シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

フロントエンドエンジニアがつらいと思う10の理由|未経験から目指す方法も解説

フロントエンドエンジニアの仕事はつらいと、聞いたことはありませんか。本記事では、フロントエンドエンジニアがつらいと感じる理由やフロントエンドエンジニアとして働くメリットなどを紹介していきます。フロントエンジニアの働き方について知りたい方は参考にしてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「フロントエンドエンジニアってどんな仕事?」
「フロントエンドエンジニアの仕事はつらいと聞いたことがあるけど、どんな点がつらいの?」
「フロントエンドエンジニアに必要な適性って?」


このように、フロントエンドエンジニアに興味があっても、仕事がつらいのではないかと不安に感じている人は多いのではないでしょうか。


本記事では、フロントエンドエンジニアの具体的な仕事内容や、どのような点がつらいと感じるのかなどについて紹介しています。本記事を読むことで、フロントエンドエンジニアがつらいと感じる理由について把握することができるでしょう。


フロントエンドエンジニアを目指している人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

フロントエンドエンジニアの仕事について

フロントエンドエンジニアの仕事内容は、システムやアプリケーションの機能の中で、ユーザーの目に直接触れる部分を扱うことです。


テキストの入力欄やボタン、画像の差し替えや編集などを日々の仕事でフロントエンドエンジニアは行います。バックエンドエンジニアなどと比べると、よりWebデザイナーなどのポジションに近い立ち位置で仕事を行います。

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアとの相違点

フロントエンドエンジニアがユーザーの目に触れる部分の開発を行うのに対して、バックエンドエンジニアは目に見えない部分を担います。


バックエンドエンジニアはデータの保存や処理など、裏側の処理を実装することが仕事です。Webアプリケーションの開発において、フロントエンドとバックエンドは非常に密接な関わりを持っています。

フロントエンドエンジニアがつらいと感じる10の理由

フロントエンドエンジニアは多くの人が目指し、同時に多くの人がこの仕事で生計を立てていますが、つらいと感じがちな点がいくつかあります。


覚えなければならない点が多いことや最新のIT技術を絶えずキャッチアップしなければならないなど、ITエンジニアに多い点から、Webデザイナーの仕事までやらされるなど、フロントエンドエンジニア特有の点もあります。


フロントエンドエンジニアを目指す前に、このようなつらい点はできるだけ事前に把握しておいた方が良いです。

1:たくさんの知識が必要

フロントエンドエンジニアはたくさんの知識を覚えなければできない仕事が多いため、つらいと感じる人が多いです。


プログラミング言語だけでも、文法や単語だけでなく、フレームワークや開発や管理のためのツールについても理解していなければなりません。また、データベースやバックエンドの処理の知識も必要となることがあるため、かなり多様な知識やスキルが必要になります。

2:他者業務の影響を受けやすい

フロントエンドエンジニアはWebデザインや顧客からの要望など、他者の業務の影響をとても受けやすいです。顧客からの要望によって機能やWebデザインが変更になった場合、最初からすべての仕事をやり直しさせられる場合もあり得ます。


ただ、この点に関してはバックエンドエンジニアでもAIエンジニアでも、IT業界で仕事をするのであればあまり変わりません。

3:解決策が見当たらないことが多い

フロントエンドエンジニアの仕事はコーディングなどプログラミング言語を使用したものがメインの業務ですが、解決策がなかなか見つからないときもしばしばあります。


特にバックエンドの処理やデータベースなど、自分が担当している分野とは異なる技術領域でわからないことがあると、情報を探すだけでも苦労することが多いです。

4:最新技術の入れ替わりが激しい

フロント側の技術であろうがバック側の技術であろうが、IT技術は技術革新の頻度が高いため、最新技術をキャッチアップしておくことは必要不可欠です。


仕事と並行して、最新技術の勉強や情報収集を行うことは容易ではありません。ただこの点に関してもIT業界でエンジニアとして働くのであれば、共通のつらい点でもあります。

5:コーディングする作業が面倒な部分がある

フロントエンドエンジニアはHTMLやJavaScriptなどを使用してコーディングを行いますが、このコーディングが面倒になる場合が多いです。


HTMLやJavaScriptなどのプログラミング言語の文法は簡単ですが、コードの量が多くなりがちであるため、完成したコードは複雑になってしまいます。コードの全容が気が付いたら書いた自分でも理解できず、その上画面のデザインも崩れているという場合は少なくありません。

6:Webデザイナーを兼務する場合がある

フロントエンドエンジニアの仕事の立ち位置はWebデザイナーの仕事に近いため、企業や現場によってはWebデザイナーの仕事も兼務する場合があります。


従ってフロントエンドエンジニアに専念しているときよりも業務の量が倍増し心身が疲弊する、という場合も多いです。また、Webデザインは本業でないため、やりがいや目標なども見つけにくい場合が多いです。

7:バックエンドエンジニアと比較されることがある

フロントエンドエンジニアとよく似た業務内容の職種に、バックエンドエンジニアという職種もあり、両者は比較されることが多いです。


バックエンドエンジニアはサイトの内側の作成を担当しており、フロントエンドエンジニアよりも重視されるため、年収もフロントエンドエンジニアよりも高いことが多く、加えてバックエンドエンジニアの方がキャリアプランも豊富です。


バックエンドエンジニアと比較され、フロントエンドエンジニアは劣等感に悩まされる可能性が高くなります。

8:職場次第では残業がある

フロントエンドエンジニアの業務範囲は、企業によって違いがあります。場合によっては多くの仕事を任され、残業が発生するケースもあります。


特にベンチャー企業などの人材が不足しがちな企業の場合、フロントエンドエンジニアがデザイナーやディレクターの業務も兼任していて、残業や休日出勤などが常態化しているということもあるでしょう。

9:納期に追われやすい

フロントエンドエンジニアが関わる業務の多くは、クライアントワークです。クライアントの無理な注文や仕様変更などよって、納期に追われるケースが多くなることもつらいと感じる理由として挙げられます。

10:バックエンドより認めてもらえない風潮がある

フロントエンドエンジニアは、バックエンドと比較すると見下されていると感じる場合もあるでしょう。バックエンドエンジニアは、フロントエンドエンジニアよりも古くから存在している職種です。


また、バックエンドエンジニアは、サービスにとって重要な内部を開発することが仕事であるため、たとえ良いものを作ったとしても、フロントエンドエンジニアではなかなか認めてもらえないという声もあります。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

フロントエンドエンジニアとして働くメリット

前述したようにフロントエンドエンジニアはつらいことが多いですが、そのデメリットに負けず、メリットややりがいも多いです。


しっかりと勉強してスキルを付けることで、より多くのメリットを享受することができ、同時につらいと感じる点を少なくできます。


働き方も多様なため、より自分の希望の働き方を実現しやすくなっている点も魅力的な部分の一つです。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

スキル次第で独立ができる

フロントエンドエンジニアはスキルが高くなればなるほど働き方が多様になるため、独立してフリーランスのエンジニアになることも可能です。


フリーランスエンジニアになると、収入が増える可能性が高くなりますし、自分のペースで仕事をすることも可能になります。また、フリーランスエンジニアはスキルアップや業務の効率化を達成することで、会社員の時よりも収入の増え幅が大きくなります。

キャリアアップの見込みがある

フロントエンドエンジニアは様々な業務を担当する職種のため、様々なキャリアパスを実現することが可能になります。


フロントエンドエンジニアのスペシャリストやマネージャーを目指すことも可能ですし、Webデザイナーに転身することも可能です。


フロントエンドエンジニアとしてスキルや業務経験を積んでいくことで、様々なキャリアプランを実現して、夢を叶えることができます。キャリアアップを実現できれば、収入も増える可能性が高いです。

やりがいを感じられる

フロントエンドエンジニアは最新の技術や開発ツールを使用することが多く、勉強することも多いですが、好奇心の強い人やITに興味のある人にとってはやりがいのある仕事が多いです。


またユーザーの目に触れる部分を担当するため、製作物の評価を知人などから直接聞くこともできます。使いやすいサイトだった、こんなサイトを作れるなんてすごい、などと褒められることでやる気も上がります。

長期的な需要があるので将来への不安が少ない

近年はスマートフォンの普及によって、WebサイトやWebサービス開発の需要は高い状態になっています。今後もフロントエンドエンジニアには長期的な需要が期待できると言えるため、将来仕事がなくなる不安を感じる心配は少ないでしょう。

初めてでも学習しやすい

フロントエンドエンジニアに必要なスキルとしてはHTML/CSS、JavaScriptなどが挙げられますが、これらの言語は比較的初心者からでも習得しやすいです。


そのため、未経験からでも挑戦しやすい職種であると言えるでしょう。

平均年収が高めである

フロントエンドエンジニアの平均年収は、550万円〜700万円ほどと言われています。日本全体の労働人口の平均年収が440万円ほどとなっているため、平均年収よりも高い水準です。


もちろんスキルなどによって年収は変わりますが、実務経験を積むことで高年収を目指すことも可能でしょう。

フロントエンドエンジニアが可能なキャリア

フロントエンドエンジニアからであれば、WebデザイナーやWebディレクター、バックエンドエンジニアなどと様々なキャリアから選べます。


これらの職種であれば、フロントエンドエンジニアとして身に付けたスキルを活かして、キャリアアップできるでしょう。

フロントエンドエンジニアへの転職を成功させるコツ

フロントエンドエンジニアも技術職の一種であるため、転職を成功させるためにはある程度の技術力が必要です。


独学に使える無料サイトや、一般の書店で売っている書籍など、様々なツールを使用することでスキルアップすることができます。また、習得したスキルをわかりやすくポートフォリオにまとめておくことも重要です。

未経験からフロントエンドエンジニアを目指す方法

フロントエンドエンジニアは初心者からでも目指しやすい職種ですが、未経験から目指す場合は、必要な知識やスキルを身に付ける必要があります。


ここでは、未経験からフロントエンドエンジニアを目指す方法を紹介していきます。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

プログラミングスクールを活用して勉強する

フロントエンドエンジニアには専門性の高いスキルが必要になるため、プログラミングスクールに通ってスキルを身に付けるのが効率的です。スクールであれば、未経験からでも短期間でスキルを習得できるでしょう。

実際にサイトをPHPとWordPressで作成してみる

スキルを身に付けたら、自分でPHPやWordPressなどを使ってWebサイトを作成してみると良いでしょう。実践的なスキルが身に付くだけでなく、作成したサイトはポートフォリオとして利用することができるため、転職活動の際のアピール材料にできます。

フロントエンドエンジニアへの適性がある人

フロントエンドエンジニアの仕事は人によって向き不向きがあるため、フロントエンドエンジニアを目指すのであれば、自分の適性も知っておくと良いでしょう。


ここでは、フロントエンドエンジニアへの適性がある人を紹介していきます。

Webサイトの見た目をデザインしたいと思っている

フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーが作成したデザインをもとに画面を実装することが仕事であるため、ユーザー目線で使いやすいデザインなのかどうかを考えながら実装することが求められます。


そのため、自分でWebサイトの見た目部分をデザインしたいと考えている人であれば、フロントエンドエンジニアへの適性があるでしょう。

最新技術に興味がある

Web業界は、次々にトレンドが移り変わる変化の激しい業界です。フロントエンドエンジニアも、最新技術やトレンドに興味を持ち、積極的キャッチアップできる人が向いています。


いち早く最新技術を取り入れることができる人であれば、スキルアップにもつながるでしょう。

コミュニケーション力や交渉力がある

フロントエンドエンジニアはクライアントワークであることが多く、人と接する機会の多い仕事です。そのため、コミュニケーション力や交渉力の高い人も、フロントエンドエンジニアに向いていると言えるでしょう。

柔軟な対応ができる

フロントエンドエンジニアは、Webサイトやアプリを利用するユーザーにとって最適な画面を提供することが仕事です。そのため、どのような画面が良いのか試行錯誤し、柔軟に対応できる人はフロントエンドエンジニアに向いています。

サービス精神が高い

フロントエンドエンジニアの仕事は、ただ単にWebサイトの見た目を作成するのではなく、ユーザーに使いやすさを提供することも仕事のうちです。そのため、人に喜んでもらうことが好きなサービス精神が豊富な人は、フロントエンドエンジニアへの適性があります。

フロントエンドエンジニアへの適性がない人

フロントエンドエンジニアへの適性がない場合、たとえスキルを身に付けてフロントエンドエンジニアになったとしても、苦労する可能性もあるでしょう。


ここでは最後に、フロントエンドエンジニアへの適性がない人とはどのような人なのか紹介していきます。

探求心が低い

フロントエンドエンジニアは新しい技術やWebデザインに興味を持ち、キャッチアップできる人ほど適性が高いと言えます。逆に、好奇心や探究心の低い人は自分から興味を持てないため、フロントエンドエンジニアになったとしてもキャリアアップしていくことは難しいでしょう。

自分の考えを優先してしまう

フロントエンドエンジニアは、クライアントの要望に合ったWebサイトやアプリを開発することが仕事です。また、ユーザーにとっての使いやすさも考える必要があるため、人の気持ちに寄り添えることも、フロントエンドエンジニアに必要な資質だと言えるでしょう。


そのため、自分の考えを優先してしまうような人は、フロントエンドエンジニアには向いていないと言えるでしょう。

コミュニケーションが苦手である

フロントエンドエンジニアは仕事上、人と接する機会も多いです。そのため、コミュニケーションが苦手な人はフロントエンドエンジニアに向いていません。


クライアントのニーズのヒアリングや開発メンバーとのミーティングなど、日々の仕事を行うためにはコミュニケーション能力が求められます。

フロントエンドエンジニアのつらい部分だけでなく将来性を見よう

フロントエンドエンジニアはつらい部分も確かに多いですが、魅力的な部分も多くあり、将来性の高い職種です。


IT業界の深刻な人手不足という要因も手伝って、スキルと業務経験を身に付けることができれば収入のアップとキャリアアップを実現し、豊かな生活を営むことが可能になります。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/04/28

2022/10/14

取引先5,000社以上の豊富な案件を毎日更新!
非公開案件から「あなたにぴったりの案件」をご提案します。