シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

クラウドワークスの良い評判・悪い評価について解説|おすすめできる人の特徴は?

クラウドワークスというサービスをご存知でしょうか。本記事では、クラウドワークスの良い・悪い評判や、利用の向き不向き、他社サービスとの比較などを紹介しています。また、クラウドワークスで十分に稼げるようになるコツについても触れているため、是非参考にしてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「クラウドワークスを始めてみたいけど評判はどうなの?」
「クラウドワークスの利用が向いている人ってどんな人?」
「クラウドワークスで稼ぐにはどうしたら良いの?」


このようにクラウドワークスに興味があり、これから始めてみたいと思っていても、疑問や不安が解消できず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。


本記事では、クラウドワークスの基本情報のほか、良い評判・悪い評判などについて解説しています。


この記事を読むことで、クラウドワークスの評判、特徴や向いている人、稼ぐための方法について把握できます。更に、他のクラウドソーシングサイトとの比較もしているため、他のクラウドソーシングサイトと迷っている方にも参考になるでしょう。


クラウドワークスの登録を検討している方は、是非この記事をチェックしてみてください。

クラウドソーシングの働き方とは?

クラウドソーシングとは、基本的に全てオンライン上で行われる業務形態のことを指します。


案件に応募するところから、価格交渉、採用、打ち合わせ、納品、報酬の支払いまで全てオンライン上でやりとりをし、クライアントと直接対面することはほぼありません。


クライアント側が依頼したい内容や報酬額を掲載し、ワーカー側がそれに応募し、受注したタスクを期日までにこなして、納品するという流れです。


パソコンやスマートフォンとネット環境さえあればいつでもどこでも仕事できるのが特徴で、周りの環境に左右されることも少ないため、新たな働き方の一つとして認識されています。

クラウドワークスの基本情報

クラウドワークスとは、登録ワーカー数470万人を誇るクラウドソーシングサービスです。仕事を依頼したいクライアントと、その仕事を受注したいワーカーとをオンライン上でマッチングさせることができ、多くの企業や働き手に革新をもたらしていると言えるでしょう。


掲載されている案件は、プロジェクト形式、コンペ形式、タスク形式と3つの形式に分別されており、ワーカーは自身のスキルや経験をもとに受注できそうな案件に応募し、獲得していくことが可能です。


なお、報酬の支払いを受ける際に、ワーカー側はシステム利用料として、報酬から最大20%の手数料が差し引かれます。


出典:株式会社 クラウドワークス|クラウドワークス
参照:https://crowdworks.co.jp/


出典:ワーカーシステム利用料|クラウドワークス
参照:https://crowdworks.jp/pages/guides/employee/fee

クラウドワークスで獲得できる仕事の案件の種類

先述したとおり、クラウドワークスでは掲載されている案件の種類が3つに分けられています。


プロジェクト形式の案件では、業務完了・納品に対して報酬額が設定されており、この中には時間単価制の案件も存在します。このような案件は、実際に稼働した時間数に合わせて報酬が支払われます。


コンペ形式の案件では、キャッチコピーやロゴなどを募集するものがよくみられます。募集する制作物に対して多くのアイデアが提案され、数多く集まった提案の中から採用されたワーカーに対して報酬が支払われるのが特徴です。


タスク形式では、クライアントが募集した内容に対して、募集・交渉なしでクラウドワークス上で業務を完了させることができます。データを大量に集めたい場合や、単純作業の大量募集を行う場合によく使われます。

クラウドワークスを利用する時にかかる費用

クラウドワークスへの登録や案件の検索には、費用は一切かかりません。


ただし、ワーカーが案件を獲得して報酬が発生した場合には、その報酬から差し引く形で最大20%のシステム利用料が発生します。


出典:ワーカーシステム利用料|クラウドワークス
参照:https://crowdworks.jp/pages/guides/employee/fee

クラウドワークスを利用している人の年齢層

クラウドワークスでは、世代や年齢を問わず活躍することができます。


中小企業庁が行った調査によると、クラウドソーシングサイトの利用者で最も多いのは、31〜35歳で、次に多いのは36〜40歳であるようです。


これは、この世代の人が本業や家事・育児の合間にクラウドソーシングで仕事をする人が多いことなどが理由に挙げられるでしょう。


出典:第3部 中小企業・小規模事業者が担う我が国の未来|中小企業庁
参照:https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H26/h26/html/b3_5_1_3.html

クラウドワークスを利用している人が希望している収入額

クラウドワークスの調査によると、クラウドワークスの利用者の約9割が、月間10万円以下の報酬を得られれば良いと考えていると言われています。


クラウドワークスでの収入で生計を立てていくと言うよりは、副業やお小遣い稼ぎとして利用し、趣味やレジャーなどの足しにしたいと考えている人が多いことがわかるでしょう。

クラウドワークスへの登録方法について

クラウドワークスを利用する際は、まず会員登録が必要です。ユーザー名とパスワードを設定したら、プロフィール編集も行いましょう。


クラウドワークスで効率的に案件を獲得していくためには、プロフィールを充実させることが重要になります。特にプロフィール画像は、クラウドワークスでの「顔」になるため、見る人に不快感を与えないような、明るい印象のものを選ぶようにしましょう。


また、クラウドワークスでは、報酬を受け取るための銀行口座の設定も必要です。なお、振込にも手数料がかかるため、各金融機関の手数料をチェックしてから設定を行いましょう。


ここまで完了したら、仕事を探すことができます。自身のスキルや経験にあった案件を受注してみましょう。

クラウドワークスの良い評判

クラウドワークスの利用者からは、クラウドワークスのシステムや対応、仕組みに対してさまざまな口コミが寄せられています。


ここでは、クラウドワークスに対する良い評判を紹介していきます。

福利厚生が充実している

クラウドワークスでは、福利厚生が充実しています。


オンライン語学講座や学びの場など、スキルアップのための支援が充実しています。また、ワークスペースを手軽に検索できるアプリや相談窓口であるチャットアプリの導入など、ワーカーへの支援があるのも特徴です。


これらは会員登録をしていれば基本的には利用が可能となっているため、大きなメリットと言えるでしょう。

仕事の種類が多い

掲載されている仕事の幅が広いのもメリットの一つです。


システム開発やアプリの制作・管理など、専門的なスキルを必要とする案件から、初心者でも簡単にこなすことのできるアンケートへの回答まで、数多くの募集がされています。


自分にあった仕事を手軽に見つけられるのが魅力と言えるでしょう。

実績を評価してもらえる

クラウドワークスでは、スカウト制度というものがあります。


これは、ある程度の実績ができたワーカーがクライアント側から直接スカウトされることを言います。本来であれば、募集からスタートしますが、スカウトされると応募や交渉の手間がなく、案件を獲得する近道となります。


スカウトされるということは、クライアントから実績を評価されていると言って良いでしょう。

未経験者でもできる

専門的なスキルを必要とする案件は、初心者が採用されるのは難しいですが、クラウドワークスには初心者や未経験者向けの案件も数多く掲載されています。


特に、クライアントが明確に指示を出してくれるライティングの仕事や、データ入力、アンケートへの回答などであれば、経験がなくても挑戦しやすいでしょう。

自分のスキルを知ることができる

クラウドワークスには、自身のスキルを試すことができる、スキル検定があります。自身のスキルを把握するだけではなく、クライアントへのアピールにもつなげることができるのが魅力でしょう。


また、自身のスキルや経験がクライアントに認められるかを採用の可否で判断することができ、市場価値を把握するのにも役に立ちます。

稼げる案件もある

ある程度の技術や経験、スキルが必要な案件である場合、高額な報酬を得ることができるでしょう。


データ入力やライティングなど初心者が隙間時間にできる案件では、高額案件としては掲載されていません。しかし、何か武器になる資格やスキルを有していれば、高額案件の獲得も期待できるでしょう。

クラウドワークスのマイナスな評判

クラウドワークスには良い評判だけではなく、マイナスの評判もあります。


多くのワーカーが在籍しているクラウドワークスですが、どういったマイナスの評判があるのでしょうか。


ここでは、クラウドワークスのマイナスな評判を紹介していきます。

相場よりも安い仕事がある

クラウドワークスには、一般の相場と比較して報酬が安い案件が掲載されているというマイナスの評判があります。特に単純作業などの簡単な仕事であると、数円〜数十円の案件も多く掲載されています。


初心者や未経験者はなかなか案件を獲得できずに、低単価の案件ばかり応募してしまう傾向があるでしょう。しかし、あまりに低単価な案件ばかりに応募していると、時間がかかる割には稼げないという事態に陥ることもあります。

高単価な案件は専門知識が必要な場合が多い

高額な報酬が設定されている案件には、専門知識を必要とする場合が多いでしょう。未経験やスキルがない状態では、なかなかそのような案件を獲得することはできません。


未経験でもできる仕事は多く掲載されていますが、高額な報酬を得るのは難しいということを理解しておきましょう。

手数料を取られる

先述したように、クラウドワークスの手数料は最大20%と、他のクラウドソーシングサイトと比較すると高額です。この点についてのマイナスな評判は多くあります。


初心者や未経験の方の場合、得られる報酬もそう多くはないでしょう。その中から更に手数料を引かれてしまうとなると、ほんの数百円程度しか稼げないこともあります。


出典:ワーカーシステム利用料|クラウドワークス
参照:https://crowdworks.jp/pages/guides/employee/fee

安定した案件の継続が困難である

特に初心者や未経験者の場合、継続して案件を獲得することが難しいとの声もあります。


クラウドワークスに掲載されている案件の多くは単発のものが多く、継続して仕事を依頼されることは難しいと言えるでしょう。

仕事内容が違うことがある

クラウドワークスを利用している全てのクライアントが、優良というわけではありません。一部には悪質なクライアントも存在し、掲載している仕事の内容と、採用後に説明される仕事の内容が異なる場合もあるようです。

怪しい仕事もある

一部には怪しい仕事へと誘導するためにクラウドワークスを利用しているクライアントも存在します。最悪の場合には、ネズミ講やマルチ商法など、トラブルに巻き込まれる可能性もあるのです。


案件を受注する際には、安全な仕事なのかを慎重に見極める必要があるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

クラウドワークスをおすすめしたい人の特徴

クラウドワークスの良い評判・悪い評判については、ご理解いただけましたでしょうか。


ここからは、クラウドワークスの利用をおすすめしたい人の特徴について紹介していきます。

知識があり専門スキルを持っている人

現段階である程度の知識や専門的なスキルも有している人には向いていると言えるでしょう。なぜならば、クラウドワークスでは専門スキルを持っている人が獲得できる高単価な案件も多いからです。


将来的にフリーランスとして活躍したいと思っている人が、まずは持っている知識をもとにクラウドワークスで仕事を得てみるのも良いでしょう。

副業を考えている人

クラウドワークスでの収入で生計を立てるつもりはなく、副業程度で構わないという人にもおすすめできます。


専門的なスキルを持たない人が、クラウドワークス一本で生活をしていくのは容易ではないでしょう。しかし、そこまで多額の報酬に期待せず、お小遣い稼ぎができれば良いと考える場合には、ちょうど良いと言えます。

さまざまな案件の中から仕事を探したい人

クラウドワークスには非常に多くの案件が掲載されています。豊富な案件の中から仕事を探したいと考えている人にはちょうど良いでしょう。


初心者が隙間時間にできる仕事も豊富に掲載されているため、一度見てみてください。

将来はフリーランスとして独立したいと考えている人

また、将来的にフリーランスとして独立しようと考えている人にも向いていると言えます。


いきなりフリーランスとして独立するのはハードルが高いと思っている方もいるでしょう。そのような不安を抱いている方は、まずはクラウドワークスで副業として試してみて、スキルや実績が身につけば独立へ向けて動き出すというのも一つの手です。

お小遣いが欲しい学生や主婦

クラウドワークスの利用が、正社員の副業としておすすめしているように、お小遣い稼ぎをしたい学生や主婦にもおすすめと言えます。


学生であれば勉強やアルバイトなどの隙間時間に、主婦であれば家事や育児の合間に行える単純作業やタスク形式の仕事が数多く掲載されています。

空いた時間を有効活用したい人

開いた時間やちょっとした隙間時間を有効活用したい人にもおすすめです。


パソコンがなくても、スマートフォンがあればできる仕事も多くあります。家にいる時間だけではなく、待ち時間や移動中の手が空いた時間にお小遣い稼ぎができるため、場所や時間に縛られないのが魅力と言えるでしょう。

クラウドワークスに不向きな人は?

ここまでクラウドワークスの利用が向いている人を紹介してきましたが、対照的に向いていない人もいると言えます。


ここからは、クラウドワークスの利用が不向きな人の特徴を紹介していきます。

費用がかかるのが嫌な人

クラウドワークスで報酬が発生すると、どうしてもかかるのがシステム手数料です。


このシステム手数料を払うのが惜しいという人には、利用は向いていないと言えるでしょう。

今すぐ稼ぎたい人

十分な下積みなしに、今すぐ高額な報酬を得たいと考える人にもあまりおすすめできません。


クラウドワークスでは、専門的なスキルや知識がない場合、即座に高額な報酬を得るのは難しいでしょう。ある程度の経験を積んで、クライアントからスカウトがもらえるようになれば、十分に稼げるようになると言えます。

クラウドワークスで稼ぐためのポイント

せっかくクラウドワークスで仕事を始めるのであれば、できるだけ稼ぎたいと考える人も少なくないでしょう。


ここからは、クラウドワークスで稼ぐために押さえておくべきポイントについて紹介していきます。

返事はすぐに返す

まずは、クライアントから来た連絡のレスポンスを早くすることを意識しましょう。


オンライン上で交渉や相談が進んでいくクラウドソーシングでは、レスポンスの速さが信頼や信用に繋がっていくと言えます。


どんなに経験やスキルが豊富でも、レスポンスが遅いと「やる気がないのか」などと判断されてしまうこともあるでしょう。

長期間できる案件を探す

その場限りの単発の案件を数多くこなすよりも、継続して長期間仕事ができる案件の方が効率よく稼ぐことができるでしょう。


クラウドワークスで時間を無駄にせず働くためには、常に案件を獲得した状態でいることが重要です。


また、継続して仕事を受注することで単価アップの交渉などもしやすくなるでしょう。

自分の評価や実績をあげる

初心者の場合、まだまだ評価や実績が少ないでしょう。


始めたばかりの頃は、まずクライアントから信用されるために、自分の評価や実績をあげることに尽力するのも大切です。


まずは、タスク形式などハードルの低い案件に挑戦してみるのがおすすめです。ある程度の評価が付いてくると、単価の高い案件にも応募しやすくなっていくでしょう。

プロフィールをしっかりと書く

先述したようにプロフィールは、クラウドワークス上での「顔」です。


クラウドソーシングでは、クライアントは実際に直接ワーカーと対面した上での採用はできません。そのため、判断材料となるのはプロフィール画面と実績と評価くらいと言えます。


自身が応募する案件のジャンルに合わせて、アピールしやすいプロフィールを作り込みましょう。

仕事は継続して受ける

クライアントから継続の案件の紹介があった場合には、引き続き受けるようにしましょう。


クライアントと長期的な関係を作ることも、クラウドワークスで稼ぐ大切なポイントです。十分な関係を作っておくことで、掲載されていない特別な案件の紹介を優先的に受けられることも珍しくありません。

報酬は確実に受け取る

案件をこなし、納品したあとは、報酬を確実に受け取りましょう。


クラウドワークスには、報酬を支払わない悪質なクライアントも一定数存在します。そのようなクライアントに捕まった際には、運営側に相談するなどして、きちんと対処してもらいましょう。


また、クラウドワークスでは報酬の受け取り期日が設定されています。報酬支払い確定日から約半年以内に出金しないと無効になってしまうため、注意してください。

クラウドワークスを利用する時に気になること3つ

ここからは、クラウドワークスを利用する際に気になることを解説していきます。


クラウドソーシングの今後の動向や、その他サービスとの違いなどについて触れていくため、是非参考にしてください。

1:クラウドソーシングは今後どうなる?

クラウドワークスを始めとする、クラウドソーシングは、今後益々発展を遂げ、掲載案件数も伸びていくでしょう。特に動画制作やデザインなど、世の中の需要が高まっていく案件は発注数が増加し、それに伴いワーカーも増加していくと予想されます。


クラウドソーシングで活躍できるスキルや経験を積んでおけば、将来的にも安定して稼ぐことができるでしょう。

2:クラウドリンクスとは?

クラウドリンクスとは、株式会社クラウドワークスが運営している副業やフリーランスのためのマッチングサイトのことです。エンジニア、デザイナー、コンサルタントなど、幅広い職種のマッチングを行っています。


クラウドワークスとは異なり、マッチングが完了したあと、企業の採用担当者との面談が必要です。面談で交渉が成立したら、最初の稼動日程を調整し、仕事がスタートとなります。


なお、クラウドリンクスのサービスは全て無料で利用可能です。

3:ランサーズとの違いは?

クラウドワークスとは別に、ランサーズというクラウドソーシングサイトもあります。


では、これらの違いはどこにあるのでしょうか。


まず掲載案件数ですが、これはクラウドワークスの方が多いです。各サイトのホームページによると、ランサーズの仕事発注数が約200万件であるのに対し、クラウドワークスの仕事発注数は約550万件と大きな差をつけています。


サポートの充実度で比較すると、ランサーズの方が充実しているでしょう。ランサーズには、依頼アドバイス機能やフリーランストータルサポートというサービスがあり、そのサポートの充実度には定評があります。


手数料に関しては、両サービスとも同じであり、大きな差はないようです。

COBOLとは?できることや特徴から今後も重宝される理由を分析 クラウドワークスについてもっと知ろう

クラウドワークスは、初心者や未経験者でも取り掛かりやすい案件が豊富に掲載されており、お小遣い稼ぎがしたい人にちょうど良いサービスです。その評判はまちまちですが、自身のライフスタイルや希望する稼ぎ方に合うのであれば、とても良いサービスと言えるでしょう。


本格的に活動し、高額な報酬を得るためにはスキルや経験・実績が必要だという評判も目立ちますが、独立を考えている人にとっては、実績を積むための良いフィールドだと言えるのではないでしょうか。


是非、クラウドワークスへの登録・利用を前向きに検討してみてください。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/02/24

2022/07/20