シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

Rubyを扱うフリーランスエンジニアになるには?必要なスキルや案件の特徴などを解説

Rubyを扱うフリーランスエンジニアになるにはどうすれば良いのでしょうか。本記事ではRubyのフリーランス案件の動向やRubyのフリーランス案件の全体的な単価相場、Rubyのフリーランス案件を探す方法などを紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「Rubyのフリーランス案件にはどんなものがあるの?」
「Rubyのフリーランスエンジニアになるにはどうすればいい?」
「Rubyの高単価フリーランス案件を獲得する方法って?」


このように、Rubyを扱うフリーランスエンジニアについて興味を持っているという人もいるのではないでしょうか。


本記事では、Rubyのフリーランス案件の内容やRubyのフリーランスエンジニアになるコツなどを紹介しています。本記事を読むことで、どのようにしてRubyを扱うフリーランスエンジニアになれば良いのかが把握できるでしょう。


また、Rubyの高単価フリーランス案件を獲得する方法も紹介しますので、できるだけ高単価な案件を獲得したいと考えている人も参考にできます。


Rubyを扱うフリーランスエンジニアについて知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Rubyを扱うフリーランスエンジニアの仕事内容

Rubyを扱うフリーランスエンジニアの仕事内容としては、Webシステムやデータ解析システムの開発、ECサイト制作などが挙げられます。特にWebサイト制作やWebシステム開発などの案件が多い傾向がありますが、携わる案件によって開発する機能は異なります。

Rubyを扱うエンジニアの活躍シーンとは?

Rubyの特徴として、コードの可読性の高さや柔軟性の高さなどが挙げられます。このようなRubyは近年需要が高まっているSNSやソーシャルゲーム開発でも用いられているため、Rubyを扱うエンジニアはこれらの分野の開発でも活躍することができるでしょう。

Rubyが持つメリット

Rubyはエンジニアにとってさまざまなメリットがあるプログラミング言語であるため、多くのフリーランスエンジニアが利用しています。


ここではRubyが持つメリットを紹介していきます。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

Ruby on Railsを使用可能

Ruby on RailsはWebアプリケーション開発を効率的に行うことができるフレームワークです。Ruby on RailsはRubyをベースに開発されたフレームワークであるため、Ruby on Railsを使って短期間でWebシステムを開発することが可能になります。

コミュニティが活発でアップデートのペースが速い

Rubyはコミュニティの活動も活発です。コミュニティでは所属しているエンジニアによるフレームワークやライブラリへの機能追加などが行われており、アップデートのペースが速いというメリットがあります。

機能性の高さ

Rubyはエンジニアが楽しくプログラミングができるように考えて開発されたプログラミング言語です。Rubyはシンプルな文法でありながらさまざまな機能が搭載された言語であるため、飽きずにプログラミングを行うことができるでしょう。

シンプルな文法

Rubyは他のプログラミング言語と比較してもコード量が少なく、シンプルな文法で記述できます。そのため、同じ処理を開発する場合でも、他の言語よりも簡単にコードを書くことができます。


そのため、初心者からでも学習しやすい点もメリットだと言えるでしょう。

アジャイル開発向き

ベンチャー企業でのサービス開発は、短期間でサービスを開発して公開し、ユーザーの意見を反映しながらブラッシュアップしていくというアジャイル開発が採用されています。


Rubyはこのようなアジャイル開発に適した言語であるため、ベンチャー企業での需要が高い言語となっています。

充実の日本語ドキュメント

Rubyは日本人が開発した日本産のプログラミング言語です。そのため、他のプログラミング言語と違って日本語のドキュメントが充実しているというメリットがあります。


日本語の情報が入手しやすいため、日本人にとって勉強しやすい言語だと言えるでしょう。

Rubyが持つデメリット

Rubyは多くのメリットがあるプログラミング言語ですが、一方でデメリットと言える点も存在します。ここではRubyが持つデメリットを紹介していくため、参考にしてみてください。

メモリーの使用効率の悪さ

Rubyはスクリプト型の言語であるため、プログラムごとに解析されるという特徴があります。スクリプト型言語では繰り返し使うプログラムでも毎回解析されてしまうため、メモリーの使用効率が悪いというデメリットがあります。

実行スピードの遅さ

Rubyはインタプリタ型と呼ばれるプログラミング言語です。コードを一括で機械語に変換して実行するコンパイル型と比較すると、コードを一行一行変換しながら実行するインタプリタ型言語は実行スピードが遅いというデメリットがあります。

未経験からの参画は困難

Rubyの案件にはさまざまな種類がありますが、実務経験がない状態から案件へ参画することは難しいです。Rubyに限った話ではありませんが、フリーランスは即戦力としての実力が求められます。


そのため、Rubyを扱うフリーランスとして活動するのであれば、2~3年程度の実務経験を積んでおく必要があるでしょう。

データサイエンス分野では案件が少ない

Rubyは近年注目されているデータサイエンス分野ではほとんど採用されていません。現在、データサイエンスの分野ではPythonやR言語が用いられており、今後もこの分野でRubyが活用されることは期待薄だと言えるでしょう。

Rubyを扱うエンジニアに必要なスキル

RubyはWebシステムやWebアプリケーションなどの開発において需要の高い言語です。そのため、Rubyを扱うエンジニアにはHTMLやCSS、JavaScript、Ruby on Railsなどのスキルが必要とされます。


また、あわせてネットワークやサーバーに関する知識やスキルも求められるでしょう。

Rubyのフリーランス案件の3つの動向

Rubyは日本生まれのプログラミング言語で、Webサービスをはじめとしたさまざまな開発に採用されています。Rubyを扱うフリーランスエンジニアに興味がある人の中には、Rubyのフリーランス案件の動向について把握しておきたいという人も多いでしょう。


ここではRubyのフリーランス案件の動向について紹介しますので、参考にしてみてください。

1:日本で多く使用されているため需要がある

Rubyは日本人が開発した言語ということもあり、日本で人気の高いプログラミング言語です。そのため、日本のWebサービスなどの開発に広く採用されており、国内での案件が多いという特徴があります。


また、もともと採用事例が多いことから日本の企業もRubyを利用するケースが多いため、Rubyを扱うフリーランスエンジニアになれば、多くの案件の中から自分の好きな案件を探すことができるでしょう。

2:ベンチャー企業からの案件が増えている

Rubyはアジャイル方式で採用されるケースの多い言語です。一般的なシステム開発で採用されているウォーターフォール方式は、各工程を上から順番に進めていく開発方式です。


一方、アジャイル開発は、短い期間で開発とテストを繰り返しながら開発作業を進めていくというもので、短期間で開発ができるというメリットがあります。


このようなアジャイル方式でよく用いられるRubyは、短期間で効率的な開発を行いたいベンチャー企業で採用されるケースが多いため、Rubyの案件の中にはベンチャー企業やスタートアップ企業の案件も増えています。

3:Webアプリのフレームワーク案件も多い

Rubyは、アプリケーションフレームワークの案件も多いという特徴があります。たとえば、Rubyの有名なWebアプリケーションフレームワークに「Ruby on Rail」がありますが、Ruby on Railを使用する案件は非常に多いです。


そのため、Rubyを扱うフリーランスエンジニアになるのであれば、RubyとRuby on Railはセットで習得しておくようにしましょう。他にも、SinatraやPadrinoなどのフレームワークがあります。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Rubyのフリーランス案件の内容

ここまでRubyのフリーランス案件の動向について解説してきましたが、Rubyの案件の具体的な内容にはどのようなものがあるのでしょうか。


ここではRubyのフリーランス案件の内容について、解説します。

ECサイトを開発する案件

Rubyのフリーランス案件には、ECサイトを開発する案件も多いです。ECサイトの開発案件では、ポータルサイトやショッピングサイトの制作を行います。


また、Rubyはサーバーサイドのシステム開発にも用いられる言語です。そのため、ECサイトで用いられているデータベースと連携し、顧客情報などを管理するシステムの開発を行うケースもあります。

業務システムを開発する案件

Rubyの案件の中には、さまざまな業界の業務システムの開発案件も豊富にあります。主に金融や不動産、建築、医療などをはじめとした業種の、業務システム開発に用いられることが多いです。


システム開発の経験を積んだエンジニアであれば、上流工程の段階から案件に携われる可能性もあるでしょう。

案件例:Rubyの業務システム開発案件

Rubyを使用した業務システム開発の案件としては、社内システム開発の案件などがあります。求められるスキルとしては、Ruby on Railsを使った開発経験やアジャイル開発、AWS環境での開発経験などが挙げられます。

Webアプリを開発する案件

RubyはWebアプリの開発案件でのシェアが特に高いです。主に、Webサービスやソーシャルゲームなどのフリーランス案件が非常に多く、ほとんどの場合、Ruby on Railを扱うことになります。


そのため、RubyでWeb系の開発案件を受注したいのであれば、Ruby on Railのスキルも磨いておく必要があるでしょう。

案件例:RubyのWebアプリ開発案件

Rubyを使用したWebアプリ開発の案件としては、Webアプリのサーバーサイド開発の案件などがあります。求められるスキルとしては、Ruby on Railsを使った開発経験や詳細設計からの一貫した開発経験などが挙げられます。

Rubyのフリーランス案件の全体的な単価相場

Rubyのフリーランス案件の単価相場としては、レバテックフリーランスによると80万円、プロエンジニアによると若手で50~70万円、ミドルで70~80万円、ハイクラスになると90~100万円としています。


年収では、レバテックフリーランスによると平均年収が960万円、最高年収が1740万円、最低年収が120万円とRubyを扱うフリーランスエンジニアのの年収相場は幅広いことが分かるでしょう。


出典:Rubyの求人・案件一覧|レバテックフリーランス
参照:https://freelance.levtech.jp/project/skill-8/


出典:Rubyエンジニアの年収|Rails案件や未経験から転職時の年収目安は?|レバテックフリーランス
参照:https://freelance.levtech.jp/guide/detail/1309/


出典:Rubyフリーランス案件(求人)動向|業務内容・単価・資格・勉強方法・将来性をプロが語る|プロエンジニア
参照:https://proengineer.internous.co.jp/content/columnfeature/22539

実務経験年数で見るRubyのフリーランス案件の単価相場

フリーランス向けエージェントのサイトによると、実務経験年数ごとの単価相場としては、1年未満で45万前後、1~2年で55万前後、2~3年で65万前後、3~5年で75万前後となっています。


また、5年以上になるとマネジメント側のポジションも担えるようになるため、単価相場は80万円以上になっていきます。


出典:Ruby案件は今後も増える?人気のある日本初の言語で中長期的に活躍できる!|freelance hub
参照:https://freelance-hub.jp/column/detail/100/

Rubyの高単価フリーランス案件を獲得する方法

最新技術に関する情報を得て対応できるようにしておく

Rubyの案件の中にはAI開発に関連したものもあり、このような先端分野の案件は単価も高い傾向があります。そのため、最新技術に関する知識やスキルを身につけておくことで、高単価案件を獲得しやすくなるでしょう。

クラウドやセキュリティ関連のスキルを習得する

Rubyの案件では、案件によってさまざまなスキルが必要とされます。特にAWSなどのクラウドサービスの知識やセキュリティ関連のスキルがあると、高単価の案件を獲得しやすくなるでしょう。

コミュニケーション能力を向上させる

フリーランス向け案件の中でも、大規模案件になるほど高単価になる傾向があります。このような大規模案件では、クライアントだけでなくチームメンバーとも連携しながら開発を進めていく必要があるため、コミュニケーション能力が必要とされるでしょう。

Ruby on Railsのスキルを身につける

Rubyのフリーランス案件はもともと数が多いですが、Rubyの案件の80%程度はRuby on Railを利用する案件だと言われています。そのため、Ruby on Railのスキルを身につけておくことで、幅広い案件の中から高単価の案件を獲得できるようになるでしょう。


逆に言えば、Ruby on Railのスキルがなければ選べる案件の数が減ってしまうため、注意が必要です。

フルスタックエンジニアとしての役割を経験する

フルスタックエンジニアの経験が求められるような案件は、高単価な案件が多いです。フルスタックエンジニアとは、複数のエンジニア業務を1人でこなせるエンジニアのことを指します。


フルスタックエンジニアとしての役割を経験しておくことで、高単価案件を獲得できる可能性が高まるでしょう。

プロダクト責任者としての役割を経験する

プロダクト責任者としてのポジションの案件に参画できる場合、高単価な案件を獲得しやすくなるでしょう。


プロダクト責任者とは、プロダクトの企画から完成までの一連の業務に携わり、プロダクトを通して顧客満足度を向上することで、企業の利益を最大化するという役割を持ちます。


プロダクト責任者としての役割を経験するには、5年以上の実務経験や高度なスキルが必要とされるでしょう。

上流工程やPM職の経験を積む

上流工程やPMなどの経験があると、高単価の案件を獲得しやすくなるでしょう。一般的な企業勤めのエンジニアの場合、経験を積み上げることで上流工程やPMにキャリアアップしていくのが一般的です。


フリーランスの場合も同様に、上流工程やPMを担当できるスキルを持ったエンジニアは、クライアントにも評価されやすくなります。

さまざまな企業規模での開発を経験する

Rubyのフリーランス案件には、大企業の案件からベンチャー企業の案件まで、さまざまな種類があります。企業が変われば開発の仕方や求められるスキルも変わるため、大企業の案件で経験を持つエンジニアがベンチャー企業でも活躍できるわけではありません。


そのためさまざまな企業規模での案件を経験し、実績を積んでおくことが大切です。


▼Rubyの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

Rubyのフリーランス案件を探す方法

Rubyのフリーランスエンジニアとして活躍するためには、まずは案件を確保できるようにすることが大切です。フリーランスが案件を探す方法としては、エージェントやクラウドソーシングを利用する方法の他に、SNSなどを活用する方法もあります。


ここでは、Rubyのフリーランス案件を探す方法について解説していきます。

SNSを使って探す

近年では、SNSを活用して案件獲得をしているフリーランスエンジニアも多いです。Rubyを扱うフリーランスエンジニアが集まるSNSを利用し、Rubyの案件を探すのも案件獲得におすすめです。


また、SNSで自分のスキルや案件を探している旨を定期的に発信することで、興味を持ったクライアントから声をかけてもらえる可能性もあります。


Rubyは、SNSを活用しているベンチャー企業が開発に採用しているケースも多い言語であるため、SNSから案件獲得に繋がる可能性は十分あると言えるでしょう。

エージェントを使って探す

フリーランス向けのエージェントを活用して、Rubyの案件を探す方法もあります。エージェントであれば、個人では獲得することが難しい大手企業の案件も、紹介してもらえる可能性があるでしょう。


また、案件紹介だけでなく、契約や税金関係のサポートを受けることもできるため、フリーランスは案件対応に集中することができます。ただし、エージェントでの案件獲得には、ある程度のスキルが求められるケースが多いので注意しましょう。

クラウドソーシングサービスを使って探す

クラウドソーシングサービスを利用して、案件を探しているフリーランスエンジニアも多いです。クラウドソーシングサービスにはさまざまな案件が掲載されているため、自分で案件を選んで応募することができます。

知人からの紹介で受注する

知人からの紹介で、Rubyの案件を獲得する方法もあります。以前勤めていた会社での知り合いや、フリーランスの友人などにRubyの案件を探している旨を伝えておけば、知人からのツテで案件を紹介してもらえることもあるでしょう。


実際に、知人からの紹介で仕事を獲得しているというフリーランスも多いです。

Rubyのフリーランス案件探しに役立つ求人サービス

Rubyの案件探しにエージェントなどの求人サービスを利用したい、と考えている人も多いでしょう。ここでは、Rubyのフリーランス案件探しに役立つ求人サービスを紹介します。

SEES

SEESは、40代から60代のフリーランス向け案件検索サイトです。年齢不問の案件を多数保有している求人サイトとなっており、40代以上のシニアエンジニアに使いやすいサービスとなっています。


言語や勤務地、ポジションなどの条件で案件を検索することができるため、RubyのPM案件など、条件を絞って希望の案件を探すことができます。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、保有している案件数が非常に多い案件紹介サービスです。専任のコーディネーターが顔合わせに同席してくれるなど、サポートも手厚いため、フリーランスとして独立したばかりの人にもおすすめです。


また、フリーランスを支援する福利厚生サービスも提供しているので、どのエージェントが良いのか迷った場合はレバテックフリーランスを押さえておくと良いでしょう。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、フリーランスやIT起業家などの自立を支えている案件紹介サービスです。週2日からの案件やリモート案件なども扱っているため、自分の希望に合ったフレキシブルな案件を見つけられるでしょう。


また、専属エージェントによる契約交渉や債権管理などのサポートを受けられる点も、特徴です。

Bizlink

Bizlinkは、ハイクラス向けの案件も豊富に取り扱っている、フリーランスマッチングサイトです。週1稼働の案件やリモート案件など、さまざまな案件を扱っているため、フレキシブルな働き方も実現できるでしょう。


また、専任コンサルタントによる案件獲得に向けたサポートや税金サポートなどを受けられる点も、ポイントです。

Midworks

Midworksは、正社員並みの福利厚生を提供しているITフリーランス向けエージェントサービスです。給与保証制度や税務保障など、正社員のような待遇を用意してくれるため、フリーランスとして独立することに不安を感じている人にもおすすめです。


また、週3日からの案件やリモート案件なども扱っているため、自分に合った案件も見つけやすいでしょう。

Ruby案件探しに求人サービスを使うときの選び方

フリーランス向けの求人サービスにもさまざまな種類があるため、どのサービスを利用すれば良いのかわからないという人も多いでしょう。


ここではRuby案件探しに求人サービスを使うときの選び方を紹介していきます。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

高単価な案件があるか確認する

フリーランス向けエージェントの多くは、サイト上で案件の一部を公開しています。そのため、登録前に案件をチェックして高単価な案件があるかどうか確認しておきましょう。


ただし、高単価な案件を受注するには、必要とされるスキルを身につけ、経験を積んでおく必要があります。

Ruby案件を多く扱っているか確認する

エージェントによって扱っている案件の分野には違いがあります。そのため、Ruby案件を豊富に扱っているエージェントを選ぶようにしましょう。


たとえばWeb系に強いエージェントやベンチャー企業案件を多く扱っているエージェントであれば、Ruby案件も多くあることが予想されます。

対応エリアを確認する

サービスによっても対応エリアには違いがあります。たとえば、東京や大阪などの都市部のみに対応しているサービスも多いです。


そのため、自分自身が案件を探しているエリアに対応しているかどうか確認するようにしましょう。

Rubyのフリーランスエンジニアになるコツ

Rubyのフリーランスエンジニアを目指している人の中には、エンジニア未経験からフリーランスになる方法が知りたい、という人もいるのではないでしょうか。


フリーランスエンジニアは会社勤めでエンジニアを経験し、実績を積んだ後に独立するのが一般的です。しかしそのためには、Rubyのスキルを習得する必要があるでしょう。


ここではRubyのフリーランスエンジニアになるコツについて解説しますので、参考にしてみてください。

抽象化して考えることを習慣化する

Rubyを効率的に習得するには、抽象化して考えることを習慣化することがポイントです。Rubyなどのプログラミング言語を学ぶ場合、具体的な内容を学んでいくことも大切ですが、それだけではすぐに上達するのは難しいでしょう。


たとえば、技術本を使ってRubyの基礎を学習していると、書いてあることを丸暗記してしまいがちです。しかし書いてあることを暗記するのではなく、なぜそのようなルールになっているのかに疑問を持ち、さまざまな仮説を立てながら考えることが大切です。

未経験の場合はオンライン学習サービスを利用して勉強する

未経験からRubyのフリーランスエンジニアを目指すのであれば、初心者向けのオンライン学習サービスを利用して勉強するのがおすすめです。


オンライン学習サービスであれば、書籍を利用した座学よりも学習のハードルが低く、実際に手を動かしながらプログラミングに慣れていくことができます。


有名なオンライン学習サービスとしては、Progateやドットインストールがあります。これらのサービスでプログラミングに慣れてきたら、Skill Hacksを利用して基礎を固めていくと良いでしょう。

Rubyを扱うフリーランスエンジニアにおける将来の展望

Rubyは、さまざまな有名Webサービスの開発にも採用されている言語であるため、今後Rubyの需要が急になくなるということは考えにくいでしょう。また、新規開発でもRubyが採用されるケースも多いため、Rubyを扱うフリーランスエンジニアは今後も需要があると言えます。

Rubyを扱うフリーランスエンジニアを目指そう

Rubyは、WebアプリやWebサービス開発で需要の高い言語です。ぜひ、本記事で紹介したRubyのフリーランス案件の内容や高単価案件を獲得する方法などを参考に、高単価案件を獲得できるRubyのフリーランスエンジニアを目指しましょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/05/12

2022/11/07

取引先5,000社以上の豊富な案件を毎日更新!
非公開案件から「あなたにぴったりの案件」をご提案します。