「副業でプログラミングをしようと思ったらどのくらいのレベルが必要なの?」
「プログラミングってどうやって勉強したらいいんだろう?」


このように、プログラミングの副業を考えている方には、たくさんの疑問や不安があるのではないでしょうか。


本記事では、どのようなプログラミングスキルや人材が求められているのかについてや、副業として稼げるようになるためにおすすめの勉強方法についても紹介しています。


この記事を読むことで、副業のために必要なプログラミングについての知識が把握できます。その知識をもとにプログラミングの勉強を進めることができるため、副業で稼ぐための行動がスムーズにできるようになるでしょう。


プログラミングで副業を始めたいと思っている方は、ぜひチェックしてください。

副業に求められるプログラミングのレベル

副業に求められるプログラミングのレベルというのは、実際に案件を見ることで判断できます。


案件には、仕事に対して必要なスキルや知識といった情報が掲載されています。それらの情報を見て、どの程度のレベルが求められているのかを確認しましょう。

クラウドソーシングサイトの案件を調べる

案件は、クラウドソーシングサイトを見ることで確認できます。案件の詳細を見て、求められる知識やスキルを理解し、自分がその仕事で成果が挙げられるかどうかを想像してください。その仕事に取り組めそうであれば、副業に求められるレベルに達しているといえるでしょう。


様々な案件を調べることで、どれほどのレベルになれば副業で稼げるようになるのかも把握することができます。

プログラミングの副業をするために必要なスキル

副業で求められるレベルに達するためには、仕事に必要なスキルを身につけることが重要です。スキルを身につけられれば、副業で稼ぐことができるようになるでしょう。


ここでは、プログラミングの副業をするために必要なスキルを3つ紹介します。

基礎的な言語のスキル

まずは基礎的な言語のスキルを身につけましょう。基礎的な言語は、HTML・CSS・JavaScriptの3種類が挙げられます。


HTMLはWebページの文字や画像などといった情報を表示させるための言語で、CSSはHTMLを修飾するための言語です。CSSを使えば、文字の大きさや色、背景や画像の配置を設定することが可能になります。この2つはセットで使用されることが多いです。


JavaScriptは、Webサイトに動きをつけるための言語です。HTMLとCSSだけでもWebサイトを作成することはできますが、稼ぐための案件を受注することを考えるとJavaScriptを学習しておくことをおすすめします。


これらの言語はプログラミングの基本を担っているため、スキルとして身につけておけば仕事に役立てることができるでしょう。

タスク管理力

プログラミングで稼ぐためには、プログラミングのスキルだけを身につけておけば良いというわけではありません。仕事の納期を守るためのタスク管理能力も大切になってきます。


案件をこなすためには、タスクを細かく分類して管理することが求められます。作業の進捗や分量を正確に見極めて管理し、納期に間に合うように業務を進めることが重要です。


場合によっては、複数の案件を同時に抱えることもあるでしょう。その際にもタスク管理能力は役立ちます。副業をスムーズにこなしていくためにも、タスク管理能力はぜひ身につけておきましょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力もまた、副業で求められるスキルです。業務に取り組む際には、クライアントとコミュニケーションを取る場面が多くあるでしょう。そうしたときに必要になるのが、コミュニケーション能力です。


クライアントには、自分のスキルや能力を正しく伝えることが大切です。加えて、クライアントから聞いたことは正確に理解することが求められます。これらのコミュニケーションが上手くいかなければ、副業として稼ぐことが難しくなってしまう可能性があるでしょう。


コミュニケーション能力に自信がない方は、日常的に意識して能力を高められるようにしましょう。

プログラミングの副業で求められる人材は

副業で稼ぐためには、スキルを身につけるだけではなく、求められているのがどういった人材なのかを把握することが大切です。実際に求められている人材を理解し、自分がその人材に見合っているかどうかを知りましょう。


ここでは、プログラミングの副業で求められる人材の特徴について紹介します。

実績を積んでいる

プログラミングは専門的なスキルが必要な仕事であるため、実績があればクライアント側も安心して仕事を任せやすくなるものです。そのため実績を積んでいる人であれば、案件を獲得しやすくなります。


逆にいえば、プログラミングの初心者や未経験者が最初から稼げる案件を獲得するのは、難しいでしょう。全くの未経験である場合は、報酬が少なくなってしまうことが多いですが、実務経験がなくても応募できる案件から始めましょう。

業務を安心して任せられる

業務を安心して任せられるかどうかも大切なポイントです。責任を持って業務を最後まで遂行できる人材は、クライアントにも求められます。


プログラミングは作業を進める過程で問題が起きてしまうことがある業務です。その際に諦めずに粘り強く対処し、最後まで遂行する力が求められるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

具体的なWeb系プログラミングの副業の内容例

プログラミングの副業には、様々な種類のものがあります。それぞれで難易度が異なるため、自分が取り組めそうなものを見極めて仕事を受注しましょう。


どのような内容の案件があるのか、いくつか例を挙げて具体的に紹介します。

WordPressサイト作成

WordPressサイトの作成は、初心者でも取り組みやすい仕事です。企業サイトや個人ブログなど様々な種類があり、スキルが求められる大規模なものを選択しなければ取り掛かりやすいでしょう。


既存のサイトの修正や更新をするという案件もあります。こちらも難易度が低いため、初めてでも受注しやすいです。しかし、報酬はあまり高くない場合が多く、単発の案件であることも多いため継続させることは難しいでしょう。

新規Webサイトのコーディング

新規Webサイトのコーディングをする業務は、案件によって難易度が様々です。そのため、自分の能力に合ったものを判断することが求められます。


初心者向けのものは、制作する人の指示を聞いて、指定されたコードを書いていくものです。HTMLとCSSを扱うスキルがあればできる仕事もあるため、初心者でも取り組みやすいでしょう。


一方で、自分でコーディングしていくものは難易度も高く、深い知識が身につけていなければ取り組めない可能性があります。


デザインを含めた全体のコーディングでは、プログラミングの知識だけでなくデザインに関する知識やセンスも求められるため、より高度なスキルが必要になるでしょう。

既存のWebサイトの改修

初心者の方は、既存のWebサイトの改修の案件を考えてみるのも良いでしょう。Webサイトの変更や修正は、比較的難易度が低いため取り組みやすい業務になります。


特に、サイトのリニューアルや一部の修正・変更といった案件は始めやすいです。場合によっては、勉強中でも案件の受注を考えることもできます。


既存のWebサイトにページを追加する案件は、多少難易度は上がりますが、HTMLが理解できているのであれば取り組めるでしょう。プログラミングスキルの他に、サイト全体のバランスを考えてコーディングをする力が要求されます。

プログラミングの副業をして収入アップするための勉強方法

現代ではプログラミングの勉強をする人も増えているため、プログラミングの勉強方法は多種多様になっています。その中から自分に合った方法を見つけて、無理なく学習を進められるようにしましょう。


これから紹介する勉強方法を参考に、収入アップできるだけのスキルを身につけてください。

専門書を読み込む

独学で勉強する方法では、専門書を読みこむといったものがあります。専門書は高価なものもありますが手に入りやすく、勉強が始めやすいです。


専門書には多くの種類があり、自分のレベルや勉強したいことに合わせて選択することができます。おすすめされている本を事前に調べて、自分に適したものを選ぶのが良いでしょう。

オンラインで学習

オンラインの学習サイトで勉強することも可能です。この方法は、今すぐにでも勉強を始めることができます。


学習サイトは無料で学べるものもたくさんあります。試してみて良さそうであれば、有料で学習を進めていくという方法がとれることもメリットです。

プログラミングの学校で学ぶ

プログラミングスクールに通うこともおすすめです。スクールに通えば講師から直接指導を受けられるため、プログラミングのスキルを一層高めることができるでしょう。分からないところは質問ができるところも良い点です。

サンプルやチュートリアルのコードを繰り返し打ち込む

サンプルやチュートリアルを参考にする勉強方法もあります。この方法では、実際のコードを真似して打ち込むことで、プログラミングへの理解を高めることが可能です。


その際には、より多くのコードを参考にするようにしましょう。たくさんのコードを見ることで、仕組みが理解できるようになっていきます。ただ打ち込むのではなく、文法や意味を理解したうえで、反復練習をしてコードを覚えることが効果的な勉強方法になるでしょう。

エンジニアにとってプログラミングスキルがあることの利点

ここまで、プログラミングを副業にする際に必要になるスキルや人材などを紹介してきましたが、職種によっては、エンジニアとして働くうえでプログラミングスキルがあることは必須条件です。


プログラミングスキルが豊富なことで、依頼された仕事の見通しがつきやすくなったり、プログラマーとコミュニケーションが取りやすかったりなどの利点もあります。


自分の目指しているエンジニアがプログラミングスキルを必須としていない場合でも、プログラミングスキルがあることで何かに活かせる場合もあるため、余裕のある方は身につけておくと良いでしょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

プログラミングの副業で収入アップを目指そう

プログラミングは初心者であっても、勉強をして必要なスキルを身につければ、副業として稼ぐことができます。副業で求められるレベルを把握し、そこを目指して学習を進めましょう。スキルのレベルを上げて、副業での収入アップを目指していってください。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300