シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

JavaScriptの将来性が高いとされる理由とは?需要動向もあわせて解説

JavaScriptの将来性が高いと言われているのはなぜでしょう。本記事ではJavaScriptでできることやJavaScriptの将来性が高いとされる理由、JavaScript資格を取得するための勉強方法などを紹介します。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「JavaScriptでできることって?」
「JavaScriptはなぜ将来性が高いと言われているの?」
「JavaScriptを扱うエンジニアになるにはどうすればいい?」


このように、プログラミングのJavaScriptに興味を持っている人は、上記のような疑問を持たれているのではないでしょうか。


本記事では、JavaScriptでできることやJavaScriptの将来性が高いとされる理由を紹介しています。この記事を読むことで、なぜJavaScriptの将来性が高いと言われているのか把握できるでしょう。


また、JavaScriptを扱うエンジニアになる方法についても解説しているため、JavaScriptエンジニアを目指している人も参考にできます。


JavaScriptの将来性が高いとされる理由について知りたい人は、ぜひこの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

JavaScriptの需要

JavaScriptはWebサイトに動きを付けられるなどの特徴を持ったプログラミング言語です。また、他にもWebアプリ開発やスマホアプリ開発などにも活用できる汎用性の高い言語であることから、JavaScriptの需要は高いと言えるでしょう。


JavaScriptには多くの便利なライブラリやフレームワークも登場しているため、将来性も高いと言えるでしょう。

▼JavaScriptの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

JavaScriptでできること

JavaScriptはさまざまな分野で利用されている言語です。もともとはそこまで汎用性の高い言語ではありませんでしたが、デバイスの性能向上やJavaScriptの進化により、現在ではできることの幅も広がっています。


ここではJavaScriptでできることについて解説していくため、参考にしてみてください。

ブロックチェーンの開発ができる

JavaScriptはブロックチェーンのWebサービス開発にも活用されています。JavaScriptのライブラリを利用すればWebサービスが開発でき、さらにサーバーサイドのプログラム開発にも対応可能です。


そのため、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨もJavaScriptに対応しています。

スマホアプリを開発できる

JavaScriptはスマホアプリの開発にも対応できます。JavaScriptはブラウザ上で動くイメージが強いですが、現在ではブラウザ以外でも活用されるようになっています。


JavaScriptのフレームワークである「React Native」は、スマホアプリ開発用のフレームワークです。React Nativeを利用することで、Android、iOSのどちらにも対応できるスマホアプリが開発できます。

Webアプリケーションを開発できる

JavaScriptはブラウザ上でアプリケーションを作ることが得意な言語であるため、Webアプリケーションの開発ができます。たとえば、GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントなどにもJavaScriptが利用されています。


このようなWebアプリケーションはパソコンからでもスマートフォンからでも利用できるため、ビジネスでのニーズも高いです。

ゲームの開発ができる

JavaScriptはゲーム開発にも活用できます。JavaScriptはWebアプリやスマホアプリ開発に利用できる機能があるため、これらの機能を応用することでゲームも開発可能です。


また、JavaScriptにはゲーム開発に便利なライブラリやフレームワークもあるため、需要の高いスマホゲームの開発にJavaScriptがより活用されるようになるでしょう。

ユーザビリティーを向上できる

JavaScriptを用いることで、Webサイトにポップアップやアニメーションなどの動きを付けることができます。そのため、JavaScriptによってWebサイトのユーザビリティーを向上できるでしょう。


近年では動的な機能が付いたWebサイトは一般的となっているため、多くのWebサイトのフロントエンドの開発現場でJavaScriptが利用されています。

JavaScriptの将来性が高いとされる理由

ここまで紹介したとおり、JavaScriptはさまざまな分野で活用されている汎用性の高い言語です。そのため、JavaScriptは将来性も高いと言われています。


ここではJavaScriptの将来性が高いとされる理由について解説していきます。

Webアプリに多く使われているため

JavaScriptはWebアプリ開発で、フロントエンドとサーバーサイドどちらでも対応できる言語です。また、開発環境が充実しているということもあり、多くのWebアプリに採用されています。


既存のWebアプリの多くにJavaScriptが利用されていることもあり、JavaScriptは新規開発だけでなく既存アプリの改修案件でも需要が高いと言えるでしょう。

世界標準で使われシェアを分けるような言語がないため

JavaScriptはWeb系のフロントエンド開発において、世界標準となっているプログラミング言語です。他にシェアを分けるような言語がないということもあり、JavaScriptはWeb系のフロント開発において確固たるポジションを築いています。


今後もJavaScriptの需要は増していくことが予想されていることから、JavaScriptは将来性が高いと言えるでしょう。

フレームワークが充実しているため

JavaScriptは世界中で利用されてきた言語ということもあり、フレームワークが充実しています。フレームワークを使用することで、一から開発するのが困難な場合でもスピーディな開発が実現できるでしょう。


フレームワークが充実しているということは、それだけ開発効率が高くなるため、JavaScriptは将来性があると言えるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

JavaScriptにおける将来性を危惧する要因

JavaScriptは将来性が高いと言われる言語ですが、一方でJavaScriptの将来性を危惧する声もあります。実際に、JavaScriptにはいくつかの課題があると言えるでしょう。


ここではJavaScriptにおける将来性を危惧する要因を紹介していきます。

動作テストに手間がかかる

JavaScriptはエラー検知が弱いという特徴があるため、デバッグ作業に手間がかかる言語です。経験を積んだJavaScriptエンジニアであっても、デバッグ作業には時間がかかります。


また、プログラムをリリースする際にはクロスブラウザで動作テストを実施する必要があるため、非常に手間がかかるでしょう。このように、JavaScriptはリリース前の動作テストに難点があります。

アップデートが頻繁なため技術的な対応が大変である

JavaScriptはこれまで多くのアップデートによって汎用性の高い言語に進化してきました。しかしアップデートが多いということは、それだけ技術的な対応が難しいという意味でもあるのです。


アップデートは言語仕様の変更や機能追加などが発生します。JavaScriptを開発に利用している場合は、そのたびに仕様変更を含めた対応が求められます。そのため、エンジニアへの負荷の増加にもつながっています。

JavaScriptを扱うエンジニアになる方法

JavaScriptを扱うエンジニアを目指す場合は、JavaScriptはもちろん、組み合わせて利用できる言語についても習得しましょう。JavaScriptは需要の高い言語ですが、JavaScriptを使ったフロントエンドの開発であればHTMLやCSSも扱える必要があります。


そのため、案件の種類ごとに必要とされるスキルを伸ばしていくと良いでしょう。

JavaScriptを扱うフリーランスにおすすめの資格

JavaScriptを扱うフリーランスのエンジニアになる場合は、資格を取得するのがおすすめです。資格を持っていることで知識やスキルを証明できるため、案件を獲得しやすくなるでしょう。


ここではJavaScriptを扱うフリーランスにおすすめの資格を紹介していきます。

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験とは、HTML5、CSS3、JavaScriptなどのマークアップに関する知識やスキルを認定する資格です。特定非営利活動法人LPI-Japanが運営している資格で、試験はレベル1とレベル2の2段階となっています。


レベル1は主にHTMLを対象に、マルチデバイス対応のWebコンテンツを制作するための基礎的なスキルを認定するものです。レベル2はJavaScriptを対象に、システム間連携や最新マルチメディア技術に対応したWebアプリケーションの設計、開発スキルを認定するものとなっています。


そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の取得を目指すと良いでしょう。

CIW JavaScriptスペシャリスト

CIW JavaScriptスペシャリストとは、JavaScriptの基本的、専門的なスキルを認定する資格です。「CIW」とは「Certified Internet Web Professional」を略した言葉で、米国のIT向け主要ベンダーの認定シリーズの一つです。


国際的なJavaScriptの認定資格となっているため、世界でも通用する資格となっています。ただし試験は英語で実施されるため、英語力も求められます。

JavaScript資格を取得するための勉強方法

JavaScript資格を取得には十分な試験勉強を行う必要があります。勉強方法にもさまざまな選択肢があり、自分に合った方法で勉強を行うと良いでしょう。


ここでは最後に、JavaScript資格を取得するための勉強方法について解説していきます。

オンライン学習を活用する

インターネット上で利用できる学習サイトなどを活用することで、JavaScriptの資格勉強を行うことができます。オンラインの学習サイトであればスマホからいつでも勉強できるため、すき間時間でも学習を進められるでしょう。

問題集を活用する

試験対策用の問題集を利用することで、本番の試験を想定した試験勉強を行うことができます。プログラミング系の資格試験の場合は、過去問題集なども販売されています。


事前に問題集を利用して試験の問題に慣れておくことで、本番の資格試験でも実力を発揮しやすくなるでしょう。

参考書を活用する

JavaScriptの参考書を利用することで、段階的に学習を進めていくことができます。試験対策というよりもJavaScriptそのものについて理解を深められるため、JavaScriptについて学びたい場合は参考書を活用すると良いでしょう。


参考書は非常に優しい入門書レベルのものからエンジニアとして働いている人向けの中~上級者向けのものまであるため、自分のレベルに合った参考書を利用しましょう。

プログラミングスクール等の講座を活用する

プログラミング系の資格取得講座を提供しているプログラミングスクールもあるため、講座を利用して勉強することができます。本記事で紹介したCIW JavaScriptスペシャリスト用の講座などもあるため、活用してみると良いでしょう。


講座を利用することで、独学で勉強するよりもモチベーションを保ちながら学習を進められる可能性もあるでしょう。

JavaScriptの将来性を知りこの機会に学んでみよう

JavaScriptは世界的なシェアを獲得しているプログラミング言語です。ぜひ本記事で紹介したJavaScriptでできることやJavaScriptの将来性が高いとされる理由などを参考に、今後の需要も期待できるJavaScriptを学んでみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/03/04

2022/08/22