シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

【パターン別】ネットワークエンジニアの平均年収|収入を上げる方法も解説

ネットワークエンジニアの平均年収はどのくらいなのでしょうか。この記事ではネットワークエンジニアと他のエンジニアの違いやネットワークエンジニアの平均年収の目安、年収を上げるためにできることなどを紹介するため、参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「ネットワークエンジニアってどんな仕事?」
「ネットワークエンジニアの平均年収はどのくらいなの?」
「ネットワークエンジニアが年収を上げるにはどんな方法がある?」


このように、ネットワークエンジニアの仕事や年収などについて興味を持っている人もいるのではないでしょうか。


この記事では、ネットワークエンジニアの具体的な仕事内容やネットワークエンジニアの平均年収などを紹介しています。この記事を読むことで、ネットワークエンジニアがどのような仕事なのか把握できるでしょう。


また、エンジニアが年収を上げる方法についても紹介するため、年収を上げたい人も参考にできます。


ネットワークエンジニアの平均年収について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ネットワークエンジニアってどんな仕事をするの?

ネットワークエンジニアとは、ネットワーク周りの業務を担当するエンジニアです。ネットワーク設計やネットワーク構築、ネットワークの保守・運用などを行うことが仕事となります。


また、ネットワークエンジニアはネットワーク機器の設定なども行うため、ルーターやスイッチなどネットワークに関連した知識が必要になります。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

ネットワークエンジニアと他のエンジニアの違い

エンジニア職にはネットワークエンジニア以外にもさまざまな職種があります。エンジニアという働き方に興味がある人の中には、ネットワークエンジニアと他のエンジニアの違いについて知りたいという人もいるのではないでしょうか。


ここではネットワークエンジニアと他のエンジニアの違いについて解説していきます。

システムエンジニアとの違い

ネットワークエンジニアはネットワーク周りの業務を行いますが、システムエンジニアはシステム開発に関する業務を行います。システムエンジニアはクライアントのニーズをヒアリングし、要件定義や設計を行うことが主な仕事となります。


年収にも違いがあり、ネットワークエンジニアの場合は450万円ほど、システムエンジニアの場合は500万円ほどとなっています。

サーバーエンジニアとの違い

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアは混同されやすい仕事ですが、サーバーエンジニアはデータを保管するサーバーの管理を行います。ネットワークエンジニアと同じインフラエンジニアですが、サーバーの設計、構築、保守運用などを行います。


サーバーエンジニアの年収は460万円ほどであるため、ネットワークエンジニアとほぼ同じ水準だと言えるでしょう。

ネットワークエンジニアの全体的な平均年収はどれぐらい?

ネットワークエンジニアの全体的な平均年収は、452万円ほどとなっています。日本全体での平均年収が430万円ほどとなっているため、ネットワークエンジニアの平均年収は高い水準にあると言えるでしょう。


出典:ネットワークエンジニアの平均年収|読売理工医療福祉専門学校
参照:https://www.yomiuririkou.ac.jp/column/media/network_engineer05.html#:~:text=%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%81%AF451.5%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%A8,%E3%81%8C%E9%9B%A3%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

【パターン別】ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの平均年収は452万円ほどですが、年収は企業規模や年齢、役職などによっても異なっています。


ここではネットワークエンジニアのパターン別の平均年収について解説していきます。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

企業規模別から見る平均年収

企業規模別に見ると、ネットワークエンジニアの平均年収は大企業で760万円ほど、中企業で630万円ほど、小企業で570万円ほどとなります。企業規模が大きくなるほど、年収も上がっていく傾向があります。


出典:ネットワークエンジニアの大企業・中企業・小企業それぞれの年収・給与・ボーナス推移|平均年収.jp
参照:https://heikinnenshu.jp/it/net_e.html

年齢別から見る平均年収

年齢別に見ると、ネットワークエンジニアの平均年収は25~29歳で470万円ほど、30~34歳で510万円ほど、35~39歳で580万円ほど、40~44歳で660万円ほど、45~49歳で730万円ほど、50~54歳で790万円ほどとなっています。


年収は50代前半でピークとなり、50代後半からは減少していく傾向があります。


出典:ネットワークエンジニアの年齢別年収を解説|平均年収.jp
参照:https://heikinnenshu.jp/it/net_e.html

役職別から見る平均年収

役職別に見ると、ネットワークエンジニアの平均年収は主任で560万円ほど、係長で700万円ほど、課長で920万円ほど、部長で1,020万円ほどとなります。


課長、部長クラスのネットワークエンジニアになれば、年収1,000万円も夢ではありません。


出典:ネットワークエンジニアの主任・係長・課長・部長の役職者の年収|平均年収.jp
参照:https://heikinnenshu.jp/it/net_e.html

雇用形態別から見る平均年収

雇用形態別に見ると、ネットワークエンジニアの平均年収は派遣社員で360万円ほど、アルバイトで240万円ほど、フリーランスの場合はスキルによって差があり、年収1,000万円を超えるケースもあります。


そのため、雇用形態によってもネットワークエンジニアの年収は大きく変わると言えます。


出典:ネットワークエンジニアの平均年収・給料事情|AI drops
参照:https://www.bigdata-navi.com/aidrops/3460/

ネットワークエンジニアが年収1000万円以上を稼ぐことはできる?

前述のとおり、ネットワークエンジニアの平均年収は450万円ほどとなっているため、年収1000万円以上を稼ぐことは簡単ではありません。


ネットワークエンジニアが年収1000万円以上稼ぐには、ネットワークエンジニアの実務に関するスキルだけでなく、会社に貢献できるような+αのスキルが必要になります。


たとえば自社サイトでブログを書いて集客に貢献する、社内外向けの勉強会を開くといったことができる人材であれば、年収1000万円以上を稼ぐことも夢ではないでしょう。

ネットワークエンジニアが年収を上げるためにできること

ネットワークエンジニアが年収をアップするには、実務に直接関係しない知識やスキルも増やすのがポイントになります。


幅広い知識やスキルを身につけることで、市場価値の高いエンジニアを目指せるでしょう。ここではネットワークエンジニアが年収を上げるためにできることを紹介していきます。

コミュニケーション能力を身につける

ネットワークエンジニアの業務では顧客と直接関わることも多いです。また、社内でも他のエンジニアや営業職などと連携しながら業務を進めていくことになるため、円滑な業務を行うためにはコミュニケーション能力が求められます。


相手の言葉を正確に理解し、誰にでも伝わる言葉で話せるコミュニケーション能力があれば、社内での評価にもつながるでしょう。

英語力を高める

ネットワークエンジニアの平均年収は日本よりもアメリカなどの方が高いです。同程度のスキルだったとしても、アメリカや中国の企業であれば年収を上げることも可能になります。


そのため英語力を高め、ネットワークエンジニアとして海外の企業に転職することも視野に入れると良いでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

資格を取る

資格手当の制度を設けている企業も多いです。業務に関連した資格を取得することで、資格手当によって年収を増やしたり、昇給につなげたりすることもできるでしょう。


ここではネットワークエンジニアが持っているといい資格を紹介していくため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は、ネットワークに関係した専門的な知識やスキルを証明できる国家資格です。IPAが認定している情報処理技術者試験の1区分で、ITスキル基準のスキルレベル4に相当する高難易度な資格試験となっています。


ネットワークスペシャリスト試験を取得することで、非常に高いスキルを持った市場価値の高いネットワークエンジニアであることを証明できるでしょう。


出典:ネットワークスペシャリスト試験(NW)|独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/nw.html

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定とは、アメリカのネットワーク機器大手のシスコシステムズが認定しているネットワーク系資格です。


ネットワーク業界でも人気の高い資格となっており、試験のグレードには「エントリー」「アソシエイト」「スペシャリスト」「プロフェッショナル」「エキスパート」の5段階があります。


中でもアソシエイトのCCNAはネットワークエンジニアとしての基礎的なスキルを証明できるため、まずはCCNA取得から挑戦すると良いでしょう。続けて上位資格であるCCNP、CCIEを取得できれば、年収1000万円も夢ではないでしょう。

CCNP

CCNPは前述のシスコ技術者認定におけるプロフェッショナルレベルの資格です。大規模なネットワークの設計や構築、保守運用に関するスキルを問うもので、深い知識や高い技術力が求められる資格です。


CCNPを取得するためには、コア試験とコンセントレーション試験という2種類の試験に合格する必要があります。

クラウドに関する知識を得る

近年ではオンプレミスではなくクラウドサービスを利用することが主流になっているため、ネットワークエンジニアにもクラウドやホスティングサービスの知識が必要です。クラウドサービスの中でもAWSを利用するケースが多いため、AWSのスキルを身につけると良いでしょう。


AWSの各種サービスの違いを理解し、どのように使い分ければよいのか把握し、サービスの提案ができるようになれば、クラウドにも対応できるニーズの高いネットワークエンジニアとして年収アップに繋がるでしょう。

ネットワークエンジニアが年収を上げるために転職するなら?

ネットワークエンジニアが年収を上げる方法として、今よりも待遇の良い企業に転職する方法があります。転職によって年収アップを目指すのであれば、転職先の企業も厳選する必要があるでしょう。


ここでは、ネットワークエンジニアが年収を上げるために転職する場合のおすすめの転職先について解説していきます。

フリーランス

企業への転職というわけではありませんが、フリーランスのネットワークエンジニアとして独立することで年収をアップできる可能性があります。フリーランスの場合、契約にもよりますが基本的には自分の裁量で案件を受注できるため、年収が上がるケースも多いです。


また、会社員のように給与から天引きされることがないため、同じスキルであればフリーランスの方が高い年収を得られる可能性が高いでしょう。

IoT市場

IoTとは「モノのインターネット」と訳される言葉で、これまでインターネットに繋がっていなかったさまざまなモノがインターネットに繋がり、通信できるようになるという新しい分野です。近年、国内のIoT市場は拡大を続けており、今後も成長していくことが見込まれています。


IoT市場は将来性が期待できる市場であることから、ネットワークエンジニアとしてIoT市場に転職することで着実に年収を伸ばしていけるでしょう。

大手企業

IT業界では元請けとなる大手企業になるほど利益も大きいため、従業員の年収も高額になる傾向があります。そのため、開発工程の上流工程に携わるエンジニアとして大手企業に転職することで年収アップが期待できます。


また、大手企業の場合はベンチャーやスタートアップなどのIT企業と違い、年功序列などの保守的な制度が残っているケースが多いです。長く勤めるほど年収も上がっていくため、自然に高収入を得られるようになるでしょう。

Web業界のメガベンチャー企業

Web業界のメガベンチャー企業の場合、年収水準や福利厚生なども大手企業に引けを取りません。ネットワークエンジニアとしてWeb業界のメガベンチャーに転職できれば、大幅な年収アップが期待できるでしょう。


ただし、先に紹介した大手企業と違い、Web業界はトレンドの技術を積極的に取り入れる傾向があります。そのため、Web業界のメガベンチャー企業への転職を目指すのであれば、新しい技術を常に身につけ続ける必要があるでしょう。

外資系企業

外資系企業の場合、日系企業よりも年収が高くなります。ネットワークエンジニアとして外資系企業へ転職できれば、大幅な年収アップも可能になるでしょう。


外資系への転職を目指す場合、ネットワークエンジニアとしての高度なスキルの他、ビジネス英語のスキルなどが必要になるでしょう。

希望する企業へ入るために必要な面接対策

たとえ高度なスキルを持ったネットワークエンジニアであっても、面接が上手くいかなければ転職することはできません。そのため、転職活動を行う場合は事前の面接対策が重要になるでしょう。


ここでは希望する企業へ入るために必要な面接対策について解説していきます。

面接官の質問にきちんと答えられるように対策をする

面接では、面接官からの質問の意図に対して答える必要があります。面接の練習をしていないと、面接官に尋ねられた内容ではなく自分が話したい内容を話してしまうケースがあります。


そのため、面接官から尋ねられた質問にきちんと答えられるように、これまで経験した困難やそれを乗り越えたエピソードをあらかじめ用意しておくとよいでしょう。

ポートフォリオを準備する

企業の中にはポートフォリオの提出が必要なケースもあるため、ポートフォリオはきちんと用意しておきましょう。提出が必須でなくても、企業はエンジニアのレベルを正確に判断するためにポートフォリオを重視する傾向があります。


そのため、アプリやWebサイトを公開したり、ソースコードをGitHubにアップしたりなど、あらかじめポートフォリオを用意しておきましょう。

ネットワークエンジニアへ転職するなら転職エージェントの利用もおすすめ

転職エージェントであれば、利用者のスキルや経験、希望に合わせて条件にマッチした求人を紹介してくれます。また、転職エージェントは企業との繋がりを持っているため、実際の職場の雰囲気なども教えてもらえます。


他にも、応募種類の添削や面接対策などのサポートも行ってくれるため、転職の成功率を上げることができるでしょう。

未経験でもネットワークエンジニアになれる?

未経験からネットワークエンジニアになることは可能です。ただしネットワークエンジニアは幅広い知識が必要とされる職種であるため、資格を取得して必要なスキルを持っていることを証明できるようにしておきましょう。


全くの未経験からであれば、シスコ技術者認定のCCNAを取得するのがおすすめです。

ネットワークエンジニアが持つ将来性

ネットワークはあらゆるシステムが利用するITインフラです。今後もネットワークの需要がなくなることはないため、ネットワークエンジニアは将来性があると言えます。


また、ネットワークエンジニアの業務にはセキュリティやクラウドなどの関連業務があり、これらは需要が増してきていることから、セキュリティやクラウドのスキルを磨くことで市場価値の高いネットワークエンジニアを目指すことができるでしょう。

ネットワークエンジニアの平均年収について知ろう

ネットワークエンジニアは+αのスキルを身につけることで高額な年収を得ることも可能です。


この記事で紹介したネットワークエンジニアの平均年収やネットワークエンジニアが年収を上げるためにできることなどを参考に、スキルを身につけて年収の高いネットワークエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/04/28

2022/10/14