シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

プログラミングスキルで小遣い稼ぎはできる?副業で稼ぐ際の注意点も紹介

プログラミングスキルを使って小遣い稼ぎをするためには、どのようにすればよいのでしょうか。本記事では、プログラミングスキルを活かして小遣い稼ぎをするメリットや、小遣い稼ぎするコツなどを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「プログラミングスキルを活かして、小遣い稼ぎするメリットは?」
「どんなプログラミングスキルがあれば小遣い稼ぎできる?」
「小遣い稼ぎするためのコツはある?」


このように、プログラミングスキルを活かして小遣い稼ぎをしたいと考えている方の中には、どうすれば小遣い稼ぎができるのか気になる方もいるでしょう。


本記事では、プログラミングスキルを活かして小遣い稼ぎをするためのコツを解説しています。


また、未経験者がプログラミングで小遣い稼ぎする場合のポイントについても解説しているため、これからプログラミングスキルを身につけたいと考えている方も、参考にできるでしょう。


プログラミングスキルで小遣い稼ぎをするコツについて知りたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

プログラミングスキルで小遣い稼ぎはできる?

プログラミングスキルを活かした小遣い稼ぎができれば、給料とは別の収入を得られるため、年収をアップさせることができます。そのため、プログラミングスキルで小遣い稼ぎをしたいと考えている方も多いでしょう。


近年ではプログラミングの副業を行い、小遣い稼ぎをする人が増えている傾向があります。副業OKの会社で、休みの日に自宅などでプログラミングができれば、小遣い稼ぎができるでしょう。

副業を始める人は増えている?

新型コロナウィルス流行の影響もあり、ここ数年で副業を始めている人が増えています。某アンケート調査でも、「コロナ禍の今、副業についてどう思うか」という設問に対して、「副業に対して興味を持っている」と答えた人の割合は半数以上という結果が出ていました。


また、今の仕事では満足できていないけど、転職をすることに不安を抱いている場合や将来への不安、収入減少などの理由から、副業をする人が増えたと考えられるでしょう。

プログラミングスキルを活かして小遣い稼ぎをするメリット

本業の他に副業をして小遣い稼ぎをする方法は、数多くあります。その中でも、プログラミングスキルを活かして小遣い稼ぎをすることには、多くのメリットがあるでしょう。


ここでは、プログラミングスキルを活かして小遣い稼ぎをするメリットについて、詳しく解説していきます。

能力に見合う収入を得やすい

プログラミングスキルが活かせる案件は、案件によって求められるレベルもさまざまです。未経験からでもチャレンジできるような比較的簡単な内容のものから、高度なスキルや経験が求められるような高単価案件まで幅広くあります。


専門的なスキルが必要とされる案件はそれだけ単価も高いため、高いスキルを持っているエンジニアほど、自分の能力に合った収入を得やすいでしょう。

案件の募集数が多い

プログラミングスキルの需要が高いことから、副業の案件の中でも、他の案件と比較して募集数が多い傾向があります。そのため、対応できる案件が見つかりやすいでしょう。


プログラミングの案件の中でも、特にWeb開発の案件の募集が多いため、JavaやJavaScript、PHP、Pythonなどのプログラミングスキルがあれば、案件に困ることは少ないと言って良いでしょう。

需要が低下しにくい

現在、IT業界はITエンジニア不足の状態にあります。多くのIT企業が人材を必要としており、今後も人材不足は深刻化していくと言われています。


そのため、プログラミングスキルを活かせる副業案件は、今後も需要が低下しにくいといえるでしょう。副業ができるレベルのプログラミングスキルを身につけておけば、将来的にも安定的な需要が期待できます。

在宅で働ける

プログラミングスキルを活かせる副業は、インターネット環境とパソコンさえあれば仕事ができます。そのため、オフィスに出社しなくても、在宅で気軽に副業を始められます。


現在のように、外出すること自体にリスクがある時代でも、プログラミングスキルを活かせる副業であれば外出する必要がないため、安心して副業できるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

プログラミングスキルを活かして小遣い稼ぎするコツ

実際にプログラミングスキルを活かして副業を始める場合、いくつかのコツを押さえることで効率的に小遣い稼ぎができるでしょう。


ここでは、プログラミングスキルを活かして小遣い稼ぎをするコツについて解説していきます。

週末だけ副業として働く

副業をする際は、最初から週末だけと決めておけば、本業がある平日まで副業に時間を取られることはありません。


また、週末の空いた時間を使って効率的に作業を進められる案件であれば、積極的に新しい案件を受注してスキルアップすることも可能でしょう。


このように週末を利用して、短時間で仕事を進められる案件を獲得するのがおすすめです。

案件は隙間時間に探す

小遣い稼ぎのための案件探しに、長い時間をかけてしまうのは非効率ですが、実際に案件を探してみると、自分ができる内容で単価などの条件が合う案件は、なかなか見つからないということもあるでしょう。


そのため、案件探しはできるだけ隙間時間に、マッチングサイトやクラウドソーシングサイトなどを活用して、効率的に探すのがおすすめです。


仕事の休憩時間などに気になる案件をお気に入り登録しておき、さらに隙間時間ができた際に絞り込んでいくことにより、効率的に案件探しができるようになるでしょう。

フルリモートの案件を探す

前述のとおり、プログラミングスキルを活かして小遣い稼ぎをするなら、週末だけ副業をするのがおすすめです。フルリモートかつ週末の空いた時間でも進められるような案件であれば、本業が忙しくても対応できるでしょう。


また、積極的に案件を受注していくことで、スキルアップや人脈開拓にもつながります。

スクール講師を狙う

近年の小学校からのプログラミング必修化により、子ども向けのプログラミングスクールの数も増えてきています。そのため、プログラミングスキルを活かして、子ども向けのプログラミングスクール講師の案件を狙うのもおすすめです。


スクールのアシスタントであれば、短時間の勤務ができる案件も多いため、週末だけ副業をしたいという場合にも適しています。また、オンラインスクールであれば在宅でも副業ができるでしょう。

IT知識を活かせるライティングに挑戦する

プログラミングスキルを活かせる副業は、実際にアプリケーションやWebサービスなどを開発する開発案件に限りません。IT関係のライティングは専門的な知識が必要とされるため、プログラミングで身につけた知識を活かして、イター業にチャレンジすることもできるでしょう。


ライティングの案件は単価にも差がありますが、特に専門的な知識が必要とされる案件は単価が高い傾向があります。プログラミングスキルを活かしてIT系のライティングを副業にすれば、高単価の案件で稼げる可能性があるでしょう。

Webデザインの知識を学ぶ

プログラミングスキルが活かせる案件の中でも、Web制作の案件は募集数が多い傾向があります。そのため、プログラミングスキルだけではなくWebデザインについての知識もあれば、より多くの案件に対応できるようになるでしょう。


Web制作の案件はバナー制作やロゴ制作、画像加工など初心者からでもチャレンジしやすいものが多くあります。数をこなすことで、着実に実績を積んでいけるでしょう。

未経験者がプログラミングで小遣い稼ぎするポイント

エンジニアの経験がない状態でプログラミングの案件を獲得し、小遣い稼ぎをすることは簡単ではありません。しかし、いくつかのポイントを押さえておくことで、着実に案件をこなし稼げるようになっていくでしょう。


ここでは、未経験者がプログラミングで小遣い稼ぎをするポイントについて解説していきます。

最低限のスキルを身につけてから挑む

プログラミングスキルを活かせる案件で稼ごうと思っているのであれば、最低限のプログラミング言語のスキルを習得しておきましょう。


案件によって求められるレベルが異なるため一概には言えませんが、たとえばWeb系ならHTMLやCSS、PHP、JavaScriptを最低限押さえておきましょう。

高額報酬を狙わない

小遣い稼ぎを目的とする以上、できるだけ高単価の案件を受注したいと思うのも無理はないでしょう。しかし未経験から挑戦するのであれば、まずは経験を積んで未経験者から経験者へとステップアップするのが先決といえます。


そのため、高単価な案件を狙うより、着実に経験を積み上げていくことを意識しましょう。

着実にこなせる案件を選ぶ

未経験者の場合、まずは自分が対応できる案件を受注していく中で、自分に足りないスキルを見つけて学んでいきましょう。そして、着実にスキルアップしてこなせる案件を選ぶようになれれば、小遣い稼ぎもできるようになるでしょう。

自分が身につけたいスキルに関する案件を選ぶ

未経験者の場合、これからどのスキルを身につけたいかを考えて案件を選ぶことも、小遣い稼ぎするためのポイントになります。


たとえば、プログラミングスキルを身につけたいのであれば、プログラミングの案件を選ぶことです。副業を通してスキルを身につけられれば、キャリアチェンジも視野に入れられるでしょう。

プログラミングで小遣い稼ぎする際に使えるスキル

プログラミングに関連した案件の中にも、プログラミング言語によっては案件数が多いもの、少ないものがあります。そのため、プログラミングスキルを活かして小遣い稼ぎをする場合は、案件を獲得しやすいスキルを優先的に学ぶようにしましょう。


ここでは、プログラミングで小遣い稼ぎをする際に使えるスキルを解説していきます。

HTML

HTML(HyperText Markup Language)は、Webサイトを作るために使用されるマークアップ言語です。


主にWebページの要素や構成、テキスト、画像、リンクなどを記述するために用いられて
います。なお、実際にWebサイトを構築する場合は、HTMLの他に後述するCSSやJavaScriptも必要になるため、覚えておきましょう。

CSS

CSS(Cascading Style Sheets)は、Webページをどのように装飾するのか指定できる、スタイルシート言語です。HTMLと組み合わせて使用します。


HTMLがWebページの構造を記述するのに対して、CSSはWebページのフォントの種類やフォントサイズを設定でき、Webページの見た目を整える役割を持ちます。Webサイト制作をする場合、HTMLとCSSは最低限習得しておくべき言語だといえるでしょう。

JavaScript

JavaScriptはデスクトップや携帯電話、スマートテレビといったほぼすべてのデバイスで採用されているプログラミング言語です。また、動的な要素を持ったWebサイトの開発などにも活用されています。


JavaScriptに関する案件数は多く、学習するための環境構築も不要な言語であるため、これからプログラミングの副業のためにプログラミング言語を学ぶ初心者にも、おすすめの言語でしょう。

Bootstrap

Bootstrapとは、CSSとJavaScriptによって構成されたWebデザインフレームワークです。Web制作に活用できるさまざまなスタイルがあらかじめ用意されており、Bootstrapを利用することでデザインの整ったWebサイトを簡単に作成できます。


また、Bootstrapはレスポンシブ対応となっているため、パソコンとスマートフォンの両方から見ても、きれいに見えるWebサイトを構築できます。

PHP

PHPはWeb開発に特化したプログラミング言語であり、問い合わせフォームなどに使われています。また、CMSであるWordPressの構成言語でもあります。


副業の案件の中には、PHPを使ったWordPress構築案件が多いため、PHPを学んでおけば多くの案件が選べるでしょう。また、プログラミング言語の中でも文法が簡単であるため、初心者にも学びやすいといえます。

Ruby

Rubyは日本で開発されたプログラミング言語です。主にWebサービスやWebアプリケーションの開発に活用されている言語で、Web系の開発を効率的にできる「Ruby on Rails」というフレームワークが利用できます。


また、「Ruby on Rails」を利用することでスピーディな開発ができるため、スピード感があるWebサービスの開発を進めているベンチャー企業の案件が、多い傾向にあります。


Rubyは日本生まれの言語ということもあって、日本語の情報が手に入りやすいため、初心者でも学習しやすいでしょう。

副業で小遣い稼ぎするときの注意点

プログラミングスキルを活かして副業をする場合、いくつか気をつけなければならない点があります。その中でも、本業の会社で副業が禁止されていないかどうかを事前に確認しておくことは、必須といえるでしょう。


ここでは最後に、副業で小遣い稼ぎをするときの注意点について解説していきます。

会社の規定を確認する

まずは勤務先の副業規定を確認して、副業が禁止されていないかどうか確認しておきましょう。副業を全面的に禁止している会社も存在するため、注意が必要です。


なお、就業規則で禁止していない場合は容認してもらえることも多いですが、心配な場合は上司などに相談しておくと良いでしょう。

副業が許可されている会社への転職もおすすめ

副業をすることで本業の業務にも良い影響があると判断し、副業を認めている企業も存在しています。そのため、副業によって収入アップを目指す場合は、先に副業OKの会社に転職するのも良いでしょう。

本職に支障を来さないようにする

週末の副業に力を入れ過ぎて、寝不足になったり体調を崩したりして本業に支障が出てしまっては元も子もありません。副業はあくまでも小遣い稼ぎであるという考えで、スケジュールが厳しい案件や作業量の多い案件を受注しないようにしましょう。

収入が20万円を超える場合は確定申告をする

本業は会社員であっても、副業で年間の収入が20万円を超えたら確定申告する必要があります。そのため、確定申告をしたくないという場合は、副業での収入が20万円を超えないように気をつけましょう。


出典:副収入などがある方の確定申告|国税庁
参照:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei/kakutei/fukugyo.htm

家族への配慮を忘れない

家族と暮らしている場合、週末に自宅でずっと副業をしていると、他の家族にとってはストレスになるケースもあります。家族が自分に気を使ってストレスをため込んでしまわないように、家族への配慮も忘れないようにしましょう。

プログラミングスキルを活かして小遣い稼ぎをしよう

プログラミングスキルを活かした小遣い稼ぎには、さまざまなメリットがあります。ただし、そもそも副業しても問題ないのかなどを事前にチェックしておく必要があるため、忘れないようにしましょう。


本記事で紹介した小遣い稼ぎをするためのポイントやコツを活かして、副業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/02/22

2022/07/16