「SEとプログラマーの相違点とは?」
「SEの具体的な仕事って?」
「SEにはどんなスキルが必要とされる?」


このように、SEという仕事に関してさまざまな疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。


本記事では、SEという仕事の概要やSEとプログラマーの相違点などを紹介しています。この記事を読むことで、SEがどのような職種なのか把握できるでしょう。


また、SEに要求されるスキルやSEの仕事に適している人の特徴なども紹介していきいくため、プログラマーからSEへのキャリアアップを視野に入れている方も参考にできます。


SEの仕事について知りたいと考えている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

そもそもSEとは?


SEとは「System Engineer(システムエンジニア)」を略した言葉で、システム開発プロジェクトにおける一連の工程に携わるエンジニア職です。


SEはクライアントからのヒアリングや要件定義、基本設計、詳細設計、システムのテストや運用保守に至るまで全ての工程に関わり、システム開発を円滑に進めていくことが仕事です。


また、プロジェクトチームを束ねる役割を持つため、チームのリーダーとしてマネジメント業務も行います。


▼関連記事
プロジェクトマネージャーの必要スキルと適正年齢を解説!

SEとプログラマーの相違点


SEはシステム開発のすべての工程に関わりますが、直接業務を行うのは上流工程です。SEはクライアントとの窓口になり、ニーズのヒアリングや仕様書の作成などを行います。


一方、プログラマーはシステム開発における下流工程であるプログラミングを行うことが仕事です。SEの作成した仕様書をもとに、実際にプログラムを実装していきます。


そのため、SEとプログラマーでは仕事の範囲や求められるスキルが異なると言えるでしょう。

SEの仕事


SEの作業範囲は、ウォーターフォールモデルの開発プロジェクトにおける上流工程です。主に要件定義や基本設計、詳細設計を行い、プログラマーが開発したシステムのテストを実施し、リリース後には保守運用を行います。


ここではSEの仕事について解説していくため、どのような業務を行っているのか参考にしてみてください。


▼関連記事
金融系SEとは?

顧客の要件定義

SEは顧客からヒアリングを行い、どのようなニーズを持っているのかを抽出して、要件定義を行います。要件定義とは、顧客が持っている曖昧な要望を具体的にどのような形で実現するのかという「要件」にする工程です。


顧客はITやシステムに詳しいわけではないため、SEはヒアリングを通して顧客が求めているものを見極め、自ら現実的な提案を行うことが大切です。

システムの基本設計

システムの基本設計では、システムをどのように実現するのかという設計を行います。システムに実装するそれぞれの機能を設計し、どのように関連付けるのかを決めていく工程です。


ネットワーク構成やデータベースの構成などすべてを網羅し、設計ができれば基本設計書としてドキュメントにまとめます。また、完成した基本設計書は顧客にも見てもらい、方向性にずれがないかどうか確認し、共通認識を持つことが大切です。

具体的な詳細設計

詳細設計では、基本設計で決まった仕様をもとに内部処理やインターフェースなどの設計を行います。詳細設計では内部処理の詳細な流れを定義し、プログラムがどのような要素によって構成されているのかまで網羅します。


詳細設計の内容が決まったら、詳細設計書としてまとめます。詳細設計では実装を行うプログラマーが詳細設計書を見て開発が行えるレベルまで落とし込むことが大切です。

動作確認のテスト

プログラマーが作成したプログラムが動作できるレベルになったのち、仕様どおりに作成されているかどうかのテストを実施します。


SEが行うテストには、プログラム単体で行う単体テスト、プログラムを複数組み合わせて実施する結合テスト、システム全体でのテストを行うシステムテストなどがあります。


テストの際にはテスト項目書を用意してテストを実施し、テストの結果に対してレビューを行うのが一般的です。

システムの運用と保守

テストを終え、システムを顧客に納品してもSEの仕事はまだ終わりではありません。システムの運用や保守もSEの業務の1つです。


「運用」とはシステムが止まらないように日々のサポートを行うことで、業務内容としてはアクセスログの監視やセキュリティーチェック、マニュアルの整備などがあります。


また、「保守」はシステムに問題が発生しないようにしたり、実際にトラブルが発生した際に対応を行ったりすることで、OSのアップデートやシステムの改修、バックアップ、障害対応などがあります。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

SEに要求されるスキル


システム開発の一連の工程に携わり、プロジェクトを円滑に進めるという役割を持つSEには、さまざまなスキルが求められます。


たとえば、プログラマーに具体的な指示を出すためにはプログラミングスキルや技術力が必要ですが、クライアントのニーズを的確に読み取るためにはヒアリング力やコミュニケーション力も必要となるでしょう。


ここではSEに要求されるスキルを紹介していきます。

プログラミングの基礎知識力

SE自身が直接プログラミングを行うことはあまりありません。しかし、システムの設計を行うためにはプログラミングの知識が必要となるため、SEにはプログラミングの基礎知識が求められるでしょう。


プログラミングの知識がなければプログラマーと技術的な話をすることができなくなるため、開発で用いるプログラミング言語の知識は習得しておきましょう。

マネジメントする力

SEには、プロジェクトチームをマネジメントする力も必要になります。プロジェクトの規模にもよりますが、大規模なプロジェクトであればPMがプロジェクトの管理を担います。


しかし、それほど規模の大きくないプロジェクトであれば、SEが現場のリーダーとしてプロジェクトチームの管理を任されるケースもあります。そのため、SEにはプロジェクトを円滑に進めるためのマネジメント力が必要になるでしょう。


▼関連記事
プロジェクトマネージャーの必要スキルと適正年齢を解説!

ヒアリングする力

SEには、顧客がシステムに求めているものを正確に見極めるためのヒアリング力が必要です。コミュニケーション力とも重なる部分がありますが、SEはシステムに関する知識のない顧客を相手にヒアリングを行うことになります。


そのため、「顧客がなぜそのような要望を持つようになったのか」まで考えながら、顧客の本当のニーズをくみ取れるヒアリング力が求められます。

コミュニケーション力

SEは顧客や社内メンバーなどさまざまな人材と関わるため、コミュニケーション力が必要とされます。SEが顧客のニーズを正確にヒアリングするためには、高いコミュニケーション能力が必要です。


また、チームメンバーに指示をしたり正確な意思疎通を行ったりするためにもコミュニケーション力が必須となります。周りの関係者とうまく意思疎通ができていなければ、完成したシステムが当初の予定からずれてしまう可能性もあるでしょう。

ロジカルに考える力

SEには、物事をロジカルに考える力が必要不可欠です。ロジカルに考える力とは、物事を筋道立てて分析し、論理的に結論を導き出すスキルのことです。


システムは論理的な構造によって成り立っており、SEはそのシステムの設計を行う役割を持ちます。そのため、SEにロジカルに考える力がなければ、設計したシステムも論理的に破綻してしまう可能性があるでしょう。

業務の遂行力

SEには、業務をきちんと遂行できる力が必要です。SEとして業務を遂行するためには複数のスキルが必要になりますが、顧客が抱えている問題を発見し、解決できる能力などが重要になるでしょう。


業務の遂行力に欠けたSEではプロジェクトを牽引していくことができず、失敗してしまう可能性もあります。

SEの仕事に適している人の特徴


ここまでSEに要求されるスキルについて解説してきましたが、必須のスキルとは別に、SEの仕事への適性も存在します。SEの仕事に興味がある方の中には、自分がSEに向いているのかどうか知りたいという方も多いのではないでしょうか。


ここではSEの仕事に適している人の特徴について解説していきます。

相手と同じ目線になれる人

SEの仕事は、顧客が抱えている課題を解決するためにシステム設計や開発を行うことです。システムを通して顧客の問題を解決することが目的となるため、相手と同じ目線で考えられる人はSEの仕事に適性があるでしょう。


顧客の目線で考えることができれば、顧客にとって使いやすく役立つシステム開発につながります。

常に向上心を持っている人

IT業界は技術革新のスピードが速く、日々新しい技術が生まれています。IT業界でシステム開発を行うエンジニアには、新しい情報や技術のキャッチアップが求められます。


そのため、常に向上心を持って積極的に情報を取り込んでいけるような人は、SEの仕事に適していると言えるでしょう。

SEの仕事の利点


プログラマーなど他のエンジニア職がある中で、SEという仕事にはどのような利点があるのでしょうか。


ここでは最後に、SEの仕事の利点を紹介します。SEへの転身を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

収入アップが期待できる

SEという仕事はプログラマーよりも収入アップが期待できる仕事です。SEの作業範囲はシステム開発の上流工程となっており、SEはシステム開発プロジェクト全体に関わる重要な職種となっています。


そのため、下流工程のみを担当するプログラマーと比較しても収入の水準が高くなっています。企業の規模やスキルによっても違いがありますが、SEに転職することで年収アップを目指すことは可能でしょう。

キャリアアップを狙える

SEはシステム開発の経験を積むことで、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーなどの職種へのキャリアアップも狙える職種です。


また、システムアナリストやITコンサルタントなどへのキャリアチェンジも視野に入るでしょう。SEからキャリアアップすることにより、さらに収入アップも狙えます。


▼関連記事
システムエンジニア(SE)がフリーランスになるメリットを解説!

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

SEの仕事について理解しよう


SEはシステム開発プロジェクトにおける一連の業務すべてに携わる職種です。そのため、高いスキルが必要とされますが、収入アップやキャリアアップがしやすいというメリットがあります。


ぜひ本記事で紹介したSEの仕事やSEに要求されるスキル、SEの仕事に適している人の特徴などを参考に、SEという仕事について理解を深めてみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300