シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

プログラミング言語Swiftの将来性は高い?その理由と使用するメリットも解説

プログラミング言語であるSwiftの将来性について気になっている人は少なくないでしょう。この記事では、Swiftのメリット・デメリットも含めて、Swiftの将来性について解説していきます。紹介する内容を参考に、Swiftの展望について知識を深めていきましょう。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「Swiftって何だろう?」
「Swiftを学ぶメリットやデメリットが知りたい!」
「Swiftには将来性があるの?」


Swiftとはプログラミング言語の1つですが、上記のような疑問を持っている方も多いでしょう。


この記事では、Swiftの需要や転職動向やメリット・デメリット、Swiftの将来性について紹介していきます。記事を読むことで、Swiftの概要がしっかり把握でき、プログラミング言語として新たなスキルを習得するきっかけになることでしょう。


紹介する内容を参考に、プログラミング言語Swiftについての知識を十分に深め、案件獲得の幅を広げられるか検討していきましょう。ぜひ最後まで読んでみてください。

Swiftの需要動向

SwiftはApple社の開発した言語であり、Apple製品のアプリ開発を目的に作られた強固、かつ直感的なプログラミング言語です。毎年注目されるAppleの発表会内で登場することもあり、開発者で知らない人は少ないのではないでしょうか。


Swiftは比較的新しいプログラミング言語に分類されるため、C言語やJavaなどの需要と比較すると市場規模は小さめだといえます。


ただし最近では、Webアプリの開発も一部では行えるようになったため、Swiftの需要はこれから増加傾向に向かっていくと予想されています。

Swiftを扱うエンジニアの転職動向

Swiftの実務経験がない場合でも、他言語を用いたアプリ開発経験があれば転職はしやすい状況にあります。そして、Swiftとの互換性が高いObjective-Cの経験があれば、転職できる可能性はより高まるでしょう。


ちなみに、そもそもプログラミング経験のない人がSwiftエンジニアとして転職を検討する場合、アプリ開発の分野では即戦力や企画能力が求められる傾向にあることから、転職のハードルは高くなってしまう恐れがあるため、注意が必要です。

Swiftが持つメリット

アプリ開発のために生まれたSwiftには、扱いやすさにおいてApple社らしい直感的な良さがあるといわれています。それでは、Swiftを始める際どのようなメリットを感じられるのでしょうか。


ここでは、Swiftが持つメリットについて5つ紹介していきます。

シンプルなコードにできる

Swiftは初心者でもアプリ開発できる言語の1つとされ、他言語と比較して記述する分量が少ない上に書きやすく、シンプルなコードで記述できるでしょう。JavaやPHPといったプログラミング言語と比べても、記述がすっきりしているのが特徴であるといわれています。

直観的に記述できる

アプリ作成には、Xcodeというプラットフォームを使います。Xcodeでは、オブジェクトライブラリから「buttom要素」「label要素」「input要素」といった開発に必要な要素を選択でき、iPhoneを模したストーリーボードにそれをドラッグ&ドロップして要素配置します。


その後コードを追加していきますが、ストーリーボードを見ながら作業を進められるため、直感的かつ自由にアイディアを表現していくことができるでしょう。

すぐに開発できる

Swiftは、「Mac」と「Xcode」があれば、すぐにアプリ開発が可能です。最近はMacでなくてもSwiftが使える開発環境も提供されてはいますが、操作性や制約などを考慮に入れるとMacでの開発が望ましいでしょう。


XcodeはApple社が提供する無料開発ツールであり、Apple製品のアプリ開発の基盤ともいえる重要な統合開発環境(IDE)で、AppleIDがあれば誰でも取得可能です。

Objective-C言語と互換性があり移行しやすい

SwiftはObjective-C言語と互換性が高いため、Objective-C言語経験者の人は特に扱いやすさを実感できるでしょう。


API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)を共有したり、Swiftにフレームワークをインポートしたりすることができ、ストレスの少ないシームレスな言語間のやりとりが可能です。

初心者でも習得しやすい

Swiftはシンプルなコードを扱うため、初心者でも学習を進めやすいのが特徴です。Apple社からリリースされている「Swift ground」というアプリを使えば、幼い子どもでも楽しく理解しながら、Swiftを学ぶことができます。

Swiftを利用するデメリット

比較的新しい言語であるSwiftは、日本語の解説サイトの充実さに不安要素があります。そのため、疑問や不明点は英語のサイトを活用する必要も出てきます。しかし、最近ではさまざまな参考書があるため、そのような場合には書籍を活用して開発を進めるようにしましょう。


また、SwiftではAndroid用のアプリ開発が行えない点も留意しておきましょう。どうしてもAndroid用のアプリを開発したい場合には、Java、Kotlin、C#といった言語を使用する必要があります。

Swiftの将来性が高いとされる理由

現在のSwiftの市場規模は、ほかのプログラミング言語と比較すると成長の余地が十分にあるとされており、いくつかの点において期待が持たれています。


ここでは、Swiftの将来性が高いとされる理由について4つ紹介していきます。

適用できる開発の範囲が広がっているため

Swiftがリリースされた当初は、Apple製品のみに対応した言語でしたが、現在ではWebアプリ、サーバーサイドの開発を手がけられるようになっています。


年を経るごとに対応可能な範囲が広がった実績があることで、これからより幅広い範囲で活用できる場面が増えていくでしょう。

Apple社のサービス拡大によって需要が増えるため

Apple社の提供サービスはSwiftを用いて開発されており、同社のサービス拡充によりプログラミング言語としての需要はより高まる可能性があります。


それに関連して、Apple社では子どもから大人まで、世代を問わないSwiftの習得を目標に「Everyone Can Code」という取り組みも行っており、Swiftの知名度がますます高まることで、Swiftの市場規模拡大も期待されています。

フリーランスになると年収アップが期待できるため

Swiftで開発できる優秀な人材層が薄いといわれることから、Swiftエンジニアはフリーランスになると年収アップも期待できるでしょう。


業務内容や案件にもよりますが、Swiftエンジニアの平均年収は900万円程度とされ、場合によって年収が1,600万円程度に上る場合もあります。


▼関連記事
・あなたは当てはまる?…フリーランスに向いている人の特徴
・フリーランスは得?損?…フリーランスのメリット・デメリット

Swiftに注目している企業が増えているため

大手IT企業を中心にSwift言語を「first-class language」、すなわち「第1級言語」として、積極的な導入が検討されたことがあります。これが本格的に実現するならば、今後Swiftを用いる企業が増加していく可能性があるでしょう。


また、この流れが加速することで、モバイルアプリのみならず、Swiftを用いた利便性の高いフレームワークや充実したライブラリがWebアプリの分野を拡充していく可能性もあります。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

SwiftとKotlinとの将来性における比較

Swiftとおおよそ近い時期に登場した「Kotlin」は、Androidのアプリ開発に用いられる言語ということもあり、Swiftと比較されることもあるでしょう。


アプリ開発において、Kotlinの需要は高いといわれていますが、AndroidアプリはJavaやC言語、Rubyといったほかの言語でも開発可能であるため、需要が分散しやすく、今後も長く使用されるかどうかは疑問視されています。


一方、Apple社製品の各OSのアプリ開発にはSwiftが必要であるため、現在は求人や案件の数は少なくとも、増加していく期待がもてるでしょう。

Swiftの将来性に関する危惧

Swiftの需要が今後高まっていく要素はいくつもありますが、ほかの言語よりも十分に活用が広がっていないのが現状でしょう。


変化の目まぐるしいIT分野においては、活用の範囲が広がる前に、ほかの新しいプログラミング言語によってSwiftが淘汰されてしまう可能性も十分に考慮しておく必要があります。

Swiftの将来性を把握しておこう

いかがでしたでしょうか。この記事では、プログラミング言語Swiftの将来性やメリット・デメリットを中心に紹介してきました。


IT技術の発達と共に、Swiftの需要はますます高まるのではないかといわれていますが、同時に将来性に関する危惧も存在します。Swiftの将来性をしっかり見極め、エンジニアとして幅広い案件獲得を目指していくようにしましょう。


▼関連記事
JavaScriptの将来性は?
Javaの将来性は?
Rubyの将来性は?
Goの将来性は?
PHPの将来性は?
COBOLの将来性は?
Pythonの将来性は?
C言語の将来性は?

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/03/10

2022/07/20