シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

C言語が使われる6つの仕事内容とは?年収や将来性なども詳しく説明

C言語はどのような仕事内容に用いられるプログラミング言語なのでしょうか。本記事ではC言語の特徴やC言語が使われる仕事内容、C言語の将来性や平均年収、将来性などについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「C言語はどんな分野の開発に使われているの?」
「C言語を習得することでどんなメリットがある?」
「C言語を使うエンジニアの年収って?」


このように、C言語に興味がある方の中には、C言語にさまざまな疑問を抱いているという方もいるのではないでしょうか。


本記事では、C言語が利用されている仕事内容について解説しています。この記事を読むことで、C言語がどのような分野で活用されているのか理解できるでしょう。


また、C言語を習得するメリットについても解説しているため、C言語を習得しようかどうか迷っている方も参考にできます。


C言語が使われる仕事内容について知りたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

C言語の特徴とは?


C言語はコンピューター黎明期から存在する歴史あるプログラミング言語です。他のプログラミング言語やLinuxといったOSの元になった言語で、現在でもシステム開発に用いられています。


また、C言語は処理速度が高速で汎用性が高いという特徴があります。そのため、組み込み系や基幹システムなどあらゆる分野で活用されていますが、ハードウェアを制御するためのメモリやCPUに関する理解が必要になるため、C言語は習得難易度の高い言語となっています。

C言語が使われる6つの仕事内容


C言語はハードウェアと相性が良いため、一般的なプログラミング言語のようにソフトウェアやシステム開発だけでなく、ロボットなどの組み込み系の開発にも利用できる点が特徴的です。


ここではC言語が使われる仕事内容について解説していきます。

1:家電・電子機器の制御用プログラムの開発

C言語は、普段の生活で利用しているエアコンや冷蔵庫などの家電、デジカメや携帯電話などの電子機器の制御を行う、プログラムの開発に用いることができます。たとえば、エアコンは室内の温度調整をしますが、このような制御用プログラムを開発するのはC言語の仕事です。


このように機械の中に組み込まれるタイプのシステムを、組み込み系と呼びます。C言語の他にはC++なども、よく用いられます。

2:産業・教育ロボットの開発

C言語は、産業用ロボットや教育用ロボットの開発でも活用されています。C言語が開発するロボットとしては、電子部品の組み立てなどを行う産業用ロボットが有名でしょう。


C言語で開発された産業用ロボットは、車や医薬品などさまざまな製造ラインで活用されています。また、C言語で開発される教育用ロボットとしては、子供用のプログラミング学習用ロボットなどがあります。

3:パッケージソフトの開発

C言語は、パソコンにインストールして利用する各種パッケージソフトの開発でも活用されています。C言語で開発されるパッケージソフトとしては、Excelなどの表計算ソフトやウィルス対策ソフトなどが代表的です。


自社製品として、C言語でパッケージソフトの開発を行っている会社もあれば、他の企業から依頼を受けてパッケージソフトを開発する受託開発企業もあります。

4:内蔵ソフトの開発

C言語は、WindowsやMacなどのOSが搭載されているパソコンに内蔵されているソフトウェアの開発にも使用されています。たとえば、インターネットを閲覧できるWebブラウザやメモ帳など、C言語で開発されているソフトウェアの種類は数多くあります。

5:ITインフラ関連

C言語に加えてC++を習得すれば、ITインフラ関連の開発も可能になります。そのため、インフラエンジニアとして業務に携わることも可能になります。ただし、C++の難易度は高めと言われているため、きちんと理解した上で勉強を進めていく必要があるでしょう。

6:ゲームの開発

C言語はパソコン用ゲームやコンシューマーゲームなど、ゲーム開発でも活用されています。また、近年市場が拡大しているオンラインゲームやソーシャルゲームなどの開発にもC言語が用いられることがあります。


C言語でのゲーム開発を仕事にする場合、一般的にはシステム開発と同様に複数人のチームで仕事を分けて開発していくケースが多いですが、小規模な会社であれば、ゲームエンジニア1人で開発しているケースもあります。

▼C言語の案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

C言語を習得する4つのメリット


C言語は他のプログラミング言語と比較すると、習得するのが難しいで言語です。しかし、さまざまな分野で活用されている言語ということもあり、習得することによるメリットも大きいでしょう。


ここでは、C言語を習得するメリットを紹介していくため、参考にしてみてください。

1:コンピューターの知識が深まる

C言語は、さまざまなプログラミング言語やOSなどの元になっている言語です。ハードウェアのメモリやCPUなどの操作ができることから、ハードウェアに組み込まれるシステムの開発にも用いられています。


そのため、C言語を理解することによってコンピューターの根本的な部分への知識を深めることができます。コンピューターがどのようになっているのか、どのような仕組みで動作しているのかを理解するのに最適な言語だと言えるでしょう。

2:高速処理が求められる場面で役立つ

C言語は、コンパイル型の言語であるため、ソースコードを一括で機械語に変換し、その後実行するという特徴があります。このようなプログラムの高速処理を得意とするため、高速な処理が求められる開発現場で活用することができます。


また、C言語を使えば高速かつコンパクトなプログラムが開発できるため、時間がかかる画像解析や画像処理などもスムーズに進められるでしょう。

3:仕事の幅が広がる

C言語は汎用性が非常に高く、作れないものはほとんどないと言えるほどあらゆる分野の開発に適用できます。家電などの組み込み系やロボット、Webアプリやスマホアプリ、パッケージソフト、ゲームなど、どの分野の仕事にもC言語のスキルを活かすことができます。


そのため、C言語を扱うことができれば仕事の幅も広がるでしょう。

4:応用がききやすくなる

C言語はさまざまなプログラミング言語の元になった言語のため、C言語を習得することによって他の言語への理解も深まります。また、他の言語を使った開発を行う場合も応用が効きやすくなると言えるでしょう。


たとえば、現在主流になりつつあるJavaを使った開発で行き詰まった場合でも、C言語のスキルがあればJavaに応用できる可能性もあります。そのため、他の言語で開発を行う場合でも、C言語の開発スキルを身につけておいて損はないでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

C言語を使う仕事に関する知識


C言語を使う仕事について興味がある方の中には、C言語を使う仕事の求人数や年収、将来性などを知りたいという方も多いでしょう。


プログラミング言語の習得には時間も労力も必要となるため、できるだけ将来性が高い言語を学びたいと思うのは当然でしょう。特にC言語は難易度が高いため、よく把握してから学ぶ必要があります。


ここでは最後に、C言語の求人数や年収、将来性について解説します。

求人数

数万件にものぼるC言語を扱う仕事の求人数があります。案件の内容もさまざまで、アプリケーション開発や組み込み系の開発、テストエンジニア、保守など非常に幅広いです。


そのため、C言語を扱うことができれば、幅広い案件の中から自分に合った案件を選ぶことも可能になると言えるでしょう。

平均年収

会社やスキルなどにもよって変わってきますが、C言語を扱うエンジニアの平均年収は540万円程度です。プログラミング言語毎の年収は、ニーズの高さに対して扱えるエンジニアが少ない後発の言語や、特に注目を集めているトレンドの言語が高くなる傾向があります。


C言語は非常に古い歴史を持つ言語であることを考えると、トレンドの言語と比べても、平均年収は高い水準にあると言えるでしょう。

将来性

C言語は古いと言われることもありますが、あらゆる分野で開発に活用されている言語です。また、求人数も豊富で平均年収も高い水準にあることから、これから学んでも一定の将来性があると言えます。


人気のプログラミング言語では、JavaとC言語が上位の常連となっていることからも、今後C言語の需要は続いていくでしょう。特に将来性が期待できる分野としては、IoTを含めた組み込み系の分野が挙げられます。

C言語を使う仕事について把握しよう


C言語は長い歴史を持つ言語でありながら、現在でも幅広い分野での開発に用いられている汎用性の高い言語です。そのため、今後も将来性が見込めるでしょう。


ぜひ本記事で紹介した、C言語の特徴やC言語が使われる仕事内容、C言語を習得するメリットなどを参考に、C言語が使われる仕事内容について理解を深めてみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/01/28

2022/08/22