「PHP案件の副業で稼ぐにはどうすればいい?」
「PHP案件の副業ではどんなスキルや経験が必要なの?」
「PHPの副業案件の特徴って?」


このように、PHP案件の副業で稼ぎたいと考えている人もいるのではないでしょうか。


この記事では、PHP案件の副業で稼ぐためのポイントやPHP案件の副業で稼ぐために必要なスキルや経験などを紹介しています。この記事を読むことで、PHP案件の副業で稼ぐ方法が把握できるでしょう。


また、PHPの副業案件獲得に役立つ求人サービスについても紹介しているため、これからPHPの副業を獲得していこうと考えている人にも役立つでしょう。


PHP案件の副業で稼ぎたい人は、ぜひこの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

PHP案件の副業で稼ぐことは可能?

プログラミングの副業について興味がある人の中には、PHP案件の副業は稼げないと聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。結論から述べると、PHP案件の副業で稼ぐことは十分可能です。


PHPに限らず副業は案件によって規模や求められるスキルが異なるため、PHP案件の中でも単価の低いものと高いものがあります。しかし、効率的にPHP案件を獲得していくことで、安定した収入につなげることは可能だと言えるでしょう。

PHP案件の副業で稼ぐための6つのポイント

PHP案件の副業で稼ごうと思うと、案件獲得の方法や手順なども大きく影響してきます。そのため、まずはどのような方法でPHP案件が獲得できるのか把握しておきましょう。


ここでは、PHP案件の副業で稼ぐためのポイントについて解説していくため、参考にしてみてください。

1:ポートフォリオを作成する

PHPを使ったWebサービスなどでポートフォリオを作成しましょう。ポートフォリオとは自分のスキルや実績などをアピールできる作品集のようなもので、ポートフォリオを用意しておけばクライアントにも実力を理解してもらいやすくなります。


また、ポートフォリオは一度作成すれば案件獲得のたびに利用することができるため、PHPの副業を始めようと考えている場合は用意しておくと良いでしょう。

2:クラウドソーシングを活用する

近年ではクラウドソーシングサービスを利用して案件を獲得する人も多いです。クラウドソーシングとはインターネット上で不特定多数の人に企業が業務を外注する業務形態のことで、近年では気軽に案件を探せるクラウドソーシングサービスが増えてきています。


クラウドソーシングの副業案件はリモート可の案件が多く、初心者でも対応できる案件が多いです。その分フリーランスエージェントに比べると単価は低い傾向にありますが、手軽なPHPの副業を探すには適しているでしょう。

3:SNSを利用する

TwitterやFacebookなどのSNSを活用してPHPの副業案件を獲得する方法もあります。求人サイトなどを利用すると企業側はコストがかかるため、中小企業の中にはSNSを中心に求人を出しているケースもあります。


そのため、気になる企業があればアカウントをチェックするなど、SNSを活用して案件獲得を行うのも良いでしょう。また、自身のスキルや副業案件を募集しているといった内容をSNSで発信することで、企業から声をかけてもらえる可能性もあります。

4:フリーランスエージェントを活用する

フリーランスエージェントを活用すれば、担当者から経験やスキル、要望に合ったPHP案件を提案してもらえます。また、個人では獲得することが難しい大手企業の案件や高単価案件を紹介してもらえる可能性があるでしょう。


エージェントに登録すれば営業代行や契約周りのサポートなども受けられるため、副業に集中しやすい点もポイントです。

5:実務経験を積んでから副業を始める

PHPの副業案件で稼ぐなら、3年以上の実務経験を積んでから副業を始めるのがおすすめです。実務経験の年数に明確な定めはありませんが、多くの場合は3年程度の実務経験が求められます。


3年ほど実務経験を積んでおけば、PHPのプログラミングスキルだけでなくライブラリやフレームワークの使い方なども把握できるようになるため、さまざまな案件に対応できるようになるでしょう。

6:上位職を目指してから副業を始める

開発プロジェクトでは下流工程よりも上流工程を担える人材の方が報酬は高くなります。そのため、より専門的なスキルを磨いてスペシャリストやプロジェクトマネージャーなどを目指し、その後で副業を始める方法があります。


これらの上位職は市場価値も高いため、副業案件の報酬も高いです。案件もPHPを使って開発を行うのではなく、プロジェクトを運営する側として顧客折衝などを行う役回りになるでしょう。

PHP案件の副業で稼ぐために必要なスキルや経験

PHP案件の副業を行うには、基本的なPHPのプログラミングスキルだけでは足りません。しっかりと稼いでいきたい場合は、提案スキルやコミュニケーションスキルなどさまざまなスキルが必要になるでしょう。


ここでは、PHP案件の副業で稼ぐために必要なスキルや経験について解説していきます。

クライアントへの提案能力

クライアントは自社が抱えている何らかの課題解決のために案件を発注しているため、PHPのスキルを提供してほしいのではなく、課題解決につなげることを希望しています。そのため、クライアントの課題解決に繋がるような提案能力が必要になるでしょう。


最初にクライアントのニーズを読み取り、課題解決のための具体的な提案ができれば、クライアントからも評価されやすくなるでしょう。

高いコミュニケーション能力

PHPに限らず、チームで開発を行う案件の場合は他のメンバーと協力しながら作業を進めていくことになります。そのため、業務を円滑に進めるためのコミュニケーション力が必要になるでしょう。


また、個人で対応する案件の場合でも、案件を受注するにはクライアントとコミュニケーションを取ることになります。しっかりと分かりやすい言葉でコミュニケーションが取れる人材であればクライアントからの信頼も得やすく、継続案件にも繋がりやすくなるでしょう。

WordPressをカスタマイズするスキル

PHPはCMSのWordPressで用いられている言語であるため、PHPの副業案件の中にはWordPress関連の案件も多いです。また、WordPress案件ではカスタマイズを行う仕事が多いため、PHPを使ってWordPressをカスタマイズするスキルは必要になるでしょう。


既存サイトのコードの組み替えなどを行うことで、WordPressをカスタマイズするスキルを身につけることができるでしょう。

フロントエンド言語の知識

PHPの副業案件に対応するには、PHPだけでなくHTML、CSS、JavaScriptという3つのフロントエンド言語を習得する必要があります。PHPの副業案件ではWordPressを使ったWebサイト制作案件が多いですが、PHPが用いられるのはサイトのシステム部分になります。


サイトの見た目を整えるにはフロントエンド言語を扱うことになるため、フロントエンド言語のスキルがなければ対応しきれなくなるでしょう。

Web制作に関するスキル

PHPの副業案件の多くはWeb制作領域の案件となるため、PHPの案件で稼ぎたい場合はWeb制作に関するスキルが必要不可欠です。Web制作に関するスキルとは、細かく分けると「サーバーなどの環境」「サイト設計」「フロントエンドの開発技術」などです。


このようなスキルを獲得しておくことで、PHPのWeb制作の案件にも対応できるようになるでしょう。

API・DB周りの開発経験

PHP関連の開発は比較的簡単な内容が多いため評価に繋がりにくいですが、複雑な機能の開発経験があればPHPエンジニアとして高く評価されやすくなります。そのため、APIの開発やDB周りの開発を経験しておくと良いでしょう。


特にインフラ周りの対応を含めた規模の大きなサービスの負荷対策などを行ってきた経験があれば、自社開発企業などから高い評価を受けやすくなります。

アジャイルでの開発経験

PHPの開発案件はスピード感が重視されるWebサービス開発などが多くなるため、一般的なシステム開発で採用されているウォーターフォール開発よりもアジャイル開発の案件の方が多い傾向があります。


そのため、アジャイルでの開発経験があると評価されやすくなるでしょう。ただし、設計書も作成せずに開発を進めるようなアジャイル開発では評価に繋がりにくいです。

Laravelを扱うスキル

PHPの副業案件の中にはPHPフレームワークであるLaravelのスキルが必須となっている案件もあります。特に新規案件の中にはLaravelが必須要件になっている案件が多い傾向があるため、Laravelを扱うスキルも必要になるでしょう。


今後Laravelが必須の案件が増えていけば、Laravelが扱えないというだけで獲得できるPHP案件が大幅に減少する可能性もあります。

React.jsやVue.jsを扱うスキル

PHPの副業案件は小規模なものが多いため、フロントエンド関連のスキルなどを身につけて希少性の高いPHPエンジニアを目指すことがPHP案件で稼ぐポイントになります。React.jsやVue.jsを扱うスキルは、PHPエンジニアとしての市場価値を高めるためにも必要になるでしょう。


React.jsはJavaScriptのViewライブラリ、Vue.jsはUIを構築するためのフレームワークです。これらが扱えれば、PHPとフロントエンド両方のスキルが必要な案件にも対応できるようになります。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

PHPの副業案件獲得に役立つ求人サービス2選

PHPの副業案件を獲得するには、副業案件を扱っている求人サービスを利用するのがおすすめです。副業の場合は短い稼働時間でリモート可能な案件を希望するケースが多いため、求人サービスを活用して希望の案件を見つけましょう。


ここではPHPの副業案件獲得に役立つ求人サービスを紹介していくため、参考にしてみてください。

1:Workship

Workshipは柔軟な案件を豊富に扱っているフリーランス、副業向けのマッチングサービスです。フリーランスやパラレルワーカーといった自由な働き方を目指している人と企業とをマッチングするサービスで、取引企業はベンチャーから大手まで幅広いです。


企業からのオファーを待つこともできますが、気になる案件があれば自分から直接応募することもできます。

2:シューマツワーカー

シューマツワーカーは週末や平日夜などのすきま時間で働ける副業案件を扱っている求人サービスです。エンジニアやデザイナーなどの副業案件を中心に扱っているサービスで、ほとんどの案件がリモート案件となっています。


そのため、すき間時間にリモートワークで対応できるPHP案件を探している人におすすめです。

PHPの副業案件の特徴

プログラミング系の副業案件でも、言語によっては大規模開発が多いものや常駐案件が多いなど、その特徴はさまざまです。それではPHPの副業案件にはどのような特徴があるのでしょうか。


ここではPHPの副業案件の特徴について解説していきます。

PHPのみが求められる副業案件数は少ない

PHPの副業案件はPHPとフロントエンド言語など複数のスキルが求められる傾向があるため、PHPのスキルのみで対応できる副業案件は少ないでしょう。


後述しますが、PHPはWordPress案件も非常に多いため、PHPだけでなくWordPressに関する知識も必要になるケースが多いです。そのため、PHPのプログラミングスキルだけを習得すればよいというものではありません。

未経験向けの案件も少ない

PHPに限らず、エンジニア向けの案件はプログラミングスキルを持っていることが前提です。そのため、基本的には実務経験のある人材を対象としており、未経験向けのPHPの副業案件は少ないでしょう。


たとえプログラミングスキル自体は習得していても、開発の流れなど実務を経験しなければわからないものがあります。

WordPressでのWebサイト制作案件が多い

PHPの副業案件にはWordPressでのWebサイト制作案件が多いです。WordPressがPHP案件の大半を占めていると言っても良いでしょう。


WordPressはPHPによって開発されているため、基本的にはPHPのスキルがあればWordPressを扱うことができます。そのため、WordPressの知識も身につけておくと良いでしょう。

土日にできる案件がある

PHPの副業案件には土日でできる案件もあります。ただし、クライアント企業の営業時間内での業務が求められるケースもあるため、土日のみの稼働が難しい場合もあります。


土日のみで稼げる案件を探したい場合は、クラウドソーシングサービスなどを活用するのがおすすめです。

在宅・リモートワーク案件がある

PHPの副業案件は他のプログラミング言語と比較しても、在宅・リモートワーク案件が豊富な傾向があります。PHPはWeb系の開発に特化しているという特徴があるため、副業案件も小規模な案件や単発の案件が多いです。


そのため、リモートワークで対応できるような案件が多くなっています。

PHPが持つ将来性

PHPは初心者でも習得しやすい言語ということもあり、ニーズも高いです。また、PHPで開発されているWordPressはWebサイト開発で高いシェアを獲得しているため、PHPの将来性は高いと言えるでしょう。

週5日稼働の検討も可能であればおススメエージェントは『SEES』

週5日稼働の検討もしたいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、週5日稼働したいエンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
また、SEESは基本的に週5日稼働の案件を紹介しています。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

PHPを扱うフリーランスエンジニアとして副業で稼ごう

PHPの副業案件にもさまざまなものがあるため、ニーズの高いスキルを身につけて希少性の高いエンジニアになることでしっかり稼ぐことも可能です。


この記事で紹介したPHP案件の副業で稼ぐためのポイントや求められるスキルなどを参考に、PHPの副業案件で稼いでみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300