シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

Javaエンジニアの全体的な平均年収は?向上させる6つの方法も解説

Javaエンジニアの全体的な平均年収はどのくらいになるのでしょうか。この記事ではJavaエンジニアの年収やJavaエンジニアとして年収を向上させる方法、必要なスキルなどを紹介します。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「Javaエンジニアってどのくらいの年収が貰える仕事なの?」
「Java案件にはどんな傾向がある?」
「Javaエンジニアとして年収を向上させるにはどんな方法があるの?」


このように、Javaエンジニアの年収やJava案件について興味を持っているという人もいるのではないでしょうか。


この記事では、Javaエンジニアの平均年収やJavaエンジニアの年収が高い理由などを紹介しています。この記事を読むことで、Javaエンジニアがどのくらいの年収を得られる職業なのか把握できるでしょう。


また、Javaエンジニアとして年収を向上させる方法も紹介するため、年収の高いJavaエンジニアになりたい人も参考にできます。


Javaエンジニアの平均年収について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Javaエンジニアは年収が変動する?

Javaエンジニアの年収は、スキルや実績などによって変動しやすいです。エンジニアは技術職かつ実力主義であるため、Javaエンジニアとして高額な年収を得ようと思うと、それだけの実績や経験が必要になります。


同じJavaエンジニアであっても、スキルや実績の違いによって年収200万円台から年収1,000万円以上と非常に幅広くなっています。そのため、Javaエンジニアになれば必ずしも年収が上がるというわけではありません。

Java案件に見られる仕事内容の傾向

Java案件の中にも、単価が安いものから高いものまでさまざまな種類があります。Java未経験の人の中には、具体的にどのような業務を行っているか知りたいという人も多いでしょう。


ここではJava案件に見られる仕事内容の傾向について解説します。

単価が高いJava案件に見られる仕事内容の傾向

要件定義や設計などの上流工程の案件は単価が高い傾向があります。また、プロジェクトリーダーなどプロジェクトの管理や調整などを中心に担当する案件も、非常に高単価な傾向があります。

単価が低いJava案件に見られる仕事内容の傾向

Java案件の中でもプログラミングやテストなどの下流工程の案件は単価が低い傾向があります。Javaも他のプログラミング言語の案件と同様に、上流工程よりも下流工程の方が単価が低めになっています。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Javaエンジニアを目指すメリット

Javaエンジニアを目指すメリットとしては、大規模な開発に携わりやすい点が挙げられます。Javaは大規模システム開発に適した言語であるため、Javaエンジニアとして大きな仕事に関われることにやりがいを感じられるでしょう。


他にも、Javaは多くの分野や業界で開発言語として用いられているため、Javaエンジニアは活躍の場が多いというメリットもあります。

▼Javaの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

Javaエンジニアを目指す際に考慮すべきデメリット

Javaは文法が複雑で習得に時間がかかる点は考慮すべきデメリットだと言えます。プログラミング初心者からJavaを習得する場合、かなりの努力が求められるでしょう。


また、文法が複雑であるということは、プログラムのコーディングにおいても他の言語より記述が難しいということになります。他の言語よりも多くのコードを書く必要があるため、Javaエンジニアとして業務を行う場合は忍耐力なども必要になるでしょう。

Javaエンジニアの全体的な平均年収

Javaエンジニアの全体的な平均年収は570万円ほどと言われています。日本の労働人口全体の平均年収が430万円ほどとなっているため、Javaエンジニアの平均年収は高い水準にあると言えるでしょう。

未経験からJavaエンジニアへ転職した場合の年収目安

未経験からJavaエンジニアに転職する場合、未経験に相当するスキルレベル1を目安とすると、年収の目安は437万円ほどとなるでしょう。


なお、ITスキル標準のレベルが上がるほど平均年収も高くなる傾向があるため、未経験からでも資格取得などによってスキルを身につけることによって、年収が上がっていくと考えられます。


出典:IT関連産業の給与等に関する実態調査結果|経済産業省
参照:https://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11203267/www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001-1.pdf

Javaエンジニアの年収が高い3つの理由

Javaエンジニアの年収は本人のスキルや実績によって変動しやすいですが、一般的にはJavaエンジニアの年収は高い水準にあると言えます。Javaエンジニアの年収が高い理由としては、市場価値の高さや案件数の多さなどが理由として挙げられるでしょう。


ここではJavaエンジニアの年収が高い理由について解説していきます。

市場価値の高さによるもの

Javaはプログラミング言語の中でも汎用性が高く、多くの分野で開発に用いられている言語です。ただし、習得の難易度が高いことからJavaエンジニアは市場価値が高い存在だと言えるでしょう。


また、Javaはこれまで多くのシステム開発に用いられてきたため、Javaエンジニアは将来的にも需要が期待されます。そのため、今後もJavaエンジニアの市場価値が下がっていくことは考えにくいでしょう。

大規模な開発で使われるため

大規模開発を行う大手企業では、社内管理ツールの開発にJavaを用いるケースが多いです。また、Javaはオブジェクト指向型のプログラミング言語ということもあり、多くのエンジニアが開発に参加する大規模プロジェクトでも作業単位を分割しやすいです。


そのため、Javaは多くの人が関わる大規模な開発に用いられるケースが多く、年収も高くなる傾向があります。

Javaエンジニアは参画できる業界や分野が多いため

Javaはその汎用性の高さから、さまざまな分野や業界で開発プロジェクトに用いられています。Javaがよく開発に用いられる業界としては、金融業界やゲーム業界、IoT家電業界などが挙げられます。


このような理由から、Javaエンジニアとして働くことで多くの業界や分野のプロジェクトに参画することができるため、高額な報酬が得られる案件を選びやすいと言えるでしょう。

Javaエンジニアとして年収を向上させる6つの方法

Javaエンジニアはもともと年収の水準が高い言語であると言えますが、他のJavaエンジニアと同じように仕事をしていても年収をアップさせることはできません。Javaエンジニアとして年収を上げていくためには、スキルアップや転職なども視野に入れる必要があるでしょう。


ここではJavaエンジニアとして年収を向上させる方法を紹介していくため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1:大手企業を目指す

大手企業の場合、クライアントからの元請けとして案件を受注していることから、会社としての利益も大きくなります。エンジニアやプログラマーの年収も企業規模によって変動しており、企業の規模が大きくなるほど年収も上がる傾向があります。


そのため、Javaエンジニアとしてより待遇の良い大手企業への転職を目指すことも年収アップに繋がります。ただし、大企業に転職するには高度なスキルや実績が求められるため、十分な準備が必要になるでしょう。

2:レベルの高い資格を取得する

Javaエンジニアとしてより待遇の良い企業への転職を目指す場合、自身のJavaに関する知識やスキルなどを証明するものがなければ、相手も判断することができません。その点、資格を取得しておけば、一定の知識やスキルを保有していることの客観的な証明になります。


また、レベルの高い資格はそれだけ市場価値の高い人材であることの証明になるため、大企業への転職やフリーランスとして高単価案件を獲得する際に役立つでしょう。ここではおすすめのJava関連の資格を紹介していきます。

Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験とは、Javaプログラミングに特化した資格です。主にJavaに関する知識やアプリケーションの作成スキルなどを認定します。


なお、Javaプログラミング能力認定試験には3級、2級、1級の3段階のレベルがあり、2級までは筆記試験、1級はCUIベースの実技試験が行われます。

Oracle Certified Java Programmer

Oracle Certified Java Programmerとは、Javaベンダーであるオラクル社が認定しているJavaの資格です。Javaやオブジェクト指向プログラミングのスキルなどを問われる試験となっているため、取得することでJavaスキルを証明できます。


なお、試験のグレードにはBronze、Silver、Goldの3段階があり、Goldを取得するには前提資格としてSilverや旧Goldの認定を受けている必要があります。

Android技術者認定試験

Android技術者認定試験とは、Android開発技術者のスキルを有していることを認定する資格です。Androidのアプリケーション開発スキルを認定する資格で、「アプリケーション技術者認定試験」と「プラットフォーム技術者認定試験」の2種類があります。


また、レベルにもベーシックとプロフェッショナルがあるため、自身のレベルに合わせて受験することができるでしょう。JavaはAndroid開発に用いられる言語であるため、取得することでJavaエンジニアとしてのスキルの証明にもなります。

3:就職や転職後のフリーランスも考える

Javaエンジニアとしての実績を積んだら、フリーランスとして独立することも視野に入れると良いでしょう。Javaはフリーランス案件の数も多く、大規模開発で用いられることから高単価案件も割合も多めです。


そのため、Javaエンジニアとして就職し、十分な実績を積んだあとはフリーランスのJavaエンジニアになることでより年収をアップできる可能性があるでしょう。

4:上流工程の経験を積む

システム開発では、一般的に下流工程よりも上流工程に携わる人材の方が年収が高い傾向があります。要件定義や設計などを行う上流工程では高度なスキルが求められるため、それだけ年収も高くなると言えるでしょう。


そのため、Javaエンジニアとして上流工程の経験を積むことにより、上流工程にも対応できる人材として年収アップに繋がります。

5:アジャイル開発の経験を積む

一般的なシステム開発では工程を上から順に進めていくウォーターフォールモデルの開発を行うケースが多いですが、近年ではアジャイル開発を採用するケースも増えてきています。


アジャイル開発とは、システム開発を小さな単位で区切り、実装とテストを繰り返すことで開発していくという手法です。


アジャイル開発に対応できる人材が多くはないため、アジャイル開発の経験を積むことで自身の市場価値を高めることができるでしょう。

6:開発ツールを複数扱えるようにする

Javaの開発で用いられるツールには、フレームワークやライブラリ、IDEなどさまざまなツールが存在しています。これらのツールは開発対象によっても異なるため、開発現場によって求められる開発ツールのスキルは異なります。


つまり、多くの開発ツールを扱えるようになることで幅広い内容の開発に対応できるようになるため、それだけ収入アップにも繋がるでしょう。

▼Javaの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

Javaエンジニアに必要とされる5つのスキル

Javaエンジニアを目指している人の中には、どのようなスキルを習得すればよいのか知りたいという人も多いのではないでしょうか。Javaエンジニアとして働くのであれば、まずは基本的なスキルを押さえておくようにしましょう。


ここでは、Javaエンジニアに必要とされるスキルを紹介していきます。

1:データベースに関する知識

どのようなシステムを開発する場合でも基本的にデータベースは利用することになるため、Javaエンジニアにはデータベースに関する知識が必要とされます。


たとえば、JavaでデータベースにアクセスできるJBDCやデータベースを操作するSQLなど、基本的なデータベースに関する知識を身につけておくようにしましょう。

2:オブジェクト指向への理解

Javaはオブジェクト指向のプログラミング言語です。オブジェクト指向とは、機能や役割ごとにクラスを分割し、関係性を定義していくことでシステムを開発していくという考え方のことです。


Javaを理解するためには、オブジェクト指向に関する理解が必要です。オブジェクト指向は近年主流のプログラミングの考え方となっていますが、初心者には理解が難しい概念であると言えます。

3:フレームワークを扱う能力

Javaにはさまざまなフレームワークが存在しています。Javaエンジニアとしてシステム開発を短期間で効率的に進めるためには、Javaのフレームワークを扱うスキルが必要になるでしょう。


たとえば、Java EEなどは最低限押さえておくべきフレームワークだと言えます。また、フレームワークにもトレンドがあるため、必要に応じて需要の高いフレームワークを習得していくようにしましょう。

4:Java Server Pagesに関する知識

「Java Server Pages」とは、プログラムをサーバー上で動かすためのスキルです。Java Server Pagesはサーバー上でJavaのコードを実行するために必要となるため、Java Server Pagesに関する知識も習得しておくようにしましょう。

5:Java Servletに関する知識

「Java Servlet」とはサーバー上でのデータ処理や動的なWebページ生成を行うためのプログラムです。主にJavaでのWebアプリ開発に用いられるプログラムであるため、Java Server Pagesと併せて知識を身につけておきましょう。

未経験からJavaエンジニアを目指す方法

未経験からいきなりJavaエンジニアとして働くことはハードルが高いです。そのため、まずは十分な勉強を行い、初級レベルの資格を取得すると良いでしょう。


資格勉強を行うことで、Javaエンジニアに必要な基本的な知識の習得にも繋がります。Javaの資格にはレベルが分かれているものも多いため、まずは簡単な資格から取得して、レベルに合わせてステップアップしていくようにしましょう。

Javaを扱うエンジニアの将来性

Javaは汎用性が高く、多くの開発プロジェクトで採用されている需要の高い言語です。小規模なアプリ開発から大規模なシステム開発にも採用されている言語であるため、今後もさまざまな業界でJavaの需要が期待できるでしょう。


Javaエンジニアは将来的にも多くの業界で活躍することができると考えられるため、将来性も高いと言えます。

Javaのエンジニアを目指すときは年収も把握しておこう

Javaエンジニアは年収水準の高い職種だと言えるでしょう。この記事で紹介したJavaエンジニアの平均年収やJavaエンジニアとして年収を向上させる方法などを参考に、必要なスキルを身につけてより年収の高いJavaエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/05/12

2022/08/22