「最近よく聞くクラウドワークスってどんなサービスなんだろう」
「クラウドワークスに登録するのはやめたほうが良い?」
「クラウドワークスはやめたほうが良いと言われる理由は?」


このように、クラウドワークスに興味はあっても、なかなか手を出せずにいたり、利用方法がわからなかったりして、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。


本記事では、クラウドワークスで仕事をするのはやめたほうが良いのか、またその理由や稼ぐときのポイントについてご紹介しています。


この記事を読むことで、クラウドワークスはやめたほうがいいと言われる理由や、悪質なクライアントの見極め方、稼げるようになる方法などが把握できます。


また、クラウドワークスの利用に向いている人の特徴もわかるため、登録するか悩んでいる人にとっても参考になるでしょう。


クラウドワークスにチャンレンジしたいと思っている人は、是非この記事をチェックしてみてください。

クラウドワークスとは?

クラウドワークスとは、ネット上で仕事を業務委託できるマッチングサイトです。個人同士だけでなく、個人対法人の契約も可能で、クラウドソーシングサイトの中では、国内シェア率が高くなっています。


仕事の種類は、200種類以上と幅広く、仕事の受注が簡単に行えるのが特徴です。


出典:クラウドワークスとは|クラウドワークス
参照:https://crowdworks.jp/pages/guides/new_user

クラウドワークスはやめたほうが良いと言われる6つの理由

「クラウドワークスで仕事をするのはやめたほうが良い」という意見は、インターネット上で多く出回っている可能性があります。その理由は様々ですが、実際にクラウドワークスで仕事をしてみて、苦い思いをしたことがある人もいるでしょう。


ここからは、クラウドワークスはやめたほうが良いと言われる理由について解説していきます。

1:単価の低い案件が多い

クラウドワークスに募集が載っている案件は、単価が低いことが多いです。時間がかかる割には、報酬が少なく、労力に見合った報酬ではない案件が非常に多く存在しています。


誰にでも手を出しやすいアンケートやライティングなどは、特に単価が低く設定されていることが多く、お小遣い稼ぎにもならないといった声が多く寄せられていました。

2:継続的な収入を得られにくい

クラウドワークスの案件は単発的なものが多く、継続的に収入を得られるようなものではありません。継続して案件を確保するには、その度にクライアントを見つけ、交渉し、契約まで漕ぎ着ける必要があります。


自分にできる仕事が継続的にあるとも言い切れないため、仕事が全くない時期も発生してしまう可能性があります。

3:システム手数料が高い

クラウドワークスは、システム手数料が高額であるという特徴があります。


クラウドワークスに登録するだけでは手数料などは発生しませんが、案件を受注して報酬を受けるとシステム手数料がかかってしまいます。


例えば、20万円を超える報酬が発生する場合は5%、10万円以上20万円以下の場合は10%、10万円以下の場合は20%もの手数料を引かれてしまうのです。また、タスク形式の案件もありますが、それについても20%の手数料がかかります。


頑張って仕事をこなしても、手数料として多くの金額が引かれてしまうため、クラウドワークスはやめたほうが良いと感じた人も多いでしょう。


出典:ワーカーシステム利用料|クラウドワークス
参照:https://crowdworks.jp/pages/guides/employee/fee

4:1つの案件につきライバルが多い

多くの利用者がいるクラウドワークスだからこそ、1つの案件にライバルが発生しやすいというデメリットもあります。


副業を認める企業が増えたこともあり、まずは有名なクラウドソーシングサイトに登録しようとする利用者も多く、優良な案件を獲得するのが難しくなってきています。


何か武器になる特別なスキルを持っている人であれば、簡単に案件を獲得できる可能性もありますが、誰にでもできそうな簡単なアンケートなどは応募が殺到してしまいがちです。

5:クラウドワークスだけで生計を立てるのは難しい

クラウドワークスの収入だけで生活をしていこうと考えている人もいるかもしれません。しかし、先述したように、仕事が継続的にあるとは限りません。さらに順調に案件を獲得できたとしても手数料で多くの金額が引かれてしまいます。


トータルで見ると生計を立てられるほどの収入にはならず、クラウドワークスだけで食べていくのは難しいでしょう。

6:一部悪質な案件が存在する

また、クラウドワークスには一部悪質なクライアントや案件が存在します。クラウドワークスでは、安全のために仕事の掲載の前に審査がありますが、その審査を掻い潜って悪質な案件を掲載しているクライアントがいるのです。


例えば、納品を完了させたのに報酬を支払わない、個人情報を聞き出そうとする、クラウドワークスとは無関係の怪しいビジネスへ勧誘するなど悪質な案件は後を経ちません。


初心者の場合、悪質な案件を見抜くことが難しいこともあり、被害にあってしまう人もいます。


出典:「悪質案件(MLM・マルチ商法・ねずみ講・ネットワークビジネスなど)の撲滅」に向けた取り組み|クラウドワークス
参照:https://blog.crowdworks.jp/?p=2870?ref=safe_and_secure

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

クラウドワークスで悪質なクライアントかを見極める方法

悪質なクライアントも掲載前の審査を掻い潜るために、ぱっと見は安全で簡単そうな案件を申請しています。しかし、初心者には、クラウドワークスに掲載されている案件のうち、どれが安全で、どれが悪質かどうかを判断するのは難しいでしょう。


ここからは、悪質なクライアントかを見極める方法についてご紹介していきます。怪しい案件に引っかからないためにも、是非チェックしてください。

利用規約に違反している

利用規約に違反している案件やクライアントはやめておきましょう。クラウドワークスのホームページには、利用規約が掲載されています。その規約に明らかに違反しているものについては、悪質である可能性が高いです。

誰でも簡単に大金を稼げると謳っている

誰でも簡単に大金を稼げるとの記載があるものも、悪質である可能性が高いです。


クラウドワークスで仕事を探していると、「簡単な作業で大金が稼げる」などといった文言の入った案件を見ることがあります。しかし、実際には簡単に大金が稼げる仕事は存在しません。


大金を稼ぐためには、それなりのスキルを持つ必要があります。さらに、専門性が高い案件をこなさなければ難しいでしょう。

個人情報の開示を求められる

必要以上に個人情報を聞き出そうとするクライアントも避けましょう。クラウドワークスでは、チャットアプリのIDやメールアドレスなど聞き出すことは禁止されています。ただし、クラウドワークスが許可した場合は可能です。


基本的には、クライアントから個人情報の開示を求められることはないため、聞かれた場合は注意が必要だと言えるでしょう。


出典:【ワーカー】LINEやSkype、メールアドレス、チャットワークIDなどの個人情報を聞かれた|クラウドワークス
参照:https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10559?l=ja&url=10559

クラウドワークスの利用をやめたほうが良い人の特徴

クラウドワークスはオンライン上で仕事の発注・受注ができる、非常に便利なクラウドソーシングサイトですが、向いている人とそうでない人がいます。


ここでは、クラウドワークスの利用をやめたほうが良い人の特徴について解説していきます。

クライアントや業務内容の見極めが難しい人

先述したように、クラウドワークスには悪徳な案件も紛れ込んでいます。


興味を持った仕事が、優良な案件なのか、それとも悪質なのかを自分で見極めなければなりません。誤って悪質な案件に引っかかってしまうと、個人情報が流出するだけでなく、金銭的なトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。


見極めに自信がない人は、クラウドワークスの利用は避けたほうが良いでしょう。

クライアントとの調整や交渉をするのが苦手な人

クラウドワークスは、基本的に全てネット上でクライアントとの調整や交渉を行います。


クライアントによっては、細かい部分まで指定をしてきたり、何度も調整を行うことになったり、スムーズに行かないこともあるでしょう。相手が提示してきた報酬額によっては、金額の交渉が必要になることもあります。


クライアントとの調整や交渉が苦手な人は、クラウドワークスの利用はおすすめできません。

高収入や安定した収入を確保したい人

先述したように、クラウドワークスでの収入だけで生活をしていくのは難しいです。また、単発的な案件が多いため、安定した収入を得るのも簡単ではないでしょう。


高収入を目指している人や、安定した収入を求める人には向いていません。

専門スキルを活かしたい人

既に専門スキルを持っている人は、単価の高い仕事を受けやすいです。武器になるような専門スキルを持っているのであれば、クラウドワークスでなくても十分に稼げる場所があるでしょう。


クラウドワークスは、報酬の相場が安く設定されているだけではなく、高額な手数料も取られてしまいます。専門スキルを活かしたい人は、他のサイトを利用や独立を選択した方が効率よく稼ぐことができるでしょう。

クラウドワークスの利用に向いている人の特徴

先述したのとは対照的に、クラウドワークスの利用が向いている人がいるのも事実です。


ここでは、クラウドワークスの利用に向いている人の特徴をご紹介していきます。自身が向いているタイプなのか、是非チェックしてみてください。

お小遣い程度稼げれば良い人

月に数万円ほどのお小遣いが稼げれば十分と考えている人には、クラウドワークスの利用は向いています。


ちょっとした隙間時間や、家事・育児の合間に作業をしてお小遣いを稼ぎたいと考えている人にはぴったりでしょう。スマートフォンやパソコンがあれば、すぐに始められる仕事も多く掲載されています。

スキルや実績を積みたい人

報酬の低い案件が多いですが、とにかく数をこなしてスキルを身につけ、実績を積みたいと考えている人にも向いています。


将来的にはクラウドワークスではない場所で活躍したいと考えている人でも、まずはたくさんの仕事をこなして実績を作る必要があります。成長の場として利用するにはぴったりでしょう。

スポット的に仕事をしたい人

「スポット的」というのは、「単発の」「一度限りの」という意味で使われる言葉です。


単発で一度限りの仕事をしたいと考えている人には、クラウドワークスの利用が向いているでしょう。特定のクライアントと長い付き合いになるのは面倒だと考えている人などには、ぴったりです。

自分の市場価値を知りたい人

クラウドワークスでは、クライアントからの評価や契約の成立率などをもとに自分の市場価値を把握できます。自身のスキルが、どの程度クライアントに認められるかを確かめるにはぴったりなのです。


「今の自分のスキルはどの程度なのか知りたい」「独立しても活躍できるか確かめたい」という人にとっては、ちょうど良いツールだと言えるでしょう。

隙間時間に副収入を得たい人

クラウドワークスでの収入で生計を立てるわけではなく、本業が別にあって、隙間時間を使って副収入を得ようと考えている人には向いているでしょう。


クラウドワークスには、ちょっとした隙間時間に取り掛かれるようなお仕事がたくさん掲載されています。「大きな報酬は望まない」「副収入になればそれで良い」という考えの場合は、おすすめです。

外へ働きに出るのが難しい人

家事や育児、介護など様々な理由で家を空けることが難しい人もいるでしょう。そのような方々が、在宅でできる仕事を探すという目的で利用するのであれば、クラウドワークスはぴったりです。


クラウドワークスの案件は、基本的に全て家で作業できます。外に働きに出るのが難しい環境でも、お小遣い稼ぎがしたいという人には適していると言えるでしょう。

クラウドワークスで稼ぐ方法

ここからは、クラウドワークスで稼ぐための方法をご紹介していきます。


手数料が高く、報酬の単価も低いクラウドワークスでは、まとまった額を稼ぐのは難しいのではないかと考える人も多いでしょう。クラウドワークスで十分に稼ぐにはちょっとしたコツがあったのです。

できるだけ高単価の案件を選ぶ

できるだけ高単価の案件を選ぶようにしましょう。クラウドワークスには数多くの案件が掲載されていますが、その中でも報酬が高いものを選んでこなしていけば、自然と収入額も増えます。


逆に、稼ぎたいという気持ちが強い人は、十数円に満たない低単価の仕事ばかりに手を出すのはやめたほうが良いでしょう。

継続案件に繋がる仕事を選ぶ

案件を選ぶ時には、継続に繋がりそうなものを選ぶのもポイントです。


一度きりで終わってしまう案件ではなく、長い付き合いができそうなクライアントから仕事をもらうようにしましょう。継続案件であれば、また案件を探したり、交渉をしたりする手間が省けるため効率よく稼ぐことができます。

仕事を得るためのアピール力を身に着ける

仕事を得るためには、スキルだけではなく自分をアピールする力も必要です。


また、クラウドソーシングでは、報酬の交渉が頻繁に行われます。その際にも、自身をアピールする力が必要です。そのためには、コミュニケーション力やアピール力の向上を目指す必要があります。

実績を積みプロクラウドワーカーの認定を受ける

クラウドワークスには、プロクラウドワーカーと呼ばれる称号を持ったワーカーがいます。これは、クラウドワークスが独自に定める基準をクリアしたワーカーのことです。


プロクラウドワーカーの認定を受けると、称号を受けたことを証明するマークが表示されたり、優先的に案件の紹介を受けることができたりします。


クラウドワークスの公式サイトによると、プロクラウドワーカーになることで契約単価が42%アップするとも言われています。


出典:プロクラウドワーカー|クラウドワークス
参照:https://crowdworks.jp/lp/procrowdworker?ref=mypage-banner-employee

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

クラウドワークスはやめたほうが良いといわれている理由を知ろう

クラウドワークスに対する口コミや意見は様々ですが、一概に「良い」「悪い」と言い切ることはできません。クラウドワークスの利用自体をやめたほうが良いというわけではなく、向いている人とそうでない人がいることを理解しておくことが重要でしょう。


この記事を読んで、自分が向いていると感じたら是非一度登録してみてください。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300