40代からのフリーランスエンジニア向け・案件検索サイト【SEES】

JavaScriptの副業案件を獲得するには?求められるスキルや将来性も紹介

JavaScriptの副業案件を獲得するにはどうすれば良いのでしょうか。本記事ではJavaScriptの副業案件を獲得する方法に加え、高単価の案件を獲得するにはどうすれば良いかを解説します。JavaScriptの副業について興味のある人は参考にして下さい。

<業界実績17年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「JavaScriptの副業を獲得するには、どんなスキルや資格が求められる?」
「フリーランスのエンジニアがJavaScriptの副業案件を獲得する方法は?」
「JavaScriptの副業案件を探すには、どんなサービスがある?」


このようにJavaScriptの副業案件に興味を持ったり、副業案件を探したりしているエンジニアもいるでしょう。


この記事では、エンジニアがJavaScriptの副業案件を探すときに求められるスキルやJavaScriptの副業案件を獲得する方法などを解説しています。


そのため、この記事を読むことで、JavaScriptの副業案件を獲得するまでの準備をスムーズに進めることができるでしょう。JavaScriptの副業案件にご興味がある人は、ぜひチェックしてみて下さい。

JavaScriptについて

「JavaScript」は、主にWebサイトのブラウザ上で動くプログラム開発に用いられます。


JavaScriptを使用することにより、ブラウザ上で画像を拡大表示したり、入力フォームを作ってメッセージを入力・送信したりすることが可能です。そのため、画面の操作性が上がり、できることが増え、圧倒的に便利になります。


最近では、JavaScriptはスマートフォンのアプリやデスクトップアプリの開発にも用いられています。

JavaScriptの副業案件とは

さまざまなプログラミング言語の中でも、JavaScriptはWeb開発に活用されるケースが多い言語です。プログラミング系の副業を始めたいと考えている人の中には、JavaScriptの副業案件に興味があるという人もいるでしょう。


JavaScriptの副業を行うためには、自分で案件を獲得しなければいけません。そのため、JavaScriptの副業の基本情報について把握しておく必要があるでしょう。


ここでは、まずはJavaScriptの副業案件がどのようなものなのか解説していきます。

JavaScriptの副業の案件数について

JavaScriptの副業の案件数は、フリーランス向けのエージェントを見ると1,000件以上見つかるケースも多いです。そのため、副業案件としてJavaScriptの案件数は十分あると言えるでしょう。


ただし、案件を受注するにはJavaScriptでの3年以上の実務経験が求められるケースが一般的となっています。

JavaScriptの副業の案件内容について

JavaScriptの副業の案件内容としては、一般的に企業でJavaScriptを使った業務を行う場合と違いはありません。ただし、企業で働く場合よりも幅広いスキルが必要になるケースが多いです。


JavaScriptの案件の場合はフロントエンドのWeb系案件が多くなるため、JavaScriptだけでなくHTMLやCSSも扱うことになるでしょう。また、JavaScriptの案件は週1〜2日から対応できるものやリモート可能な案件があるため、すき間時間に副業として行うのに適しています。

JavaScriptの副業の単価について

JavaScriptの副業案件の単価相場は、35万円〜125万円程と幅がありますが、特に50万円~80万円程の案件が多いでしょう。


なお、JavaScriptを扱うフリーランスエンジニアの平均年収は、レバテックフリーランスによると864万円、フリーランススタートによると807万円となっています。また、多い人では年収が1,500万円を超えています。


JavaScriptの副業は、スキルや経験次第で高収入を得られる可能性があるでしょう。


出典:JavaScriptエンジニアの年収|JSの求人・案件数や仕事内容も解説|レバテックフリーランス
参照:https://freelance.levtech.jp/guide/detail/1252/


出典:JavaScriptエンジニアの年収とは?エンジニアの年収比較や年収アップの方法を解説|フリーランススタート
参照:https://freelance-start.com/articles/249/


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。


▼JavaScriptの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

エンジニアがJavaScriptの副業をするときに求められるスキルとは

JavaScriptの副業で収入を得るには、JavaScriptのスキル以外にも必要となるスキルがあります。そのため、これからJavaScriptの副業を始めようと考えている人は、副業を行う上で必要なスキルを身につけておく必要があるでしょう。


ここではエンジニアがJavaScriptの副業をするときに求められるスキルについて解説するため、参考にしてみてください。

PHPの基礎知識

JavaScriptの案件の多くはWebサイトの開発に関わる業務です。Webサイトの開発ではWordPressを利用しているケースも多いため、WordPressの構成言語であるPHPの基礎知識が必要になるでしょう。


WordPressの機能だけで対応できないような細かな部分の調整は、PHPを使ってPHPファイルを編集する必要があります。PHPのスキルを身につけておけば、獲得できる案件の幅も広がるでしょう。

WordPressをカスタマイズできるスキル

前述のとおり、Webサイト制作の案件ではWordPressを導入しているケースも多いです。そのため、WordPressをカスタマイズできるスキルがあると、WordPressを使ったWeb系の案件にも対応できるようになります。


WordPressを導入すれば、テーマやプラグインを使用することで誰でもWebサイトが作れるようになります。また、作成したWebサイトの管理も簡単に行えるようになることから、Webサイトの作成案件の内容にWordPressが含まれているケースは多いでしょう。

システム開発に関係するスキル

JavaScriptの副業案件の中には、Webサイト制作以外にもシステム開発に関わる案件があります。そのため、PythonやJavaなどのシステム開発に関係するスキルも身につけておきましょう。


JavaScriptの案件を受注するのであればJavaScriptやWeb制作関係のスキルだけあれば良いと考えていると、受注できる案件の幅も狭まってしまいます。

Web制作に関係するスキル

前述のとおり、JavaScriptの副業案件はそのほとんどがWebサイト制作の案件です。そのため、ECサイト開発やWebアプリに関するスキルが求められるでしょう。


たとえば、JavaScriptと併せてWeb制作で必要となるマークアップ言語が扱えなければ、対応できるWeb制作案件の幅が狭まってしまうでしょう。他にも、PhotoshopなどのWeb制作に関わるスキルを身につけておくのがおすすめです。

フレームワークに関するスキル

JavaScriptの開発案件の多くは、フレームワークを用いるケースです。そのため、JavaScriptのフレームワークに関する知識やスキルが必要になります。


特にNode.js、Angular、Vue.js、React.jsといった人気のあるフレームワークは扱えるようになっておきましょう。

HTML/CSSに関するスキル

JavaScriptを使用する案件は、基本的にフロントエンド開発のものが多いです。HTML、CSSなどのマークアップ言語のスキルについては、JavaScriptと併せて身に付けておきましょう。

SPAに関するスキル

SPA(シングルページアプリケーション)とは、ページ遷移をせずにコンテンツの切り替えができるアプリケーションのことです。


SPAを採用しているアプリケーションは直観的な操作がしやすいなどのメリットがあるため、JavaScriptの副業でもSPAに関する知識やスキルは求められます。

フロント設計に関するスキル

前述のとおり、JavaScriptの案件はHTML・CSSを使用するフロントエンドの開発がほとんどになります。よって、フロント設計に関するスキルも必要とされるでしょう。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

フリーランスエンジニアがJavaScriptの副業に活かせる資格

JavaScriptに関連した資格を持っておくと、JavaScriptの副業を行う際にも役立つでしょう。たとえば「HTML5プロフェッショナル認定試験」や「CIW JavaScript スペシャリスト」などの資格があれば、JavaScriptのスキルレベルを客観的に証明することが可能になります。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定資格とは、HTML5、CSS3、JavaScriptなどのマークアップの知識やスキルを認定する資格です。


レベル1ではHTMLやCSSを使ったWeb制作スキル、レベル2ではJavaScriptに関連した内容が中心に出題されるため、レベル2の取得を目指すと良いでしょう。

CIW JavaScript スペシャリスト

CIW JavaScript スペシャリストとは、JavaScriptに関するスキルを認定する国際的な資格であり、Certification Partnerが主催するCIW認定の1つです。


試験は全て英語で行われるため、合格するには英語力も必要になります。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

フリーランスエンジニアがJavaScriptの副業案件を獲得する方法

JavaScriptの副業案件を獲得する方法としては、知り合いからの紹介や自身で営業活動を行う方法の他に、クラウドソーシングやエージェントを利用する方法があります。


ここではフリーランスエンジニアがJavaScriptの副業案件を獲得する方法について解説していきます。

知人や友人から紹介してもらう

知人や友人など、身の回りの人からJavaScriptの副業案件を紹介してもらう方法があります。事前にJavaScriptの副業案件を探していることを伝えておけば、人づてに案件を紹介してもらえる可能性もあるでしょう。


知り合いからの紹介はスムーズに話が進みやすいというメリットがありますが、不誠実な対応をすれば紹介者の信頼も裏切ってしまう可能性があります。そのため、しっかりと気を引き締めて仕事に臨む必要があるでしょう。

営業活動をする

自身のスキルを多くの人に知ってもらえるように営業活動を行うことで、案件獲得へ繋げることができます。営業活動の方法としては、電話やメールなどを使用して企業へ直接営業をかける方法の他に、SNSやブログなどを使った発信などが考えられるでしょう。


また、以前の職場での取引先やクライアントなどに改めて声をかけてみることで、新規案件の獲得に繋がるケースもあります。

エージェントを利用する

自身で営業活動を行う時間がない場合は、エージェントを活用するのがおすすめです。フリーランス向けのエージェントであれば、自身に合った案件をエージェント側が提案してくれます。


また、個人では獲得できないような大手の案件もエージェント経由であれば獲得できる可能性があります。そのため、自分に合ったエージェントを活用してみると良いでしょう。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングにもさまざまなJavaScriptの案件が集まっているため、利用してみると良いでしょう。クラウドソーシングの場合は求められるスキルもさまざまで、エージェントと比べると初心者向けの案件も多いです。


副業向けの小規模な案件も多いため、自分が対応できそうな案件を探してみると良いでしょう。

エンジニアがJavaScriptの副業案件を獲得するために必要なこと

JavaScriptなど案件獲得に必要なスキルを持ったエンジニアであれば、誰でも簡単にJavaScriptの案件を獲得できるというわけではありません。JavaScriptの副業案件を獲得するには、コミュニケーション能力や提案力なども必要になるでしょう。


ここではエンジニアがJavaScriptの副業案件を獲得するのに必要なことを紹介していきます。

コミュニケーション能力が必要

副業を獲得するには自分自身でクライアントに営業をかける必要があるため、コミュニケーション能力も求められます。また、案件獲得後もこまめにやりとりをしながら仕事を進めていくことになるため、コミュニケーション能力は必須となるでしょう。

実績もしくはポートフォリオが必要

クライアントは相手の実績を見て案件を発注するかどうかを判断することになります。そのため、実績や実力を証明できるポートフォリオを用意しておく必要があるでしょう。


実務未経験の場合、副業を始めるよりも先にプログラミングスクールなどに通い、スキルを身につけながら実績を作る必要があるでしょう。

課題を解決につなげる提案能力が必要

クライアントは何らかの課題を解決するために案件を発注しています。しかしクライアントが必ずしもシステム開発やプログラミングに精通しているわけではないため、クライアントの課題を解決に繋げられるような提案能力も求められるでしょう。

エンジニアがJavaScriptの副業案件を収入アップさせるための方法

エンジニアが高単価の案件を獲得して収入を上げるためには、基本的に経験を積むことやスキルを磨くことが必要になります。


JavaScriptの副業案件を収入アップさせるための具体的な方法について見ていきましょう。

フリーランス案件に挑戦する

エンジニアが高単価の案件を獲得するためには、実績や経験を積むことが重要です。実績がなければ、案件獲得が難しくなります。


ある程度のスキルを身につけたら、フリーランス案件に挑戦してみましょう。また、そのためにはポートフォリオの作成も不可欠です。


シニアのフリーランスエンジニア向けIT求人・案件サイト「SEES」には、JavaScriptなどを用いて通信大手向けにシステム構築を行う案件がありました。JavaScriptを用いた開発経験などが求めるスキルとして挙げられていました。


他にもSEESには様々な案件があるため、ぜひチェックしてみてください。

スキルを磨く

より報酬の良い案件を得るためには、スキルを磨くことも大切です。例えば、JavaScriptのプログラミングスキルはもちろん、現在ニーズの高いプログラミング言語も習得していると有利です。


また、UIやUXなどのデザインやWebマーケティングなど別のスキルを持っていると優遇されます。さらに、コミュニケーション能力や交渉力、営業力も重要です。


どのようなスキルや人材が求められているか、常に求人サイトなどでリサーチしておくと良いでしょう。

大規模案件にチャレンジする

JavaScriptの副業案件は、案件の規模によっても単価が変わってきます。大規模案件になるほど高度なスキルや経験が求められるため、その分単価も高単価です。


受注する案件の規模を徐々に大きくしていき、大規模案件にもチャレンジしてみると良いでしょう。

フリーランスエンジニアがJavaScriptの副業をするときに注意すること

JavaScriptの副業を行う場合、前述のようにJavaScript以外のスキルも求められる点には注意しましょう。フリーランスエンジニアとしてJavaScriptの副業案件を獲得するためには、HTMLやCSS、PHP、WordPressなどの知識やスキルを身につけておきましょう。


他にもWeb制作にはサーバーサイドの知識が必要とされるケースがあるため、事前にしっかりスキルを身につけておくことが大切です。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

JavaScriptのエンジニアの将来性は?

JavaScriptのエンジニアは将来性のある職種と言われています。その理由は、JavaScriptがWeb系のフロント開発において世界的な標準言語であることや、多くのWebアプリに活用されていることなどが挙げられます。


また、汎用性が高いうえに、フレームワークが充実して効率よく開発することができる言語です。


一方、JavaScriptには問題点もあります。アップデートの頻度が多いことや、実行前のエラー検知が弱いためにデバッグに手間がかかるという難点もあります。とは言え、JavaScriptは十分に将来性のある言語と言えるでしょう。

エンジニアがJavaScriptの副業案件を探すのにおすすめのサービス

JavaScriptの副業案件を探すには、フリーランス向けのサービスを利用するのがおすすめです。最後に、エンジニアがJavaScriptの副業案件を探すのにおすすめのサービスを紹介していきます。

ココナラ

ココナラは自分のスキルに値段を付けて販売できるスキルマーケットです。一般的な案件紹介サイトとは異なり、自分で自分の知識やスキル、経験などをサービスとして出品し、購入されるのを待つ形式となっています。


クライアントから案件を受注するのが不安な場合は、まずはココナラで自分の得意分野に絞って実績を積んでいくと良いでしょう。また、自分でスキルをアピールしたい人にもおすすめです。

クラウドワークス

クラウドワークスはさまざまな分野の案件を探せるクラウドソーシングサービスです。近年増えてきているクラウドソーシングサイトの中でも規模が大きいサイトであるため、JavaScriptの案件探しにクラウドソーシングを利用する場合は登録すると良いでしょう。


エージェントよりも初心者が対応しやすい小規模な案件が多いため、はじめて副業を行う人にもおすすめです。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズはIT起業家やフリーランスの自立を支えるフリーランス向けエージェントです。短い日数で対応できる案件やリモート案件など柔軟な働き方ができる案件を多く扱っているため、副業案件を探している方におすすめです。


また、案件の紹介だけでなく、契約交渉や債権管理などもエージェントに代行してもらえます。

ランサーズ

ランサーズは副業探しにおすすめのクラウドソーシングサービスです。JavaScriptに関連した案件であれば、WebアプリやWordPressのコーディングなど現在10,000件以上の案件が掲載されています。


副業探しにクラウドソーシングを利用する場合は、クラウドワークスと併せてランサーズにも登録しておくと良いでしょう。

シューマツワーカー

シューマツワーカーはITエンジニアを中心とした副業に特化した副業エージェントサービスです。週10時間という短時間から副業を始められ、案件の99%がリモート案件となっています。


登録ユーザー数は39,000人以上(2022年11月時点)です。また、コンシェルジュのサポートも手厚く、気軽な気持ちで副業に取り組めるでしょう。


出典:シューマツワーカー|株式会社 シューマツワーカー
参照:https://shuuumatu-worker.jp

JavaScriptの副業にチャレンジしてみましょう

JavaScriptの副業を獲得するには、PHPやWordPressなどのスキルも求められます。この記事で紹介したJavaScriptの副業で求められるスキルや案件を獲得する方法などを参考に、JavaScriptや関連スキルを身につけてJavaScriptの副業に挑戦してみてはいかがでしょうか。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

関連記事

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの案件サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの案件サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、 「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

この記事の監修

miraie miraie

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

所在地
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
設立
2007年7月(3月決算)
従業員数
55名(正社員)
電話
03-5774-6300

SEESは
非公開案件が80%以上

ITに特化したコーディネータが
あなたにぴったりの案件をご提案

SEESってどんなサービス?

年齢などを理由に他のエージェントからは案件を紹介されなかった方も、SEESでご活躍の場を見つけていただいております。

まずはお気軽にご登録ください!

\ 簡単60秒 /