宅フリーランスならではでしょう。


周囲から声をかけられたり自分の仕事に関して意見されたりすることがないので、集中して自分のペースで進めることができます。

2:出した成果が全て自分のものになる

在宅フリーランスは、出した成果が全て自分のものになります。


サラリーマンは自分が出した成果でも、会社の成果になってしまい会社の利益になります。給与に反映されることもありますが、実際に反映されている会社は少ないでしょう。


しかし、在宅フリーランスならそのような不満を持つことはありません。

3:自由なタイミングで仕事ができる

サラリーマンのように、毎週出勤しなければならないという縛りがないので、自分の好きなタイミングで仕事ができます。


例えば、午前中は仕事して午後は休む、週3回だけ作業する、好きな時に休憩時間をとるなど、自分のライフスタイルに合わせて働けることが、在宅フリーランスの醍醐味です。

4:仕事場を自由に選べる

自分で働く環境を選ぶことができる点も、在宅フリーランスならではのメリットといえます。パソコン1台あれば作業が完結する人であれば、なおさら自由に仕事場を選べます。


自宅やカフェ、コワーキングスペースはもちろん、旅行のように各地を移動しながら働くこともできます。楽しみながら作業ができ、旅行をしながら休息をとるという働き方が可能なのも嬉しいポイントでしょう。

5:人間関係の悩みが減る

サラリーマンの場合、仕事についての悩みだけではなく人間関係でも悩みが出てきます。


在宅フリーランスだと、パワハラしてくる上司はおらず、面倒を見たり指導したりしなければいけない部下もいません。1人で仕事をすることで、人間関係で悩む必要がないため、仕事に集中できます。


また、仕事終わりの飲み会に参加しなくて良いので、自分がしたいことに時間やお金を使えるということもメリットです。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

在宅フリーランスで働く4つのデメリット


在宅フリーランスで働く際のメリットを紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。ここでは、サラリーマンとの違いを交えながら、在宅フリーランスで働くデメリットを4つ紹介していきます。

1:さぼりやすくなる

在宅フリーランスは1人で働くので、モチベーションが維持できずさぼりやすくなってしまいます。1度やる気を失うと、自分1人でモチベーションを上げることは難しいです。


また、自宅で作業する場合、周囲に集中力の妨げになるような道具が揃っていることも要因の1つです。くつろげるスペースやネットサーフィンできる環境、テレビなどが視界に入ると誘惑に負けてしまう、時間が自由なので朝にだらだらしてしまうこともあるでしょう。


切磋琢磨できる仲間やコミュニティを持ったり、頑張ろうと思える環境を整えたりすることが、在宅フリーランスとして働くには必要になります。

2:全ての責任が自分のものになる

在宅フリーランスは、サラリーマンが分担している業務を1人でこなさなければならないため、時間やスケジュール、仕事の量、体調管理などを全て自分で管理しなければなりません。トラブルなどの対処も1人ですることになります。


また、商品価値は自分自身なので、信頼を得るためにスキルアップは欠かせません。さらに、仕事を自分でとってこなくてはならないため、営業スキルや人脈も大切でしょう。


売上、経費、税金、保険等経理に関することも自ら行わなければならないので、苦手な人には辛い点になります。


▼関連記事
【節税対策】フリーランスが経費にできるものとは?
フリーランスは確定申告をするべき?

3:1日誰とも話すことが無いという状態になる可能性がある

自宅で作業する1人暮らしの在宅フリーランスなら、1日誰とも話すことがないという状態になってしまうことがあります。


作業環境を自宅からカフェやコワーキングスペースに変えてみたり、在宅フリーランス同士のコミュニティに積極的に参加してみたりするなどという工夫が大切です。

4:コミュニケーション力が低下する可能性がある

人と話す機会が極端に少ないと孤独に拍車がかかり、久々に人と話しても緊張してしまったり、初対面の人との会話を上手く回せなかったりというような、コミュニケーション力が低下してしまうこともあります。


在宅フリーランスは自分で仕事を受注しなければならないので、コミュニケーション力の低下は仕事にも影響を及ぼしてしまうでしょう。

在宅フリーランスは孤独とされる5つの要因


孤独の解消方法を知る前に、在宅フリーランスという働き方が孤独とされる要因について、詳しく理解することが大切です。


まずは、なぜ、在宅フリーランスが孤独や不安を感じやすいのか、その理由について5つ紹介します。

1:自宅にいる時間が長いから

在宅フリーランスは職場が自宅の人が多く、普段生活する場所が仕事場でもあることから、1日のほとんどを家で過ごし1度も外に出ない日もあります。忙しい時は、作業机と椅子からほとんど動かないという日もあるでしょう。


家族がいる人は会話できる場面もありますが、独身で1人暮らしの在宅フリーランスの方は、話さない日の方が多いのではないでしょうか。


そうなると、社会から孤立したように感じてしまい、それが孤独に感じる原因になってしまうでしょう。

2:ほとんど1人で作業するから

基本的に1人での作業が多いということが、在宅フリーランスの特徴です。


クライアントとのやりとりもWeb上で完結してしまうことが多く、外に出て誰かに会わない限りは話すことすらありません。案件によってはチームで作業することもありますが、作業自体は1人作業になることが多いので孤独を感じやすくなります。


社会から離れてしまうことで人との繋がりを保つのが難しく、コミュニケーション不足により自己肯定感の低下や不安な気持ちを持ってしまうということも、孤独を感じる要因の1つです。

3:人間関係が変化していくから

人間関係が変化するとはどういうことかというと、今まで付き合いのあった人との距離ができてしまったり、新しく知り合った人との交流が増えたりすることをいいます。


在宅フリーランスには、ゴールデンウィークやお盆休みといった連休の感覚がなく、出退勤時間もないため好きな時間から仕事を始められます。


このように、在宅フリーランスは仕事の作業時間が決まっていないので、会社勤めしているサラリーマンとは価値観や時間が合わないことが多いでしょう。


このようなサラリーマンとの勤務形態の違いにより、元々親しい人と会える機会が減ってしまうことも、孤独を感じやすくなってしまう要因の1つといえるでしょう。

4:話が合わなくなるから

サラリーマンとは勤務形態やライフスタイルが異なるため、話が合わなくなってしまいます。昔からの友人に久々に会うと、価値観が変わったと感じられることも増えるでしょう。


仕事や勤務環境の不満など、在宅フリーランスの方には共感しにくい話になってしまうため、話についていけなくなり、寂しさを感じてしまいます。

5:働く時間が不規則になるから

在宅フリーランスは自分の好きな時間に好きな場所で自由に働けるという勤務スタイルなので、働く時間がバラバラになりがちです。夜遅くまで作業をして寝不足になったり、家から出ないため運動不足になったりすることで、身体的・精神的にも不調になってしまいます。


その不調が原因で精神的に不安定になり、寂しさや孤独といったネガティブな感情を抱いてしまうでしょう。

在宅フリーランスの孤独を解消する12の方法


在宅フリーランスとして働いているのであれば、そのライフスタイルから孤独に感じてしまうのは仕方がないことです。


しかし、そんな孤独や寂しさを和らげる手段はあります。以下に在宅フリーランスの孤独を解消する方法を12個挙げていくので、ぜひ参考にしてみてください。

1:依頼人と会議をする

まず、今は、依頼人との打ち合わせはオンラインが多いですが、これをあえて直接会って会議をしてみるという方法です。


孤独の原因の1つは、誰とも話さないことです。


クライアントなら仕事の内容で打ち合わせをするという理由を作って会いやすく、直接会って話したほうがモチベーションの向上や、作業効率の向上にも繋がりやすいというメリットもあります。

2:常駐型の案件を受ける

フリーランスの勤務形態は、完全な在宅ワークだけではありません。社員と同様に出社して、社員と一緒に働くという常駐型と呼ばれる働き方もあります。また、毎日ではなく週に1度や月に1度だけ出社するというワークスタイルも存在します。


1人で働くことが苦ではない人は在宅ワークの方が良いですが、人との関わりが欲しい人はさまざまな勤務形態があるということを知って、自分に合ったタイプの働き方を選ぶと良いでしょう。

3:主催者となって作業会等を開く

自分が主催者となってセミナーや作業会などを開催するというのも、孤独を解消する方法の1つです。


人と話すだけではなく、同業者に出会えたり新たなクライアントと知り合えたりする可能性もあります。主催するものとしては、以下のような内容が挙げられます。


・自分の経験やノウハウを伝えるセミナー
・在宅フリーランスの人同士で一緒に仕事をする作業会
・交流会、イベント、飲み会


何も行動を起こさないと孤独のままになってしまうため、できそうなものや興味のあるものを実際にやってみることが大切です。

4:オンラインサロンに入る

オンラインサロンとは、在宅フリーランス同士で学んだり作業報告などをしたりする、ネット上のコミュニティのことです。オンラインサロンには、以下のパターンが挙げられます。


・著名人などと直接接点を持てるファンクラブ型
・共通の趣味や目標を持っている仲間とコミュニケーションをとるコミュニティ型
・専門的な知識やより良い情報を得られる講座型
・1人ではできない案件等を複数で行うプロジェクト型


仲間から刺激を受けられるので、モチベーションの向上に繋がったりスキルやノウハウを共有できたりすることが、オンラインサロンの良いところです。


仲良くなれば実際に会える可能性もあるため、自分で調べてスタイルに合ったものを実践してみると良いでしょう。

5:ジムで体を動かす

人とも会えて、運動不足も解消できる方法としておすすめなのが、ジムに行くことです。体を動かして汗を流せば、気分転換やストレス解消に繋がり、仕事も捗ります。


ジムに通うことが難しい人でも、今は自宅でできるトレーニング動画をYouTubeなどで簡単に観ることができるため、参考にすると良いでしょう。

6:シェアハウスに入居する

シェアハウスとは、複数人でシェアして住める住宅のことで、いわゆる共同生活のことです。個人の部屋は別にあり、キッチンや浴室、リビングなどは同居人とシェアする暮らし方です。


シェアハウスのメリットは、ご飯を誰かと一緒に食べられる、会話ができるなど、1人で過ごす時間が減ることにあります。その他にも、困った時に助け合える人がいる、固定費は折半なので、経費削減になるなど、在宅フリーランスに嬉しいことがいくつもあります。


人と話すことが好きな人には良い方法といえるでしょう。また、在宅フリーランス同士のシェアハウスであれば、お互いに切磋琢磨できて仕事の効率も上がるでしょう。

7:コワーキングスペースを活用する

コワーキングスペースというのは、さまざまな職種の人が作業したり交流したりできるオフィスのことです。


場所によってない場合もありますが、作業デスクや椅子はもちろん、Wi-Fiやプリンターなどが整備されています。また、郵便物もコワーキングスペースで受け取ることも可能です。
在宅フリーランスの方にとって働きやすい環境が整っているといえるでしょう。


コワーキングスペースのイベントなども開催されており、朝活、勉強会、作業会、交流会
など種類もさまざまです。また、夜の時間帯になるとバーを営業しているところもあるため、居酒屋に移動しなくても、飲みながら交流することもできます。

8:在宅フリーランス同士のコミュニティを作る

在宅フリーランス同士のコミュニティ作りは、同じ価値観や悩みを理解し合えるので、とても大切です。


人脈が広がると、1人ではできない仕事に挑戦できる可能性が出てくるため、仕事の幅が広がります。また、お互いのノウハウを教え合うこともでき、ビジネスパートナーとして一緒に効率良く働くこともできます。


そのため、1人で孤独を感じながら働く時間が少なくなるでしょう。

9:休息日を設定する

仕事をしない日を作ることも良い方法です。


在宅フリーランスの方は、休憩中や休日でもついつい仕事をしてしまいがちです。特に、SNSを活用して依頼人と連絡をとっている人は、メッセージのチェックや返信を日常的に行っている可能性があります。


その作業がストレスではない人なら良いですが、ほとんどの人は仕事モードが抜けない状態になってしまいます。オンオフの切り替えができていないと、心身の疲労がたまりやすく作業効率も落ちてしまうでしょう。


自分でスケジュールを自由に組んだり、仕事の量を調整したりできるのが在宅フリーランスの良いところでもあるので、休息日を設けてみてください。

10:自分の考えを発信する

人と関わることを目的として始めたSNSが、心の支えになっている人もいます。また、仕事上でSNSを活用している人が多いため、そのツールを利用して人と交流するということも孤独解消に効果的です。


特に、SNSは自分から発信したものに対して、共通の価値観や趣味を持っている人が交流してくれることが多く、コミュニケーションが取りやすいでしょう。SNSがきっかけで仕事に繋がる場合もあるので、ぜひ挑戦してみてください。

11:友人との予定を作る

休日に友人と遊んだりご飯を食べに行ったりすることも、孤独感の解消に有効です。親しい友人に会うと、「楽しかった、また仕事を頑張ろう」と、モチベーションの維持にも繋がります。


在宅フリーランスはスケジュールを自分で調整し、友人の休みに合わせられるので、気軽にチャレンジできる方法です。


友人だけではなく恋人を作ってデートをしたり、家族と出かけたりしてプライベートも充実させましょう。

12:1人で過ごすことによるメリットを考える

1人で過ごすことのメリットを考えることも、孤独感の解消につながるでしょう。


1人で過ごすメリットには、自由なライフスタイルで、好きなように仕事ができることや、他人の意見に惑わされず自分の価値観で作業できること、パワハラやセクハラなど、人間関係で悩む必要がないことなどが挙げられます。


1人で作業することを孤独と考えるのではなく、1人で働くことで自由な最高のワークスタイルだという考え方にしてみましょう。

在宅フリーランスで収入アップを目指すには?

在宅フリーランスとして働くのであれば、できるだけ収入をアップしたいという人も多いでしょう。ここでは最後に、在宅フリーランスで収入アップを目指す方法について解説していきます。

作業の効率化を考える

フリーランスは、本業以外の雑務も自分で行わなければいけません。そのため、収入に繋がらない作業を自動化したり、アウトソーシングしたりすることで作業を効率化すると良いでしょう。


たとえば、個人事業主向けの確定申告ツールなどを利用すれば、手間のかかる帳簿付けの時間を減らして、その分本業に時間を割くことができます。

専門的なスキルを身につける

フリーランス案件では、専門的なスキルを持った人材ほど単価も高くなる傾向があります。たとえばプログラミングなどの専門性の高いスキルを身につけることで、収入アップに繋がりやすくなるでしょう。

孤独感と上手く付き合いながら在宅フリーランスとして働こう


在宅フリーランスは1人で作業を進めていくため、孤独に感じる瞬間が必ずあり、それは仕方のないことです。


しかし、1人で自由に働くことの良さに気がついたら、孤独と上手く付き合っていくことができるでしょう。孤独が辛いと感じなくなれば、こんなに素晴らしい働き方は他にありません。


在宅フリーランスとして働いていく中で孤独を感じてしまった時は、この記事の解消方法を実践してみて、自分に合った対策を行ってみてください。


価値観の合う仲間を作って、自由に楽しく働いていきましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/01/27

2022/08/19