シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

C#エンジニアに役立つ資格6選|取得するメリットや勉強方法を紹介

C#エンジニアに役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。本記事では、C#の概要やC#エンジニアが資格を取得するメリット、C#エンジニアに役立つ資格や勉強方法などを紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「C#を扱うエンジニアが資格を取得するメリットって?」

「C#エンジニアに役立つ資格にはどんな種類があるの?」
「資格取得のためにはどんな勉強を行えばいい?」


このように、C#を扱うエンジニアにはどのような資格が有効なのか知りたいと考えている方もいるのではないでしょうか。


本記事では、C#エンジニアに役立つ資格を6選紹介しています。この記事を読むことで、C#に関連した資格にはどのような種類があるのか把握できるでしょう。


また、C#資格取得のための勉強方法についても解説しているため、資格取得の参考にしてみると良いでしょう。


C#エンジニアに役立つ資格について知りたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

プログラミング言語C#とは?

C#はMicrosoftが開発したプログラミング言語です。Microsoftが開発したということもあり、Windows向けのアプリケーション開発に用いられるケースが多いです。


C#はC++やJavaのメリットを組み合わせて開発された言語で、名前からC言語やC++の後継と思われるケースが多いですが、それほど近い言語ではないため、別のプログラミング言語だと考えて良いでしょう。

C#エンジニアの現状

現在C#の習得を検討しているという方の場合、C#エンジニアの需要や将来性、平均年収を知りたいと考えている場合も多いでしょう。ここではC#エンジニアの現状について解説していくため、参考にしてみてください。

需要と将来性

C#はさまざまなプログラミング言語がある中でも、安定的な需要がある言語です。C#はMicrosoftが開発した言語ということもあり、Windows関連の開発やゲーム分野などで、今後も需要が期待できるでしょう。


また、C#はロボットの制御や、現在注目されているAI開発の分野でも活用できる言語ということもあり、C#エンジニアには将来性があると言えます。

平均年収

C#エンジニアの平均年収は経験やスキルなどによっても異なりますが、400〜500万円前後となっています。


未経験からC#エンジニアになった場合は、年収が300万円台という場合もありますが、高いスキルを持ったC#エンジニアであれば、年収1,000万円を超えるケースもあるでしょう。

▼C#の案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

C#エンジニアが資格を取得するメリット

C#エンジニアは資格が必須の職種ではないため、資格がなくてもC#エンジニアになることは可能です。しかし、C#に関する資格やC#を使った開発に役立つ資格を取得することにより、さまざまなメリットが期待できるため、取得するのがおすすめです。


ここでは、C#エンジニアが資格を取得するメリットについて解説していきます。

フリーランスならスキル証明になり案件獲得をしやすくなる

フリーランスのエンジニアにもっとも必要とされるのは技術力ですが、技術力を客観的に証明することは難しいでしょう。そのため、資格を取得しておけば、一定以上の知識やスキルを保有していることを証明できます。


クライアント側にしてみれば、同じような実績のフリーランスエンジニアが複数いる場合、スキル証明ができる人の方に仕事を依頼したいと考えます。そのため、資格取得によって、案件を獲得しやすくなる可能性があるでしょう。

就職・転職時に有利になる

前述のとおり、資格を取得することで、知識やスキルを持っていることを客観的に証明できます。そのため、就職や転職活動を行う際に有利になる可能性があります。


さらに、キャリアアップを目指す場合にも資格取得は役立つでしょう。

C#エンジニアに役立つ資格6選

C#エンジニアに役立つ代表的な資格としては、Microsoftが認定しているMicrosoft認定資格などがあります。他にも、データベースのスキルを測るORACLE MASTERや経済産業省が認定している情報処理技術者試験なども、C#エンジニアの業務に役立つでしょう。


ここでは、C#エンジニアに役立つ資格について紹介していきます。資格取得を通してスキルアップを目指したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

1:Microsoft認定資格

Microsoft認定資格は、Microsoftが認定しているベンダー資格です。Microsoft製品やバージョンごとにさまざまな種類の試験が設けられており、開発者や管理者などの役割に合わせた資格が提供されています。


ここでは、Microsoft認定資格の中でもC#エンジニアに役立つ資格を紹介します。

試験AZ-220 Microsoft Azure IoT Developer

「試験AZ-220 Microsoft Azure IoT Developer」とは、Azureを利用したIoTソリューションの開発スキルを証明できる資格です。主に、IoTソリューションインフラストラクチャの実装スキルや、デバイスのプロビジョニングと管理などのスキルを評価します。


C#とAzureを活用したIoTソリューションの開発を行う場合に、役立つ資格だと言えるでしょう。

2:Unity 認定資格

Unity認定資格とは、ゲーム開発エンジンであるUnityに関するスキルの主熟度を、評価する資格です。Unity認定資格には4つのレベルがあるため、自分のUnityのスキルによって適切なレベルを選べます。

3:ORACLE MASTER

ORACLE MASTERとは、日本オラクル社が認定しているベンダー資格です。資格勉強を通して、データベース関連の業務を行うエンジニアに必要なスキルを体系的に学べます。


認定パスは現在「Bronze」「Silver」「Gold」の3つに分かれており、Bronzeではデータベースに関する基礎知識、Silverでは運用管理やSQLの基礎知識、Goldではバックやリカバリ、アーキテクチャなど、高いデータベースに関するスキルを証明することができます。

4:基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは、情報処理技術者に必要な知識を証明できる、IT系の国家資格です。経済産業省が認定している情報処理技術者資格の試験区分の1つで、基本的なIT知識や技能を測る試験です。


試験では幅広い分野から問題が出題されるため、C#に限らず、ITエンジニアに必要な知識を身につけることができるでしょう。


出典:基本情報技術者試験(FE)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

5:応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験のワンランク上の国家資格です。基本情報技術者試験と同じく、情報処理技術者試験の試験区分の1つで、応用的なIT知識や技能を測る試験となっています。


取得することで、C#を使ったシステム開発で高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。


出典:応用情報技術者試験(AP)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html

6:システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験とは、システム開発の上流工程であるシステムアーキテクト業務に必要な、知識やスキルを証明できる国家資格です。


情報処理技術者試験の試験区分の1つですが、特に難易度の高い高度情報処理技術者試験に含まれます。


情報システムや組み込みシステム、IoTシステムなどの開発に必要な要件定義などやアーキテクチャ設計スキルを測る資格となっているため、C#を扱う上級エンジニアを目指す人におすすめです。


出典:システムアーキテクト試験(SA)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sa.html

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Microsoft認定資格で注意すること

Microsoft認定資格は、定期的な見直しにより、既存の資格が廃止されることもあります。そのため、Microsoft認定資格の受験を検討する場合は、資格が廃止されていないか、廃止予定になっていないか確認するようにしましょう。

C#資格取得のための勉強方法

本記事でも紹介したC#関連の資格取得を目指す場合、書籍や学習サイトなどを活用して十分な勉強を行う必要があるでしょう。


ここでは、C#資格取得のための勉強方法について紹介します。

参考書や過去問題で勉強する

C#エンジニアに役立つ、資格に関連した参考書や過去問題集などの書籍が販売されているため、書籍を使って勉強するのがおすすめです。参考書によって資格取得に役立つ知識を習得し、過去問題を繰り返すことで問題の傾向に慣れることができるでしょう。

認定公式サイトを活用する

C#エンジニアに役立つ資格の中には、公式サイトでウェビナーなどを公開している資格もあります。公式サイトを利用することで、資格の全体像を把握しながら学習を進めることができるでしょう。

学習サイトを活用する

学習サイトは、インターネット環境があれば出先でも学習することができます。学習サイトを活用することで、隙間時間を活用して効率よく試験勉強を進めることができるでしょう。


また、学習サイトは無料で利用できるサイトも多いため、学習にかかる費用を抑えることができます。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールであれば効率的にプログラミングを学べるため、資格勉強にも役立ちます。また、講師から直接指導してもらえるため、学習のモチベーションも保ちやすいでしょう。

C#エンジニアに役立つ資格の概要を理解しよう

C#エンジニアに役立つ資格を取得することで、案件獲得や転職などに役立ちます。ぜひ、本記事で紹介したC#エンジニアが資格を取得するメリットや役立つ資格などを参考に、C#エンジニアに役立つ資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/02/24

2022/10/21