「Swiftの副業案件にはどんなものがあるの?」
「Swiftの副業案件を受注するにはどんなスキルが必要?」
「未経験からSwiftの案件を獲得することはできる?」


このように、Swiftを扱う副業案件について興味を持っているという人もいるのではないでしょうか。


本記事では、Swiftの副業案件の内容や求められるスキルなどを紹介しています。本記事を読むことで、Swiftの副業案件にどのようなものがあるのか理解を深めることができるでしょう。


また、Swiftの副業案件を探す方法についても紹介するため、これから副業を始めようと考えている人も参考にできます。


Swiftの副業案件について詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Swiftの副業案件の単価はどれくらい?

SwiftはiPhoneやMac向けのアプリなどの開発に用いられている、Apple社が開発したプログラミング言語です。Swiftの副業案件の単価は、1件につき65万円〜85万円程度が目安となるでしょう。


もちろんエンジニアのスキルや案件の規模などにもよりますが、iOSアプリ開発は需要が高いことから、他のプログラミング言語と比較してもSwiftの副業案件は高単価な傾向があります。

Swiftの副業案件の内容例

SwiftはiOSやmacOS用のアプリ開発を目的として開発された言語です。そのため、Swiftの副業案件も基本的にiOSやmacOSのアプリ開発の他、既存アプリの改修などが中心になるでしょう。


ここではSwiftの副業案件の内容について紹介していくため、どのような案件例があるのか参考にしてみてください。

既存アプリを保持・改善する業務

Swiftの副業案件の中には、既存アプリの保持やリファクタリング、アプリのUIを改善するような案件があります。リファクタリングとは、アプリの挙動は変えずにプログラム内部の構造を改善することを指します。


既存アプリの保持や改善の案件の場合、クライアントが求めている内容を満たすようにコーディングすることになるでしょう。

新規アプリの開発業務

Swiftの副業案件の中には新規アプリの開発案件もあります。新規アプリ開発の案件は、スタートアップ企業が募集しているケースも多く、開発だけでなく提案もできるような高度なスキルを持った人材を求めていることも多いです。


新規アプリの開発では、クライアントのニーズを満たすようにアプリを具現化していく必要があるため、ヒアリングの際にはコミュニケーションスキルも必要になるでしょう。

コンサルタント業務

Swiftの副業案件には、システム開発などをしたいと考えている企業に対してコンサルティングする、コンサルタント案件もあります。


コンサルタントの副業案件の場合は直接開発するわけではありませんが、開発メンバーに対して技術的なアドバイスなどをすることもあるため、Swiftに関する知識やスキルが必要になります。また、業界に関する知識や分析力なども必要になるでしょう。

プロジェクトマネージャーとしての業務

開発プロジェクトのプロジェクトマネージャーとして、マネジメント業務を担当することもあります。プロジェクトマネージャーとして案件に参画する場合は、メンバーへのタスクの割り振りやプロジェクトの進捗管理などを行うことになるため、求められるスキルも高度になります。


プロジェクトマネージャーの募集ではマネジメント経験が求められることから、一般的なSwiftの開発案件よりも報酬は高額な傾向にあります。

Swiftの副業案件を受注するために必要なスキル

Swiftの副業案件を受注するには、Swiftに関するスキルがあれば良いというわけではありません。どのような案件を中心に受注するのかにもよりますが、マネジメント能力やコミュニケーション能力も必要になるでしょう。


ここでは、Swiftの副業案件を受注するために必要なスキルを紹介していきます。

マネジメント能力

Swiftは扱えるエンジニアが少ないのと同時に、マネジメント人材も不足している傾向があります。管理職として案件に参画する場合は、マネジメント能力が必要になるでしょう。


また、マネジメントスキルを身につけて経験を積んでおけば、プロジェクトマネージャーとして案件に参画することも可能になるでしょう。プロジェクトマネージャーの副業案件に参画できれば、エンジニアとしてSwiftの副業案件をこなすよりも高収入を狙うことも可能になります。

サーバーサイドとフロントエンド両方の知識

サーバーサイドとはサーバー側の処理、フロントエンドとはユーザーから見える部分のことを指します。Swiftの副業案件ではiOSアプリの開発などに携わることになるため、サーバーサイドとフロントエンド両方の知識が必要になるケースがあります。


具体的には、フロントエンドの開発言語やUI/UXの知識、データベースやサーバーの操作などのスキルがあると良いでしょう。サーバーサイドとフロントエンド両方のスキルがあると、幅広い業務に携われるようになります。

コミュニケーション能力

エンジニアは、1人でパソコンに向かって黙々と作業をするイメージのある仕事ですが、基本的にチームで開発作業をすることになるため、コミュニケーション能力も求められます。


たとえスキルが高くても、他のメンバーとのコミュニケーションがうまく取れなければ、業務にも悪い影響が出る可能性があります。


Swiftの副業案件をスムーズにこなすためにも、クライアントからのヒアリングやメンバーとの打ち合わせなど、さまざまなシーンできちんと意思疎通できることが重要になるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

課題解決能力

Swiftを副業案件にしているクライアントは、何らかの課題を解決するために案件を発注しています。しかし、クライアントがITやシステムなどに詳しいとは限らないため、より良い解決法がある場合は、開発側から課題解決につながる提案をすることも大切です。


また、開発プロジェクトを進めていくうちに技術的な問題にぶつかることもあります。そのような場合にも、困難を乗り越えられる課題解決能力が必要になるでしょう。

アプリを開発できるスキル

Swiftの副業案件は、iOSやmacOS用のアプリの開発案件が中心となるため、アプリの開発スキルは必須となります。また、この場合のアプリ開発ではXcodeを用いることになるため、Xcodeの利用スキルを身につけておくと良いでしょう。


さらに、アプリのコーディングスキルだけでなく、企画や要件定義などのスキルも身につけておくと、需要の高いSwiftエンジニアになれるでしょう。

未経験からSwiftの案件を獲得するために必要なこと

Swiftは高単価案件の多い言語であるため、これからSwiftのスキルを身につけて案件を獲得したいと考えている人もいるでしょう。Swiftの副業案件を獲得するには、スキルを身につける以外にもポイントがあります。


ここでは、未経験からSwiftの案件を獲得するために必要なことを紹介するため、参考にしてみてください。

自分に合った案件を探す

Swiftの副業案件にもさまざまなものがあるため、自分に合った案件を獲得することが大切です。案件の獲得には、エージェントやクラウドソーシングなどのサービスを利用すると良いでしょう。


クラウドソーシングの場合は未経験者でも対応しやすい案件が多く、エージェントはスキルのある人材向けの高単価案件が見つかりやすい傾向があります。

ポートフォリオを作成する

Swiftの副業案件を獲得するには、自分のスキルや実績をアピールするためのポートフォリオがあると良いでしょう。ポートフォリオを作成する方法としては、アプリなどの成果物の作成、GitHubへのソースコードの配置などがあります。


ポートフォリオを作成しておけば、クライアントに自分の持っているスキルを伝えやすくなるでしょう。

プログラミングスキルを身につける

Swiftの副業をするのであれば、Swiftのプログラミングスキルの習得は必須です。プログラミングスキルを学ぶ場合、書籍や学習サイトなどを利用して独学する方法や、プログラミングスクールに通う方法などがあります。


自分で計画的に学習ができる人は、コストを抑えられる独学がおすすめです。短期間で実践的なスキルを習得したいのであれば、費用はかかりますが、スクールに通うのがおすすめだと言えるでしょう。

Swiftの副業案件を探す際に役立つ資格は?

Swiftの資格として「App Development with Swift」という資格を取得するのがおすすめです。「App Development with Swift」は、SwiftやXcodeなどの基礎知識を証明する資格となっており、日本でも英語版の試験を受験することができます。


日本語版の試験は未定となっていますが、Swiftのスキルを証明する資格として有効です。

Swiftの副業案件を探す方法

Swiftの副業案件を探す場合は、求人サイトやエージェント、クラウドソーシングなどを利用するのがおすすめです。このようなサービスを活用することで、案件を途切れさせず継続的に受注できるようになるでしょう。


ここではSwiftの副業案件を探す方法を紹介していきます。

求人サイトやエージェントを活用する

Swiftの副業案件は、求人サイトやエージェントなどを利用して探すのがおすすめです。求人サイトの場合、掲載されている案件の中から自分で条件を絞って、希望に合った案件を探すことができます。


エージェントの場合は、専任のスタッフが自分の代わりに条件や希望に合った案件を提案してくれます。そのため、案件探しに時間を割く必要がないというメリットはありますが、スキルも求められる点には注意が必要です。

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングは、インターネット上で募集している企業の案件を手軽に見つけることができるサービスです。近年では、企業と人材をマッチングするさまざまなクラウドソーシングサイトが登場しています。


ここではおすすめのクラウドソーシングを紹介していくため、参考にしてみてください。

ランサーズ

ランサーズは、開発案件を含めたさまざまな案件を扱っているクラウドソーシングサービスです。Swiftに関連した案件は、2022年4月25日時点で2,000件程度掲載されています。


ランサーズには未経験者歓迎の案件も多いため、経験が浅い人でも実績を積みやすいでしょう。

クラウドワークス

クラウドワークスもランサーズと同様に、さまざまな業務委託の案件を受注できるクラウドソーシングサービスです。Swiftに関連した案件は2022年4月25日時点で、400件程度掲載されています。


豊富な案件が集まっているサービスであるため、クラウドソーシングを中心に案件を探す場合はランサーズとあわせて登録しておくと良いでしょう。

ココナラ

ココナラは、自分のスキルを商品として販売できるサービスです。一般的なクラウドソーシングサイトと異なり、自分の知識やスキルなどに値段をつけて出品できるのが特徴です。


実際にSwiftに関連した開発スキルを出品している人も、2022年4月25日時点で80人程度います。ココナラであれば、自分が得意とする分野でピンポイントに仕事を探せるため、特定分野の副業をしたい人にもおすすめです。

知り合いに紹介してもらう

Swiftエンジニア同士のつながりがある場合は、知り合いからSwiftの副業案件を紹介してもらえるチャンスもあります。企業案件はもちろん、知り合いと一緒にSwiftのアプリを開発することもできるでしょう。


さらに、知り合いからの紹介であれば、新規のクライアントから案件を受けるよりもスムーズに契約しやすいというメリットがあります。

SNSから探す

近年では、SNSを活用してSwiftの案件を獲得している人もいます。SNSで自分のスキルやSwiftの案件を募集していることを定期的に発信することで、企業から声をかけてもらえる可能性もあるでしょう。


また、ビジネスSNSを活用して案件を紹介している企業もあるため、案件獲得に活用してみると良いでしょう。

副業をする際の注意点

Swiftの副業をする場合は、本業に影響の出ない範囲で取り組むことが大切です。副業をする場合、すきま時間で収入を得ることはできますが、空いている休日すべてに副業案件を入れてしまうと、きちんと体を休ませてあげる時間がなくなり、体調を崩してしまう可能性もあります。


そのため、スケジュールや体調管理などきちんと自己管理することが必須です。副業は自己責任になるため、無理なスケジュールで仕事をしてクライアントに迷惑をかけるようなことがないようにしましょう。

Swiftエンジニアの需要と将来性

Swiftは、iOSやmacOSアプリの開発のみに使用される言語ですが、iPhoneやiPadなどの需要は高いため、今後もSwiftの需要は安定していると言えます。Swiftを扱える人材の数も足りていないため、Swiftの将来性には今後も期待できるでしょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

スキルを磨いてSwiftの副業案件を獲得しよう

Swiftは他の言語と比較しても、高単価な案件の多い言語です。


ぜひ本記事で紹介した、Swiftの副業案件を受注するために必要なスキルや役立つ資格などを参考に、スキルを身につけて、Swiftの副業案件に挑戦してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300