「Webデザイナーは後悔すると言われるのは、なぜだろう?」
「Webデザイナーにならなければ良かった」
「Webデザイナーの離職率が高いって本当?」


このように、男女問わず人気の高いWebデザイナーですが、不安の声を聞くこともあるのではないでしょうか。


本記事では、なぜWebデザイナーは後悔すると言われているのかについてや身につけると良いスキル、Webデザイナーとして長く働くコツなどを紹介しています。この記事を読めば、Webデザイナーの基礎知識だけでなく、メリットやデメリットも理解できるでしょう。


また、Webデザイナーとして働き続けるためにやると良いことや、企業選びのポイントなども解説しています。Webデザイナーの将来性に不安を感じている方や転職を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

Webデザイナーの仕事について

Webデザイナーの主な仕事内容は、クライアントから依頼を受けてWebサイトのデザインを制作することです。


具体的には、クライアントのヒアリング、調査や分析、Webサイトの全体のレイアウト設計、デザインの制作、コーディング、プログラミングなどが業務内容になります。また、バナーやロゴ、アイコンを作成することもデザイナーの仕事です。


企業に所属するか、フリーランスで案件を受注するかによって業務内容にも差が出ますが、商品やサービス、企業のイメージに関わる重要な仕事と言えるでしょう。

WebデザイナーとWebエンジニアの違い

IT業界で人気な職種と言えばWebデザイナーですが、同様にWebエンジニアも人気の職種です。Webサイトのデザインを制作し、見える部分を作るWebデザイナーに対して、Webエンジニアはバックエンドの開発を担当します。


エンジニアの具体的な業務内容は、クライアントへのヒアリング、サイトの基本設計、設計書作成、プログラミングでシステム構築、システムのテスト、分析・修正などです。


働き方や職場によっても内容は変わりますが、サイトをゼロから作り上げて問題解決にも対応する仕事と言えるでしょう。


デザイナーもエンジニアも必須の資格などはありませんが、最先端のIT業界で働くには、それぞれの専門的知識やトレンドに敏感でなければいけない部分は共通していると言えます。

Webデザイナーは後悔すると言われる6つの要因

IT業界の中では転職しやすいと言われているWebデザイナーですが、なぜ「後悔する」というネガティブな意見が出るのでしょうか。


ここからは、後悔すると言われる要因を6つに分けて紹介します。Webデザイナーという仕事を「稼げそう」や「楽そう」などといった理由で目指そうとしている人は、ここで紹介する要因についても考慮して、自分が向いているかどうか考えてみましょう。

1:残業が多くなる場合がある

Webデザイナーが後悔すると言われる大きな要因の1つが、残業が多くなる場合があることです。


会社員でもフリーランスでも、クライアントに制作物を納品するところまでが仕事になります。納期までに完成させなくてはいけませんし、修正があれば対応しなければなりません。


また、クリエイター職は業務の区切りをつけることが難しく、こだわりを持てば持つほど作業が長引く傾向にあります。そのため、残業が多く激務になってしまうことが、後悔する要因になってしまうでしょう。

2:離職率が高いと言われている

離職率が高いという点も要因の1つです。離職率の正確なデータは公表されていないため実数値を測ることはできませんが、残業時間が多く激務であるなどの理由から、離職率が高い職種と言われています。この場合も、Webデザイナーが後悔する要因の1つになるでしょう。

3:働いてみて後悔する人がいる

どのような業界・職種においても、やめた人の中には前職に就いたことを後悔する人がいるでしょう。これは、Webデザイナーにおいても共通しています。


やめた理由は、残業時間の多さや給料の低さ、人間関係の悩みなどと様々です。働き始めてから後悔してやめてしまうことのないよう、どのような職場環境なのかを入社前にきちんと確認することが大切です。

4:将来性を不安視する声がある

Webデザイナーは、キャリアパスが狭いと言われることがあります。そのため、昇給が難しく、将来性に不安を感じてしまい、Webデザイナーになったことを後悔する人が多いです。


しかし企業によっては、Webデザイナーの経験があれば、Webディレクターのようなデザイナーを統括する職種や、Webマーケターのようなデザインのスキルや知見が求められる仕事に転向することが可能です。


企業選びの際には、違う職種へステップアップが可能な職場か、キャリアチェンジした先輩社員がいるかなどを確認すると良いでしょう。

5:複数の仕事を同時に進める必要がある

デザインスキルだけでなく、複数の仕事を同時に進めるマルチタスク能力が必要という点も、後悔する要因と言えるでしょう。


Webデザイナーと一言にいっても、業務内容はコンテンツ企画・提案、SEOの施策提案、デザイン設計、画像の選定・作成、コーディング、外注手配、書類作成等多岐に渡ります。そのためクライアントと話し合いながら、同時進行で様々な課題や施策を掘り下げなければいけません。

6:技術や流行の変化が激しい

Webデザイナーに限らず、IT業界やWeb業界は常に成長し続けている業界で、現在主流の技術も数年後には使われなくなるということも多いです。


そのため、Webデザイナーは日々の業務を取り扱いつつ、最新技術やトレンドを勉強していかなければならない点も、後悔する要因の1つと言えるでしょう。

Webデザイナーとして働く利点

Webデザイナーが後悔する要因を読むと、デメリットばかりの職種に感じるかもしれませんが、もちろんメリットもあります。


ここでは、Webデザイナーとして働くメリットを5つ紹介していきます。先述した後悔する要因と併せて理解しましょう。

職能を自分のものにできる

Webデザイナーに必要なスキルを身につけることができれば、Web業界だけでなく様々な企業からの需要が期待できます。これは、どの企業もWebを利用したプロモーションや販売戦略を行っているためです。


このことから、Webデザイナーとしての経験や得たスキルは、市場価値の高い職能と言えるでしょう。

副業として取り組みやすい

クラウドソーシングサイトなどで、Webデザインの案件を発注するクライアントが増加しているため、デザイナー個人でも案件を獲得しやすくなりました。


また、昨今働き方が見直されているため、会社員でも副業が可能な企業が増えています。本業と両立できる副業として、自宅で家事などと並行しながらできるWebデザイナーはおすすめと言えるでしょう。

スキルを身につけて独立できる

スキルを身につけると、独立してフリーランスとして働くことも可能です。


未経験でスクールに通っただけの実務経験がない場合は、最初から成功することは難しいですが、本業や副業で実務経験を積んでいる人であれば、案件を獲得しやすいでしょう。また、パソコンとネット環境さえあればすぐに独立可能なことも、メリットの1つと言えます。

長期的な需要がある

近年、ネット環境が普及し、コロナ禍の影響も相まって、インターネットを利用したビジネスやサービスが増えています。


そのような現状から、WebサイトやWeb広告の利用が増加するため、Webデザイナーは長期的な需要があると言えるでしょう。

在宅ワークができる

Webデザイナーは、先述したとおりパソコンとネット環境さえあれば業務が可能です。そのため、在宅ワークやリモートワークなど、働き方が自由な点もメリットと言えるでしょう。家事や育児をしながら働くことができ、作業時間も自分のライフスタイルに合わせて決定できます。


在宅ワークを取り入れている企業も増えており、独立しなくても理想の働き方を実現できる可能性があるでしょう。入社前に働き方について確認し、自分の求めている企業を探すと良いです。

Webデザイナーとして身につけておくと良いスキルや知識

Webデザイナーは、必ず持っていなければいけない資格がないため、IT業界の中では未経験の人でも挑戦しやすい職種と言えるでしょう。


しかし、案件を獲得する際には、専門の知識やスキルを持っている人の方が有利なことに変わりはありません。ここでは、Webデザイナーが持っていると良いスキルを解説していきます。

デザインツールを駆使できるスキル

Webデザイナーを目指すのであれば、デザインツールを駆使できるスキルが必要になります。


特に、Photoshopという画像編集ソフトとIllustratorというイラスト作成ソフトは、Webデザイナーなら必ず使用するデザインツールと言えます。


実務未経験でも、デザインツールを使いこなすことができれば、転職などにも有利になるでしょう。Webデザイナーとして案件を受注する前や転職活動を行う前に、身につけておくことをおすすめします。

プログラミングスキル

Webデザイナーは、デザインツールだけ使用できれば良いと思われがちですが、他にもプログラミングスキルが必要です。


Webページ構成に使用する文章や画像を定義するために必要なHTML、配色やレイアウトで使うCSS、動的表現を加えるために必要なJavaScriptは最低限持っておくと良いでしょう。余裕のある人は他のプログラミング言語にも挑戦してみると、Webデザイナーとして重宝されます。

デザインスキルを磨き続ける

デザインスキルを磨き続けることも、Webデザイナーとして働く上で必要です。前述したとおり、Web業界は技術のトレンドが変化しやすいことから、Webデザイナーに対しても常に新しい技術を学ぶことが求められます。


継続して学び続けることは大変ですが、その辛さに負けず、スキルアップを目指しましょう。

UIやUXについての知識

UIは、Webサイトのレイアウトやフォントなどのユーザーの接点、UXはWebサイトを通じてユーザーができる体験を指します。


UI・UXはサイト構築に非常に重要で、この2つの知識を持っているデザイナーを求めているクライアントも多いでしょう。

積極的な提案力

Webデザイナーの業務は、サイトのデザインをすることだけではありません。クライアントが抱える問題を解決するために、積極的な提案を行うことができるスキルが大切です。


積極的な提案力を持っている人は、クライアントから信頼されやすく、次の案件も見つけやすくなるでしょう。

マーケティング・SEOの観点に立てること

マーケティングやSEOの知識は、デザイナーに関わらず、IT・Web業界では必要になります。


サイトからの収益化が目的であるなら、ターゲット層を絞ったり適切なキーワードを使用したりする必要があります。また、アクセス数やクリック数、コンバージョン率などを考慮した提案ができるデザイナーは、クライアントから信頼されやすいです。


そのため、マーケティングとSEOの知識も身につけておくと良いでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Webデザイナーとして長く続けるためのコツ

Webデザイナーはメリットもたくさんありますが、働き続けるには厳しい面もたくさんあります。それでもWebデザイナーとして将来働き続けるには、どのようなコツがあるのでしょうか。


ここでは、Webデザイナーとして働き続けるためのコツをいくつか紹介していきます。Webデザイナーとして、継続して働きたいと思っている人は参考にしてみてください。

新たなスキルを身につける

技術のトレンドが頻繁に変化していくWeb業界では、新たなスキルを身につけることが案件を獲得し続けるために重要です。以前勉強した知識だけでWebサイトを制作すると、なんとなく古い印象になってしまい、アクセス数も伸びにくくなってしまうでしょう。


Webデザインのトレンドは、見た目の美しさや機能性、ロゴ・バナーの色使い、配置、サイトのレイアウトなど様々なものが変化していきます。


また、デザインがシンプルなものかアグレッシブなものかなどは、クライアントやユーザーのニーズによって変わるため、臨機応変に対応できることが大切になるでしょう。

トレンドを意識したスキルを身につける

Web業界は常に進化し続けており、時代の最先端をいく業界と言えます。そのため、トレンドを意識したスキルを身につけることが大切です。Webデザイナーは、ベテランで経験年数が長い人でも、トレンドの情報収集を欠かしては時代の流れに対応できなくなってしまいます。


Webデザイナーの情報サイトで情報を集めたり、新しい技術の勉強会に参加して見聞を広めたり、トレンドを意識した積極的な行動をする必要があるでしょう。市場価値の高い人材になることが、Webデザイナーには大切です。

異業種と交流できる場に参加する

長期的に求められるWebデザイナーになるためには、他のデザイナーと異なる強みを持っていることも大切です。そのために、異業種と交流できる場に参加することも大切です。


異業種との交流は、キャリアを築く上でも必要で、かつ、モチベーション向上効果も期待できます。また、Webデザイン業務においても、よりクリエイティブな提案が可能になることもあるでしょう。

後悔しないための企業選びの注意点

Webデザイナーに限らず、企業選びは難しいと感じる人が多いのではないでしょうか。自分に合った企業を選びたいものですが、特に未経験や経験が浅い人だと判断基準が分からないでしょう。


ここでは、後悔しないWebデザイナーの企業選びについて解説していきます。

薄利多売で経営している企業は避ける

利益の少ない商品やサービスを大量に販売して利益を得ている、薄利多売で経営している企業は避けましょう。


Webデザイナーはデザインツールを駆使した専門技術職で、近年だけでなく将来的にも需要が高くなると言われている仕事です。


Web業界の商品やサービスを複数で安く販売している会社は、仕事をたくさんとれる可能性はありますが、働き手であるWebデザイナーが低賃金で、激務になる原因に繋がってしまいます。


企業のサービス内容を確認して、必要以上に価格を下げている会社ではないかチェックしましょう。

自社サービスを持っている企業を探す

Web制作だけでなく、他の自社サービスを持っている企業を探すことも重要です。自社サービスを持っている企業であれば、デザイナーのスキルをプロモーションに利用することが可能でしょう。また、デザインの仕事にこだわることもできます。


さらに、別のサービスで高い利益を上げることができている企業であれば、Webデザイナーの給与面でも心配ないでしょう。

ワークライフバランスがとれるか確認する

ワークライフバランスがとれる企業かどうかを確認することも大切です。福利厚生の充実や、仕事と家庭の両立ができる環境かを確認しましょう。


近年、社員が気持ちよく働くことができるように、様々な福利厚生をアピールする企業が増加しています。住宅手当、健康のためのスポーツジム手当、資格支援手当など、自分に必要な手当を取り入れているかどうかを確認すると良いでしょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

Webデザイナーは長く需要がある仕事と捉えよう

Webデザイナーは後悔する、やめた方が良いと言われる背景には、残業が多く給料が低い、トレンドの変化に対応しなければいけないなどの様々な要因があることを紹介してきました。


しかしデメリットだけではなく、専門スキルを磨ける、手に職を持てる、契約次第で理想の働き方ができるなどのメリットもたくさんある職業です。


また、インターネットの普及によって、様々な企業やクライアントからの需要も高まっているWebデザイナーは、長く需要がある仕事だと捉えて良いでしょう。興味がある人は持っていると良いスキルやノウハウを身につけ、チャレンジしてみましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300