シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

フリーランスでソフトウェア開発に必要なスキル|エンジニア以外に関わる職種は?

フリーランスでソフトウェア開発を行うためにはどのようなスキルが必要とされるのでしょうか。本記事ではソフトウェア開発に関わる職種やフリーランスでソフトウェア開発を行う際に必要なスキルなどを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「フリーランスでもソフトウェア開発はできる?」
「ソフトウェア開発に関わる職種って?」
「フリーランスでソフトウェア開発を行うためにはどんなスキルが必要?」


このように、フリーランスとしてソフトウェア開発の仕事に携わりたいという人もいるのではないでしょうか。


本記事では、ソフトウェア開発に関わる職種やフリーランスでソフトウェア開発を行うために必要なスキルなどを紹介しています。この記事を読むことで、フリーランスでソフトウェア開発を行う方法が把握できるでしょう。


また、ソフトウェア開発の将来の展望や単価などについても解説しているため、ソフトウェア開発に挑戦するかどうかの参考にもできます。


フリーランスでソフトウェア開発をしてみたい人は、ぜひこの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

フリーランスでもソフトウェア開発は可能?

ソフトウェア開発に興味がある人の中には、フリーランスでもソフトウェア開発ができるのかどうか知りたいという人もいるでしょう。結論から述べると、フリーランスでもソフトウェア開発は可能です。


ただし、フリーランス案件にあるソフトウェア開発では、開発できるものが限定されている傾向があります。


▼関連記事

在宅フリーランスエンジニアの実情|メリットやデメリットもあわせて紹介

ソフトウェア開発に関わる5つの職種

企業でソフトウェア開発を行う場合はさまざまな職種が関わることになります。一般的にイメージしやすいプログラマーなどの開発職以外にも、案件を獲得する営業職やプロジェクトを統括するシステムアナリストなどさまざまな人々がソフトウェア開発に関わっています。


ここではソフトウェア開発に関わる職種について解説していくため、どのような職種があるのか参考にしてみてください。

1:営業

営業はソフトウェア開発の受注を目指して営業活動を行う職種です。営業職はクライアントに対して企画提案を行うため、システムに関する知識が求められます。


また、クライアントやエンジニアと関わりながら仕事をすることになるため、高いコミュニケーション能力や調整能力が必要になるでしょう。ソフトウェア関連の営業職は、企業の種類によってパッケージ営業、受託開発営業、SES営業などの種類にわかれます。

2:システムエンジニア

システムエンジニアはソフトウェア開発での上流工程を担当する職種です。主にクライアントからニーズをヒアリングし、要件定義を行い、ソフトウェアの設計を行います。また、テストや納品後の保守運用にも関わることになります。


システムエンジニアには基本的なITスキルはもちろん、高いコミュニケーションスキルやマネジメントスキルなどが必要になるでしょう。

3:プログラマー

プログラマーはシステムエンジニアが作成した資料をもとにプログラミングやテストを行う職種です。ソフトウェア開発における下流工程を担当するエンジニア職で、新卒でソフトウェア開発企業に入社した場合、まずはプログラマーとして配属されるケースが多いです。


また、プログラマーとして実績を積んだあとは、システムエンジニアにキャリアアップしていくという流れもあります。

4:マネージャー

マネージャーはプロジェクト全体を管理する責任者です。プロジェクトのスケジュールや予算、品質、納期などすべてのマネジメントを行う職種で、プロジェクトを円滑に進められるように人員配置や環境整備などを行います。


マネージャーは多くの関係者と関わりながら調整役としての役割をこなすことになるため、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルなどが必要になります。

5:システムアナリスト

システムアナリストはシステム開発における最上流工程を担当する職種です。主に情報システム開発における分析、評価などを行う職種で、クライアントから経営戦略や課題などをヒアリングした上で戦略の提案などを行います。


システムアナリストは開発プロジェクトをアシストしていく役割を持つため、情報システムに関する幅広い知識や経験などが求められます。

ソフトウェア開発の種類

一言でソフトウェア開発と言っても、ソフトウェアと呼ばれるものにはさまざまな種類があります。ここではソフトウェア開発の種類について解説していくため、参考にしてみてください。

アプリの開発

ソフトウェア開発の一つはアプリケーション開発です。アプリケーションとは、WindowsであればWordやExcel、AndroidであればGoogleドライブ、iPhoneであればiTunesなどが該当します。


アプリ開発の場合は定期的に更新を行う必要があるため、アプリ起動時に更新があるかどうかチェックする機能が搭載されているものが多いです。

Webシステムの開発

Webシステム開発とは、UIがWebブラウザを利用するようなソフトウェア開発を指します。たとえばWebブラウザを利用するオンラインゲームはスマホで遊ぶゲームと違い、Webシステムに分類されるでしょう。


また、他にも納税システムのe-Taxなどはインターネット上でアクセスしてブラウザでUIを触りながら利用できるため、Webシステムに分類されます。

組み込みシステムの開発

組み込みシステムとは、家電や産業機械などの独立した機器の動きを制御するために最初から組み込まれているシステムのことを指します。たとえば冷蔵庫や洗濯機、テレビ、自動車などに組み込まれているものはすべて組み込みシステムです。


近年ではIoT技術を利用した組み込みシステムが注目を集めています。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

フリーランスでソフトウェア開発に必要な13のスキル

フリーランスのエンジニアとしてソフトウェア開発を行う場合、さまざまなスキルが必要になります。ここで紹介するスキルの中には、会社員エンジニアとしてソフトウェア開発を行う場合には必要ないものもあるでしょう。


しかし、フリーランスの場合はクライアントからの信頼を得て案件を獲得していく必要があるため、ソフトウェア開発を行うフリーランスを目指す場合は身につけておくことが大切です。


ここではフリーランスでソフトウェア開発を行う場合に必要なスキルを紹介していくため、参考にしてみてください。

1:上流工程と下流工程を網羅できる力

フリーランスは基本的に一人で仕事を行うことになるため、システム開発におけるすべての工程を行えるだけのスキルが求められます。そのため、一般的にはシステムエンジニアやプログラマーなど職種によってわかれている上流工程や下流工程の両方を網羅できるスキルが必要になるでしょう。


すべての工程を一人でこなせるだけのスキルを身につけるには、しっかりと実務経験を積むことが大切になるでしょう。

2:実務経験や実績

フリーランスで案件を獲得する場合、実務経験が重要になります。もちろん実績がなくてもスキルがあれば案件に対応可能でしょう。しかし、クライアントからしてみれば実績がない相手を正確に判断することは難しいでしょう。


特にはじめて会うフリーランスに仕事を依頼する場合、クライアントは実務経験を重要視します。そのため、まずは企業に勤めながらエンジニアとしての実務経験を詰み、その後はフリーランスになってからの実績を積んでいくことが大切です。

3:複数のプログラミング言語に対応する力

プログラミング言語には非常に多くの種類があり、開発するものや仕様などによって採用される言語は異なっています。フリーランスとして幅広い案件に対応できるようにするためには、複数のプログラミング言語に対応する力が必要になるでしょう。


案件によっては使用する言語が決まっているケースも少なくないため、できるだけ多くの言語に対応しておくことで活躍できるフィールドを広げられます。

4:問題を解決する力

クライアントは単にフリーランスにソフトウェアの開発を依頼しているのではなく、何らかの問題を解決するために開発を依頼しています。そのため、フリーランスには問題解決力が求められます。


クライアントが具体的にどのようなことで課題を抱えているのかを知り、何をすれば解決できるのかという問題解決へ繋げることがフリーランスにとって重要なスキルだと言えるでしょう。

5:スムーズなコミュニケーション能力

フリーランスはクライアントと直接コミュニケーションを取ることになります。その際、スムーズに業務を進めるためには高いコミュニケーション能力が必要になります。


実際に自分の提案を相手が理解できるように端的に伝えようとすると、高いスキルが必要になります。コミュニケーションに関する書籍などもあるため、一度コミュニケーションについて勉強してみると良いでしょう。

6:セルフコントロールできる力

フリーランスは自分で仕事をする時間や仕事の量などを決めることができるため、セルフコントロールできるスキルも求められます。セルフコントロールする能力が低いと、納期を守れなかったり自分のキャパシティ以上の案件を受注してしまうといった事態になりかねません。


納期を破ればクライアントからの信頼を損ねるだけでなく、違約金を請求されるリスクもあるでしょう。

7:豊富な知識

ソフトウェア開発には幅広い知識が必要とされます。特にフリーランス案件のソフトウェア開発には珍しい案件も存在するため、あらゆる案件に対応するためにもフリーランスには豊富な知識が求められるでしょう。


豊富な知識を身につけるためには、さまざまなことに興味を持てることが大切です。あらゆることに関心を持てる人であれば、フリーランスのソフトウェア開発案件に役立つ知識も身につけられるでしょう。

8:人脈やネットワーク

フリーランスとしてソフトウェア開発案件を受注する場合、時にはクライアントから開発以外の仕事の相談をされることがあります。ソフトウェア関連であれば、イラストなどを依頼されることもあるでしょう。


このような場合、自分では対応できなかったとしても、幅広い人脈やネットワークを持っていればイラストが得意な知り合いに仕事を紹介することができます。

9:開発環境

ソフトウェア開発の案件のみに絞ったとしても、クライアントが依頼してくる案件は多種多様です。さまざまな案件に対応するためには、多くの開発環境に対応できるように準備をしておくことが大切です。


事前にできるだけ多くの開発環境を準備しておけば、どのような案件を受注しても対応できるでしょう。そのため、事前にどのような開発環境があるのか調べておくことも大切です。

10:フットワーク

フリーランスにはフットワークの軽さも重要です。フリーランスの人の中には、クライアントが人材を募集していても応募することをなかなか決断しないような人もします。


しかしそのような状態では応募できる案件が減り、収入も減ってしまうため、フリーランスにはできるだけ多くの案件に参画できるようなフットワークの軽さが大切だと言えるでしょう。

11:相手に伝わりやすい文章力

フリーランスとして案件を獲得する際、クライアントに対して営業活動を行う必要があります。インターネット上での営業活動では基本的に文章で自身を売り込むことになるため、相手に伝わりやすい文章力が必要になるでしょう。


自分のスキルや実績などをわかりやすく伝えるためには、極力具体的な言葉を使って文章を書く必要があるでしょう。

12:クライアントの要望を汲み取る力

フリーランスとしてソフトウェア開発を行う場合、基本的にクライアントとの共同作業になります。そのため、フリーランスにはクライアントの要望を汲み取れるスキルが必要になるでしょう。


たとえば多少無理な要望であっても、クライアントの立場を考えて引き受けるような姿勢も大切になるでしょう。クライアントの要望を汲み取れるスキルがあれば、継続的に取引をしてくれるケースもあるでしょう。

13:誠実な人柄

フリーランスとしてソフトウェア開発の案件に携わる場合、開発だけでなくすべてを自分一人で行う必要があります。営業や打ち合わせなど、クライアントと直接関わりながら仕事をすることになるため、誠実であることは非常に重要なポイントになります。


クライアントの中には、誠実な人柄を見込んで継続的に案件を発注してくれるクライアントもいるでしょう。会社員でも誠実さは必要ですが、フリーランスの場合は収入にも直結する重要なポイントになります。

ソフトウェア開発に関する知識

フリーランスとしてソフトウェア開発を行う場合、事前にソフトウェア開発に関する具体的な情報を仕入れておきましょう。ここでは最後に、ソフトウェア開発に関する知識を紹介していきます。

将来の展望

現在、日常のあらゆるシーンでソフトウェアを利用した製品が利用されています。今後も技術の進化によってソフトウェアは発展していくと予想できることから、ソフトウェア開発の将来性が高いと言えるでしょう。


それに伴い、正確性や発想力などを求められる案件が増えていくと考えられるため、ソフトウェア開発に携わるフリーランスにもスキルアップが求められるでしょう。

1案件あたりの単価

ソフトウェア開発の案件の月単価は40~95万円ほどだと言えるでしょう。フリーランスのソフトウェア開発の案件には、スマホアプリの開発案件やロボット向けソフトウェアのコントローラー開発案件などさまざまな種類があります。


そのため、同じソフトウェア開発であっても案件によって、求められるスキルや単価も大きく異なるでしょう。

フリーランスでソフトウェア開発に挑戦してみよう

フリーランスとして働く場合でもソフトウェア開発を行うことは可能です。ただし、さまざまなスキルが求められるでしょう。


ぜひ本記事で紹介したソフトウェア開発に関わる職種やソフトウェア開発の種類、フリーランスでソフトウェア開発を行う際に必要になるスキルなどを参考に、ソフトウェア開発に対応できるフリーランスを目指してみましょう。


▼関連記事

ITフリーランスエンジニアの案件獲得法を紹介!求人サイトの利用が有効

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/03/04

2022/07/25