「Javaのフリーランス案件にはどんな種類がある?」
「Javaのフリーランス案件を受注するにはどんなスキルが必要?」
「Javaの案件を探すにはどんな方法があるの?」


このように、Javaのフリーランス案件の動向や種類について詳しく知りたいと考えている人も居るのではないでしょうか。


本記事では、Javaのフリーランス案件の種類や案件受注に必須となるスキルなどを紹介しています。この記事を読むことで、どのようなスキルを身につければ良いのか把握できるでしょう。


また、Javaを扱うフリーランスエンジニア案件の探し方についても解説しているため、案件を探している人も参考にできます。


Javaのフリーランス案件について詳しく知りたい人は、ぜひこの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Javaのフリーランス案件の動向

Javaは、プログラミング言語の中でも幅広い用途に活用されている汎用性の高い言語です。そのため、Javaを使ったフリーランス案件を受注していきたいと考えているエンジニアもいるでしょう。


Javaを扱うフリーランスエンジニアとして活動する場合は、案件の動向について把握しておくことが大切です。ここではJavaのフリーランス案件の動向について解説していきます。

Javaは在宅・リモート案件自体はまだ少なめである

近年ではエンジニアの働き方も柔軟になってきているため、フリーランスエンジニア向けのリモートワーク案件も増えてきています。しかしJava案件の場合、現時点では在宅やリモートワーク案件は少なめだと言えます。


Javaは大規模な業務系システム開発に採用されることが多い言語であるため、案件も大企業のものが多いです。また、セキュリティの観点からデータを社外に持ち出せないため、Javaの案件は常駐での開発になるケースが多いでしょう。

大企業やサーバーサイド開発案件が多い傾向にある

前述のとおり、Javaは大規模開発に用いられるケースが多いです。また、Javaはサーバーサイドでの開発にも用いることが可能な言語となっているため、大企業の案件やサーバーサイドの開発案件が多いという特徴があります。


Javaが大規模な業務システム開発に用いられる理由としては、これまで多くの開発現場で採用されてきた実績のある言語であることが挙げられます。

スマホアプリ開発案件が増えている

Javaは、Android用のスマホアプリ開発にも活用されています。Javaのフリーランス案件の中でも、Javaを使用したスマホアプリ開発の案件は近年増加傾向にあります。


ただし、iOS対応のアプリ開発にはSwiftやObjective-Cなどが用いられることが多いため、Javaを使用したiPhone用スマホアプリの案件はほとんどありません。

完全リモートワークの案件もある

Javaは他の言語に比べると、在宅やリモートワーク可能な案件が少ないです。しかし新型コロナウイルスの影響により、あらゆる現場でリモートワークを導入する流れがあります。


Javaのフルリモートワーク案件も数は限られますが、全くないというわけではありません。また、今後はJavaのフルリモートワークの案件も増えてくる可能性があると言えるでしょう。

Javaが持つメリット

Javaは世界的に使用されている言語で、さまざまな開発現場で利用されています。その理由としては、Javaが多くのメリットを持つ言語であることが挙げられるでしょう。


ここではJavaが持つメリットについて解説していくため、参考にしてみてください。

未経験者でも習得しやすい

Javaはメジャーなプログラミング言語であるため、学習するためのコンテンツも豊富です。書籍や学習サイトなどの種類も多く、プログラミングスクールで学ぶことも可能なため、未経験者でも習得しやすい言語であると言えるでしょう。


プログラミング言語の中には情報が少なく習得が難しい言語もありますが、Javaは多くの実績を築いている言語であるためそのような心配はないでしょう。

オブジェクト指向な言語である

Javaは、現在のプログラミングにおいて主流の考え方であるオブジェクト指向なプログラミング言語です。


オブジェクト指向はプログラムの機能などを「モノ」と「操作」として捉え、オブジェクト指向のプログラミングでは高品質な製品を開発できるというメリットがあります。


Javaはオブジェクト指向な言語であることから、大規模な開発に対応することができ、スムーズなアップデートにも対応できます。

Javaが持つデメリット

Javaはオブジェクト指向の言語であることから、習得するまでに時間がかかる可能性もあります。プログラミング未経験の状態でJavaを習得しようと思うと、言語以前にオブジェクト指向の概念を理解するハードルが高いです。


そのため、オブジェクト指向が習得できずに挫折するケースもあります。一度習得すれば便利に活用できるオブジェクト指向ですが、習得するまでが大変だと言えるでしょう。

Javaで開発が可能になるもの

Javaを利用することで、業務システムやWebアプリケーション、デスクトップアプリケーション、ゲーム、IoTを含めた組み込みシステムなど幅広いものが開発できます。


このようにJavaは対応できるものの範囲が非常に広い言語であるため、多くの開発現場で利用されています。

Javaのフリーランス案件の種類

前述のとおり、Javaは業務システムやWebアプリケーションなどさまざまな開発に用いられている言語です。そのため、Javaのフリーランス案件にも非常に多くの種類があります。


ここではJavaのフリーランス案件の種類について紹介していくため、そのような種類があるのか参考にしてみてください。

基幹システムの開発業務

Javaは大企業の基幹システムの開発に用いられることが多いため、Javaのフリーランス案件の中にも基幹システム開発案件があります。


基幹システムとは企業の業務を支えているシステムの総称で、基幹システムを構成するシステムとしては「在庫管理システム」や「人事給与システム」などが代表的です。


このような基幹システムの案件はプロジェクトの規模も大きくなるため、基本的に大企業の案件がメインとなります。

基幹システムの保守・運用・改修業務

Javaで開発した基幹システムは長期的に利用されることになるため、Javaのフリーランス案件の中には保守や運用、改修などの業務もあります。Javaを使った基幹システムの開発実績があれば、基幹システムの保守や運用、改修の案件を獲得できる可能性も高いでしょう。

組み込み系システムの開発業務

Javaは家電や産業用機器などに組み込まれている組み込み系システムの開発にも用いられます。組み込み系システムとは独立した機械に組み込まれているコンピューターを制御するためのシステムのことで、C系言語で開発されるケースも多いですが、Javaを使うケースもあります。


近年ではIoTを活用した組み込み系の需要が高まっているため、Javaを使った組み込み系システムの開発実績があればこのような案件を獲得しやすいでしょう。

Webアプリの開発業務

Webアプリ開発はJavaの案件の中でも割合の大きい案件です。JavaはあらゆるWebアプリ開発に用いられており、実績も豊富にあります。


また、スピード感の求められるWeb系の開発はスタートアップ企業が行っているケースも多いです。スタートアップ企業はフリーランスに案件を発注することも多いため、Javaが扱えれば豊富なWebアプリ開発案件の中から案件を選んで参画できるでしょう。

モバイルアプリの開発業務

AndroidアプリはJavaを使って開発するケースが多いため、Javaの案件の中にはモバイルアプリの開発案件も多いです。Androidアプリの開発ではJavaのサブセット言語であるKotlinを用いることも多くなってきていますが、まだJavaを使用するほうが主流だと言えるでしょう。


また、Javaを扱えればKotlinを習得することは容易であるため、今後もAndroidアプリ開発におけるJavaの需要がなくなることはないでしょう。

Javaのフリーランス案件で必須となるスキル

Javaのフリーランス案件を受注する場合、幅広いスキルや経験が求められます。そのため、事前に必要とされるスキルを身につけておく必要があるでしょう。


ここではJavaのフリーランス案件で必須となるスキルを紹介していきます。

UIやUXを構築するスキル

UIやUXはWebデザインに関する案件で必要になるスキルです。たとえばスマホアプリの開発案件では、UIやUXに関する知識やスキルが必要になるケースがあるでしょう。


UIやUXの構築スキルを身につけておけば、Javaエンジニアとして活躍できるフィールドも広がります。

コミュニケーション能力

Javaの案件には大規模システムの開発プロジェクトも多いため、さまざまな関係者と関わることになります。クライアントや開発メンバーとどのようなコミュニケーションが取れるのかによって進捗も変わってくるため、エンジニアにはコミュニケーション能力が必要とされるでしょう。


相手の言葉を正しく聞く力や自分の伝えたいことを的確に伝える力を鍛えることで、大勢の人が関わるJavaの案件でもスムーズに業務を進められるようになるでしょう。

Java以外の言語知識

Javaを使う開発案件であっても、使用される言語がJavaだけとは限りません。Java案件であっても他のプログラミング言語を使う案件は多く存在しているため、JavaだけでなくJavaと相性の良い言語も習得しておく必要があるでしょう。


Javaと一緒に用いられる可能性がある言語としては、PythonやRubyなどが例として挙げられます。また、Androidアプリ開発の案件であれば、Javaを簡素化したKotlinが使用されるケースもあります。

インフラ関連システムの知識

Javaの案件ではインフラ周りの知識があると幅広い案件で活躍できます。そのため、サーバーやネットワーク、データベースといったITインフラ関連システムについて知識を身につけておくと良いでしょう。


特にサーバーサイドの開発案件の場合、Javaを使ってサーバー側のシステム開発を行うことになるため、インフラ周りの知識が必要になります。

クラウドサーバーに関する知識

近年ではクラウド上で開発を行うフリーランス案件も増えているため、クラウドサーバーの知識も身につけましょう。代表的なクラウドコンピューティングサービスとしては、AWSやAzure、GCPなどがあります。


クラウドサーバーも扱えるフリーランスエンジニアになれば、対応できる案件の幅も広がります。

アプリの開発経験

Javaの開発案件の中でもアプリケーション開発は多い案件の一つです。そのため、Javaを使ったアプリ開発の実務経験を積み上げておくことも重要です。


Javaの開発案件は、Webアプリだけでなくスマホアプリやデスクトップアプリなど幅広い種類があります。このようなアプリ開発の現場では、大規模な基幹システムの開発とは異なるスキルが求められます。


多くのアプリ開発の実務経験を積んでおくことで、アプリ開発の案件でも活躍できるフリーランスエンジニアになれるでしょう。

Javaを扱うフリーランスエンジニア案件の探し方

Javaのフリーランス案件にはさまざまな種類があるため、どのようにして案件を探せば良いのかわからないという人もいるでしょう。


Java案件では、業務内容や報酬以外にも事前にチェックしておきたいさまざまなチェックポイントがあります。ここではJavaを扱うフリーランスエンジニア案件の探し方について紹介していきます。

男女比・平均年齢・必要なスキルなどを事前に調べる

Javaのフリーランス案件は、リモートワーク案件よりも常駐案件の方が多いです。大規模開発のプロジェクトではさまざまな人と一緒に働くことになるため、チームメンバーの男女比や平均年齢などを事前に確認しておいた方が良いでしょう。


また、どのようなスキルが求められるのかも確認し、どのような雰囲気の現場なのかチェックしておくことが大切です。メンバーの男女比や平均年齢、必要なスキルによって働きやすさも変わるため、自分に合った現場を選べるようにしましょう。

自社サービス開発か下請け開発かを調べる

同じJavaを使ったシステム開発でも、自社サービスの開発なのか他社からの下請けなのかによって業務内容も変わってきます。そのため、案件の内容が自社サービス開発なのか下請開発なのかを調べておきましょう。


基本的に他社からの下請けでシステム開発を行う案件の方が現場の負担も大きくなる傾向があるため、自社サービス開発の案件を選ぶのがおすすめです。

就業時間の長さを調べる

案件を受注する前に就業時間の長さも確認しておきましょう。案件によっては長時間の残業が常習化しているケースもあるため、契約する前にしっかりチェックしておくことが大切です。


フリーランス向けのエージェントを利用する場合、担当者に就業時間の希望を事前に伝えておけば、希望に合った案件を紹介してもらえるでしょう。

SNSで発信して探す

近年ではTwitterやFacebookなどのSNSを活用してフリーランス案件を探す人も多いです。SNSで自身のスキルや案件を探している旨を発信することで、クライアントから直接声を掛けてもらえる可能性もあるでしょう。


また、企業がSNSアカウントを使って求人を出しているケースもあります。特にスタートアップ企業の中にはSNSだけで求人を出しているケースも多いため、気になる企業のSNSをチェックしておくのがおすすめです。

フリーランス専門のエージェントで探す

フリーランス専門のエージェントを利用すれば、自分で探さなくてもスキルや経験、希望にマッチした案件をエージェントから紹介してもらえます。また、大手企業の案件や高単価案件なども紹介してもらえる可能性があるでしょう。


また、フリーランス専門のエージェントであれば税金関係などのサポートが受けられる可能性もあります。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

クラウドソーシングサービスで探す

近年ではクラウドソーシングサービスを利用してフリーランス案件を探す人も多いです。クラウドソーシングサービスとは、仕事を発注したいクライアントと案件を探している人とをマッチングするサービスです。


クラウドソーシングサービスでは企業と直接契約をするのではなく仲介してもらうことになるため、複雑な手続き不要で案件を受注できます。ただし単価が低い案件も多いため、案件はしっかりと吟味する必要があるでしょう。

知人から紹介で探す

Javaエンジニアとして働いていた人であれば、これまでに築いた人脈を活用して知人から案件を紹介してもらえるケースがあります。知人であれば最初から信頼関係が構築されているため、新規のクライアントのように一から信頼関係を築く必要もありません。


そのため、業界にコネがある人は身の回りの人にJavaの案件を探していることを伝えておくと良いでしょう。

Java未経験がフリーランス案件を獲得するためのポイント

Java未経験という人の中にも、Javaのフリーランス案件を獲得したいと考えている人はいるでしょう。Java未経験の状態で案件を獲得するには、いくつかのポイントを押さえることが効果的です。


ここではJava未経験がフリーランス案件を獲得するためのポイントについて紹介していくため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

スクールで勉強する

全くの未経験ということであれば、プログラミングスクールに通ってスキルを習得するのがおすすめです。独学よりも効率的かつ体系的にJavaのスキルを身につけることができるでしょう。


スクールの中にはエンジニア転職や副業獲得などを目的としたコースを提供しているものもあるため、チェックしてみると良いでしょう。

関連書籍・動画・サイトで勉強する

Javaの書籍や学習動画、学習サイトなどを使って独学でJavaを習得する方法もあります。独学の場合は自分のペースで学ぶことができ、費用を抑えられるといったメリットがあります。


ただし独学の場合は、スクールに通うよりも習得に時間がかかるでしょう。また、学習のモチベーションを保つのが難しく挫折してしまうリスクもあります。

社内業務や副業案件を経験しておく

エンジニアの本業での業務や副業案件を受注することで、Javaの実務経験を積む方法もあります。このような方法であればしっかりと収入を得ながら経験を積み上げていくことができるため、急ぐ必要はありません。


また、社内業務の場合は周りの同僚などに相談することもできるため、しっかりとJavaの基礎やスキルを身につけることができるでしょう。

未経験でも可能な案件を探す

基本的にフリーランス案件は、実務経験者しか応募できないものが多いです。しかしクラウドソーシングサイトであれば、未経験、初心者でも応募可能な案件が存在します。


もちろん基本的なJavaのスキルを習得している必要がありますが、未経験から実務経験を積みたい場合は未経験応募可の案件を探してみると良いでしょう。

フリーランスの選考対策をしておく

案件を獲得するにはクライアントの選考に通る必要があるため、選考対策を十分に行っておきましょう。Javaの案件は開発内容もさまざまであるため、案件によって求められるスキルは異なります。


そのため、案件に応募する場合はどのようなスキルや人材が求められているのかを十分把握し、自身の強みを効果的にアピールできるようにしておきましょう。

面接対策もしておく

選考対策をする上で面接対策も実施しておきましょう。たとえスキルは持っていたとしても、面接の際の印象がよくなければ案件を獲得できないこともあります。


ここではJavaのフリーランス案件の面接対策について、業務系案件とスマホアプリ開発案件に分けて解説します。

業務系案件の場合の対策

業務系のJava案件では開発スキルだけでなく、プロジェクトの進行管理や工数の見積もり、調整能力といったスキルが求められます。そのため、これまでの経験を踏まえて、チームワークを発揮して達成したプロジェクトの事例などを説明できるようにしておくと良いでしょう。


どのような役割分担でプロジェクトを達成したのかも含めてアピールすると効果的です。

スマホアプリ開発案件の場合の対策

スマホアプリは不特定多数のユーザーがアクセスするため、多くのトラフィックをさばけるように開発することが必須になります。そのため、スマホアプリの開発案件では処理速度を速めたり、リソースの効率を上げたりするスキルを持った人が必要とされています。


他にも、新しい技術を積極的に習得する姿勢をアピールすると良いでしょう。

Javaを扱うフリーランスエンジニア案件で稼ぐコツ

Javaの案件は基本的に高単価なものが多いですが、特定のスキルや経験を身につけることでより高単価な案件を効率的に受注できるようになります。


ここではJavaを扱うフリーランスエンジニア案件で稼ぐコツについて紹介するため、参考にしてみてください。

PM業務を経験しておく

PM業務を経験しておくことで、エンジニアとしてではなくプロジェクトを管理する側のPMとして案件に参画できる可能性があります。PM案件は高単価であるため、通常のJava案件を受注するよりも収入もアップするでしょう。


現在システムエンジニアとして働いている人の場合は、PMまでキャリアアップしてから独立することを検討するのがおすすめです。

上流工程や下流工程をこなせるようにする

上流工程も下流工程もこなせるような人材であれば、高単価案件を獲得しやすくなります。企業でシステムエンジニアとして働いている人であれば、下流工程のみに対応できるプログラマーよりも高単価の案件獲得に繋がりやすいでしょう。


基本的に上流工程の方が報酬は高くなるため、要件定義から参画できる人材をめざしましょう。

幅広い業務内容の経験を積む

特定の分野の業務で実績を積むより、さまざまな業務内容で経験を積む方が収入アップに繋がります。特にJavaは幅広い分野で利用されている言語であるため、業務システム開発のみではなくWebサービスやスマホプリなど複数の分野で実績を積んでおきましょう。


幅広い業務に対応できるようにしておけば、今度需要が高まる領域の案件にも対応できるようになるでしょう。

様々な規模での開発経験を積む

Javaのフリーランス案件はベンチャーから大企業の案件まで幅広いです。そのため、さまざまな規模のプロジェクトや企業で開発経験を積んでおくと良いでしょう。


たとえば規模の大きなシステム開発案件しか経験がない場合、スタートアップ企業でのスピード感のある案件に対応できない可能性もあります。対応できる案件が幅広いと、自身の市場価値を上げて多様な案件をこなせるようになるでしょう。

Java案件探しに役立つおすすめのフリーランス求人サービス

Javaのフリーランス案件を探す場合、フリーランス向けの求人サービスを活用するのがおすすめです。ここではJava案件探しに役立つおすすめのフリーランス求人サービスを紹介していきます。

SEES

SEESはシニアエンジニア向けのフリーランス求人サービスです。フリーランスエンジニア向けに年齢不問の案件のみを扱っているのが特徴です。


フリーランス案件の中には年齢制限があるケースもありますが、SEESであればスキルや希望条件のみで自分に合った案件を見つけられるでしょう。40代以上のフリーランスにおすすめのエージェントです。

ITPRO PARTNERS

ITPRO PARTNERSはIT、Web業界の起業家やフリーランス向け求人サービスです。専属のエージェントが希望にマッチした案件を提案してくれます。


案件は仲介を挟まずに直接クライアントと契約しているため、高単価の案件も多数保有しています。専属エージェントには契約交渉や債権管理なども代行してもらえるため、自分で営業する自信がない人でも安心して利用できるでしょう。

Midworks

Midworksは正社員並みの保障が魅力のフリーランス向けエージェントです。正社員のように充実した福利厚生を提供しているのが特徴で、税務保障や保険補助、審査ありの報酬保障サービスといったさまざまなサービスが用意されています。


そのため、フリーランスとして働く上で正社員のような保障がないことを不安に感じている人におすすめのエージェントとなっています。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは豊富な高単価案件を扱っているフリーランス向けエージェントです。業界でも規模が大きなサービスとなっており、登録者数も多いです。


IT業界に精通したコーディネーターにサポートしてもらえるため、スキルや希望に合った案件がスムーズに探せるでしょう。また、フリーランスを支援する独自の福利厚生サービスを提供しているのも特徴です。

Bizlink

Bizlinkはフリーランスエンジニアの働き方にマッチした案件を見つけられるフリーランス向けマッチングサービスです。高単価の案件やリモート対応案件などを豊富に取り扱っているため、自分の希望に合った案件を見つけられるでしょう。


また、専任コンサルタントのサポートやIT協会と提携したフリーランス向けの税金サポートなども提供しています。

Javaを扱うフリーランスエンジニアの将来性

Javaは幅広い分野での開発実績を持っているため、今後もJavaには安定した需要が見込めます。仮に新規の開発案件が減少したとしても、Javaのシステムの保守運用、改良などの案件は今後も発生するでしょう。


また、Javaは企業の業務システムでの利用率が高いことから、将来性の高い言語だと言えます。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

Javaのフリーランスエンジニアを目指そう

Javaは幅広い分野の開発で利用されている言語であるため、フリーランス案件にも豊富な種類があります。


ぜひ本記事で紹介したJavaのフリーランス案件の動向や必要なスキルなどを参考に、高単価案件を受注できるJavaのフリーランスエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300