シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

PHPは時代遅れの言語なのか?将来性や需要が高い理由について紹介

Web業界で需要が高いと言われているPHP言語ですが、一方で、将来性がなく、衰退していくという見解があることをご存じでしょうか。この記事ではPHPが時代遅れと言われる原因や需要、将来性について紹介しています。PHP習得を検討している方は読んでみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「PHPは学んでも将来性がないって本当?」
「古い言語で時代遅れって言われている?」
「PHPって他の言語とは何が違うの?」


このように、プログラミング言語のPHP習得を検討している方には疑問や不安があるのではないでしょうか。


この記事ではPHPが時代遅れと言われる原因や需要が高いと言われる理由、PHPの特徴について紹介しています。


この記事を読むことで、PHPが時代遅れでないこと、Web業界で働くには習得したいプログラミング言語だということが把握できます。そのため、転職や独立の際の言語選択の参考になるでしょう。


将来Web業界で働きたい方や転職や独立を考えている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

PHPは時代遅れの言語なのか?

PHPはWebサイトやWebアプリのサーバーサイドで多く使用されている言語であり、現在もフリーランスや転職サイトでの求人は数多くあります。今後も需要が見込まれるため、決して時代遅れの言語ではありません。

PHPが時代遅れと言われる理由

PHPは需要が高いにもかかわらず、なぜ時代遅れや将来性がないと言われてしまうのでしょうか。これからPHPを学習する方や、すでにPHP開発を経験している方の立場から理由を見ていきましょう。

習得を考える人が多い言語ではないから

PHPはWebに特化した言語ですが、Web以外のAIやスマホアプリには向いていません。色々な分野で開発できる言語を学びたいという人はPHPを選択しない場合が多いでしょう。


また近年では、JavaScriptをサーバー側で動かすことができるNode.js、新しい言語であるPythonやRubyなどの登場により、PHP以外の言語での開発も増えてきました。他にもPHPのセキュリティ面を懸念する声もあります。

他の言語を覚えた後では扱い辛い言語だから

PHPは、もとはWebページ作成ツールとして開発され現在に至るため、他のプログラミング言語とは成り立ちが違います。そのため、他言語にはない特性があり他の言語を習得した後にPHPの学習を始めると、扱いづらい言語だと感じる人もいます。


また、PHPはある程度自由に書いても動くと言われています。それ故にソースコードが未整理で煩雑なことも多く、性能に差が大きい、バグが多い、保守性が低いなどの問題が起きやすいとの意見もあります。

案件数が増えているわけではないから

PHPの求人は多いとはいっても、以前よりも数が増えていくかというとそうではない可能性があります。


近年、PHPの求人倍率や案件倍率の変動は少なく推移しており、急激に増減はすることなく安定しているとの見解が示されています。


これからも安定して求人はありますが、今よりも爆発的に増える可能性は高くないでしょう。

PHPの将来性は?

PHPが時代遅れと言われる原因について解説してきました。では今後の将来性はどうでしょうか。


今後すぐにPHPの需要がなくなることはないと言われています。PHPで作られたシステムは多いため、求人が多いこと、構文がC言語に似ていて他の言語への応用がきくことなどがあげられます。このことからも、将来性は安定していると言えるでしょう。

▼PHPの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

PHPの需要が高い理由

PHPは将来性もあり、需要も高いとお伝えしました。ここではPHPの需要が高い理由を紹介していきます。今後、フリーランスや転職を目指してPHPの習得を考えている方の参考にしてください。

PHPが使われているシステムの保守や改修案件があるから

PHPは現在までのWeb開発の現場で広く使われています。そのため、システムの保守や改修が必要な際にはPHPの技術が必要になってきます。既存のPHPで開発されたシステムへの追加機能も、PHPで実装していくことになり、需要がなくなる可能性は低いでしょう。


新しい言語と比べ、ある程度歴史があり、フレームワークやリファレンスが充実しています。開発手法も確立されており、信頼性があるという点で新たな開発案件に選ばれやすい言語といえるでしょう。

WordPressで使われているから

世界中で高いシェアを誇るブログソフトウェア「WordPress」はPHPで開発されています。オープンソースで日々新しいテーマやプラグインが開発・配布されており、豊富なデザインが数多くあります。


現在、Webでは40%以上もWordPressが使用されていると言われており、現状も求人が多数あることから、急激にWordPressの案件が減少することはないでしょう。

習得が比較的簡単であるから

PHPの習得は比較的容易だと言われています。文法が容易であり、フレームワークも豊富にあります。そのため、初心者でも短時間で簡単なプログラムが書けるようになるでしょう。


また、開発環境も構築しやすいことも理由の一つです。インタプリタ言語であるため、動作確認や修正が容易で学習が進めやすくなっています。


上記から、他の言語に比べて学習コストが低く、就職や転職、独立もしやすいと言えるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

PHPの特徴

PHPは学習しやすいとお伝えしました。ここでは具体的に言語そのものや文法の特徴などを見ていきましょう。


PHPはC言語で書かれたスクリプト群が起源となっています。初期は簡単なツールであったPHPですが、様々な人によって機能追加や修正がなされ、プログラミング言語として現在に至ります。


PHPファイルの拡張子は「.php」で、ソースコードはテキストファイルに記述していく形式です。HTMLなどに埋め込んで使用されます。

配列(array)の特徴

配列とは複数の値を格納することができるデータ構造です。データをまとめて管理できるという利点があります。


配列には、数値が添字である「添字配列」と文字列がキーとなる「連想配列」がありますが、配列というと通常は添字配列を指します。


PHPの配列は、マップ型で添字配列も連想配列の構造になっていますが、通常の添字配列と同じように扱うことができます。配列の検索や置き換え、連結といったことも可能です。

オブジェクト指向の特徴

オブジェクト指向とは、プログラムを機能(クラス)ごとにまとめてひな型とし、ひな形からオブジェクト(インスタンス)を作成して使用していく考え方です。開発作業の効率を上げることができます。PHPにもオブジェクト指向の考え方は取り込まれています。


オブジェクト指向は、PHPだけではなく多くのプログラミング言語で採用されており、触れる機会は多いでしょう。

文法の特徴

PHPの文法は、CやPerlなどの影響を受けているため、シンプルでわかりやすい文法と言われています。


まず「?php」~「?」や「?=」~「?」タグで囲んでその中にソースコードを記載していき、HTMLなどに埋め込んで使用することができます。コードの最後は「;」をつけます。


PHP独自の仕様としては、変数や配列は先頭に「$」をつける、データ型を宣言する必要がないことがあげられます。

モジュールの特徴

モジュールとは、いくつかの関数やクラスなどの部品をひとまとまりにした機能や構成です。全体のシステムをモジュール化することで分業ができ、効率を上げ開発コストを抑えることができます。


プログラムの再利用も可能です。単独で動作するため、モジュール単位で開発や動作確認が行われます。PHPでの開発においてもモジュール化することが必要となる場面があるでしょう。

PHPはエンジニアにとって時代遅れではなく将来性のある言語であることを知っておきましょう

PHPは時代遅れではなく、衰退していく言語ではないということがわかりました。2020年には新しいバージョンが登場し、現在は最新の8系がリリースされています。PHPは今もなお進化し続けています。


Web業界はこれからもどんどん拡大していくでしょう。Web開発でPHPはなくてはならない言語です。PHPは、これからエンジニアとして独立や転職を考えている方にぜひおすすめしたいプログラミング言語です。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/04/25

2022/08/22