シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

Laravelのフリーランス案件の動向や単価相場|稼ぐために必要な能力も解説

フリーランスのLaravel案件はWebエンジニアの求人で一般的になりつつあることをご存じでしょうか。この記事では、Laravelの基礎知識や案件を獲得する方法、Laravelの展望などを紹介しています。Laravelに興味がある方は、最後まで読んみて下さい。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「Laravelのフリーランス案件って稼げるの?」
「どうやったら高単価のLaravel案件を獲得できるのか知りたい」


このように、WebエンジニアでLaravelに興味を持っている方には沢山の疑問や不安があるのではないでしょうか。


本記事では、Laravelが持つ特徴やLaravel案件の動向に加え、Laravel案件の単価相場や稼ぐために必要な能力、Laravel案件の将来性などを紹介しています。


この記事を読むことで、Laravel案件を獲得するための知識や収入がアップする方法を把握できます。その情報をもとにLaravelを扱うかの判断基準になるため、自身のエンジニアとしての道筋が明確になるでしょう。


フリーランスエンジニアとして活躍されている方は、是非、最後まで読んでみて下さい。

Laravelが持つ特徴

Laravel(ララベル)とは、ブログなどの動的なWebページを作成するPHPのフレームワークの1つで、同じフレームワークであるSymphony(シンフォニー)を基に開発されたPHPフレームワークです。


はじめに、使いやすいと評判であるLaravelの特徴を紹介します。

MVCモデルなので開発初心者でも分かりやすい

Laravelは、「MVC」と呼ばれる開発方法を採用しているため、まだ開発に慣れていない初心者でも理解しやすい仕様となっています。


MVCとは「Model」「View」「Controller」の頭文字から取った略称で、それぞれ独立した機能に分けて開発を行います。


MVCを採用することで、システムやアプリ開発を分業できるメリットがあり、1人あたりのエンジニアへの負担が少なくなります。

関連ソフトが豊富にある

Laravelには、開発環境を容易に構築するための関連ソフトが豊富に用意されています。


PHPやWebサーバーをローカルマシンにインストールしなくても、最適な開発環境が手に入る「Laravel Homestead」や、仮想マシンを簡単に管理できる「Vagrant」などがあります。


また、ライブラリ管理ツールとして「Composer」があり、エンジニアの強い味方となるソフトウェアが充実しています。

ディレクトリ構成の自由度が高い

Larevelは、ディレクトリ構成に高度な拡張性を備えているため、自由度の高いディレクトリ構造が可能になるでしょう。


ほかのフレームワークよりも規約が少ないことから、さまざまなMVCのパターンやレイヤードアーキテクチャ、ADRなどのアーキテクチャを採用することができます。


ディレクトリの管理が難しいという面もありますが、自由度や利便性、拡張性の高さがデメリットを上回っていると言えます。

コマンドが初めから実装されている

Laravelは、Artisan(アルティザン)と呼ばれるコマンドツールを初めから実装しているため、分かりやすいコードでさまざまな設定やアプリケーションを作ることができます。


Artisanコマンドは、フレームワークに沿ったマイグレーションファイルやモデルファイルの作成などに便利なCLIコマンドです。


Laravelの特徴として、煩雑な操作も簡単にできることが魅力でしょう。

ファイルアップロード処理を簡単に実装できる

複雑なファイルアップロード処理を簡単に実装できることもLaravelの特徴の1つです。


Laravelには、公式が用意しているファイルストレージ用のインターフェースがあります。そのため難解な操作は必要なく、数行のコードを入力するだけでアップロードの処理が可能になります。


またパラメーターとプラグインによる保存先の指定ができ、昨今では一般的になっているクラウドストレージへの保存が行えます。

Laravel案件に見られる動向

Laravelは、PHP言語でシステムを構築する際に多く使われています。


具体的な開発例を挙げていくと、WebメディアやECサイト、口コミサイトや予約サイトなどがあり、SNSといったトレンドを生み出す身近なアプリケーションもLaravelで作られています。


ここでは、Laravel案件の動向と特徴を紹介していきます。

自社開発案件の場合は作業の自由度が高い

Laravel案件には自社開発の案件が多くあり、受託案件よりも作業の自由度が高い傾向にあります。


自社開発案件では、工程を自分たちで組み立てたりアイデアを提案したりできることから、柔軟な業務が可能です。また納得のいかない部分に時間をかけることができるため、企業の強みをアピールできるでしょう。


Laravelは、ワークライフバランスを重視するベンチャー企業などで積極的に採用されています。

大型受託案件の場合はワークライフバランスが取りにくい

大型受託案件の場合は、クライアントの要望に沿った開発を行い納期を厳守する必要があるため、ワークライフバランスが崩れやすい現状です。


その要因の1つとして、仕事を自宅に持ち帰れないという点があります。企業によっては、安全保障の観点から現場のみで業務に取り組む規約を設けている場合があります。


一方、新しい技術に触れる機会が多いため、向上心がある方にはチャンスとも言えるでしょう。

フリーランスでは在宅案件もある

案件によってワークライフバランスが左右されるLaravel案件ですが、フリーランスを対象にしている場合は在宅可能な案件も存在します。


あるフリーランスエージェントでは、Laravel案件全体の半数以上がリモート可能であり、多様な働き方にマッチした求人が増えてきています。


さまざまな求人媒体を利用することで自身の希望に沿った勤務形態が見つかるでしょう。

Webシステム開発案件が豊富にある

Laravelは、システム開発に関する案件が豊富にあります。


上記で触れたWebメディアや予約サイトのほかにも、マッチングサービス新規開発やゲーム関連の開発案件などが多くあります。案件の傾向として、BtoBよりもBtoCに向けたものが見受けられます。


PHP開発案件で見るとLaravelはCakePHPの次に多いとされ、その需要はさらに高まっていくでしょう。

▼Laravelの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

フリーランスのLaravel案件の単価相場

Laravel案件をフリーランスとして請け負う場合の単価相場は以下の通りです。


平均的な月額単価は約72万円となっており、その振れ幅は約40~125万円となっています。フリーランスの場合では、低い金額の案件は競争率が高い傾向にあるため、平均月額単価に近い案件を狙うと獲得しやすいでしょう。


なお高度なスキルや経験を持ち合わせていなければ、単価が下がることも留意しておきましょう。

経験年数別から見るLaravel案件の単価相場

次に、経験年数によるLaravel案件の単価相場を見ていきましょう。


週5日常駐し、月に140~180時間働く場合と仮定します。経験年数が1年未満では35万円前後となり、経験1~2年では42万円前後となります。経験2~3年になると60万円を超え、経験3~5年では約70万円になり、経験5年以上では84万円前後となります。


Laravelでは、実務経験と収入が比例して増えることがわかるでしょう。

Laravel案件で稼ぐために必要な能力

一般的にエンジニアの平均年収は実務経験により高くなる傾向ですが、Lavarel案件もスキルを磨くことで高い年収を得ることができます。


それはエンジニアスキルに限らず、業務を遂行する上で求められる能力も兼ね備えることで実現できるでしょう。


ここでは、Laravel案件で稼ぐために必要や能力を紹介します。

最新バージョンのLaravelを扱えるようにする

最新バージョンのLaravelを扱えるようにすることで、高額単価案件を獲得しやすくなります。


Laravelはリリースから幾度もバージョンアップをしており、1つ前のバージョンと比べると多くの変更点が出てきます。そのため、常に最新のバージョンを把握しておかなければ案件を受注できない可能性があるでしょう。


Laravelの更新スピードにアンテナを張っておくことが肝要です。

マネジメントスキルを身につける

Laravelにおいて、高額な大型案件になるとチームを導くマネジメントスキルが求められます。


個人で開発できる案件とは違い、大手企業が主体で行うWebアプリケーションの開発では大人数で取り組むケースが大半です。自身がチームリーダーとして臨む場合、効率的な作業工程を組んで納期までに完了するスキルが必要になってきます。


いかに集団をまとめるか、というマネジメントスキルを身につけるといいでしょう。

データベースに関する知識を身につける

Laravelは、Webアプリケーション開発を主体に行うため、データベースに関する知識が欠かせません。


数あるデータベースの中でもMySQLを扱うケースが多く、理解の度合いで単価に影響が出てくることもあるでしょう。また実際に扱った経験が重要視されるため、理解とともに十分な実務経歴が必要です。


Laravelだけでなく、データベース周りの知識も把握しておきましょう。

フロントエンド技術に関する知識を身につける

Laravel案件では、アプリケーションの開発だけでなくユーザーとデータのやりとりを行うフロンエンドを担当するケースがあります。


必要とされるフロントエンド技術として、ユーザーインターフェース構築に用いるJavaScriptをはじめとして多様なフレームワークがあります。また、案件によってはデザイン関連の知識も求められこともあります。


動向が激しいフロントエンド技術にも目を光らせておくといいでしょう。

AWSに関する知識を身につける

昨今では、AWS(Amazon Web Services)と呼ばれるクラウドサーバー上で構築する案件が増えてきています。


AWSは、これまでのサーバーとは違い、クラウド環境に仮想サーバーを構築するサービスを指します。利便性の良さに加え、実績を出しやすいことから、近い将来にはクラウド化の需要が高まるとされています。


現状ではAWSの知識を持つエンジニアは人材難であるため、AWSの知識の取得はメリットとなり得るでしょう。

ビジネススキルを身につける

高額単価のLaravel案件を獲得するには、マネジメントをはじめとするビジネススキルの習得が欠かせません。


Webアプリケーション開発のスキルはもちろん、情報収集や分析・資料作成などの実務スキルに加えて、戦略策定や問題解決といった企業本体に貢献できるスキルも重宝されやすいでしょう。


複数のビジネススキルは、仕事の幅と年収アップに繋がる要素の1つと言えます。

GitHubを扱えるようにする

多くのLaravel案件に参画するならば、GitHubを扱えるようにするといいでしょう。


GitHubは業務の効率化を図る目的で作られ、複数のエンジニアがソースコードを共有できるツールです。


Lavarel案件では、GitHubを用いた実務経験が求められる場合もあるため、GitHubの把握は仕事の獲得に貢献します。

Laravel以外のフレームワークを扱えるようにする

Laravel以外のフレームワークを習得することで、案件獲得の増加に繋がります。


Laravelの求人案件では、ほかのPHPフレームワークと組み合わさっているケースがあります。CakePHPやSymfony、Zend Frameworkなどとの組み合わせがあるため、Laravelの使い方を学んだ後に、ほかのフレームワークの習得を目指してみるといいでしょう。


▼関連記事

おすすめのPHPフレームワーク11選|メリットやデメリットについても解説

チームでの開発経験を積む

Laravelを含むエンジニアは、それまでの開発経験で評価が分かれます。


一般的に、開発経験が3年を超えるキャリアがあると高単価案件が獲得しやすいとされています。さらに、個人ではなくチームでの実務経験は高く評価される傾向があり、大型受託案件にも参画しやすくなるでしょう。


経験年数が浅い場合には、単価を問わずチームでの実務経験を積み上げることが重要です。

上流工程を経験しておく

高単価のLaravel案件の求人には、上流工程経験者が記載されているケースがあります。


上流工程とは、主にシステム概要や機能を決定する工程を指します。クライアントとの円滑なコミュケーション能力や情報収集能力、マネジメント能力など、求められるスキルは多岐に渡るでしょう。


何よりも上流工程の経験者は、システム開発の初期段階を把握しているため、企業から即戦力と判断されやすく案件獲得の大きな武器となります。

エンジニアがLaravelのフリーランス案件を獲得する方法

Laravelのフリーランス案件を獲得する方法として、フリーランスエージェントを活用することが代表的です。


ITエンジニア案件を安定して提案しているエージェントサービスは、Laravel案件を含め希望に沿った案件を随時提供してくれます。高額案件やサポートの有無、リモートワークが可能であるかなど、自身の条件に合う案件を獲得しやすいでしょう。


フリーランスでなくても気軽に相談できる点も魅力と言えます。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Laravel未経験のエンジニアがフリーランス案件を獲得する方法

Laravel未経験者であれば、技術や知識を身につけることが前提となります。


身につける順序として、初心者向けの書籍や学習サイトで開発環境の構築を学び、フォーム入力画面やログイン画面といった基礎的な機能の作成を経て、応用的な機能の実装へと進みます。


一通りのプログラムが作成できるようになった後、クラウドソーシングなどで実績を積み上げていくことで、エージェントによる案件獲得が可能になります。

▼Laravelの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

Laravel案件の将来の展望

Laravel案件は、将来的に安定して供給される見込みが高くなります。


LaravelはPHPフレームワークにおいて高い評価を得ており、案件需要も継続して存在しています。Laravelが持つ利便性や機能性の良さが、現在の開発環境とマッチしている結果と言えるでしょう。


しかし、Laravel以上のフレームワークが台頭することもあるため、開発環境のトレンドに注視
しておくことが肝要です。

Laravelを扱うフリーランスエンジニアを目指そう

Laravelは、ほかのPHPフレームワークと比べて新しい技術とされています。


後発でリリースされた分、ワークライフバランスを重視した企業に好んで採用されており、自身の人生設計にも良い影響を与えてくれます。


開発エンジニア経験者であればLaravelを習得するハードルは高くないため、Laravelスキルの習得を検討してみましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/05/18

2022/08/22