Webデザイナーはフリーランスで働く人も多い仕事で、独立を目標にする方にとって魅力的な仕事なものの、専門的で疑問も多いはずです。


「そもそもフリーランス、Webデザイナーってどういう意味?」
「フリーランスのWebデザイナーになるにはどうしたらいい?」
「仕事の取り方、求められるスキルは?」


このような疑問を持つ方も多いでしょう。


この記事では、基本的なWebデザイナーの概要からスキルや仕事獲得のアドバイス、経験者のみならず、未経験者でも目指せるフリーランスのWebデザイナーのなり方について解説しています。読むと一通りを知ることができるでしょう。


自由なフリーランスとして仕事をすることを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスのWebデザイナーの仕事内容

Webデザイナーという仕事、フリーランスという言葉の意味を説明します。Webデザイナーとは、クライアントから依頼を受け、Webサイトの「見た目」に関する配色や形をデザインする職業のことを言います。


フリーランスとは、企業や団体に所属せず個人で仕事を請け負う人を指します。


Webデザインは素人が行うこともあります。しかし専門的なスキルが多く、素人には複雑なサイトを作るのが難しい部分もあり、存在する多くのWebサイトがデザインを外注したものです。


2020年時点でWeb制作会社は約17,000社あり、多くのデザイナーが会社へ所属していますが、一方でフリーランスが多い職でもあります。


フリーランスのWebデザイナーの仕事は会社に束縛されないため、ほとんど自由に時間や場所を選ばず仕事ができることが大きな魅力と言えます。

Webデザイナーとエンジニアの関係性

近年スマホアプリ開発の発展により、エンジニアとWebデザイナーなどの他の専門のスキルを持つ者同士の相互理解が求められるようになってきました。スマートフォンの普及により、ホームページ制作よりもスマホアプリ制作の需要が高まっています。


最低限エンジニアの知識を持つことにより相手の立場を知り、効率的に制作が行えます。デザイナーからエンジニアには「デザイン」の有益な提案で案内することが強みになるでしょう。

Webデザイナーの働き方

Webデザイナーの働き方もさまざまです。会社に所属する方法、フリーランスでも在宅で仕事をするのと「常駐」という、会社に社員として所属はしないものの会社に通う働き方があります。


それぞれにどのような違いがあるのかについて説明していくため、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスとして在宅で働く

パソコン一つあれば仕事ができるWebデザイナーは在宅で始めやすい職業ですが、本業のみならず副業として手軽に始める人も多いです。クラウドソーシングサービスの発達などにより、自宅で手軽にできる仕事自体も多くなりつつあります。


場所や時間に囚われずにライフスタイルに合わせ、少しからでも始めることができるWebデザイナーはフリーランスにぴったりの仕事と言えます。

フリーランスとして常駐先で働く

1~3ヵ月など一定の期間で契約を行い客先に常駐し、報酬は契約締結時に定めた金額が決められた期間に払われます。


正社員・派遣社員とは違い雇用関係は無く、仕事の成果や技術力を提供することにより報酬を受け取る「業務委託契約」を結びます。


在宅では全て自分次第で思うようにいかないことも多いかもしれませんが、常駐は案件も豊富で、中には有名企業の求人、エージェントからの紹介などチャンスが転がっていることもあります。企業の現場での経験はスキル獲得の良い機会となるでしょう。


フリーランスは在宅のみならず、一時的に常駐する働き方を選択することもできます。

会社員として働く

・インハウスデザイナー


企業の会社内でデザインを受け持つデザイナーのことを言います。会社が外注先に迷わず、無駄なコストもかかりません。そして、時間を掛けて一つのコンテンツに手を掛けてゆくことが大きな魅力と言えます。


・広告代理店・制作会社(受託会社)


一方受託会社は社外のクライアントから依頼されたWebサイトをデザインします。多様な依頼が来る企業でのデザインはキャリアを積むことができます。

フリーランスのWebデザイナーの年収

Webデザイナー全体の年収は厚生労働省の職業情報提供サイトによると478.6万円ですが、フリーランスは自分次第だと言える部分があるでしょう。高収入のデザイナーもいる一方、継続的な仕事が無ければ収入は厳しくなります。


令和2年5月内閣官房日本経済再生総合事務局のフリーランス実態調査結果によると、本業として仕事を行うフリーランス全体の年収は200万円以上~300万円以下の人が最も多く、副業として行うフリーランスの年収は100万円以下が最も多いというデータがあります。


本業のフリーランスも存在する一方、副業としてスキマ時間から始める人も多い仕事です。フリーランスは人によって年収が大きく変わるため、頑張りによっては高収入を望めます。


出典:令和3年賃金構造基本統計調査|内閣官房内閣広報室
参照:https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/koyou/report.pdf


出典:Webデザイナー|厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)
参照:https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/326

フリーランスのWebデザイナーが厳しいと言われる理由

フリーランスのWebデザイナーはもちろん楽なことばかりではなく、厳しい現実もあります。会社に囚われないことは大きなメリットではありますが、それによりこれからの方向はほとんどが自分次第となってしまいます。


まだ需要も多いWebデザイナーですが、インターネット業界自体での勢力の変化で風向きも変わりつつあります。

スケジュール管理をしっかりと行わなければならない

フリーランスのWebデザイナーはスケジュールの管理、同時進行をしている仕事の調節など、一人で事務処理をしなければなりません。失敗をしてクライアントとのトラブルを抱え込んでしまう危険もあり、しっかりと責任を持ち管理する必要があります。


働いた分だけ報酬が発生するフリーランスは、労働時間の管理がうまくいかないと長時間労働が続く危険性があります。


体調面を含めてスケジュール管理は大切です。

細かい修正の依頼が発生しやすい

いくら技術があってもそれぞれのクライアントの理想を叶えたWebサイトを作るのは厳しく、お互いのイメージが合わないことは当たり前にあります。色や形などの調整が頻繁に起き、幾度も修正に追われてしまうこともあるでしょう。


ぜひ修正を乗り越えるスキルを持って挑んでみてはいかがでしょうか。

完成するまでの工数を算出しづらい

ここで工数とは、制作作業にかかる作業時間のことを指します。その見積りがWebデザインの作業では算出しづらく、完成まで先が見えません。


デザインは正解が無い作業です。実作業が終わっても何度も見直し、ブラッシュアップを繰り返します。それでもなおクライアントからの修正依頼が続くことも多く、その作業で疲れてしまう可能性があります。


デザインの多様性はWebデザイナーの醍醐味ではありますが、それに対する覚悟も必要です。

品質が高く安価なテンプレートが登場している

最近は無料・有料で高品質なテンプレートを使い、手軽にサイトを作る人が増えてきました。ホームページを作ることが簡単になったことはもとより、更に手軽な無料Webサイトツール・SNSなどが増加した結果、ホームページを持たない法人・個人が増えてきたことも事実です。


まだ需要が高い職業ですが、Webデザインの受注自体は減りつつあります。そのため、簡単なコンテンツでは表現できないスキルを身に付けることが大切です。

大手企業ではWebデザインチームの内製化が進んでいる

インターネットの発達により、オンラインマーケティングのスピード、会社の理念に沿ったサイト運用が重要になりつつあります。そのため、「ただサイトを作る」だけの外注は減り、企業で直接デザインを行うインハウスデザイナーの起用が増えゆく傾向があります。


流れに乗るためにも、新たなスキルを常に身に付けましょう。

フリーランスのWebデザイナーに求められる7つのスキル

簡単でない仕事の上、雲行きも変わりつつあるフリーランスのWebデザイナーです。しかし、それにもかかわらず大きく活躍している人もいます。


業界で活躍するにはどのようなスキルを身に着け行動すればよいのでしょうか。

1:コミュニケーションスキル

意外と欠かせないのがコミュニケーションスキルです。クライアントの希望やチームメンバーの意向を聞いて判断し、協力して目標へ向かうコミュニケーションが重要になります。


時にはアイデア、ノウハウを提案し深く関わることで導き、良い方向へ進め活路を見出すことで差をつけることができます。

2:情報を発信するスキル

発信も重要となってきています。ブログやポートフォリオ、SNSなどのインターネットコンテンツは必須の時代です。


SNSは無料で始められる上、多くの人が利用します。情報発信による繋がりは信頼感を得ることができるのみならず、閲覧し興味を持つ人も現れ、DM(SNSのダイレクトメール機能)での依頼をもらえる場合もあります。


気軽な宣伝もできる上、クライアントとのコミュニケーションツールとして活用できるSNSは現代では必須になっています。

3:タスクを管理するスキル

自立をすると抱え込みがちなのは、スケジュールや事務処理といったタスク管理です。「タスク」とは仕事の作業が区切られ細分化されたものです。一つ一つの作業を細分化し優先順位をつけることで、正確に業務内容を把握します。


タスク管理に躓いてしまうと、クライアントに迷惑を掛けてしまい信頼を得ることができません。また、トラブルを起こしてしまった時も、業務の内容を把握していれば原因が特定しやすく、トラブル回避に繋がります。


アプリなどを使用し、細かなタスク管理を忘れないようにしましょう。

4:プログラミングのスキル

Webデザイナーはプログラミングができなくてもなることができる仕事です。本来必要なのはデザインのスキルです。プログラミングを理解していない場合、現実的でないデザインにしてしまい工数が増えて修正が増えてしまいますが、覚えることにより減らすことができます。


プログラミングを習得すれば、システムの構築も行うことができ、一人でできることが増え収入の増加が望めます。


スキルを増やすことにより仕事の幅を増やしてみてはいかがでしょうか。

5:デザインに関するソフトを扱うスキル

Adobe製ツールでのデザインは基本的な仕事です。これに少しでもプログラミングのスキルがあればなお良いでしょう。


Photoshop、Illustratorはデザインに特に必須なツールで、常に最新の情報を知り使いこなすことが大切です。基本的にAdobeの全てのツールを取り入れることを推奨しています。


Adobe Creative Cloud「コンプリートプラン」に契約し機能を学び、条件に左右されず依頼を受けることで仕事の場を増やすことができます。

6:マーケティングに関する知識とスキル

クライアントに良い提案をすることで仕事に説得力を出すことができます。「SNSで広告を出し、幅広く宣伝をする」「ターゲット層の年齢、性別に合わせる」などといった事柄を踏まえてデザインを案内し、深く関わり信頼を得ることができます。


Webサイトのマーケティングを学ぶ場合、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)の学習をすることで、検索エンジン上での宣伝、ターゲットを絞る手助けになるでしょう。


マーケティングに関するスキルは必須ではありませんが、身に着けることで強みにすることができるでしょう。

7:営業のスキル

フリーランスになると自分で仕事を見つけなければいけません。仕事が無ければ全く稼げないこともあるでしょう。自分から進んで連絡を取って仕事を探さなければいけない場面もあります。


普段の人間関係も大切にすることで、仕事に困らず生活を安定させることもできるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

フリーランスのWebデザイナーの仕事の取り方

SNSでの集客、クラウドソーシングでの案件獲得、地域への営業や身の回りの関係からの依頼、どれも似て非なるものです。


地道な作業ですが、一つ一つの営業が信頼を得るチャンスとなり得ます。具体的にどのような仕事の取り方をすれば良いのでしょうか?

SNSやポートフォリオサイトから集客する

現代は特に、SNSとポートフォリオといったインターネットの宣伝が重要になります。


SNSでのコミュニケーションや集客が主流になり、TwitterやInstagramでの簡単な「集客サービス」も多く存在するようになりました。


ポートフォリオサイトはWebデザイナーとしてのアピールポイントを伝える上でも大きな役割を果たし、フリーランスのWebデザイナーならではの印象に残るポートフォリオサイトの作成をしたいものです。


SNSとポートフォリオサイトを連携させることで、ポートフォリオサイトを見て興味を持ってくれた人がSNSにDMを送って依頼をしてくれる可能性もあります。


デザインセンスや人となりを気に入ってくれる人が現れると、仕事を得られる可能性が高まります。

クラウドソーシングサイトに登録して案件を獲得する

クラウドソーシングとは、インターネットプラットフォーム上で、コンペや競争入札により仕事を依頼したい人、受注する人を仲介する業務形態です。未経験歓迎など、副業として気軽に始められる案件が多く、自分の形に合った仕事を選択することができます。


未経験の人はまず、できそうな案件を選択し実績を積むことでスキルを身に着けるのがおすすめです。

地元の小さな企業や個人経営者などへ営業をする

ネットの普及により、小さな企業や個人経営のお店でもWebサイトを持つことが当たり前になってきた時代です。良いサイトがあれば集客を望めることを認識している経営者も多いはずですが、小さな企業では予算や人手が足りずに古いサイトを放置している企業、お店があります。


限られた予算の中でもターゲットに合ったデザインを提案することにより、思わぬところから案件を得られることがあります。

知人や友人から依頼してもらう

企業などでこれまで実績を積んできたWebデザイナーは、過去に勤めた企業の手伝い、知人からの紹介で案件を獲得する機会が多いでしょう。


自分を知る人からの依頼はスムーズに進めやすいです。良い人脈は重要になってきます。仕事で信頼を得られた場合、「口コミ」で仕事が舞い込むこともあります。


常日頃から人間関係を築き、交流を絶やさないことで継続した案件獲得が望めます。

稼げるフリーランスWebデザイナーとして安定した収入を得るポイント

「仕事の取り方」で紹介した通り、フリーランスのWebデザイナーの仕事を得て多く稼ぐことは難しく、長い道のりです。しかし、安定して稼いでいる人もいます。大きく活躍して稼げるWebデザイナーになることはフリーランスのみで独立する人としては理想です。


安定した収入を得るコツとは何でしょうか。紹介します。

デザイン+αのスキルを身につける

デザインのスキルを身に付けることは大切ですが、デザイン以外の役に立つスキルを身に付けることも大切です。マーケティングのスキルを高めることによりターゲットに合わせた提案ができ、仕事をより任せてもらえる可能性が高まります。


HTMLコーディングの知識があると便利です。HTMLとは、Webデザインをブラウザ上で見える形にするためのプログラミング言語です。プログラミングの知識があるとできることが広がります。


ほかにも余裕があればJavaScript、PHPなどの他のプログラミング言語も身に付けると更に良いでしょう。


Webディレクションの知識も役立ちます。Webディレクションとは、デザイナー、ライター、プログラマーなどをまとめ、ディレクターとして制作進行を行うことです。責任は重いですが、大人数のプロジェクトで大切な業務です。


Webデザイナーの仕事に更に付加価値を付けることで、高単価の案件を得ることができます。

受注する価格を安易に値下げしない

初心者であっても単価を下げることはおすすめしません。単価は下げることは簡単ですが、上げることは難しいからです。


単価を上げてしまうと、クライアントも驚いて注文を躊躇してしまいます。単価を下げると困るのはWebデザイナーです。仕事が無いうちでも無闇に単価を下げることはやめましょう。


スキルを身に付けて単価を上げていくことをおすすめします。

信頼できるクライアントを見極める

一対一が多いフリーランスだからこそ気を付けたいのは信頼できないクライアントです。


契約内容をおろそかにされたり、ハラスメントを受けたり報酬が払われなかったりするケースもあり得ます。関係省庁と連帯した相談窓口もありますが、できる限りそういったクライアントとは遭遇したくないものです。


予期せぬトラブルを避けるためにも、契約内容はしっかり確認し合い、危険だと思った場合は相談しましょう。

ポートフォリオサービスを活用する

一からポートフォリオを作るのは時間がかかります。大切だとわかっているものの、忙しさで手がつかないということもあるでしょう。そこで、始めのうちは画像データやURLがあればすぐにポートフォリオを作れるポートフォリオサービスの利用をおすすめします。


作成に関わったWebサイトや自分の実績をポートフォリオにまとめることで、自分のデザインの方向性や技術をクライアントにアピールできます。


依頼したいと考えているクライアントが気に入れば、注文を入れてもらえる可能性が上がります。

初めのうちはコンペ形式の案件には応募しない

コンペ(コンペティション)は、競技会を意味します。デザインは多くのコンペがあり、Webデザインのコンペも存在します。大型の案件のことも多く、選ばれると一度に数万円の収入を得ることもできます。


しかし、選ばれなければ収入は出ません。安定的に稼ぐことができないため、まだ自信が無く安定しない時期にはおすすめしません。


安定した発注を受けることができるようになった場合は、スキマ時間を利用してコンペに挑戦してみることで力試しになるため、自信がついてきたWebデザイナーは行ってみたいものです。


技術がついてきた頃には、経験として挑戦してみるのはいかがでしょうか。

ポートフォリオやプロフィールを充実させる

ポートフォリオとは、「自分の制作物をまとめたもの」です。自分の作品やプロフィールをまとめたサイトを作ることで、クライアントが実績を知り依頼を送る場合があります。


日々のポートフォリオやプロフィールの更新も大切になっていきます。一度作って完結するのではなく、中身もこまめにアップデートし、日々の活躍を見せることで信頼感が上がります。


自己と作品のアピールが充実していればクライアントも安心して依頼をすることができるため、営業を始める前に準備しておきましょう。

常に最新の情報にアンテナを張り制作を行う

流行や、新しいデザインや技術は次々と流れます。「pinterest」「deviantart」を英語検索して画像を得るなど、海外の最新のデザインを取り入れて常にレベルアップすることで案件の幅を増やすことができます。


常に最新の情報にアンテナを張り、最先端のWebデザインができれば多くの仕事を得ることが可能になります。

最新のスキルを取り入れている会社で働く

トレンドの勉強を怠れば、常に変わりゆくデザイン業界から取り残されてしまいます。そこでおすすめなのは周囲にWebデザイナーが多くいる企業で働くことです。常に最新の情報が入ります。


フリーランスとアルバイト、派遣社員の掛け持ちは、安定した収入を得られる上、スキルアップもできます。

独立する前に仕事を得られる人脈を作っておく

仕事を得るために重要な人とは、常日頃から長く付き合えるようにしておきましょう。思わぬところから依頼が来る可能性はあります。Webデザインの先生や友人など、困った時に相談できる相手も大切になります。


これからの人脈が広がるのも信頼関係次第です。丁寧に取り組みましょう。

未経験者がフリーランスのWebデザイナーになるには?

最近では、Webデザインのスクールや書籍、オンライン講座など知識を得る機会が多く、未経験からでもWebデザイナーの仕事を始める人もいます。


未経験の人がWebデザイナーを目指す方法をここで紹介します。

Webデザイナー専門のスクールを利用する

スクールに通う方法は近道かつ的確です。未経験からWebデザイナーになろうと発起しても、わからないことも多いはずです。独学でなることもできますが、フリーランスを目指すならば特にわからないことを解決できる環境が欲しいでしょう。


プロとして活躍する先生から、実際に仕事で役に立つ実践的な技術を教わることができます。

デザインの基本的なスキルを身につける

ソフトの使い方、Webサイトの言語、デザインのレイアウトや配色、理論などの基本的な知識を身に付けてからの独立が望ましいです。スキルが不足すると、何度も修正しなければならない事態となり迷惑を掛けたり、低い時給で働かなくてはいけなくなったりする可能性もあります。


最近は書籍や動画などで手軽に始めることができます。実技に強い多くの知識を身に付けましょう。

自身のポートフォリオサイトを作成する

デザイナー自身のWebサイトは評価の対象となるため、Webデザイナーならばぜひオリジナルのポートフォリオサイトを作ることをおすすめします。


活躍するクリエイターのポートフォリオはとても魅力的なサイト揃いです。好きなデザイナーのサイトを参考にしましょう。自分の個性を出したデザインはもちろん、コーディング技術がわかるように作成します。


学んだことを生かして存分にアピールをしていきましょう。

クラウドソーシングサービスを活用して実績を積む

クラウドソーシングサービスは、未経験の人でもできる案件も多く選べます。できそうな案件を選択することができるため、スキルに合った仕事から始めることができます。


未経験者、経験者問わずの多くの案件があり、実績、自信がついてきた頃には、より高単価な案件に挑戦することができます。


実績を積みながらスキルを伸ばすことはいかがでしょうか。

運営資金を準備しておく

フリーランスになると、会社員と違い安定した収入がありません。フリーランスになった直後は仕事があまりなく、収入が無い期間のために貯金することをおすすめします。


Adobeソフト、レンタルサーバーといった定期的な出費、パソコンが古い場合はスペックが高いものに買い替える必要もあります。


資金を用意して安心して独立できるようにしましょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

フリーランスのWebデザイナーについて知識を深めよう

目まぐるしく変わるWebデザイナー業界では、日々の学習と努力が重要となります。ここで紹介したことをぜひ参考にし、スキルをしっかりと身に付け、信頼のあるWebデザイナーを目指しましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300