「フリーランスが失敗してしまうことにはどんな原因があるの?」
「フリーランスで失敗する人の特徴って?」
「フリーランスで失敗をしないためにはどうすればいい?」


このように、フリーランスという働き方を失敗しないためにはどうすればいいのか知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。


本記事では、フリーランスが失敗する原因や、フリーランスとして失敗しやすい人の特徴、フリーランスが失敗をしないための対策についてなどを紹介していきます。この記事を読むことで、フリーランスに失敗するパターンを把握できるでしょう。


フリーランスが失敗をしないための対策について知りたい方は、この記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

フリーランスはどんな時に失敗してしまうの?

フリーランスにとって失敗と言えるのは、案件が獲得できないといった理由からフリーランスとして仕事を続けられなくなることです。


フリーランスを続けられなくなって廃業したり、会社員として再就職したりした場合は、フリーランスを失敗してしまったと言えるでしょう。

フリーランスが失敗する12個の原因

フリーランスとして働ける職業には、エンジニアや営業、クリエイターなどさまざまな種類があります。しかし、フリーランスで失敗してしまう原因としては、職種に関係なく共通しているものも多いです。


フリーランスとして独立する場合は、失敗してしまう原因について知っておくことが大切だと言えるでしょう。ここではフリーランスが失敗する原因について解説していくため、参考にしてみてください。

1:スキルの向上をしなかった

フリーランスは自分で仕事を獲得する必要があるため、すべての仕事を1人で行えるスキルが求められます。フリーランスとして仕事をしたくても、スキル不足のままでは案件を受注することはできません。


会社勤めをしていればスキルが足りなくてもすぐに解雇されるようなことはありませんが、フリーランスの場合はスキル不足によって仕事が取れなければ収入はゼロになってしまいます。

2:実績が少なかった

クライアントが仕事を依頼する際の判断基準として、フリーランスの実績は非常に重要なポイントになります。そのため、実績不足の場合は、なかなか仕事が取れないケースがあります。


これまでのフリーランスとしての実績が少なければ、実績不足と判断されて案件がまったく受注できないこともあるでしょう。特にフリーランスになったばかりの頃は実績が少ないため、なかなか案件獲得につながらないことも多いです。

3:営業が苦手である

フリーランスとしてのスキルや実績があったとしても、それをクライアントに知ってもらわなければ仕事にはつながりません。フリーランスにとって案件を獲得するための営業活動も重要な仕事であるため、営業が苦手な人は失敗してしまうことがあるでしょう。


案件を獲得する方法としては、フリーランス向けエージェントなどを利用する方法もありますが、クライアントに自身のスキルを説明するといった最低限の営業スキルは必要です。

4:クライアントの信頼を失うことをした

フリーランスはクライアントとの信頼関係が大切です。クライアントの信頼を失うことをしたことで、仕事を失ってしまうこともあります。


クライアントからの信頼を失えば、同じ業界の企業内に評判が広まってしまうことも多いです。そのため、新しいクライアントが見つからなくなり、フリーランスとして仕事を続けられなくなることもあるでしょう。


ここでは、クライアントの信頼を失ってしまったことで、フリーランスとして失敗してしまうパターンについて紹介していきます。

納期が遅くなった

フリーランスとして請負契約で案件を受注する場合、フリーランスには成果物の納品義務が生じます。そのため、フリーランスは納期やクオリティといった全てにおいて自身で責任を負うことになります。


依頼された仕事が納期に間に合わなければ、それだけでクライアントからの信頼を失ってしまうでしょう。

連絡や返信が遅くなった

クライアントとの関係を良好に保つためにも、フリーランスはクライアントと小まめな連絡を取ることが大切です。仕事の進捗状況を定期的に伝えておくことで、クライアントも安心して仕事を任せることができます。


逆に言えば、仕事の連絡が滞ったりメールなどの返信が遅くなったりすると、クライアントからの信頼も失っていく可能性があります。その案件は問題なく納品できたとしても、次の仕事にはつながらなくなってしまうでしょう。

5:デメリットについて正しく認識をしていなかった

フリーランスは自由な働き方ができるというメリットがありますが、一方でデメリットもあります。フリーランスのメリットばかりに注目し、デメリットを正しく認識しないままフリーランスになってしまう人もいるでしょう。


ここでは、デメリットについて正しく認識をしていなかったために、失敗してしまうパターンについて紹介していきます。

人との交流が減少

フリーランスになると1人で仕事をすることになるため、人との交流は減ります。特に在宅でできるフリーランスエンジニアなどの場合、それまでの会社勤めのように周りで作業している同僚がいなくなるため、急に孤独を感じてしまうこともあるでしょう。


クライアントとのやり取りなどはありますが、人と話す機会は大きく減少します。人と関わらなくてもいいという人は問題ありませんが、そうでなければ孤独感でフリーランスを続けられなくなるリスクもあるでしょう。

収入が不安定

フリーランスは収入が不安定です。案件の量や単価によって増えることもあれば減ることもあるでしょう。


特に独立したばかりの頃はなかなか案件が獲得できず、会社勤めをしている頃よりも収入が減るケースも多いです。そのため、収入が不安定であることを想定してしっかりと貯蓄しておかなければ、フリーランスとして軌道に乗る前に廃業に追い込まれてしまう可能性もあります。


▼関連記事
フリーランスとして働くデメリットは?

6:自己管理ができていなかった

上司からある程度管理してもらえる会社員と違い、フリーランスはすべて自分の判断で仕事を行う必要があります。自由度が高く自分の裁量で全てを決めることができる一方で、しっかりとした自己管理も求められます。


フリーランスとして長期的に仕事をしようと思うと、自分でスケジュール管理や体調管理などをきちんと行うことが必要でしょう。次に、自己管理ができずにフリーランスとして失敗してしまうパターンについて紹介していきます。

気の緩み

フリーランスとして在宅で仕事をする場合、基本的に1人で作業を行うことになります。会社員のように周りからの目がないため、気が緩んでしまうこともあるでしょう。


また、仕事を怠けていても注意する人がいないため、成果物の品質が下がってしまったり、納期に間に合わなくなってしまったりする可能性もあります。このような気の緩みが原因で、クライアントからの信頼を失ってしまうのでしょう。

仕事を多く引き受けてしまう

フリーランスは引き受けた案件の数によっても収入が変わってくるため、たくさんの案件を引き受けてしまうこともあるでしょう。しかし、自分が対応できる量よりも多くの案件を引き受けてしまうと、成果物の品質が落ちてしまうリスクもあります。


また、前述したように成果物の品質が下がればクライアントからの評価も下がり、次の仕事につながらなくなったり、新しいクライアントが見つからなくなったりする可能性もあるでしょう。

不規則な生活

前述の仕事を多く引き受けてしまうケースと重なりますが、フリーランスは仕事の量によっては不規則な生活になりがちです。無理して仕事をした場合、身体を壊してしまうリスクもあるでしょう。


身体を壊せば案件に対応することが難しくなり、収入が途絶えてしまうこともあります。また、フリーランスとして仕事を続けられなくなってしまう可能性もあるでしょう。

7:手数料を搾取された

フリーランス向けの案件紹介サービスなどを利用することもあるでしょう。しかし、中には高額な手数料を設定している業者もあるため、知らないまま中間マージンとして多くの報酬を抜かれてしまう可能性があります。


不当に手数料を搾取されないためには、自分で手数料の相場を把握したり、お金の流れをきちんと管理したりしておくことが大切です。

8:報酬を払ってくれなかった

フリーランスとしてクライアントと直接契約を行う場合、自分で直接お金のやり取りを行うことになります。中にはクライアントが報酬を払ってくれないケースや、未払いのまま倒産してしまうといったケースもないとは言えません。


そのため、報酬がきちんと入金されていることは自分でしっかり確認しておきましょう。また、入金遅れなどが発生している場合は自分から問い合わせるなど、トラブルに発展しないように気を付ける必要があります。

9:見積りを安くしてしまった

フリーランスとして独立したばかりの頃はなかなか仕事が受注できない場合も多いです。そのため、仕事が貰えるとその嬉しさから見積もりが甘くなってしまいがちです。


見積りを安くしてしまうと、忙しいのに収入が少ない状態になってしまうでしょう。予算を見積もる場合は、事前に「これくらい必要になる」という予算を決めておくことが大切です。

10:領収書をもらうのを忘れてしまった

フリーランスは仕事で使用したお金を経費として計上することで、収入から差し引くことができます。しかし、領収書をもらい忘れてしまうと、経費として計上することができません。


特にフリーランスになったばかりの頃は領収書をもらい忘れる失敗も多いです。領収書がなくてもクレジットカードの明細なども経費の証拠にできるため、事前に対策しておきましょう。

11:確定申告をするのを忘れた

確定申告をしなければいけないのは会社員とフリーランスの大きな違いです。確定申告するのを忘れてしまうと、申告した場合よりも多くの税金を徴収されてしまいます。


本来であれば節税できるはずのフリーランスで確定申告忘れのミスは大きな痛手になりかねないため、確定申告は余裕を持って行えるように準備しておきましょう。


出典:No.2024 確定申告を忘れたとき|国税庁
参照:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2024.htm


▼関連記事
フリーランスは確定申告をするべき?

12:金銭管理をしてこなかった

フリーランスは自分で金銭管理をする必要があります。そのため、これまで自分で金銭管理をしてこなかった人や、金銭管理が苦手な人はお金のやりくりなどで失敗してしまう可能性もあるでしょう。


フリーランスとして利益を得るには、売上と費用の収支管理は大切です。仕事はしているのに儲けがないといった事態にならないように、金銭の出入りはしっかりと管理しましょう。


▼関連記事
【節税対策】フリーランスが経費にできるものとは?

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

フリーランスで失敗する人の5つの特徴

フリーランスになっても失敗してしまう人はいます。ここでは、フリーランスで失敗する人の特徴について紹介するため、どのような特徴があるのか参考にしてみてください。失敗しやすい特徴に当てはまるという人は注意しましょう。

1:行動力がない

フリーランスは自分から仕事を取りに行く積極性が必要です。いくらスキルがあってもそれをしっかりアピールしなければ、案件獲得のチャンスも広がりません。


そのため、受け身で行動力のない人はなかなか仕事が獲得できず、フリーランスとして失敗してしまう可能性があるでしょう。セミナーや交流会などに参加して、自分から人と関わりに行くことも大切です。

2:自分の考えを言えない

フリーランスはクラインアントに雇用されているのではなく、対等な立場であり仕事のパートナーです。提示された条件が合わないと思った場合は、はっきりと断る必要があります。


しかし、自分の意見をなかなか言えないような人は、条件の良くない案件でも引き受けてしまう可能性があるでしょう。

3:会話をするのが苦手である

フリーランスとして仕事をする上でコミュニケーション能力は大事です。案件の獲得や交渉など、フリーランスの仕事にはクライアントとのコミュニケーションはつきものでしょう。


そのため、人と会話をすることが苦手な人はフリーランスになっても失敗しやすいと言えます。

4:仕事のスキルが低い

もともと仕事のスキルが足りていないような人は、フリーランスになっても失敗しやすいでしょう。会社勤めであれば仕事があまりできなくても他の人にカバーしてもらえますが、フリーランスは1人で仕事をこなさなければいけません。


スキルが低いと仕事が獲得できず、継続案件にもつながらないでしょう。

5:プロ意識が低い

仕事に対するプロ意識が低いような人は、フリーランスになってからもスキルアップを目指さないため、失敗しやすいです。フリーランスは自分で好きに案件を決めることができるため、向上心がなければ今のスキルで対応できる案件ばかりを受注してしまうでしょう。


このような場合、今のスキルが時代遅れになれば途端に対応できなくなり、仕事がなくなってしまうリスクがあります。

フリーランスが失敗をしないための5つの対策

フリーランスとして成功するためには、いくつか事前にとっておきたい対策があります。独立前に準備しておくことで、フリーランスになってからもスムーズに仕事を進められるようになるでしょう。


ここではフリーランスが失敗をしないための対策について紹介していきます。

1:独立する前に準備をする

フリーランスとして独立する場合は、会社勤めをしている段階からしっかりと準備をしておきましょう。フリーランスには人脈も必要であるため、取引先との信頼関係を築き、独立後も引き続き案件を受けられるようにしておくことが大切です。


また、ローンやクレジットカードはフリーランスになってからは審査に通りにくくなるため、必要な場合は先に用意しましょう。


▼関連記事
【必見】フリーランスになる前に必ずするべき準備は?

2:健康管理をする

フリーランスは自分の裁量で仕事ができてしまうため、健康管理も意識する必要があります。頑張り過ぎて疲労が抜けなくなったり、体調を崩してしまったりしては本末転倒です。


フリーランスとして長く働くためには、日頃から無理をせず健康に気を配りましょう。

3:将来のビジョンを持つ

フリーランスとしてモチベーションを保ちながら仕事をするには、明確な将来のビジョンを持つことが大切です。自由な働き方ができるフリーランスは手を抜いてしまいがちですが、具体的な目標があれば仕事にも張り合いが出るでしょう。

4:売り上げ目標を決める

フリーランスは毎月の売り上げ目標を決めておくことも大切です。また、予算もあらかじめ決めておきましょう。


フリーランスは自分で金銭管理を行うため、きちんと収支を把握しておけば、毎月の目標達成を目指しながら着実に稼いでいけるようになるでしょう。

5:複数のクライアントと仕事をする

フリーランスの仕事は不安定のため、できるだけ複数のクライアントと契約しておくことが大切です。クライアントの都合で突然契約が切れることもありますが、複数のクライアントがいれば収入がいきなりゼロになることはないでしょう。

フリーランスのSEにおすすめのエージェントサイト

フリーランスとして案件を獲得するにはフリーランス向けのエージェントサイトを利用するのがおすすめです。フリーランス向けのエージェントであれば、自分で案件を探さなくてもスキルや実績に合った案件を紹介してもらえます。


ここでは、フリーランスのSEにおすすめのエージェントサイトを紹介していきます。

SEES

SEESは40代~60代のフリーランスエンジニアに特化したエージェントサイトです。シニアエンジニア向けの案件検索サイトとして有名なサイトで、年齢不問の案件のみを扱っているため、職種や言語、勤務地などの条件のみで案件を探せます。


他のフリーランス向けのサイトでは40代以上になると参画できる案件が減少することもありますが、SEESであればそういった心配はないでしょう。

geechs job

geechs jobは、フリーランスとしての独立を検討している人にもおすすめのフリーランス向けエージェントサイトです。充実したサポートが魅力で、フリーランス1人に対して専任キャリア、専任フォローなど複数の担当者が付いてくれます。


フリーランスを目指している人向けのセミナーも実施しているため、独立前の人や初心者にもおすすめのサイトです。

ITPRO PARTNERS

ITPRO PARTNERSは、短い稼働時間の案件も選べるフリーランス向けエージェントサイトです。週2日程度の案件やリモート案件、トレンドの案件など、フリーランスの希望にマッチした幅広い案件を扱っています。


また、専属エージェントに、希望に合った案件の紹介や契約交渉、債権管理の代行など、しっかりとサポートしてもらえるのも魅力でしょう。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、取引企業や案件数が多いフリーランス向けエージェントサイトです。業界でも規模の大きなエージェントでサポートも手厚いため、多くのフリーランスが利用しています。


ITエンジニア専門のコーディネーターによって、スキルや経験、希望に合った案件を紹介してもらえます。企業との直接契約の案件が多いため、高単価の案件が多いのも魅力でしょう。

Midworks

Midworksは、フリーランスでも正社員並みの保障を提供しているフリーランス向けエージェントサイトです。フリーランスエンジニアやデザイナー向けのサービスで、さまざまな福利厚生を提供しているのが特徴です。


フリーランスは保障面での不安もありますが、Midworksであれば正社員同様の保障を受けながら活躍することが可能でしょう。

Crowdtech 

Crowdtechは、クラウドソーシングで有名なクラウドワークスが運営しているフリーランス向けエージェントサイトです。サービス創業以来リモートワークに力を入れてきたサービスのため、リモート案件の割合が多いという特徴があります。


また、短い稼働時間の案件や未経験可の案件も扱っているため、実績があまりないフリーランスでも自分のスキルや希望に合った案件を見つけやすいでしょう。

Lancers

Lancersは、幅広い案件を扱っているクラウドソーシングサイトです。システム開発やマーケティング、デザインなど、豊富な種類の仕事を扱っているため、フリーランスや副業を探している人におすすめです。


クラウドソーシングサイトとなっているため、フリーランス向けエージェントよりも単価が低いものも多いですが、あまり実績がない場合はクラウドソーシングサイトで案件を見つけて実績を積むのもいいでしょう。

CrowdWorks

CrowdWorksはLancersと同様に、事務作業や、開発、デザインといったさまざまな分野の案件を取り扱っているクラウドソーシングサイトです。非常に多くの企業が利用している規模の大きなサイトです。


未経験者や初心者応募可の案件も多いため、フリーランスとして独立したばかりの人や手軽に対応できる副業案件を探している人にもおすすめと言えるでしょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

フリーランスを目指すなら失敗しないように準備をしよう

フリーランスになることで失敗してしまう人も多いですが、事前に対策を行うことで失敗するリスクを軽減することができます。


ぜひ本記事で紹介したフリーランスが失敗する原因やフリーランスで失敗する人の特徴、失敗をしないための対策方法などを参考に、十分な準備をしてからフリーランスとして独立を目指しましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300