「C言語ってどんなプログラミング言語なの?」
「未経験からでもC言語のフリーランスになることはできる?」
「C言語のフリーランスにはどんな経験が必要?」


このように、未経験からC言語のフリーランスになりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。


本記事では、C言語の特徴やC言語のフリーランスに必要な経験などを解説しています。本記事を読むことで、C言語のフリーランスになるためにはどのような経験を積めばよいのか把握できるでしょう。


また、C言語のフリーランスが案件を得る方法についても紹介しているため、実際に案件獲得を目指している人も参考にできます。


C言語のフリーランスになりたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

C言語の特徴

C言語とは、さまざまなプログラミング言語がある中でも長い歴史を持つ言語です。現在でもシステム開発における代表的なプログラミング言語として、OSや基幹システム、組み込みシステムなど幅広いジャンルの開発に用いられています。


それでは、C言語にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、C言語の特徴について解説するため参考にしてみてください。

処理スピードが速い

プログラミング言語にはコンパイル方式とインタプリタ方式の2種類があり、コンパイル方式はソースコードを全て翻訳してから実行する方式、インタプリタ方式はソースコードを一行ずつ翻訳しながら実行する方式となっています。


コンピューターに命令を出すには、記述したコードをコンピューターが理解できる機械語に翻訳する必要があります。C言語はコンパイル方式の言語であるため、他のプログラミング言語と比較しても、処理スピードが速い点が特徴です。

汎用性は高い

プログラミング言語の中には、特定の分野に特化した言語も存在しています。その点、C言語はソフトウェアの開発はもちろん、OSやロボット開発などにも用いられるなど、非常に汎用性が高い言語となっています。


身近な家電製品を制御するシステムなどにも用いられているため、C言語を扱えるようになれば幅広い分野に対応できるエンジニアになれるでしょう。また、C言語はマルチプラットフォームにも対応しているという特徴も持ちます。

他言語に比べ難易度が高め

C言語は幅広い分野の開発に用いられるメジャーなプログラミング言語となっていますが、習得難易度は他の言語よりも高めであると言えます。幅広い開発に対応しているということもあり、覚えなければならない内容も多いです。


また、C言語を理解するにはメモリやCPUに関する知識も必要です。コードの構文も読みやすくはないため、初心者から習得するにはハードルが高いと言えるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

C言語で開発できるもの

C言語はOSやソフトウェア、組み込みシステム、AI開発、基幹システムなどさまざまな開発に用いられます。たとえば、C言語はさまざまなOSの開発に用いられているため、C言語の習得を通してハードウェアや組み込み系の開発に対応できるようになるでしょう。


また、C言語はこれまで多くの開発に用いられてきた実績を持つ言語であるため、基幹システムなどの重要度の高い開発にも採用されています。

C言語フリーランスの現状は?

C言語について興味を持っている人の中には、将来フリーランスエンジニアとして働きたいと考えている人もいるのではないでしょうか。


C言語はさまざまな開発に用いられている言語であるため、C言語のフリーランス案件も豊富にあります。ここでは、C言語を扱うフリーランスの現状について解説します。

年収

C言語案件の週5日稼働の場合、月間単価は約67万円となっています。そのため、C言語フリーランスの年収は約800万円と言えるでしょう。


また、C言語を扱うフリーランスの年収は、下は400万円台から上は1,000万円以上と幅広く、本人の実績やスキルなどによっても年収は大きく変わります。いずれにしても、C言語が扱えれば一定以上の年収を得られる可能性が高いと言えるでしょう。

将来性

プログラミング言語別の人気ランキングにおいて、C言語のランキングは上位にきています。以前よりは人気が若干下がってきていますが、Javaと上位を競っている状態にあります。


このように、C言語は長年高い人気を誇る言語であり、IoTシステムを含めたあらゆる開発も用いられていることから、将来性の高い言語だと言えるでしょう。

案件数

C言語の案件は某フリーランス向けの求人サイトで調査したところ、約800件以上扱われていました。同じように人気の高い言語であるJavaと比較すると案件数自体は少ないですが、月間単価が約80万円以上の高単価案件も多いです。


高単価なC言語の案件の特徴としては、IoT家電の開発の案件や自動運転システムに関連した開発など、トレンドの技術に関連した案件が多い傾向があります。

未経験者でC言語のフリーランスは活躍できる?

結論から述べると、未経験者がいきなりC言語のフリーランスエンジニアとして活躍することは難しいです。C言語に限らず、開発案件のクライアントは相手の経験や実績を見て、どのフリーランスに仕事を依頼するか検討します。


そのため、エンジニア経験がない状態では案件を獲得することができないでしょう。未経験からフリーランスを目指すのであれば、まずは企業に就職して経験を積み、C言語のフリーランスとして独立を目指すのがおすすめです。

C言語フリーランスに必要な経験

前述のとおり、C言語フリーランスとして案件を獲得していくためには経験が求められます。特に高単価な案件を獲得しようと思うのであれば、さまざまな経験を積んで対応できる案件の幅を広げることが大切だと言えるでしょう。


ここでは、C言語フリーランスに必要な経験について解説します。

エンジニアとしてアプリやシステム開発の経験

C言語の案件というと組み込み系などの開発案件がイメージしやすいですが、実際にはWebサービスやシステムの開発案件でもC言語の経験が評価されます。そのため、特定の分野での経験だけでなく、アプリ開発やシステム開発の経験を積むと良いでしょう。


エンジニアは幅広い経験を積むほど評価されるようになるため、さまざまな開発経験をアピールできるようにしておくことで、高単価の案件を獲得しやすくなるでしょう。

プロジェクトマネージャーとして多様な案件を経験

会社勤めをしているエンジニアと同様に、フリーランスも上流工程の経験がある人材の方が高く評価されます。プロジェクトマネージャーなどのマネジメント職の案件を経験しておくことで、高度なスキルをクライアントに認めてもらえれば、その分高額な報酬も期待できるでしょう。


上流工程やプロジェクトマネージャーとしてさまざまな案件を経験しておけば、市場価値の高いフリーランスになることができます。

規模の異なる企業での案件を経験

C言語の開発案件にはさまざまな種類があるため、C言語を使って組み込み系の開発を行う大企業もあれば、IoTや機械学習などのトレンドの技術を扱うベンチャー企業もあります。


しかし、企業が変われば現場で求められるスキルや開発手順なども異なるため、C言語が扱えれば大企業でもベンチャーでも活躍できるというわけではありません。そのため、あらゆる規模の企業の案件を経験し、スキルアップすることが大切です。

C言語フリーランスが案件を得る方法

C言語のフリーランスとして長く働くためには、まずは案件を確保する手段を確立することが大切です。フリーランスが案件を獲得する方法としては、さまざまな選択肢があります。


ここでは最後に、C言語フリーランスが案件を得る方法を紹介します。

クラウドソーシングを利用

クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数の人材に案件を発注するという業務形態です。


近年では多くの企業がクラウドソーシングサービスで案件を出しているため、クラウドソーシングを利用することで、多くの案件の中から自分に合った案件を見つけることができるでしょう。

知人の紹介

以前勤めていた会社の同僚や取引先など、知人からの紹介で案件を獲得する方法もあります。知人からの紹介であれば、一から信頼関係を築く必要がないため、話がスムーズに進みやすいというメリットがあります。


そのため、独立後も案件を獲得できるように、会社勤めをしている段階から周囲の人との信頼関係の構築に努めるようにしましょう。

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントを利用することで、エージェントから自身の経験やスキルに合った案件を紹介してもらえます。また、案件紹介だけでなく報酬交渉や税務サポートなど、さまざまなサポートを受けることができるため、案件対応に集中しやすくなるでしょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

C言語を使いこなせるフリーランスを目指そう

C言語のフリーランスとして活躍するには、さまざまな経験やスキルが必要です。


ぜひ、本記事で紹介したC言語のフリーランスの現状や、フリーランスに必要な経験などを参考に、C言語フリーランスとして活躍できるようにスキルを磨いてみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300