シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

PHPを扱うエンジニアの全体的な平均年収は?雇用形態別での比較も紹介

PHPを扱うエンジニアの平均年収はどのくらいなのでしょうか。本記事では、雇用形態別から見るPHPを扱うエンジニアの平均年収や実務経験年数から見る単価相場の変動、年収を向上させる方法などを紹介しています。参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「PHPエンジニアってどんな仕事?」
「PHPを扱うエンジニアの平均年収ってどのくらいなの?」
「PHPを扱うエンジニアとして年収をアップさせるにはどんな方法がある?」


このように、PHPエンジニアがどのくらいの年収を得られる仕事なのか知りたい、という人もいるのではないでしょうか。


本記事では、PHPエンジニアの仕事やPHPを扱うエンジニアの全体的な平均年収などを紹介しています。本記事を読むことで、PHPエンジニアの平均年収について把握することができるでしょう。


また、PHPを扱うエンジニアが年収を向上させる方法についても紹介するため、PHPエンジニアとして年収アップを目指しているという人も参考にできます。


PHPを扱うエンジニアの平均年収について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

PHPとは?

PHPとは、Web開発に特化したサーバーサイドのプログラミング言語です。WebサイトやWebアプリケーション開発に用いられる言語であるため、Web開発周りでのPHPエンジニアの需要は非常に高いと言えます。


また、インタプリタ言語であるPHPは、実行する際にコンパイルする必要がないため、その場でプログラムの実行結果を確認できます。さらに構文もシンプルであるため、初心者からでも習得しやすい言語だと言えるでしょう。

PHPエンジニアの仕事

PHPエンジニアの仕事内容としては、システム改修や要件定義、Webシステム開発などが例として挙げられます。ここではPHPエンジニアの仕事を紹介します。


どのような仕事があるのか参考にしてみてください。

システムの改修

PHPで開発されたWebサイトやWebアプリケーションは世界中にありますが、PHPで開発されたシステムの改修や保守などもPHPエンジニアの仕事です。


また、Webサイトの構築や管理に用いられるCMSであるWordPressではPHPが採用されているため、WordPressで構築されたWebサイトのメンテナンスを行う際にも、PHPのスキルが必要とされます。

要件の定義と設計

要件定義やシステム設計も、システム開発の上流工程の業務に携わるPHPエンジニアの仕事となります。


PHPエンジニアを目指す場合は、システム開発や保守などの業務で経験を積み上げておき、上流工程の業務に携われるようになっておくと良いでしょう。

Webシステム開発

PHPエンジニアの仕事の中でも多くを占めているのが、Webシステム開発です。PHPで開発されているWebシステムには、Webサービスやクラウドシステム、Webサイトなどさまざまなものがあります。


また、Webシステム開発では他のシステムとのAPI連携など、ユーザーの利便性を向上するための機能を持たせるケースも多いです。PHPエンジニアとして仕事をすることで、人の役に立つ仕事をしているというやりがいを感じることもできるでしょう。

PHPを扱うエンジニアの全体的な平均年収

企業や働き方などによって変動しますが、PHPを扱うエンジニアの平均年収は350~650万円程度となっています。


未経験から、PHPエンジニアになったばかりの場合の年収は350万円ほどとなりますが、経験を積み上げることで450万円~600万円ほどの年収を得られるようになるでしょう。


ただし、PHPエンジニアとして働くにはPHPだけでなく、HTMLやCSSの知識、SQLを扱うスキルなどが必要になります。

雇用形態別から見るPHPを扱うエンジニアの平均年収

PHPを扱うエンジニアとしての働き方には、正社員の他にフリーランスがあります。同じようにPHPを扱うエンジニアであっても、働き方によって年収にも違いがあります。


ここでは、雇用形態別から見るPHPを扱うエンジニアの平均年収について解説しますので、参考にしてみてください。

フリーランスの場合

フリーランスとして週5日働くPHPエンジニアの場合、平均年収は540万円ほどになるでしょう。どのような案件を獲得するのかによって、フリーランスエンジニアの年収も変わりますが、PHPの場合は比較的小規模な開発案件が多い傾向があります。


そのため、他のプログラミング言語のような高単価の案件はあまり多くはありません。しかし、フリーランスの場合は正社員として働く場合よりも年収が高くなるケースが多いため、PHPのフリーランスエンジニアとして独立することで、年収をアップさせることも可能になるでしょう。

正社員の場合

正社員として週5日働くPHPエンジニアの場合の年収は、480~1,200万円と非常に幅が広いです。ただし、高額な年収を得られるPHPエンジニアになるには、PHPでの5年以上の実務経験年数やスキルが必要となります。


年収の高い企業に転職する場合は、大規模開発などの経験を持つPHPエンジニアが転職に成功しやすいでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

PHPエンジニアの実務経験年数から見る単価相場の変動

フリーランスのPHPエンジニアの単価相場は、経験年数によっても変わります。週5日勤務で働くフリーランスのPHPエンジニアの場合、実務経験が1~2年の場合は月間の単価相場としては40~50万円ほどになるでしょう。


また、実務経験が3~4年以上になると、月間の単価相場としては50~80万円ほどとなります。


なお、実務経験が4年以上になれば、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーなどのポジションを任せられるケースもあるため、上流工程の経験によってその分単価相場が上昇する可能性もあります。

PHPを扱うエンジニアが年収を向上させる5つの方法

PHPエンジニアが年収をアップさせるには、特定のスキルや経験、資格などを取得して、他のPHPエンジニアと差別化する必要があります。そして市場価値の高いPHPエンジニアになれば、年収をアップさせることができるでしょう。


ここではPHPを扱うエンジニアが年収を向上させる方法を紹介します。

1:コミュニケーションスキルを身につける

システムやソフトウェア開発は基本的にチームで行うことになるため、他のエンジニアと連携を取りながら業務を進める必要があります。そのため、PHPエンジニアとして年収アップを目指す場合は、コミュニケーションスキルが必要になります。


高度なコミュニケーションスキルを持ったPHPエンジニアであれば、スムーズに開発作業を進めることができるでしょう。

2:データベースと連携できるスキルを身につける

WebシステムやWebアプリケーションでは、取り扱うさまざまなデータをデータベースに格納することになります。そのため、PHPエンジニアとして年収をアップさせるには、データベースと連携するスキルを身につける必要があります。


PHPで開発したWebシステムとデータベースとを連携するには、データベース操作言語であるSQLのスキルを習得するようにしましょう。

3:Web開発で多く使われる言語を扱えるようにする

PHPはWeb開発に特化したプログラミング言語ですが、他にもHTMLやCSS、JavaScriptなどさまざまな言語が用いられます。また、データベースとの連携を行うSQLも用いられます。


そのため、Web開発に用いられるさまざまな言語を扱えるようになることで、さまざまな案件に対応できるようになるため、年収アップにも繋がるでしょう。

4:下流から上流までの開発を経験する

システム開発は、要件定義や設計などを行う上流工程と、プログラミングやテストなどを行う下流工程に分けることができます。下流工程だけでなく、上流工程まで対応できるようなPHPエンジニアは企業にも重宝されるため、年収アップに繋がるでしょう。


また、一般的に上流工程に携わるエンジニアの方が年収も高くなるため、システムエンジニアからプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーへのキャリアアップを目指すと良いでしょう。

5:高レベルの資格を取得する

高レベルの資格を取得することで、PHPエンジニアとして年収アップに繋がる可能性が上がります。資格を取得すると一定の知識がスキルを証明できるようになるため、転職の際のアピールポイントになったり、クライアントからの信頼を得られたりすることにも繋がるでしょう。


PHPエンジニアの場合は、エンジニアとしてのスキルを証明できる情報処理技術者試験や、PHPのスキルを証明できるPHP技術者認定試験などを取得するのがおすすめです。

PHPエンジニアの求人を探す方法

PHPエンジニアの求人を探す方法としては、求人サイトやエージェント、クラウドソーシングを利用する方法が挙げられます。これらのサービスを活用することで、継続的に案件を獲得しやすくなるでしょう。

▼PHPの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

PHPのエンジニアを目指すときは年収も把握しておこう

雇用形態や実務経験年数などの違いによって、PHPエンジニアの年収は大きく異なります。


ぜひ本記事で紹介した、PHPを扱うエンジニアの平均年収や年収を向上させる方法などを参考に、PHPエンジニアとして年収アップを目指してみましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/05/12

2022/08/22