「フロントエンドエンジニアとして副業を行うことのメリットって?」
「フロントエンドエンジニアの副業案件にはどんな内容があるの?」
「フロントエンドエンジニアの副業案件を探すにはどうすればいい?」


このように、フロントエンドエンジニアとして副業を行うメリットを知りたいという人もいるのではないでしょうか。


本記事では、フロントエンドエンジニアの副業のメリットや内容、案件の探し方などを紹介しています。この記事を読むことで、フロントエンドエンジニアとして副業を行う方法が把握できるでしょう。


また、フロントエンドエンジニアが副業を行う流れなども紹介するため、これから副業を始めようと考えている人も参考にできます。


フロントエンドエンジニアとして副業を行うメリットを知りたい人は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

フロントエンドエンジニアの副業に関する動向

フロントエンドエンジニアとして働いている人の中には、スキルを活かして副業を始めたいと考えている人もいるのではないでしょうか。フロントエンドエンジニアの副業とは、Webサービスなどのユーザーの目に見える部分の開発を行うことです。


ここでは、フロントエンドエンジニアの副業に関する動向について解説していきます。

幅広い仕事内容の案件がある

フロントエンドエンジニアの副業案件にはさまざまな案件があります。そのため、フロントエンドエンジニアの副業を行うことによってさまざまな経験を積むことができるでしょう。


本業では自社の案件しか対応することができないため、スキルアップすることが難しいケースもあります。しかし、副業の場合は案件によって業務内容も求められるスキルも異なるため、スキルアップにも有効だと言えるでしょう。

案件数は多めに存在する

副業案件の中でも、フロントエンドエンジニアに関連した案件は豊富にあります。また、フロントエンドの案件の中でもリモートワークや週2日から稼働可能な案件数も多いため、副業としてもフロントエンドの案件は対応しやすいと言えるでしょう。


さらに、JavaScriptなどフロントエンドのプログラミング言語で案件を絞り込んでもそれぞれ数十件程度の案件数があるため、自分が対応できる案件を選びやすいです。

稼働時間が短いという特徴がある

フロントエンドエンジニアの副業は稼働時間が短いのが特徴で、週1日や週2日などの案件も多い傾向があります。副業としてフロントエンドエンジニアの案件を探す場合、平日は本業があるため土日など短い時間で対応できる案件を探している人は多いでしょう。


そういった場合でも、フロントエンドエンジニアの副業であれば空いている時間に対応しやすいです。

フロントエンドエンジニアとして副業を行う6つのメリット

フロントエンドエンジニアの副業に関して興味がある人の中には、副業を行うことでどのようなメリットがあるのか知りたいという人も多いのではないでしょうか。


ここでは、フロントエンドエンジニアとして副業を行うメリットを紹介していきます。

1:フリーランスを目指せる

フロントエンドエンジニアの副業を通して経験を積むことは、将来フリーランスとして独立を目指している人に大きなメリットがあります。会社員として仕事をしながら副業を行うことで、事前にフリーランスとして仕事をするためのスキルや実績を積むことができるでしょう。


また、事前に人脈を作っておくことで、独立した後も副業で構築した人脈を活かして案件を獲得できます。

2:スキルの向上を図れる

本業でフロントエンドエンジニアをしている人が副業を行えば、本業でも役立つスキルの向上が期待できます。本業ではどうしても同じような仕事内容になってしまいますが、副業の場合は案件によって内容が異なるため、本業では得られない経験も身につくでしょう。


そのため、副業を通して自身のフロントエンドエンジニアとしての市場価値を向上することも可能です。

3:収入を増やしやすい

フロントエンドエンジニアの副業を行うことで、収入を増やせるというメリットがあります。また、エンジニア向けの副業は専門的なスキルが求められるため、一般的な副業よりも高単価な傾向があります。


場合によっては副業だけでも一般的な会社員と同じくらいの報酬を得ることもできるため、収入アップを目指したい人や本業での収入に不満がある人には大きなメリットがあるでしょう。

4:人脈を作れる

会社員エンジニアとして仕事をしている場合、基本的に仕事を行うメンバーは固定です。そのため、本業で新しい人脈を広げていくことは難しいでしょう。


しかし、フロントエンドエンジニアとして副業を行えば、さまざまなクライアント企業の担当者と人脈を構築することができます。そのため、仮に将来フリーランスとして独立することになった場合に、人脈を通して仕事を獲得できる機会も多くなるでしょう。

5:在宅でできる

フロントエンドエンジニアの副業案件はリモートワーク可、在宅可の案件も多い傾向があります。Web開発の案件は比較的小規模で、個人で対応できる案件も多いため、大規模開発のように作業現場に出社して開発を行う必要がありません。


そのため、在宅でできる案件も多く、副業としても適しています。

6:新しい技術を習得しやすくなる

フロントエンドエンジニアの副業を行うことで、さまざまな案件に対応することになります。案件によって必要となるスキルやライブラリ、フレームワークなども異なるため、副業を通して新しい技術も習得しやすくなるでしょう。


また、案件によっては上流工程の業務を経験できる可能性もあります。本業ではなかなか新しいスキルを獲得することは難しいですが、副業であれば仕事を通してスキルアップすることもできるでしょう。

フロントエンドエンジニアの副業案件内容

フロントエンドエンジニアの副業案件には、開発案件以外にもさまざまな内容があります。そのため、フロンドエンドエンジニアとして副業を探す際には、自分に合った案件を獲得するといいでしょう。


ここではフロントエンドエンジニアの副業案件の内容について解説していくため、参考にしてみてください。

コンサルティング業務

コンサルティングに関連した副業では、フロントエンドエンジニアとしての経験を活かしてWebサイトやWebサービスに関するコンサルティングを行います。Web開発を行うクライアントの課題解決を行うために、WebサイトやWebサービスの開発に携わります。


コンサルティング業務の案件は大規模開発の案件に携わることもあるため、豊富な知識や経験などが必要とされるでしょう。

開発業務

フロントエンドエンジニアの副業案件の内容として、開発業務があるでしょう。フロントエンドエンジニアが携わる案件としては、WebサイトやWebサービスの開発、機能追加などフロントエンドの案件となります。


また、WordPressを使ったCMS構築や改修、運用などの業務もあります。フロントエンド開発案件には個人で作業を行うものもあれば、チームとしてプロジェクトに参加するような案件もあるでしょう。


単価はプロジェクトの規模などによって異なりますが、特にReactのスキルが必要となるような開発業務であれば、比較的単価が高い傾向にあります。

エンジニアの知見についての執筆業務

フロントエンドエンジニアとして身につけた知識を活かしてライティングの案件を受注することも可能です。執筆系の副業は単価にも幅があり、1文字○円と単価が決まっているものが多いです。


エンジニアとしての知見が必要になるような副業案件の場合は、それだけ単価も高くなる傾向にあるため、ライティングの案件でも安定的に収入を得ることができるでしょう。

プログラミングの講師

フロントエンドエンジニアの知識や経験を活かして、プログラミングスクールや企業の研修、専門学校の講師として働く案件もあります。業務内容としては、直接プログラミングの講師として指導を行ったり、生徒が作成した制作物へのレビューや質問への回答などを行ったりします。


スクールの生徒は初心者が多いことから、フロントエンドエンジニアとしての実務経験があれば講師としての仕事を得られる可能性もあるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

フロントエンドエンジニアの副業案件を探す方法

フロントエンドエンジニアの副業案件を探す方法としては、クラウドソーシングサービスやエージェントなどさまざまな選択肢が挙げられます。そのため、実際に副業を探す場合は自分に合った方法で副業を探すといいでしょう。


ここでは、フロントエンドエンジニアの副業案件を探す方法について解説していくため、参考にしてみてください。

クラウドソーシングで探す

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したいクライアントがインターネット上で不特定多数の人に業務を依頼できるサービスです。近年では、仕事をしたい人と仕事を依頼したいクライアントをマッチングするクラウドソーシングサービスが増えています。


クラウドソーシングの案件は誰でも手軽に受注でき、比較的未経験者などでも対応できる案件も多いです。また、リモートワーク可の案件も多いですが、エージェントが扱っているような案件を比較すると単価は低めの案件が多いという特徴もあります。

IT系専門のエージェントで探す

IT系専門のエージェントを利用して副業を探すという方法もあります。このようなエージェントに登録しておくことで、エージェントから個人でも受注できる副業案件を紹介してもらえます。


また、さまざまな副業案件を比較して気に入った案件を選択することもできるでしょう。このようなエージェントを利用することで、個人では獲得することが難しい高単価案件や非公開案件などを紹介してもらえる可能性もあるため、活用するのがおすすめです。

スキルシェアサービスで探す

スキルシェアサービスとは、クラウドソーシングの一種で「自分ができること」を登録して案件を獲得できるサービスです。


クラウドソーシングとの違いは「スキルベースで依頼を受注する」という点であり、一般的な案件ベースではなく、自分のスキルや経験を販売できるサービスであると考えるといいでしょう。

知人から紹介してもらう

人脈を活かして知人から副業案件を紹介してもらうという方法もあります。知人からの紹介であれば、個人でクライアントと直接契約を結ぶことができます。


また、知り合いからの紹介であればすでに信頼関係ができているため、スムーズに話が進みやすいでしょう。クラウドソーシングやエージェントを利用する場合のように仲介手数料がかからない点もポイントです。

SNSを活用する

SNSを活用して副業案件を獲得するという方法もあります。近年では、SNSがセルフプロデュースの場になっているため、SNSを利用して自身のスキルなどを発信することにより、SNS経由でクライアントから案件を依頼される可能性もあるでしょう。


また、スタートアップなどの企業の場合は、求人サイトなどを利用せずにSNSを中心に人材を募集しているケースもあるため、気になる企業のアカウントをチェックしておくのもおすすめです。

ポートフォリオを作る

エンジニアが自身のスキルをクライアントにアピールするには、ポートフォリオを作成するのが有効です。ポートフォリオは自身のスキルや実績をまとめた資料集のようなもので、プロフィールや過去の作品、開発スキルなどを掲載します。


特に、開発実績が浅いエンジニアの場合は、クライアントも案件を任せていいのか判断に困るケースがあるため、ポートフォリオを作成してスキルレベルを提示できるようにしておきましょう。

フロントエンドエンジニアが副業を行うまでの4つの流れ

これから副業を始めようと考えている人の中には、どのような流れでフロントエンドエンジニアの副業を行えばいいのか知りたいという人もいるでしょう。


ここではフロントエンドエンジニアが副業を行うまでの流れを紹介していきます。

1:勤務先の就業規則を確認する

まずは勤務先の就業規則を確認して、副業を行って問題ないかどうかチェックしておきましょう。企業によっては副業が全面的に禁止されている可能性もあります。


禁止されているにもかかわらず副業を行ったことが知られれば、懲戒処分に繋がる可能性もあるでしょう。近年では、副業を認める企業も増えてきているため、副業が認められていなかったとしても、会社に相談すれば認めてもらえることもあります。

2:スキルの棚卸しを行う

副業を始める前に、自分のスキルや知識などを棚卸しして副業にどのように活かせるのかを確認しておきましょう。副業を行うためには自分一人で案件をこなせるだけのスキルが求められるため、スキル不足の場合は事前にスキルを身につけてから副業を始める必要があります。

3:目標を決める

副業を行う上での目標を決めましょう。人によっては収入アップを目的にする場合もあれば、スキルアップを目標に副業をする人もいるでしょう。


収入アップを目標にする場合は目標額を設定し、スキルアップを目標にする場合は副業によって何を獲得したいのか明確化しておくことが大切です。

4:副業案件の業務分野を選ぶ

前述したように、フロントエンドエンジニアの副業案件には開発案件やコンサルティング案件などさまざまな分野があります。そのため、自分に合った業務分野を選ぶようにしましょう。

フロントエンドエンジニアが副業する際に必要な能力

フロントエンドエンジニアとして副業を行うには、最低限フロントエンドの開発を行えるだけのスキルが必要になります。


これからフロントエンドエンジニアの副業にチャレンジしようと考えている人の中には、具体的にどのようなスキルを身につければいいのか気になっている人もいるのではないでしょうか。


ここでは最後に、フロントエンドエンジニアが副業する際に必要な能力を紹介していきます。

UI・UXを設計する能力

フロントエンドエンジニアの案件に対応するには、ユーザーが使いやすいWebサービスを開発するためのUIやUXに関するスキルが必要になります。


フロントエンドはユーザーが直接目にしたり、操作したりする部分の開発となるため、UI・UX設計に関する知識やスキルは欠かせないでしょう。


UIやUXの知識やスキルを身につけるには、他社のサービスを研究したり、UI・UXに関する書籍を読んだりして勉強する必要があるでしょう。

JavaScriptやPHPを扱う能力

エンジニアとして副業を行う以上、プログラミングスキルが必要になります。特にフロントエンドエンジニアの副業案件に対応するには、フロントエンドの開発に用いられるJavaScriptやPHPに関するスキルは重要になるでしょう。


これらのフロントエンドの開発に用いられるプログラミング言語を使い、Webアプリケーションの開発が一人でこなせるレベルを目指しましょう。

HTML5やCSS3を扱う能力

前述のプログラミング言語だけでなく、HTML5やCSS3などのマークアップ言語、スタイルシート言語のスキルも必要です。HTMLとCSSはWebサイトを制作するための必須の言語となっているため、フロントエンドエンジニアにとっても重要なスキルです。


そのため、HTML5とCSS3を使いこなせるスキルを身につけておきましょう。

高いコミュニケーションスキル

副業としてフロントエンドエンジニアの案件を獲得しようと思うと、まずは営業活動を行う必要があります。また、案件の中には個人で対応できる案件もありますが、プロジェクトに参加して他の人と協力しながら開発を行うような案件もあります。


そのため、副業案件をこなすためにはさまざまな場面でコミュニケーションスキルが必要になるでしょう。高いコミュニケーションスキルを身につけておけば、需要の高いフロントエンドエンジニアとして活躍できるでしょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

フロントエンドエンジニアとして副業を始めてみよう

フロントエンドエンジニアの案件は稼働時間が短いため、副業にも適しています。ぜひ、本記事で紹介したフロントエンドエンジニアの副業案件の内容や副業案件を探す方法などを参考に、フロントエンドエンジニアの副業を始めてみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300