シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

ランサーズで仕事が取れない場合の対策法|クラウドソーシング以外の方法も紹介

ランサーズで仕事を取れない場合はどうすればいいのでしょうか。この記事では、フリーランスエンジニアがランサーズで仕事が取れない場合の対策について紹介します。ランサーズで仕事が取れないと悩んでいる人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「ランサーズでエンジニアの仕事はあるの?」
「ランサーズでなかなか仕事が取れないけどどうすればいい?」


フリーランスのエンジニアとして活動している人の中には、このようにランサーズに関連した疑問や悩みを抱えていることもあるのではないでしょうか。


本記事では、ランサーズがどのようなクラウドソーシングサービスなのかという基礎知識とともに、ランサーズで仕事が取れない場合の対策やクラウドソーシング以外で仕事を取る方法を紹介しています。


この記事を読むことで、ランサーズで仕事が取れなかった場合の対処法だけではなく、仕事を見つけやすいポイントを把握することが可能です。またランサーズ以外で仕事を探すためのツールや方法を活用することで、活動の幅を広げられるでしょう。


フリーランスエンジニアとしてランサーズで仕事をしている人は、ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

ランサーズで仕事を取るのは難しい?

ランサーズは案件数の多さから、稼げるクラウドソーシングサービスとして人気を集めていますが、その反面で仕事を取ることが難しいという評価もされています。


その理由は、案件数の多さに比例して登録している会員数が多いため、競合が発生しやすい点が挙げられています。特に初心者やフリーランスとして活動を始めたばかりの場合、どのように仕事を取ればいいのかわからず、なかなか仕事が取れない人も多いです。


また、ランサーズは提案されている仕事のジャンルが豊富ではあるものの、自分が受注できる仕事の提案数が少ないとどうしても競合が発生しやすく、仕事が取れなくなってしまうケースもあります。


このように、ランサーズでただ登録しただけでは簡単に仕事が取れない状態となっているため、仕事が取れるように工夫や対策をすることが大切です。

ランサーズにエンジニアの仕事はある?

クラウドソーシングサービスとしてランサーズは多くの仕事を提供していますが、その中でも特に多くの仕事を提供されている職種として挙げられているのが、エンジニアです。


ランサーズはエンジニア向けの仕事の提供数の多さが特徴に挙げられており、エンジニアの仕事紹介に特化したサービスも提供しています。仕事内容もホームページ作成からECサイト構築・改修、システムのスクラッチ開発と多種多様です。


このような点から、ランサーズはフリーランスエンジニアにとって仕事を受注しやすいサービスだと言えるでしょう。

ランサーズに関する基礎知識

ランサーズはもともと、株式会社リートという名前で2008年にできた会社で、名称がランサーズ株式会社に変わったのは2012年5月です。本社は東京都渋谷区に構えています。


日本で最初にクラウドソーシングサービスを始めた大手として知名度が高く、運営実績の長さから人気を集めているサービスです。


ここからは、ランサーズに関する基礎的な情報や知識について紹介します。

ランサーズの主な特徴

ランサーズの特徴は主に、豊富な案件数とフリーランス向けの案件が多いこと、実績や評価をもとにしたランク認定システムの導入、スキルや経験の該当者のみに公開される非公開案件の存在などが挙げられます。


また、オンラインで働くための制度の導入に積極的であるところも特徴で、福利厚生も会社員並みに充実しているところが魅力です。

受注できる仕事の種類

ランサーズで受注できる仕事の種類は多彩で、コンサルティングや事務・専門職やライティング・ネーミング、デザイン制作、Web制作・Webデザイン、写真・動画・ナレーション、翻訳・通訳、タスク・作業などがあります。


エンジニア向けの仕事としては、システム開発・運用のジャンルの中にあり、システム開発やプログラミング、ソフトウェア開発、ネットワークやサーバー構築などと幅広いです。

依頼形式の種類

依頼形式は主に、タスク方式・コンペ方式・プロジェクト方式・求人募集形式の4つがあります。


タスク方式は複数に単純作業をしてもらうものです。コンペ方式は、複数に実際の制作物を提出してもらい採用するものを選ぶもので、単発の依頼に対して提案や見積もりを集めるものがプロジェクト方式です。


求人募集方式は、求人を掲載することで継続的に働いてくれる人を募集する方式です。

ランサーズのシステム・特典

ランサーズでは自分たちで仕事を探すことができるほか、紹介されているポートフォリオやプロフィールに応じた仕事をランサーズから紹介してもらうことが可能です。


また、クライアントから直接スカウトの相談が来ることもあり、自分に合った仕事探しができるシステムになっています。


ほかにも仕事を受注する際は報酬未払いを防ぐため、クライアントから報酬を仮払いしてもらえるシステムや、認定ランサーになることで仕事の受注がしやすくなるなどの制度もあります。


特典としてはキャンペーン開催時に獲得できるクーポンや、会員になることで様々な特典を得られるランサーズクラブオフなどが魅力です。

手数料

ランサーズには、報酬を受け取る際にシステム手数料が発生するようになっていて、報酬の額によって割合が異なります。例えば金額が20万円を超えている場合は5%、金額が10万円以上20万円以下の場合は10%、金額が10万円以下の場合は20%です。


出典:仕事が成立した場合の利用手数料はいくらですか?|ランサーズ
参照:https://www.lancers.jp/faq/l1020/123

サポート内容

ランサーズにはフリーランス向けのサポートとして、「フリーランストータルサポート」と呼ばれるものがあります。こちらでは税務関係のサポートや福利厚生による生活支援、スキルアップ教育などを実施しています。


また仮払いシステムやトラブルが起きた際には24時間365日で対応してくれるなど、充実したサポートが受けられるところがポイントです。

主な利点

ランサーズの主な利点としては、始めたばかりのフリーランスでも経験者でも対応できる仕事を幅広く紹介しているところが挙げられます。


ランサーズには初心者向けの案件が多く紹介されているほか、非公開案件などは高いスキルや経験が必要な中級者または上級者向けの案件が多いです。このように、自分のスキルや経験に合わせた仕事を探しやすくなっています。


さらに認定ランサー制度を活用すれば、より仕事が受注しやすくなります。認定ランサーになれれば、安定して仕事がしやすくなる点もメリットです。

主な欠点

ランサーズの欠点としては、専門的な知識や経験、スキルがなければ高単価の案件を受けにくいことや、システム手数料などが高いことが挙げられます。


ランサーズの仕事案件数は豊富であるものの、高単価の案件は非公開案件が多く、スキルや経験を必要としないものは低単価になりがちです。このためフリーランス初心者でも仕事を取れますが、高単価の仕事は取れない可能性があるでしょう。


また、手数料がほかのクラウドソーシングサービスと比較すると高めに設定されているため、報酬金額によっては手元に残る報酬が少なくなってしまう点も、欠点として挙げられるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

ランサーズで仕事が取れない場合の対策

ランサーズで仕事を取ろうとしても、競合が発生していることからうまく取れないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。ランサーズで仕事を取るためには、いくつかのコツやポイントを押さえる必要があります。


ここからは、ランサーズで仕事が取れない場合に取れるようになるための対策を紹介します。

発注者が成果を想像しやすい提案文を記す

クライアントが仕事を発注する際、応募要件にサンプルや提案文の提出を求める場合があります。これによってクライアントはどのような成果物が納品されるのかイメージしやすく、仕事の流れもわかりやすくなるため、相手を信用しやすくなります。


このため提案文は仕事を取るうえで重要なものですが、提案文をただ書くだけではなく、できる限り具体的に記入することで仕事が取りやすくなるでしょう。

ポートフォリオやプロフィールを充実させる

ポートフォリオやプロフィールは、クライアントに対して自分をアピールするために欠かせないものです。ポートフォリオやプロフィールが充実していないと、クライアントは依頼して良いのか、自分の発注したい案件のレベルに合うのかわからず不安に感じてしまうでしょう。


ポートフォリオやプロフィールを充実させ、自分のことをしっかりアピールすることも仕事を取るために大切な対策です。

分かりやすく具体的な実績を記す

仕事が取れない人の中には、実績を具体的に書いていない人もいるのではないでしょうか。実績は自分のスキルや経験を提示するためのものであり、クライアントに自分の実力をアピールするためのものです。


またクライアントからの直接スカウトは、ポートフォリオやプロフィール、実績などをチェックしてから検討するため、具体的に記載しておくことが重要になります。

自分の仕事に付加価値をつける

ただ単に仕事をこなすだけではなく、求められていること以外の付加価値をつけることで、クライアントから高い評価を得られる可能性があります。


具体的に言うと専門性についてです。エンジニアとして特化したスキルや経験を持っていることをアピールすることで、付加価値を評価するクライアントからスカウトがくる可能性が高いでしょう。

あえて提案が少ない案件を受注する

実績が少ないフリーランスエンジニアの場合、提案が多い案件に応募しても仕事が取れないことが多いでしょう。そのため、あえて提案が少ない案件を受注することで仕事が取りやすくなり、実績も作りやすくなります。


提案が少ない案件は条件が良くない、低単価であるなどのデメリットはあるものの、実績づくりに活用できるため、実績ができてから徐々に提案が多い案件に挑戦してみることがおすすめです。

期限が迫っている案件を狙う

ランサーズでは、受注者を募集している仕事の掲載には一定の期限が設けられています。期限を過ぎると応募できなくなってしまいますが、この期限が迫っているぎりぎりの案件を狙うというのも対策のひとつです。


期限が迫っている案件は、クライアント側はゆっくり提案書を確認する時間がなく、とにかく早く受注者を決めたいと考えています。そのため期限に余裕がある案件よりも取りやすく、実績がなくても応募しやすいでしょう。

認定ランサーを目指す

認定ランサーになると高単価案件の依頼が届く、提案が通りやすいなど、競合が発生しやすいランサーズの中でも仕事が取りやすくなります。そのため認定ランサーになることで、仕事が取りやすくなる可能性が高いでしょう。


ただし、認定ランサーになるためには様々な条件をクリアする必要があります。目指すメリットは大きいため、挑戦してみるのも良いでしょう。

ランサーズ以外の方法を併用する

ランサーズは競合が発生しやすく、対策してもなかなか仕事が取れない場合があります。そのためランサーズ以外の方法を併用するなど、仕事受注の窓口を広げる方法を検討してみるのも有効です。


具体的に併用できるサービスとしては、ほかのクラウドソーシングやフリーランス向けのエージェント、SNSなどが挙げられます。

クラウドソーシング

ランサーズ以外のクラウドソーシングサービスには、エンジニア向けのものとしてクラウドワークスやビズシーク、Craudiaなどがあります。特にクラウドワークスはランサーズ同様知名度が高く、案件数も多いサービスとして利用しやすくなっています。


基本的にクラウドソーシングサービスの併用は問題ないため、複数のクラウドソーシングを活用して多くの仕事を受注し、実績作りをしてみることがおすすめです。

フリーランス向けのエージェント

フリーランス向けまたはエンジニア向けのエージェントに登録すると、自分に合った仕事を担当者から紹介してもらうことが可能です。エンジニア向けのエージェントであれば、ほかの仕事を紹介されることがないため、より使いやすいでしょう。

SNS

SNSはクライアントとの連絡手段として利用されていることが多いですが、実はフリーランスが仕事探しのツールとして活用していることも多いです。


SNS上ではクライアントが仕事を募集していることもあるほか、フリーランス側が目につきやすいプロフィールやポートフォリオをヘッダーなどに載せて、問い合わせを待つなどの使い方があります。

ランサーズとクラウドワークスの相違点

ランサーズと同じく、大手のクラウドソーシングサービスとして知られているのがクラウドワークスです。案件の豊富さや手数料、サポートの手厚さなどが似ている反面、違う点もあります。


例えば案件の単価に関しては、クラウドワークスもランサーズもそこまで大きな違いはないものの、ランサーズの方が報酬が高めに設定されている案件が多い傾向となっています。


また、非公開案件や高いスキルが必要な仕事もランサーズの方が多く、すでにある程度活動しているフリーランスが実績を積む、独立のための活動を行うのに最適でしょう。


このような点から、ランサーズはフリーランスとしてしっかり稼ぎたい人向け、クラウドワークスはフリーランスや副業を始めたばかりの人向けのサービスとして、うまく使い分けながら併用することが推奨されています。

ランサーズで仕事が取れない場合の対策を学ぼう

ランサーズは仕事の案件が豊富である反面、競合が発生しやすいことから仕事が取れない場合があります。


そのため仕事が取れない場合は、まずは自分のプロフィールやポートフォリオ、実績を充実させ、受注できる可能性が高い仕事を狙うことがおすすめです。さらにランサーズの認定制度を活用したり、ランサーズ以外の方法を併用したりするなどの工夫も必要となります。


このように様々な対策を検討しながら、ランサーズでの仕事獲得を目指してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/03/04

2022/07/20