「PHPのスキルはあるが、将来性は大丈夫?」
「PHPは、これから学んで役に立つプログラミング言語なのだろうか?」


Web開発分野において大きなシェアを持つPHPですが、そのスキルを持っている方は、このままずっとこのニーズを維持できるのか心配になるのではないでしょうか。


また、現在すでに別の言語のスキルがあって、今後PHPを学びたいと考えている方も、様々な疑問や不安を抱くことも考えられます。


本記事では、PHPの将来性や言語の特徴、将来性のあるPHPエンジニアになるための方法などを紹介しています。本記事を読むことで、PHPの需要や将来性についての疑問、不安の一部を払拭することができるでしょう。


本記事を読んでPHPの特徴を知り、その将来性への理解を深めましょう。

プログラミング言語PHPの現状


PHPは、Web開発においてよく使用されるプログラミング言語です。そのため、かつてWeb系サービスが活発に開発され始めた時期に需要も急増しました。


しかし、近年のトレンドはスマートフォン向けアプリケーションやAIなどに移行しているため、PythonやC#などがシェアを広げ、PHPのニーズは徐々に減少しています。


とは言え、PHPは依然としてWeb系のシステム開発に用いられています。また、PHPで制作された既存システムの保守に対する案件を始め、未だ需要は多く一定の将来性も見込めるでしょう。

プログラミング言語PHPの特徴


PHPは、HTMLにコードを埋め込むことによって、Webページに動的な機能を加えるスクリプト言語です。多くのWebサイト開発に利用されており、Web開発には欠かせないプログラミング言語と言えます。


ここでは、PHPの特徴について見ていきましょう。

Webアプリの開発で利用される場合が多い

PHPは、検索機能や投稿・問い合わせフォーム、ショッピングカートなど、動的なページを含んだWebサイトやWebアプリケーションの開発に利用されることが多いです。


たとえば、検索したい用語を入力すると検索結果が出る、ユーザーが新たな記事を投稿すると新着記事や関連記事が表示される、などの処理はPHPによって可能となります。


Webアプリの開発をしたい場合、PHPは学んでおく必要があるプログラミング言語でしょう。

サーバーサイドの開発でシェアが高い

PHPはサーバーサイドのプログラミング言語で、Webサーバー上にファイルを生成して動作し、ユーザーの目に触れないという特徴があります。


また、Webサイトにはユーザーから得た情報や、ユーザーの要求に応じて変換するためのデータを保管しておくデータベースが必要になります。


PHPは同じくサーバーサイドにあるデータベースとの接続が簡単なこと、容易に必要なデータを取得できることなど、メリットが多いため、サーバーサイドの開発でよりシェアが高くなるでしょう。

エンジニアの数が多い

PHPはWeb開発で人気が高いプログラミング言語であるため、その分野におけるPHPエンジニアの求人は多い傾向にあります。


また、比較的習得しやすいPHPを扱えるエンジニアの数も多く、PHPに関する情報が見つけやすいという特徴もあります。オンラインサロンや個人ブログなどで、情報交換や自分の課題を解決しやすいでしょう。

応用が利く言語である

PHPは他の言語に比べて応用が利く言語で、柔軟なプログラミングができます。動的型付け言語であるPHPは、どの種類のデータでも変数に入れることが可能です。


そのため、応用が利くプログラミングが可能となるだけでなく、スクリプトを作成する時間やスペースを節約できるでしょう。

フリーランスにもおすすめ

PHPは、フリーランスのエンジニアにとっても、おすすめのプログラミング言語です。フリーランス向けの案件は中小規模の開発が多く、案件数も多くあります。


多くのWebサービスに用いられ、概ね高い需要を維持していることは、フリーランスのエンジニアにとっても魅力的で安心でしょう。

PHPの需要が高い理由と将来性

近年徐々にシェアが減少しているものの、Webサービスを構築するのに欠かせないPHPは、依然として高い需要があります。


PHPの需要が高い理由は、これから紹介する理由以外にも、他の言語に応用が利きやすいことやPHPエンジニアの数が多いこともあるでしょう。


PHPの需要が高い理由と将来性について解説します。

勉強しやすい言語であり学習環境が整っていること

PHPは比較的シンプルなプログラミング言語で、他の言語に比べて習得しやすいと言われています。また、PHPを使いこなすエンジニアの数が多く情報も多いため、勉強しやすい言語です。


さらに、PHPは公式サイトでマニュアルが公開されています。PHPの言語仕様などが記載されているマニュアルは、実際のプログラミング現場で参照でき、特に初心者にとっては良い教材となります。

このようなことから、PHPは学習環境が整っている言語だと言えるでしょう。

サンプルコードなどの開発環境が整っていること

PHPにはフレームワークが豊富に用意され、開発環境が整っています。CakePHP、Laravel、Symfony、CodeIgniterなど、10種類以上のフレームワークから最適なものを選べば、短期間で開発が可能になるでしょう。


また、PHPのフレームワークにはセキュリティコードが組み込まれているため、一般的なセキュリティ脅威から保護することができます。


フレームワークの活用場面は多く、一度習得すると比較的スムーズに使えるようになります。そのため、PHPは整った学習環境に加えて、活用環境も整備された扱いやすい言語といえるでしょう。

WordPressで使われている言語であること

PHPを使って開発されたWebサービスとして有名なのが、WordPressです。WordPressは、オープンソースのブログソフトウェアで、世界的にも広く使われています。


WordPressを使うことで、専門的なプログラミングスキルがなくても、簡単にブログ記事などのコンテンツを投稿できます。


世界で広く使用されているWordPressをカスタマイズできる言語であることは、PHPの人気に大きく貢献しているでしょう。

これまでにPHPでつくられたシステムの保守に必要な言語であること

PHPが使われるのは、新たなシステムの開発だけではありません。これまでにPHPでつくられた既存システムの保守や改修に、PHPエンジニアが必要とされる場合があります。


開発されたシステムは保守が必要です。不具合の改修を行ったり、機能性を向上させたりするには、開発に使われた言語で行うのが一般的です。これまでPHPによってつくられたWebサービスの数は多いため、保守の案件も多いでしょう。

マーケットが大きいこと

WordPressの公式サイトによると、Webの43%がWordPressで構築されています。 つまり、数多くの企業や個人が、直接的または間接的にWordPressを利用しているといえるでしょう。


WordPressを使って作成されるWebサイトやブログのマーケットは非常に大きいため、PHPの高い需要は当分の間維持されると考えられています。


出典:WordPress.com: 高速、安全に管理されている WordPress ホスティング
参照:https://wordpress.com/ja/

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

将来性のあるPHPエンジニアになるための方法


PHPエンジニアと言っても、その技術力には個人差があり、長く活躍できるか否かは、その人が持つスキルや知識、経験によって異なります。エンジニアのスキルアップは、自身の市場価値だけでなく、社内での貢献度や収入にもかかわってきます。


ここからは、将来性のある、優れたPHPエンジニアになるための方法を紹介します。

PHPエンジニアとしての実績をつくる

PHPエンジニアとしてスキルアップするには、まずPHPに関わる案件に取り組み、実績をつくることが重要です。


また、初心者の方は、無料で開発環境を組むことができるPHPの特徴を活かして、開発環境を整え、システムをつくって動かしてみることをおすすめします。PHPは情報も豊富で、学習しやすいでしょう。


開発現場においてもシステムをつくり、それを運用してトラブルを解決する、という一連の流れを繰り返すことで、経験値がアップします。

フレームワークを利用できるスキルを身につける

システムの開発現場では、フレームワークが使われます。前述したとおり、PHPに対応するフレームワークは10種類以上あり、機能や操作性、カテゴリーが異なるため、プロジェクトに適したフレームワークを使用するのが一般的です。


代表的なフレームワークを扱えるスキルを身につけておくことで、ニーズの高いPHPエンジニアとなれるでしょう。LaravelやCakePHP、CodeIgniterなどがよく使われるフレームワークです。

マネージャーとしての経験を積む

ITエンジニアは、一般的にプログラマーからシステムエンジニア、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーという流れでキャリアを形成していきます。


キャリアアップしてプロジェクトマネージャーを経験することで、市場価値は上がるでしょう。プロジェクトマネージャーになるためには、チームを上手に運営し、プロジェクトの進行を管理していくマネージメント力が必要です。


マネージメント力はすぐに養える能力ではないため、プロジェクトマネージャーの経験を積んだ技術者は重宝されるでしょう。

上流工程の経験を積む

システム開発では、「要件定義」「基本・詳細設計」などが上流工程、「プログラミング」「テスト」などが下流工程と呼ばれています。上流工程を担うエンジニアは、クライアントとの間でヒアリングや交渉などを行い、下流工程に比べて責任が重くなりやすいです。


下流工程だけでなく、要件定義や設計までの経験を積むことで、システムエンジニア以降のポジションにキャリアアップしていける可能性があります。


また、大規模な案件や難度の高い案件にも参加できる機会が増え、昇進や年収アップなども期待できるでしょう。

複数の言語で開発できるようにする

Webサービスの開発では、HTMLやCSSなどのフロントエンド言語や、SQLなどのデータベース言語に触れる機会が多くなります。そのため、PHP以外の言語スキルを得ておくと、業務の幅が広がります。


また、IT業界の進化は目覚ましく、一つのプログラミング言語スキルのみで一生活躍するのは難しいでしょう。常に最新トレンドの情報を把握し、それに合致した複数の言語を習得しておくことで、エンジニアとしての価値も上がるでしょう。

様々な分野の案件で実績をつくる

目指す分野を絞ると効率的にスキルが身につきますが、将来性を考えるなら様々な分野の案件に携わって、経験を積むほうが良いでしょう。


特に、将来フリーランスへのルートを考えている場合は、スキルや経験値の幅を広げることをおすすめします。これまで実績がない分野に取り組み、その都度新しいスキルを習得したり新しい知識を学んだりしてみましょう。

資格を取得しておく

PHPエンジニアが市場価値を上げる方法の一つとして、資格取得があります。


資格を取得することで客観的にスキルを証明できるため、実績主義のフリーランスでもより多くの案件やより高額案件を受注できる可能性があるでしょう。また、資格取得のために勉強することで、限られた現場では出会えない深く広い知識も得られます。


PHPエンジニアとしては、一般社団法人 PHP技術者認定機構が運営する各種認定資格を取得すると良いでしょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

PHPの将来性について考えよう


Web開発に広く活用され、初心者にも比較的取得しやすい言語であるPHPは、多くのエンジニアに習得されています。


その中で需要の高いPHPエンジニアになるには、ニーズに合ったスキルと実績をつけることが重要です。業界動向をしっかりと把握し、習得すべき技術を取捨選択しながら、将来性のあるPHPエンジニアを目指しましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300