世界的に扱われていて、Webサイトやアプリケーション作りに役立てられているJavaScriptというプログラミング言語が注目されていることをご存知でしょうか?


エンジニア業界でもJavaScriptは人気があり、今では多くの人が習得していますが、その中でも開発を手短にかつ正確に行うことができるフレームワークの存在が、現代では必要不可欠だと言われているのです。


本記事では、JavaScriptを扱う上でおすすめのフレームワーク11選を紹介しています。それぞれのフレームワークの特徴もまとめ、利用するメリットについても解説していきます。


JavaScriptに興味があるけれどフレームワークが多すぎて分からない人や、そもそもフレームワークは何を重視して選べば良いか悩んでいる人に対して、この記事が大いに役立つでしょう。ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてください。

フレームワークとライブラリの相違点

しばしば、フレームワークとライブラリは同じものだと勘違いされがちですが、明確には違うものとして扱われています。


フレームワークは開発する際に枠組みとして機能している開発ツールであり、ライブラリは開発を簡易的にすることができるコードの集まりです。自動車で例えるなら、フレームワークが自動車の形や枠組みであり、ライブラリがライトやタイヤといった部品にあたります。

フレームワークとツールの相違点

ライブラリの他、ツールキットもフレームワークと似たような要素を持っており、混同させがちです。


ツールキットはライブラリとほとんど一緒と言われており、複数のライブラリから構成されたものがツールキットと呼ばれています。有効で汎用性のある機能が詰まったツールとも言い換えられます。

エンジニアがJavaScriptフレームワークを活用するメリット

ここでは、エンジニアがJavaScriptフレームワークを活用するメリットについて解説していきます。


フレームワークについて興味がある人も、扱っていく上ではそれらがなぜ便利と言われているのか、理由を知っておくとよいでしょう。

フリーランス案件が獲得しやすくなる

JavaScriptをまんべんなく扱えるようになると、フリーランスになった時に案件を多く獲得できるようになります。


フリーランスに案件を持ち込む企業としては、迅速にかつミスのない仕事をしてくれるエンジニアは魅力的に映るでしょう。フレームワークを扱えるようになると、魅力的なエンジニアとして評価される可能性が高くなります。

多人数開発に対応できる

JavaScriptの特徴として、非同期通信が可能であることが知られています。非同期通信が可能であればページ移動する手間がなくなり、多人数による開発を流動的に行うことができるようになります。


また、ページ移動の手間が省けるだけでも作業中のストレスを減らすことができるため、多人数開発も円滑に進められるでしょう。JavaScriptが扱えるようになると、多人数開発に関われる機会が増えることにも繋がります。

コーディングの手間が減る

JavaScriptにはフレームワークが充実しており、コーディングの手間を容易に減らすことができます。コードを打ち込む作業が簡略化されるだけで開発作業の手間を大きく省くことができるため、エンジニアからも評価が高いです。

バグが減る

フレームワークの他にもJavaScriptはライブラリも充実しており、バグの発生を減らすこともできます。ライブラリはそもそも完成されたコードであり、それを活用するだけで正確な作業を行うことができるのが魅力です。

JavaScriptフレームワークで考慮すべきデメリット

JavaScriptフレームワークを活用するメリットについてまとめてきましたが、メリットがあればデメリットもやはりあります。


ここでは、JavaScriptフレームワークで考慮すべきデメリットについて解説していきます。あらかじめデメリットを把握しておくことで、対処が可能になるでしょう。


JavaScriptフレームワークを適切に扱えるようになるための知識を、ここで学んでいきましょう。

企業や案件によって学習するべきフレームワークがある

JavaScriptを利用した開発案件は、年を重ねるにつれ増加傾向にあると言われています。数が増えるにつれて開発内容や種類も豊富になってきており、扱えるフレームワークが少ないと苦労する場面が増えていくでしょう。


また、フレームワークは不定期にアップデートが行われているため、新たに便利なフレームワークが出てくるとそれを前提とした案件も出るようになります。流行ものに置いていかれないように、常に学習意欲を持つようにしましょう。

習得への学習コストがかかる

JavaScriptを習得する方法として、スクールに通う方法もあります。スクールに通えばベテランのエンジニアから直々に技術を学ぶことができますが、通うための費用が掛かかるといったデメリットがあります。


学ぶ方法は、スクール以外にも独学や長期インターンなど様々です。もしも費用に問題があると感じた場合は、それらの中から自分に合った方法を検討してみると良いでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

おすすめのJavaScriptフレームワーク11選

JavaScriptは優秀なフレームワークが充実していることで、業界内でも高い評価を受けています。しかし、いざフレームワークを扱おうとしてみても、その種類の多さから逆にどれを使えばいいのか悩んでしまうことも少なくないようです。


ここでは、おすすめのJavaScriptフレームワーク11選を紹介していき、それぞれの特徴についても解説していきます。それぞれの特色を理解して、自分が求めているフレームワークを見つけていきましょう。

1:Angular

Angularは、Googleを始めとした様々なプラットフォームで開発が行えることが特徴です。内蔵されているツールも分かりやすいコードでできており、種類も豊富なため多くのエンジニアが利用しています。


スピードが重視されたアプリケーションや頻繁に変化量が上下するものとは相性が悪いというデメリットはありますが、比較的ルールが固まっていて必要な機能がほとんど揃っているフレームワークです。

2:React

ReactはFacebookが開発したフレームワークであり、Facebookを始めとしたInstagramやYahoo!といった複数の大手サービスでも採用されていることが最大の特徴です。コンポーネントに重点を置いており、ページを常に更新することができます。


ReactはAndroidとiOSの両方に対応しており、幅広い案件や開発作業で使用できるでしょう。また、学習コストがかからないことも魅力的で、初心者向けでもあります。

3:jQuery

jQueryはJavaScriptフレームワークの中でも古いものでありながら、その扱いやすさで今でも人気のあるフレームワークです。


特徴としては、短いコードで高性能なUIを形にすることが可能で、複雑なコードを必要とせず高水準な開発ができます。Webサイトの制作やアプリケーション開発の時に重宝しているエンジニアがかなり多いです。

4:Vue.js

Vue.jsは、ファイルサイズがとても軽く小規模なアプリケーションの開発などに向いているフレームワークです。MVVMというMVCの派生パターンを採用していて、レンダリングが高速化されている他、内容もシンプルで学習コストがかからないことも利点の1つです。

5:Riot.js

Riot.jsはJavaScriptフレームワークの中でも、限りなく学習コストが低いことで知られています。内容がとてもシンプルで、始めたてのエンジニアでも安心して利用することができるでしょう。


注意点としては、大規模で複雑な開発にはやや不向きです。それでもカスタムタグをつけることで細分化することができ、HTML、JSといったタグにまとめれば見やすくできます。

6:Backbone.js

Backbone.jsは豊富なAPIがコレクションされていることが特徴的であり、主にMVCの枠組みを提供していることで有名なフレームワークです。


Webアプリケーションの開発に向いているフレームワークですが、実装する際にはjQueryやUnderscore.jsと併用する必要性があります。

7:Hyperapp

Hyperappは1KBという超軽量を実現したフレームワークであり、JavaScriptフレームワークの中でもかなり手頃なことで有名です。Typescriptにも対応しており、上述したReactやVueをより効率化させることもできます。


なお、学習コストについては並みとされていますが、インターネット上に情報があまり記載されていないため、独学での習得が難しいことには注意しましょう。

8:Ember.js

Ember.jsは生産性と機能性のあるツールが集まっていることが特徴であり、複雑な開発を行う際によく使われているフレームワークです。複数のデバイスで動かせるためのUIが揃っていることも魅力的です。

9:Knockout.js

Knockout.jsはWebやモバイルなど利用できるプラットフォームが多いことや、レンダリングが速いということでAngularと似たような特徴を持っています。この2つの違いを上げるとすれば、Knockout.jsの方が機能が簡略化されており軽量であることです。


また、Knockout.jsは古いMVVMを採用しており、JavaScriptフレームワークの中でも歴史のあるものです。そのため、過去に多くのエンジニアが利用しており、学習の難易度も低めだと言えるでしょう。

10:Lodash

Lodashは配列操作や抽出、オブジェクトへの変換作業が簡略的に行えることで注目されています。モジュールフォーマットや関数型プログラミングにおいて効率的に開発を行えるフレームワークであり、機能数が多いことで利便性も高いです。

11:Underscore.js

Underscore.jsはオブジェクトの拡張をせずとも、関数型プログラミングを自在に行えるフレームワークです。内蔵されている物量に対して、ファイルサイズが軽量なことも人気がある理由の1つでしょう。


また、開発者がLodashと同じ人のため、Lodashでの知識が流用しやすいことも特徴的です。

JavaScriptフレームワークの平均単価

JavaScriptエンジニアの平均単価は月当たり約70万円となっています。


また、最低単価は約15万円であり最高単価は約200万円となっています。エンジニア経験が浅い間は平均単価よりも低い収入が続く可能性がありますが、経験を積むことにより難易度の高い案件も受けられるようになるため、長い目で見れば高収入を望むことも期待できるでしょう。

JavaScriptフレームワークの需要動向

近年では機械化が普及しており、ネット上にデータを取り扱う企業や私生活でスマートフォンを扱うことが当たり前の時代になっています。その近代化は現在もなお続いていることから、JavaScriptエンジニアのニーズは減ることがないであろうと考えられています。


また、JavaScriptのフレームワークについては新規開発やアップデートが行われるたびに流行り廃りが発生するため、現在存在するものが今後も長く使えるといった保証はありません。その点については注意しておき、更新情報には敏感になっておきましょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

JavaScriptを扱うエンジニアとしてフレームワークを活用しよう

JavaScriptのおすすめフレームワークについて解説してきました。数あるフレームワークの中でも扱いやすいもの、比較的多くの開発内容で扱えるものと、それぞれに特徴が異なることを理解してもらえたことでしょう。


本記事で紹介したフレームワークは、あくまでJavaScriptで使える中の一部です。フレームワークの情報は時代と共に更新されていくため、開発作業に慣れてきた人は様々なものを活用できるようにしていきましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300