「最近人気のPythonだけど実際稼げるの?」
「Pythonを使ってどんな仕事があるの?」
「Pythonで仕事するのにどんなスキルが必要なの?」


Pythonエンジニアになりたいと考えていると、このような疑問が浮かぶ方もいるのではないでしょうか。


本記事では、Pythonが将来有望視されている理由やPythonエンジニアの年収と仕事内容、さらに仕事に必要なスキルを紹介します。また、受注する際に有利にはたらくPythonエンジニアの資格とその対策も合わせて記載しています。


この記事を読むことで、フリーランスのPythonエンジニアの現状と将来性や活躍するために必要な情報が得られるでしょう。


Pythonに関連した業務に就きたいと思っている方は、ぜひこの記事をチェックしてください。

Pythonエンジニアの現状

Pythonは、ロボットやSNS解析などの人工知能の分野に向いているプログラミング言語です。また、汎用性があるため人工知能の分野だけでなく、各種のアプリやブロックチェーンの開発、データベースの開発など、これから発展する分野での活用が期待されています。


しかし、近年ではPythonエンジニアの需要に対して、人手が追いついていないのが現状です。ここでは、Pythonエンジニアについて詳しく説明していきます。この機会にどういった職種なのか理解を深めましょう。

Pythonエンジニアの年収について

Pythonエンジニアの供給は、需要に追いついておらず、希少性があるといわれています。そのため、Pythonエンジニアの平均年収はJavaやJavaScriptのエンジニアより高くなっています。


また、平均年収の高い大手企業がPythonを採用しているということも、年収が高くなる理由の1つでしょう。

Pythonエンジニアの案件について

Pythonは、汎用性のある言語のため多くのことに対応できます。具体的な業務案件には、Webサービスなど開発、ゲーム・ロボット制御に関連する開発、ブロックチェーン開発・スクレイピングや画像解析などがあります。


特にPythonは、人工知能に関連した開発に向いている言語のため、この分野の成長に従って需要が増えていくでしょう。

Pythonエンジニアの将来性について

Pythonは、人工知能やビッグデータの処理に向いている言語ですが、その人工知能やビッグデータの分野は、今後伸びて行く市場だと考えられています。そのため、Pythonも市場拡大にともなって需要が大きくなっていくでしょう。


現在でも、GoogleやAmazonといった勢いのある世界的な大企業が採用しています。このことからも、Pythonエンジニアは将来有望といえるでしょう。

フリーランスエンジニアと企業に属するエンジニアの違い

企業に属するエンジニアのメリットは、収入が安定していることや社会的な信用があることです。そのため、ローンなども組みやすくなります。


デメリットは、働き方や仕事を自由に選んだりできない点です。さらに、年収もそれぞれの企業である程度決められていることもあるため、高収入に期待できない点もデメリットでしょう。


一方でフリーランスでは、働き方や仕事を自由に選べるというメリットがあります。また、頑張り次第では、高額の報酬を得ることもできるでしょう。デメリットは、常に一定の収入があるとは限らないため、生活が安定しない可能性があることです。

Pythonのフリーランス案件の例

Pythonのフリーランス案件には、下記のものがあります。


1.ソーシャルゲーム開発
2.Webアプリケーション開発
3.ビッグデータ関連開発
4.IoT開発
5.機械学習や人工知能(AI)関連開発


ここからは、上記のものについて詳しく説明していきます。

ゲーム開発関連

ゲーム開発関連での案件は、スマホやタブレットを使ったオンラインゲームに関するものです。ゲーム開発は、大手企業からの依頼もありますが、制作会社の下請けとしての受注が多いでしょう。


ゲームの開発には、Pythonのフレームワークを利用するスキルの他に、データ分析やインフラに関しての知識が必要となる場合もあります。

Webアプリケーション関連

Webアプリケーションの関連の開発は、Pythonの案件で多く見受けられます。Pythonには、Webシステムやアプリケーションのフレームワークが多数あるため、それらを使うスキルが必要となるでしょう。


仕事内容には、プロダクトのソフトウェア開発、設計ドキュメントの作成、コーディング、ソースコードレビュー、テスト実施などがあります。

ビッグデータ関連

Pythonは、大規模なデータを高速で処理・分析ができるため、この技術を必要とするビッグデータ関連の案件もあります。


ただし、ビッグデータ関連の案件を受注するためには、Pythonのライブラリーやフレームワークを利用するスキルの他に、データベースやクラウドの知識が必要になるでしょう。


ビッグデータ関連開発の需要がある業界は、Webや金融業界、医療業界、製造業などです。

IoT関連

Pythonは、IoT関連の開発でも採用されています。IoT関連開発には、プログラミングの知識以外にセンサーやカメラなどのIoTデバイスの知識、機器同士やサーバーとつなぐクラウドを含めたネットワーク知識、操作する側のアプリの知識が必要となるでしょう。

機械学習やAI関連

Pythonは、機械学習やAI向けのフレームワークやライブラリーが充実しているため、画像認識や音声認識、事前言語処理などの案件もあります。


機械学習やAIに関連した具体的な業務内容は、開発マネジメントや生産最適化アルゴリズムの開発・実装などになるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Pythonのフリーランスエンジニアに今後求められるスキル

Pythonのフリーランスエンジニアに今後求められるスキルは、Pythonのプログラミングスキルだけではありません。英語などの語学やJavaなどの他のプログラミング言語、データベースのスキルも求められるでしょう。


ここからは、Pythonのフリーランスエンジニアに今後求められる業務上のスキルについて、説明していきます。

仕事で活用できる英語スキル

Pythonを使った開発の需要は、国内だけでなく世界中にあります。また、Pythonの情報は、インターネット上に英語で書かれたものが多く、日本語より早く公開されます。このため、何か業務で問題が生じたときに素早く情報を得るためにも、英語のスキルが必要になるでしょう。

JavaやJavaScriptなど他の言語を扱うスキル

Webシステムは、JavaやJavaScriptで開発されていることが多いため、様々な言語を取り扱うスキルが必要となるでしょう。


また、日本ではJavaやJavaScriptエンジニアの需要が多くあります。そのため、Pythonの両方ができれば受注する際に有利にはたらく可能性があるでしょう。

データベースやクラウドに関する知識とスキル

Pythonで開発する案件に、データ分析や機械学習があります。これらを開発するためには、サーバー上のデータだけでなく、クラウド上にあるデータベースを使うこともあるでしょう。そのため、データベースやクラウドに関する知識とスキルも必要になります。

機械学習に関する知識とスキル

Pythonで機械学習計系の開発をするためには、機械学習の知識とプログラムを作るためのライブラリーを使いこなすスキルが必要となるでしょう。


機械学習の知識としては、その特徴、考え方、特製やアルゴリズムに関するものとなります。

未経験からPythonのフリーランスエンジニアになれる?

Pythonは、言語がシンプルなため初心者にも学習しやすいといった特徴があります。そのため、他のプログラミング言語での業務経験があれば、未経験からでもフリーランスエンジニアになれるでしょう。


ただし、Pythonを使った業務案件は他の言語に比べて難しいとされているため、それに見合った努力が必要となるでしょう。未経験者の求人案件は、ビッグデータを使った数値解析やWebアプリケーション開発が多くなっています。

Pythonのフリーランスエンジニアにおすすめの資格

Pythonのフリーランスエンジニアを目指すうえで、取得しておきたいおすすめの資格が2つあります。ここでは、その2つの資格について詳しく紹介していきます。


試験に合格すれば、自分の知識レベルがわかるとともに、発注者にとっては客観的にスキルを評価する指標になるため、取得を目指しましょう。

Python3 エンジニア認定基礎試験

Python3 エンジニア認定基礎試験は、Pythonの文法の基礎があるかどうかを確認する試験です。試験問題は、オライリー・ジャパン発行の「Pythonチュートリアル」の内容と、Pythonに関しての一般的なものが出題されます。


試験は、随時、全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターで行われています。試験対策用に模擬試験が公開されているため、受験前に確認しておきましょう。

Python3 エンジニア認定データ分析試験

Python3 エンジニア認定データ分析試験は、Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法について理解しているかを確認する試験です。試験問題は、翔泳社発行の「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」の内容から出題されます。


試験はPython3 エンジニア認定基礎試験と同様に、随時、全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターで行われています。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

Pythonのフリーランスエンジニアについて理解を深めよう

機械学習に向いているPythonは、人工知能の分野で使われることが多くなってきています。そして、人工知能の市場は今後も広がっていくと思われるため、Pythonは有望な言語といえるでしょう。


しかし、日本には十分なスキルをもったPythonエンジニアが不足しています。この記事を参考に、将来有望なPythonのフリーランスエンジニアについて理解を深め、目指してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300