「Swiftのフリーランス案件はどのくらいの数があるの?」
「Swiftのフリーランス案件の相場単価はどのくらい?」
「フリーランスのSwiftエンジニアとして働くにはどんな方法がある?」


このように、Swiftのフリーランス案件について興味を持っているという人も多いのではないでしょうか。


本記事では、Swiftのフリーランス案件数や全体的な単価相場、想定年収などを解説しています。本記事を読むことで、Swiftのフリーランス案件について理解を深めることができるでしょう。


また、フリーランスのSwiftエンジニアとして働くためのポイントについて紹介するため、将来的にフリーランスとして独立することを視野に入れている人も参考にできます。


Swiftのフリーランス案件について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Swiftのフリーランス案件数はどれくらい?

Swiftは2014年頃に生まれた後発のプログラミング言語です。そのため、他のメジャーなプログラミング言語の案件と比較すると、これまでSwiftのフリーランス案件数は少なめでしたが、年々案件数は増加傾向にあります。


某フリーランス向けの求人サイトで調査すると、Swiftの案件数は2,000件以上存在しています。また、人気のプログラミング言語であるPythonやRubyなどとも同程度の案件数がすでに存在していることから、Swiftは非常に多くの案件があると言えるでしょう。

Swiftが持つ特徴

SwiftはApple社が開発したプログラミング言語で、iOSとmacOSでの開発に専門特化しています。そのため、Swiftを利用することで、iPhoneやiPad、Mac向けのアプリを開発できます。


しかし、Swiftは他のプログラミング言語と比べるとまだ情報が少ない言語ということもあり、他にどのような特徴を持った言語なのか知らないという人も多いでしょう。ここではSwiftが持つ特徴について解説していきます。

リアルタイムで動作確認できる

Swiftでプログラミングを行う場合、統合開発環境のXcodeを利用するケースが多いです。Xcodeにはリアルタイムに動作確認ができるPlaygroundという機能が用意されているため、コードの中に含まれているバグなどを素早く見つけられるという特徴があります。


開発では逐一プログラムを実行して動作確認をしながら作業を進めていくことになりますが、Swiftであれば手間なく効率的に作業が進められるでしょう。

Xcodeがあるので簡単に扱える

従来のObjective-Cの場合、コードの確認作業にも手間がかかりました。その点、Swiftのプログラミングでは専用の統合開発環境としてXcodeを利用するケースが多いです。


Xcodeにはアプリケーション開発で必要となるインターフェイスビルダー、デバッガ、コンパイラ、シミュレーターなどがすべて組み込まれているため、Swiftであれば簡単に開発が進められるでしょう。

学べる環境も充実している

SwiftはApple社が開発したプログラミング言語ですが、オープンソースの言語であるため誰でも利用できます。また、公式のドキュメントや学習チュートリアルなど、お金をかけなくても学べる環境が充実しています。


そのため、これからSwiftを学びたいと考えている人にとってもメリットを感じやすい言語だと言えるでしょう。

Swiftで開発が可能となるもの

Swiftを使って開発を行う場合、Swift以外にも必要となるものがあります。具体的には、「AppleID」「Xcode」「DeveloperID」の3点です。


SwiftはApple社のアプリ開発を行うための言語であるため、Apple IDを取得しておく必要があります。また、開発を行うためには統合開発環境が必要であるため、現在の主流となっているXcodeを用意するようにしましょう。


さらに、開発したアプリをApp Storeで販売するにはDeveloper IDが必要です。Developer IDがなくても開発自体は可能ですが、アプリを開発しても自分の環境でしか使用できなくなります。

Swiftのフリーランス案件の全体的な単価相場と想定年収

Swiftのフリーランス案件の全体的な単価相場としては、80万円ほどとなっています。そのため、1年間で960万円ほどの年収が得られるいうことになります。


Swiftの案件でも特に多いのが月間単価80万円台の案件であるため、単価相場よりも高い案件を獲得できる可能性も高いでしょう。また、月間単価100万円以上の案件も存在するため、他のプログラミング言語と比較しても非常に高い水準にあると言えます。

実務経験から見るSwiftのフリーランス案件の単価相場

実務経験年数別の比較では、Swiftでの実務経験が1~2年の場合は月間単価は40万円~50万円ほど、実務経験が3年以上ある場合は月間単価は60万円~80万円ほどが相場となるでしょう。


また、実務経験が3年以上になると上流工程やプロジェクトマネージャーのようなポジションで働く人も出てくるでしょう。そのため、どのようなポジションになるかによっても単価相場は大きく変わってきます。

Swiftを扱う常駐エンジニアとの年収比較

Swiftを扱うフリーランスエンジニアの中には、クライアント先に常駐するエンジニアもいれば在宅で働くエンジニアもいます。特にSwiftの場合はiPhone向けアプリ開発に用いられるケースが多いため、リモート案件だけでもフリーランスとして働くことができるでしょう。


ただし、高単価案件を獲得して年収を上げようと思うと、常駐エンジニアとして十分な経験を積むことが大切です。常駐エンジニアとリモートなどで対応しているフリーランスエンジニアを比較すると、どうしてもフリーランスエンジニアの方が平均年収は低くなるでしょう。

フリーランスのSwiftエンジニアとして働くためのポイント

フリーランスのSwiftエンジニアとして働こうと思うと、必要なスキルを身につける必要があります。しかし、やみくもにSwiftを学んだとしても、フリーランスとして活躍できるスキルが身につくというわけではありません。


ここではフリーランスのSwiftエンジニアとして働くためのポイントを紹介していきます。

初心者は初歩的なプログラムの作成・実行をしてみる

基本的なSwiftのスキルを身につけてプログラマーになったばかりという人の場合は、これまで学んだ内容に沿って簡単なプログラムを書いて動かしてみることが大切です。初歩的なプログラムを作成し、うまく動作するかどうか実際に確認するという作業を繰り返しましょう。


簡単なプログラムの開発が一人で行えるようにトレーニングすることにより、徐々にスキルが定着して規模が大きなプログラムの開発にも対応できるようになっていきます。

未経験の場合は実務経験を積む

プログラミングスクールなどに通ってSwiftの基本的なスキルを身につけたものの、プログラマーとして働いたことがないという場合は、実務経験を積む必要があります。


実務経験が全くない状態では、フリーランスのエンジニアとして案件を獲得することはほぼ不可能です。多くのフリーランス案件では実務経験が3年以上などの要件があるため、未経験者可の求人を探して就職し、Swiftでの開発経験を積むようにしましょう。

GitHubでコード公開してアピールする

Swiftを使ったアプリケーション開発がスムーズにできるようになったら、自身のソースコードをGitHubに登録すると良いでしょう。GitHubで公開することにより、他のエンジニアからのフィードバックを得ることができます。


また、GitHubで公開しているコードは自身のスキルを証明するポートフォリオとしてアピールできるようになるため、案件獲得や交渉の際に活用することができます。

Swiftでの開発に必要な準備

前述したように、Swiftで開発を行うためには「Xcode」「AppleID」「DeveloperID」の3点を準備する必要があります。


ここではSwiftでの開発に必要な準備について解説していきます。

Xcodeのダウンロード

Apple製品向けの開発を行うには、Apple社の製品開発に特化した統合開発環境であるXcodeをダウンロードする必要があります。XcodeはApp Storeで無償配布されているため、ダウンロードしておきましょう。


Macを利用している場合は、すぐにXcodeの利用を開始できます。

AppleIDの用意

アプリケーション開発のためのAppleIDを用意しましょう。AppleIDはAppleのサービスを利用するために必要であるため、App Storeを利用する場合にも必要です。そのため、前述のXcodeをダウンロードする際にも必要になります。


AppleIDはすでに個人で利用していたAppleIDを開発用にも利用できますが、開発者用に別のアカウントを作成することが推奨されています。

DeveloperIDの作成

最後にDeveloperIDを作成しましょう。DeveloperIDはApp Storeでアプリケーションなどを配布するために必要となるIDで、アカウント登録には登録料がかかります。


DeveloperIDを作成しなくてもSwiftで開発を行うこと自体は可能ですが、完成したアプリケーションはApp Storeで配布できません。そのため、アプリを公開したい場合はDeveloperIDを作成しておきましょう。

高単価なSwiftのフリーランス案件を獲得する方法

Swiftのフリーランス案件は他のプログラミング言語と比較しても高単価ですが、より高い報酬を得るためには経験を積むことが大切です。


ここでは高単価なSwiftのフリーランス案件を獲得する方法を紹介していきます。

様々な企業規模での開発経験を積む

フリーランス案件はクライアントの企業規模によっても文化が異なるため、開発の仕方などに違いがあります。そのため、大企業の案件で活躍したエンジニアが同じようにスタートアップ企業の案件で活躍できるというわけではありません。


そのため、様々な企業規模での開発経験を積むことで、経験を活かせるようにしましょう。

上流工程やPMを経験しておく

上流工程やPMの経験がある人材は、フリーランスでも高単価なSwift案件を獲得しやすくなります。上流工程の経験がある人材はニーズが高く、クライアントからスキルを評価されればそれだけ高額な報酬が期待できるでしょう。

Swiftのフリーランス案件を探す方法

Swiftのフリーランスエンジニアとして長く働くためには、案件をどのようにして探すのかも重要になります。ここではSwiftのフリーランス案件を探す方法について紹介するため、参考にしてみてください。

SNSを使って探す

近年では、SNSを活用して案件を探しているフリーランスエンジニアも増えています。たとえば、フリーランスエンジニアが集まるSNSに参加して、Swiftのフリーランス案件の情報収集をする方法があります。


SNSで積極的に発信することで、多くの先輩フリーランスエンジニアに案件獲得を助けてもらうことができるでしょう。

フリーランスエージェントを使って探す

フリーランスエージェントを利用してSwiftの案件を探すのもおすすめです。フリーランスエージェントを活用すれば、個人では難しい大手企業の案件や高単価案件を提案してもらえる可能性もあります。


また、エージェントを利用すれば案件修了前のタイミングで次の案件を紹介してもらえるため、収入も安定しやすくなるでしょう。

クラウドソーシングサービスを使って探す

クラウドソーシングサービスを利用して案件を獲得しているフリーランスエンジニアも多いです。クラウドソーシングサービスには様々な案件が掲載されているため、自分に合った案件を探しやすいです。


ただし、クラウドソーシングサービスにある案件は単価が低いものが多いため、自分のスキルに合った報酬を得ることが難しいケースもあります。

知人からの紹介で受注する

独立前に勤めていた会社の同僚など、知人からの紹介で案件を受注する方法もあります。また、フリーランスになってから知り合った先輩などから案件を紹介してもらえるケースもあるでしょう。


フリーランスになると知人から仕事を紹介してもらえるケースは多いため、信頼関係を築いていくようにしましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Swift案件探しに役立つ求人サービス

Swiftのフリーランス案件探しに求人サービスを利用したいと考えている人も多いでしょう。求人サービスを活用することで、継続して案件を獲得しやすくなるでしょう。


ここではSwift案件探しに役立つ求人サービスを紹介していきます。

SEES

SEESは、シニアエンジニア向けのフリーランスエージェントです。SEESでは年齢不問の案件を中心に掲載されているため、40代~60代のエンジニアでも案件を獲得できるでしょう。


また、支払いは末締め翌月30日払いとなっているため、迅速な報酬獲得が可能です。


出典:シニアエンジニア向け案件検索サイト|SEES
参照:https://miraie-sees.com/

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、豊富な求人を扱っているITフリーランス向けエージェントです。業界でも規模の大きなサービスとなっているため、ITエンジニア専門のコーディネーターから経験や希望に合った案件を紹介してもらえます。


また、扱っている案件の中には大手企業の案件も多いため、安定した高収入も実現しやすいでしょう。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、フレキシブルな働き方が実現できるフリーランス向けエージェントです。週2日程度からの案件やリモート案件など様々な働き方の案件を扱っているため、受託案件の合間に対応できるような案件探しにも適しています。


また、スタートアップ企業やベンチャー企業などのトレンドの技術を扱う案件も保有しているため、他と違った案件にチャレンジできるでしょう。

Bizlink

Bizlinkは、フリーランスエンジニアにマッチした案件を見つけられる仕事マッチングサービスです。言語の選択条件にもSwiftが入っているため、最初からSwiftに絞って案件を探すことができます。


また、フリーランス向けに各種税金のサポートなども提供しています。

Midworks

Midworksは、正社員並みの福利厚生が魅力のIT系フリーランス専門のエージェントです。フリーランスでありながら、正社員と同水準の保障が受けられる点が特徴となっています。


報酬保障サービスなども提供しているため、案件が途切れてしまった場合でも安定した収入を得ることが可能です。Midworksでは、iOS案件の中でSwiftとObjective-Cを分けているため、自分のスキルに合った案件を見つけることができるでしょう。

Swiftを扱うフリーランスエンジニアの将来性

Apple製品の開発では、従来のObjective-CではなくSwiftを開発に利用するケースが増えてきています。


また、iPhoneが世界的に多くのファンを獲得しており、今後もiPhone向けアプリのニーズは高まっていくことが予想されることから、Swiftを扱うフリーランスエンジニアも高い将来性が期待できるでしょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

Swiftを扱うフリーランスエンジニアを目指そう

Swiftのフリーランス案件は年々増加しており、特にiPhone向けアプリ開発では今後も将来性が期待できます。


ぜひ本記事で紹介したフリーランスのSwiftエンジニアとして働くためのポイントやSwiftのフリーランス案件を探す方法などを参考に、Swiftを扱うフリーランスエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300