「Javaの副業案件って稼げるの?」
「Javaを扱うフリーランスが副業する方法って?」
「Javaの副業案件にはどんなものがある?」


このように、フリーランスエンジニアとして働いている方の中には、Javaの副業に興味があるという方もいるのではないでしょうか。


本記事では、Javaを扱うフリーランスが副業する方法について解説しています。この記事を読むことで、Javaを使った副業の仕方が理解できるでしょう。


また、Javaの副業案件の特徴についても解説しているため、どのような案件があるのか知りたいという方も参考にできます。


Javaを扱うフリーランスが副業する方法について知りたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Javaを扱うフリーランスの副業は稼げる?


Javaの副業についてあまり稼げないイメージを持っている方もいるでしょう。しかしJavaは大規模システムの開発にも採用されている堅牢さや汎用性の高さなどから、今後もさまざまな開発現場で採用される可能性がある言語です。


また、Javaは小規模のアプリ開発案件も多く見られ、副業として稼ぎやすい案件も多いと言えるでしょう。

HTMLやJavaScriptと比較したJava案件の取りやすさ


某求人サイトで検索したところ、2022年1月の時点でHTMLの案件は約35,900件、JavaScriptの案件は約43,100件、Javaは約85,400件となっていました。


Javaはプログラミング言語別の案件数でも他の言語に比べて多く、市場が大きいことから、選べる案件も多くあります。そのため、HTMLやJavaScriptと比較しても案件は取りやすいと言えるでしょう。

Javaを扱うフリーランスで副業する4つの方法


Javaを使った案件を効率よく見つけて副業をして稼ぎたいなら、クラウドソーシングやフリーランスエージェントなどのサービスを活用する方法があります。


また、近年ではSNSを使って副業案件を受注するフリーランスエンジニアも多くなってきています。ここではJavaを扱うフリーランスで副業する方法について解説するため、参考にしてみてください。

1:クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングとは「Crowd(群衆)」と「 Sourcing(業務委託)」を組み合わせた言葉で、インターネット上で不特定多数の人に業務をアウトソーシングする業務形態です。近年ではクラウドワークスやランサーズなどさまざまなクラウドソーシングサービスが登場しています。


クラウドソーシングでは簡単な案件も多いため、気軽に副業を始められるでしょう。

2:フリーランスエージェントを使う

フリーランスエージェントを利用すれば、エンジニア個人では受注することが難しい高単価な副業案件でも受注することができます。


また、エージェントを介することで個人では手間になる契約や税金周りの業務をサポートしてもらえるため、はじめて副業をするという方でも取り組みやすいでしょう。また、エンジニアのスキルや要望に合った案件を紹介してもらえるため、自分で仕事を探す手間も省けます。

3:友人や過去の取引先から仕事を受注する

友人や知人などから案件を受注するという方法もあります。周りにクライアントとの繋がりを持つ友人がいる場合は、友人伝いに案件を受注しやすいでしょう。


また、過去に会社勤めをしていた場合は、会社員時代の取引先からボリュームの少ない改修案件を受注するという方法もあるでしょう。

4:SNSを使う

近年ではTwitterやブログなどのSNSを活用して案件を獲得するフリーランスエンジニアも増えてきています。SNSやブログなどを使って自身の経歴やスキルを発信し、案件をアウトソーシングしたいと考えている企業から案件を受注する方法です。


SNSアカウントを運営する企業が増えてきたこともあり、気軽に自分で案件を獲得することができますが、副業で安定した収入を得ることは難しいです。

Javaを扱うフリーランスが副業で稼ぐコツ


せっかくJavaの副業をするなら、しっかりと稼ぎたいと考える方も多いでしょう。Java関連の案件で稼ぐには、いくつかのコツがあります。


ここではJavaを扱うフリーランスが副業で稼ぐコツを紹介します。

実務経験を積んでおく

Javaの案件に限りませんが、プログラミングの副業案件でエンジニア未経験者が採用されるケースは少ないと言えます。未経験者が一人で対応できるような案件は限られているため、基本的には経験者を採用するというクライアントが多いでしょう。


そのため、エンジニア未経験の場合は先に実務経験を積んでおくことが大切です。目安として3年以上の実務経験があれば、経験が求められる案件でも獲得できるようになるでしょう。

データベース関連の勉強をしておく

Javaのスキルのみがあっても、実際に副業を受けて稼ごうと思うと難しいでしょう。
多くの場合、アプリケーションやシステムはデータベースと連携してデータを扱うことになるため、データベースの知識も必要です。


たとえ実装するプログラム本体はJavaだったとしても、入力した値をデータベースに登録したり、データベースから取り出したデータを画面に表示したりする必要があります。そのため、データベースも扱えるようになっておく必要があるでしょう。

Javaの副業案件の特徴


Javaの副業案件について興味がある方の中には、リモート可能な案件や週2から稼げる案件があるのかといった点を知りたい方は多いでしょう。


このような働き方ができる案件が多い場合、気軽にJavaの副業を始めることができるでしょう。ここではJavaの副業案件の特徴について解説していきます。

リモート可能な案件がある

Javaの副業案件は在宅やリモート可能な案件も存在しています。近年では新型コロナウィルスの影響もあり、在宅からリモートで参画できる案件が増加傾向にあります。


また、Javaは他のプログラミング言語と比較しても開発しやすく、必ずしも出勤して開発する必要がないというのもリモート可能案件が多い理由だと言えるでしょう。

週2日から可能な案件がある

Javaの副業を探している方の中には、週2だけ副業をしたいという方も多いのではないでしょうか。Javaの副業案件には週2からOKという案件もあります。


前述のようなリモート可能な案件や週2から対応可能な案件などを探す場合は、条件を絞って探せるフリーランスエージェントを利用すると良いでしょう。

開発以外に講師として指導する案件がある

Javaの副業案件の中には、アプリやシステムなどの開発案件の他にプログラミングスクールなどのJava講師として指導する案件も存在しています。


普段からJavaを使って開発をしているJavaエンジニアであれば、基本的なJavaの知識や環境構築などの周辺知識、実際にJavaを使った実務能力があります。そのため、講師として副業をするのもおすすめです。

高額な案件がある

Javaの副業案件には高単価な案件も多くあります。たとえばJavaを使ったAndroidアプリ開発の案件は数が多く、高額な案件も多い傾向があります。


本業でJavaを扱っているような高いスキルを持ったエンジニアであれば、高単価の案件でも受注しやすいでしょう。高額案件を受注したい場合は、大手クライアントとの取引も可能なフリーランスエージェントを活用するのがおすすめです。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Javaを扱うフリーランスで副業するときの注意点


フリーランスで副業をする場合、友人や知人からの紹介で案件を受注するケースもあるでしょう。このような場合は友達価格として相場よりも安い報酬を提示されることもありますが、報酬には妥協しないことが大切です。


副業であっても仕事として請け負う以上はビジネスです。たとえ友人であったとしても、仕事として受ける以上は適正価格の対価を貰わなければいけません。


友達だからと安い報酬で仕事受ければ、後からトラブルに発展する可能性もあります。


また、住民税の申告・確定申告が必要なときは申告する必要がありますので、注意しましょう。


出典:副収入などがある方の確定申告|国税庁
参照:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei/kakutei/fukugyo.htm

Javaの副業を行うのに役立つフリーランス向けエージェント


Javaの副業で稼ぎたいならフリーランスエージェントを活用するのがおすすめです。フリーランスエージェントに登録すれば、自分から積極的に探さなくても高単価案件やリモート可など個人の希望にマッチした案件を紹介してくれます。


ここでは最後に、Javaの副業を行うのに役立つフリーランス向けエージェントを紹介していきます。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは週2からの案件も多く取り扱っているフリーランス向けエージェントです。また、リモート可能案件など柔軟な働き方ができる案件を多数扱っているため、副業として案件を探している方に最適です。


専属エージェントに希望とマッチした案件を紹介してもらえるだけでなく、契約交渉や債権管理なども代行してもらえます。

シューマツワーカー

シューマツワーカーは週末や平日夜といった時間で働ける副業案件を探せるサービスです。副業を探している人材と企業をつなぐマッチングサービスで、特にスキマ時間でできる副業を探している方におすすめです。


また、リモート案件も豊富に保有しているため、無理なく副業で稼ぐことができるでしょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

Javaを扱うフリーランスとして副業を考えよう


Javaの副業案件には自分に合った働き方で稼げるものも多くあります。また、高単価の案件も多いため、副業で稼ぎたいという方にもおすすめです。


ぜひ本記事で紹介したJavaを扱うフリーランスで副業する方法や副業で稼ぐコツ、Javaの副業案件の特徴などを参考に、Javaのスキルを活かして副業を始めてみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300