シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

フリーランスのUIデザイナーになる際のポイント|仕事を受注する手段も紹介

フリーランスのUIデザイナーになるにはどうすれば良いのでしょうか。本記事ではフリーランスのUIデザイナーとして働く利点や欠点、フリーランスのUIデザイナーになる際のポイントなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「フリーランスのUIデザイナーってどんな仕事?」
「フリーランスのUIデザイナーとして働くことのメリットって?」
「フリーランスのUIデザイナーになるにはどうすればいい?」


このように、フリーランスのUIデザイナーとしての働き方に興味を持っているという人も多いのではないでしょうか。


本記事では、フリーランスのUIデザイナーとして働く利点や欠点などを紹介しています。この記事を読むことで、フリーランスのUIデザイナーの良い面だけでなく悪い面についても把握できるでしょう。


また、フリーランスのUIデザイナーになるためのポイントなども紹介しているため、これからフリーランスのUIデザイナーを目指すという人も参考になります。


フリーランスのUIデザイナーについて知りたい人は、ぜひこの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

フリーランスのUIデザイナーの平均年収

フリーランスのUIデザイナーの平均年収に関する正式なデータはありませんが、月収としては20~30万円ほどの案件が多いです。


また、フリーランスの場合は掛け持ちで案件をこなすことも多いため、掛け持ちをすればフリーランスのUIデザイナーの年収は500~600万円程度になるでしょう。

UIデザイナーとフロントエンドエンジニアの違い

UIデザイナーとは、Webサイトやサービスなどの使いやすいデザインを制作するエンジニアです。一方、フロントエンドエンジニアはWebサイトやサービスなどのユーザーが直接目にするフロントエンド部分の開発を行うエンジニアとなります。


そのため、UIデザイナーは企画から設計までのフェーズを担い、フロントエンドエンジニアは実装のフェーズを担う人材であると言えるでしょう。

フリーランスのUIデザイナーとして働く利点

UIデザイナーとして働いている人の中には、独立してフリーランスになることを検討しているという人も多いでしょう。フリーランスのUIデザイナーとして働くことにはさまざまな利点がありますが、一方で欠点も存在します。


そのため、フリーランスを目指す場合は利点と欠点両方をよく理解しておく必要があるでしょう。ここでは、まずはフリーランスのUIデザイナーとして働く利点について解説していきます。


▼関連記事

Web制作フリーランスになるには|初心者でもなる方法や案件獲得についても解説

クライアントと直接やり取りする機会が増える

フリーランスのUIデザイナーになれば、自分で仕事を獲得していくことになります。経営者や役員などと直接やり取りをする機会も増えていくでしょう。


会社員であれば関わることのなかったクライアントとコミュニケーションを取ることにより、社会人としても成長できる、人脈を増やしていけるといったメリットがあります。

自分のスキルが成長しやすい

会社員としてUIデザイナーをしている場合、同じ案件を長期間担当するケースが多いため、短期間で多くの経験を積んでスキルアップしていくというのは難しいでしょう。


しかしフリーランスの場合は、比較的短期間で案件が変わっていきます。また、複数の案件を掛け持ちすることも多いため、会社勤めをしている場合よりもスキルが成長しやすいというメリットがあるでしょう。

高年収を狙いやすい

フリーランスのUIデザイナーの案件は、求められるスキルによって単価も異なります。スキルがあるほど高い報酬を得られるため、高年収も狙いやすくなるでしょう。


また、フリーランスであれば自分の裁量で案件を掛け持ちすることも可能です。多くの案件をこなすほどスキルアップに繋がるため、努力するほど収入も上がっていきます。

時間を自由に使いやすい

会社員の場合は就業規則で決まった時間に出社し、仕事をすることになります。しかし、フリーランスのUIデザイナーであれば、自分の好きな時間に仕事ができます。


クライアントとしては納期までに成果物を納品してもらえれば何の問題もないため、平日に出掛けたり日によって仕事の時間を変えたりすることも可能です。

フリーランスのUIデザイナーとして働く欠点

ここまで紹介したようにフリーランスのUIデザイナーとして働くことの利点は多いですが、同時にいくつかの欠点も存在します。利点だけでなく欠点も理解した上で、自分に合った働き方を選びましょう。


ここではフリーランスのUIデザイナーとして働く欠点について解説していくため、参考にしてみてください。


▼関連記事

Webデザイナーの仕事はなくなる?活躍していくために必要なスキルを紹介

収入が安定しにくい

UIデザイナーに限らず、フリーランスは収入が不安定というデメリットがあります。会社員であれば毎月決まった額の収入を得ることができますが、フリーランスのUIデザイナーの場合は受注した仕事によって収入が増減します。


また、案件を獲得できなければ収入がゼロになってしまう可能性もあるため、安定した収入を得たい人にはフリーランスのUIデザイナーは向いていないでしょう。

制作以外の業務に時間を取られる

フリーランスのUIエンジニアになれば、会社員だと行う必要のない事務作業なども自分自身で行うことになります。また、自分で案件を獲得しなければならなくなるため、制作以外の業務に時間を割くことも多いでしょう。


案件の獲得や契約交渉などは、フリーランス向けのエージェントを利用することで代行してもらえるため、活用してみると良いでしょう。

社会的信用が下がる可能性がある

フリーランスは、UIデザイナーに限らず社会的な信用が低いというデメリットがあります。会社員と比べ、収入が不安定なことや、突然収入が途切れる可能性があるというのが理由です。


社会的な信用が低いことから、住宅ローンやクレジットカードの審査に通りづらいこともあるでしょう。そのため、これらの申請は会社勤めをしている間に済ませておくようにしましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

フリーランスのUIデザイナーになる際のポイント

フリーランスのUIデザイナーとして長期的に働こうと思うと、しっかりと知識やスキル、資格などを身につけて独立することが大切です。また、フリーランスとして生計を立てるのであれば開業の手続きも必要になるでしょう。


ここではフリーランスのUIデザイナーになる際のポイントについて解説していくため、参考にしてみてください。

会社で実務経験を積む

フリーランスのUIデザイナーを目指す場合は、会社員として実務経験を積んでから独立するのが基本となります。フリーランスは、その仕事をするためのスキルを持っていることが前提となるため、要件として3年程度の実務経験が必要になる案件も多いです。


企業にUIデザイナーとして勤めて実務経験を積んでおけば、フリーランスとしても働けるだけの知識やスキルが身につくでしょう。

独学・スクールでスキルを学ぶ

UIデザイナーの実務経験がない状態でスキルを身につける方法としては、独学で学ぶ方法やスクールに通う方法があります。UIデザイナーのスキルはエンジニア職などと比べると独学でも身につけやすいため、書籍などを使って勉強するのも良いでしょう。


スクールだと費用は高くなりやすいですが、現役のUIデザイナ―などの講師から直接指導を受けられるため、実務にも役立つ知識が身につきます。

成果物をロジカルに説明できるようになる

案件を受注するには、クライアントに対して自分のスキルをアピールすることが大切です。また、案件を発注して実際にデザインを作成し、クライアントに納品する際にも、そのデザインによってどのように課題を解決できるのかをクライアントに説明する必要があります。


そのため、成果物を自分でロジカルに説明するスキルを身につけることも重要になるでしょう。

コンサル力を身につける

使いやすいWebサイトを作成する場合、UIやUXのデザインが非常に重要です。ユーザー満足度の高いUIデザインを行うためには、質の高いコンサル力が必要になるでしょう。


コンサル力が高ければクライアントが抱える経営課題などの問題にも踏み込んだ話ができるため、クライアントからの信頼も高くなるでしょう。特にフリーランスの場合は自分でコンサルティングを行う必要があるため、コンサル力は需要になります。

フロントエンドの知識を身につける

UIデザイナーは、Webサイトの企画や設計までに関わる職種です。しかし、フロントエンドの知識やスキルがあれば、Webサイトの実装まで対応できる人材になれます。


UIデザインだけでなく実装までできるUIデザイナーがいればフロントエンドエンジニアが不要になるため、クライアントから仕事を依頼してもらえる可能性は高くなるでしょう。また、フロントエンドエンジニア領域に対応できるようになれば、収入アップに繋がります。

関連資格を取得する

UIデザイナーは資格が必須の職業ではありませんが、資格を取得しておくことでスキルの証明になります。そのため、UIデザイナー業務に関連した資格を取得しておくと良いでしょう。


ここでは、UIデザイナーにおすすめの資格について紹介していきます。

Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験とは、グラフィックツールであるPhotoshopの活用能力を評価する検定試験です。Photoshopを使ったグラフィックコンテンツの制作能力を測定するものであるため、UIデザイナーに最適です。


試験には「スタンダード」と「エキスパート」の2つの等級があるため、自分にレベルに応じて試験を選べます。

Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験とは、グラフィックツールであるIllustratorの活用能力を認定する検定試験です。Illustratorを使ったグラフィックコンテンツの制作能力を測定するものであるため、Illustratorを使用するUIデザイナーにおすすめです。


Illustratorクリエイター能力認定試験も「スタンダード」と「エキスパート」の2級種が設定されています。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定とは、ウェブデザインに関する知識や技能、実技能力などを評価する国家検定です。Webデザイナー向けの資格となっており、試験区分が3級から1級まであります。


ウェブデザイン技能検定に合格することで、Webデザイン技能士の肩書きが得られます。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験とは、Webサイト制作で必要なスキルを認定する資格です。ビジネス能力認定のサーティファイが認定している資格で、HTMLやCSSの基本的な知識やWebページの作成能力、応用的なデザイン能力などを測定します。


認定基準には「スタンダード」と「エキスパート」の2種類があります。

開業の手続きを進める

フリーランスのUIデザイナーとして活動していくのであれば、個人事業主で開業するための手続きを行う必要があります。また、合わせて国民年金や国民健康保険などの加入手続きも必要になるでしょう。


ここでは、フリーランスのUIデザイナーとして独立する際に必要になる各種手続きについて説明していきます。

開業届

個人事業主として事業をする場合は、開業届を税務署に提出する必要があります。「フリーランス=個人事業主」ではないため必ずしも開業する必要はありませんが、後述する確定申告の青色申告を行うためにも開業届を出した方が良いでしょう。

国民年金

フリーランスになることで会社を退職するため、国民年金に加入する必要があります。配偶者の被扶養者になるということでなければ第1号被保険者となるため、毎月保険料を納める必要があります。


また、手続きは退職日翌日から14日以内に行いましょう。


出典:国民年金に加入するための手続き|日本年金機構
参照:https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/20140710-04.html

国民健康保険

フリーランスになることで会社を退職するため、国民健康保険に加入する必要があります。加入手続きは、退職後14日以内に役所窓口で手続きしましょう。


また、手続きの際には資格喪失証明書や離職票などが必要です。


出典:【資格】会社を辞めたので、国民健康保険の加入手続きをしたいのですが|江戸川区
参照:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e053/qa/kurashi/kokuho/kokuho01.html

青色申告承認申請書

確定申告には白色と青色があり、青色申告をすれば最大65万円の特別控除を受けることが可能になります。確定申告で青色申告をする場合は、青色申告承認申請を税務署に提出して承認を受けましょう。


出典:No.2072 青色申告特別控除|国税庁
参照:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2072.htm

フリーランスのUIデザイナーが仕事を受注する手段

フリーランスのUIデザイナーが仕事を獲得する方法にはさまざまな手段が考えられます。近年ではクラウドソーシングサイトやフリーランス向けのエージェントなども多いため、活用することによってコンスタントに案件を受注しやすくなるでしょう。


ここでは最後に、フリーランスのUIデザイナーが仕事を受注する手段について紹介していきます。


▼デザイナーの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングは、インターネット上で企業が不特定多数の人々に対して業務を発注する新しい業務形態です。クラウドソーシングサービスにはさまざまな案件が集まっていますが、UIデザイナーの案件に関してはあまり数は多くありません。


また、単価も低い傾向がありますが、クラウドソーシングは比較的初心者でも対応できるような案件が多いです。そのため、実務経験が少ないUIデザイナーが実績を積むために利用する方法もあります。

フリーランス向けエージェントを利用する

フリーランス向けエージェントを利用する方法は、フリーランスとして独立したばかりのUIデザイナーにおすすめです。エージェントを利用すればスキルや希望にマッチした案件を紹介してもらえるため、継続的に案件を受注しやすくなります。


安定した収入にも繋がりやすく、フリーランスのUIデザイナーとしても活動しやすくなるでしょう。また、企業との交渉なども代わりに行ってくれるため、本業に集中しやすくなるというメリットもあります。

人脈を利用する

知り合いや友人、企業勤めをしていた頃の取引相手など、人脈を利用することで案件を紹介してもらいやすくなります。


また、企業でUIデザイナーとして働いている間に取引相手に声をかけておくことで、独立してからも引き続き仕事を発注してもらえる可能性が高まるでしょう。

SNSを利用する

TwitterやFacebookといったSNSを利用して仕事を募集するという方法もあります。SNSで自身のスキルや仕事を募集しているという旨を投稿しておけば、クライアントから声をかけてもらえる可能性があるでしょう。


魅力的なコンテンツを継続的に発信することで人の目に留まるようになれば、そこから仕事の依頼に繋がる可能性も高くなります。特にTwitterは拡散力があるため、バズればTwitter経由で仕事の依頼が集まるケースもあるでしょう。

フリーランスのUIデザイナーとして働こう

フリーランスのUIデザイナーになることで、大幅に収入をアップできる可能性があるでしょう。


ぜひ本記事で紹介したフリーランスのUIデザイナーとして働く利点や欠点、フリーランスのUIデザイナーになる際のポイントなどを参考に、フリーランスのUIデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか。


▼関連記事

Webデザイナーに必要なスキルは?求められる知識や資格についても解説

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/03/04

2022/08/22