シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

Javaエンジニアの将来性と今後必要な経験値|需要が増えている理由も解説

将来性の高いJavaエンジニアを目指すにはどのような経験を積めばよいのでしょうか。本記事ではJavaの需要がある開発分野やJavaの需要が高い理由、Javaエンジニアとして活躍するために必要なことなどを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「Javaってどんなプログラミング言語なの?」
「Javaの需要が現在でも高い理由って?」
「Javaエンジニアとして活躍するにはどうすればいい?」


このように、プログラミング言語として長い歴史を持つJavaやJavaエンジニアについてさまざまな疑問を持っているという人もいるのではないでしょうか。


本記事では、Javaの特徴や需要が高い理由などを紹介しています。この記事を読むことで、Javaがどのような言語なのかを把握できるでしょう。


また、Javaエンジニアとして働くメリットやデメリットなども紹介するため、Javaエンジニアを目指しているという人も参考にできます。


Javaについて詳しく知りたい人は、ぜひこの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Javaは時代遅れ?

Javaは、世界的なシェアを獲得している汎用性の高い言語です。しかし、近年ではJavaの後継となるようなプログラミング言語が登場していることもあり、Javaのことを時代遅れの言語なのではないかと考えている人もいるでしょう。


しかし結論から述べると、Javaは時代遅れではありません。Javaは多くのメリットを持つことから、現在でも多くの開発に採用されています。

そもそもJavaってどのような言語?

Javaは高い汎用性を持つ、オブジェクト指向型プログラミング言語です。Webアプリケーションや業務系システム、スマホアプリなど幅広い分野で開発に利用されており、これまで多くのソフトウェア開発に採用されてきました。


特に大規模な業務系システムの開発では必須の言語となっており、国内でのJavaエンジニアの求人数も多いという特徴があります。

Javaによってできること

JavaはAndroidアプリやWebアプリ、Webサイト、組み込みシステム、金融機関の基幹システムなど、あらゆる分野の開発が可能な言語です。Javaはこれまで多くの開発に用いられてきた実績のある言語のため、高い品質が求められるような開発現場で採用されています。


また、安定性やセキュリティも高いことから、銀行のシステムにも採用されています。

Javaエンジニアとして働くメリット

Javaエンジニアとして働くことで、需要の高いエンジニアになれるというメリットがあります。Javaはシェアの高い言語であることから、Javaエンジニアは求人も多いです。


特にJavaは、多くのエンジニアを必要とする大規模開発で採用されていたり、あらゆる分野で開発に採用されたりしているため、好きな分野でエンジニアとして働きやすいでしょう。

Javaエンジニアとして働くデメリット

Javaは、比較的習得難易度が高い言語であることから、簡単に言語をマスターできないというデメリットがあります。そのため、Javaエンジニアとして働くためには、時間をかけてJavaを学ぶ必要があるでしょう。

Javaの需要がある開発分野は?

Javaはさまざまな分野で開発に利用できる言語ですが、特に需要の高い開発分野について知りたいという人もいるでしょう。現在、特にJavaの需要が高い開発分野は2種類あります。


ここではJavaの需要がある開発分野について解説していくため、参考にしてみてください。

スマホアプリサイド

Javaは、特にスマートフォンのAndroidアプリ開発におけるシェアが高いという特徴があります。スマートフォンのOSにはiOSとAndroidがありますが、世界的にはAndroidの方がシェアが大きいと言われていることから、Javaはスマホアプリサイドでの需要が高くなっています。


そのため、JavaエンジニアはAndroidアプリ開発における需要も高いと言えるでしょう。

サーバサイド

Javaはサーバサイドでの需要も高いです。アプリケーションのサーバサイドの開発では、Javaサーブレットを基本に開発されていることが多いため、Javaエンジニアは中小企業から大企業までのあらゆるサーバサイドの開発現場で、需要が高いと言えるでしょう。


また、サーバサイドの開発ではJSFやSpring Frameworkなどのフレームワークが用いられることも多いため、フレームワークの知識を押さえておくと、より需要の高いJavaエンジニアとして重宝されるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Javaの需要が現在でも高い理由

前述のとおり、Javaはさまざまな分野で開発に用いられている言語です。それでは、歴史の古い言語であるJavaが現在でも高い需要を誇っていることには、具体的にどのような理由があるのでしょうか。


ここでは、Javaの需要が現在でも高い理由について解説していきます。

スマホアプリの開発に使える

前述のとおり、Javaはスマホアプリの開発に活用されている言語です。スマホの普及によって、スマホアプリ市場は年々拡大を続けていることもあり、スマホアプリの案件は非常に多いです。


また、Androidアプリ開発ではJavaが採用されるケースが依然高いことから、Javaの需要も高くなっています。スマホアプリの開発現場では、今後もJavaエンジニアの需要は高まっていくと言えるでしょう。

大規模な開発で活用できる

Javaは大規模な開発に適している言語で、大規模な業務システムを開発する際、ほとんどの場合で採用されています。また、部品を組み立てるように開発を進めることができるという特徴を持つため、大人数での大規模開発に向いています。


さらに安全性も高い言語であるため、堅牢性が求められる大規模な金融機関のシステム開発にも利用することが可能です。

世界中で使われている

Javaは長い歴史を持ち、世界中で開発に用いられてきた言語となっています。そのため、現在200種類以上あると言われているプログラミング言語の中でも、標準的な言語としての地位を確立しています。


このような理由から、現在でもJavaは新規開発に用いられることが多く、仮に新規開発が減ったとしても、Javaで開発された既存システムの保守案件は今後も続いていくと言えるでしょう。

他言語習得の際に役立つ

Javaは、オブジェクト指向言語の中では比較的習得しやすいと言われています。そのため、最初にJavaを習得することによってC#やRubyなどの、他のオブジェクト指向言語を習得する際にも役立つでしょう。


実際に、Javaの機能やオブジェクト指向の概念は他の言語にも応用可能なため、Javaはエンジニアの新人教育でも広く用いられています。

これまで使われてきた実績がある

Javaは歴史が長く、これまで世界中の多くの開発で採用されてきたという実績を持ちます。開発実績が多いということは、それだけ信頼できる言語であると言えるため、これからもJavaの需要が急激に減少するようなことは考えにくいでしょう。


今後新しい言語が登場したとしても、実績の豊富さという面で、Javaが簡単に新しい言語に置き換わる可能性は低いと言えます。

Javaエンジニアの将来性は?

Javaは現在でも需要が高い言語であることを紹介してきましたが、Javaエンジニアの将来性について知りたいという人は多いのではないでしょうか。


プログラミング言語の習得には長い時間と労力が必要となるため、新しく言語を学ぶ場合はできるだけ将来性の高い言語を学びたいと思うでしょう。


ここではJavaエンジニアの将来性について解説していくため、参考にしてみてください。

Javaの代わりに使われる言語が増えてきた

近年ではScalaやKotlinなど、Javaの代わりに開発に用いられるプログラミング言語が増えてきています。Scalaはオブジェクト指向と関数型プログラミング両方の特徴を持つ言語で、Javaの仮想マシンであるJVMで動作するという特徴があります。


また、コードの量がJavaよりも少なく、Javaライブラリの多くを利用することが可能です。そのため、Javaに代わる言語として注目を集めています。さらに、KotlinもJavaとの相互利用ができることから、Androidアプリ開発にKotlinを用いるケースも増えてきています。


このように代替言語となる言語が増えてきているため、将来性のあるJavaエンジニアを目指す場合はScalaやKotlinなどのスキルも必要になってくる可能性があるでしょう。

求人数は今でも多い

代替言語と言われている他の言語が増えてきていても、Javaの求人数は多いです。世界的に見てもJavaの求人数は他のプログラミング言語を上回っているとされており、日本国内でのJavaの求人数も非常に多い状態にあります。


そのため、今後Javaの需要が急激に減少する可能性が低く、これからJavaを習得したとしても将来性は十分期待できると言えるでしょう。

収入面はそれほど恵まれていない

Javaは求人数自体は多いですが、Javaエンジニアの年収は他の言語を扱うエンジニアと比べて高いとは言えません。たとえば、需要の高さに対してエンジニアの数が足りていないようなPythonやGo、Scalaなどの言語は、エンジニアの希少価値が高いため年収も高い傾向にあります。


しかしJavaは人気の言語ということもあり、Javaを扱えるエンジニアの数は比較的多いです。そのため、年収が上がりにくいと言えるでしょう。

▼Javaの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

Javaエンジニアとして活躍するために必要なこと

将来性の高いJavaエンジニアになるためには、十分なスキルを身につけることが大切です。ここでは最後に、Javaエンジニアとして活躍するために必要なことを紹介していきます。

さまざまな種類の案件に挑戦する

ここまで紹介したとおり、Javaはさまざまな種類の開発に用いられている汎用性の高い言語です。そのため、将来性の高いJavaエンジニアとして活躍するには、あらゆる案件に挑戦することが大切です。


さまざまな種類の開発経験を積んでいくことにより、Javaエンジニアとして対応できる範囲も広がっていくでしょう。

プロジェクトマネージャーとしての経験を積む

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの予算や人員、スケジュールなどの管理を行い、プロジェクトをスムーズに進めていく役割を持つプロジェクト全体の責任者です。


このプロジェクトマネージャーの経験を積むことで、Javaエンジニアとしてのステップアップにも繋がるでしょう。


また、プロジェクトマネージャーは責任も大きいポジションであることから、それだけ報酬も高くなります。

5年以上は実務でスキルを身につける

Javaのスキルを身につけたとしても、実務経験がなければニーズの高いJavaエンジニアになることはできません。フリーランスのJavaエンジニアとして活躍したいのであれば、5年以上の実務経験が必要になるでしょう。


5年以上の実務経験があれば、高単価案件も獲得しやすくなるでしょう。

まだまだJavaエンジニアに将来性はあるが日々スキルを磨く必要がある

Javaは需要の高い言語ですが、他の代替言語が増えてきていることもあり、将来性を危ぶむ声もあります。ぜひ本記事で紹介したJavaの需要が高い理由やJavaエンジニアの将来性などを参考に、スキルを身につけて、将来性の高いJavaエンジニアを目指しましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/03/10

2022/08/22