シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

JavaScriptの「Vue.js」でできること|具体的な活用例も紹介

JavaScriptのVue.jsとはどのようなフレームワークなのでしょうか。この記事ではVue.jsの将来性やVue.jsのスキルを習得する方法、Vue.jsでできることの例などを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「Vue.jsってどんなもの?」
「Vue.jsを利用することのメリットやデメリットって?」
「Vue.jsのスキルを身につけるにはどんな方法がある?」


このように、JavaScriptのフレームワークであるVue.jsについて興味を持っているという人もいるのではないでしょうか。


この記事では、Vue.jsの概要やVue.jsでできることについて解説しています。この記事を読むことで、Vue.jsがどのようなフレームワークなのか把握できるでしょう。


また、Vue.jsのメリットやデメリットについても解説するため、Vue.jsを利用する際の参考にできます。


JavaScriptのフレームワークであるVue.jsについて知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

JavaScriptのフレームワークである「Vue.js」はどのようなもの?

Vue.jsはシンプルで自由度の高いフレームワークです。MVVMを採用したフレームワークで、JavaScriptのフレームワークということもあり、サイトやUIなどのフロントエンドの開発で用いられます。


また、Vue.jsにはファイルサイズが小さく、レンダリングが高速という特徴があります。特に中規模のWebアプリケーションの開発に適しており、一般的には多くのコードを書かなければいけないようなWebアプリケーションでも、Vue.jsを利用すれば簡単に実装できるでしょう。


さらにVue.jsは他のライブラリと自由に組み合わせて利用できるため、足りない機能を補いながら便利に利用できます。

「Vue.js」でできること5つ

Vue.jsはJavaScriptでWebサイトやWebアプリケーション開発を行う際に活用されているフレームワークです。Vue.jsを利用することで非常に効率的な開発が実現できますが、具体的にどのようなことができるのかわからないという人も多いでしょう。


ここではVue.jsでできることを紹介していくため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1:多くのプラグインが使える

Vue.jsは必要に応じて自分でプラグインを追加していくことができます。そのため、さまざまなプラグインを利用することができるでしょう。


Vue.jsで利用できるプラグインの種類としては、「vue-router」「vue-async-data」「vue-resource」などが代表的です。このようなプラグインを活用することで、アプリケーションの開発も効率的に行えるようになるでしょう。

2:入力に対して瞬時に反応が可能になる

Vue.jsにはデータと同期する機能やリアクティブ機能などが用意されています。そのため、Vue.jsを利用すれば、ユーザーが入力した情報をすぐに画面に表示するといった機能を構築することも可能です。


Vue.jsを利用することでユーザーの入力に対して瞬時に反応でき、ユーザーにとって利便性の高いサイトやアプリケーションを構築することができます。サイトやアプリケーションのUI/UXを向上することにも繋がるでしょう。

3:ブラウザでの素早い読み込みが可能になる

Vue.jsでは、Webブラウザの負担を抑えて素早く読みこめるトランジションが利用できます。トランジションはWebサイトのHTMLなどを変更した場合、HTMLを構築しているDOMの内容もそのまま変更できる機能です。


一般的にユーザーのWebブラウザにWebサイトの画面を表示する場合、DOMからHTMLを読み込んで表示します。しかしこの場合、HTMLやCSSに変更が行われるたびに読み込みを行う必要があるため、ブラウザに対する負担も大きくなってしまうでしょう。


その点、Vue.jsであればトランジションが利用できるため、HTMLやCSSの変更時にDOMも変更され、素早い読み込みが可能になります。

4:HTMLの一部を部品化して再利用できる

Vue.jsはコンポーネント指向のフレームワークです。コンポーネント指向とは、Webアプリケーション開発を行う際の各部品であるコンポーネントを組み合わせることで開発するという開発手法を指します。


このようなVue.jsでは、ボタンや入力テキストといった複数の画面で利用するようなコンポーネントをモジュール化し、再利用することも可能です。


そのため、複数人のエンジニアでアプリケーションを開発する場合でも、同じコンポーネントを再利用することで使い勝手もよくなるでしょう。

5:自動的にデータが同期される

Vue.jsには、自動的にデータが同期できるデータバインディング機能が備わっています。データバインディングとは、データと描画を同期する仕組みです。


WebサイトなどのHTMLで構成されたUIの操作には、DOMの状態管理や更新が必須です。その点、Vue.jsではJavaScriptデータとそれを利用する場所が紐づいているため、データの変更があった場合は自動的にDOMも更新されるようになっています。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

「Vue.js」の今後の将来性

Vue.jsは登場してからまだ日が浅いフレームワークですが、多くの企業が開発に活用しています。このようにJavaScriptのフレームワークとして高い人気を誇っていることから、今後も多くの企業がVue.jsを導入する可能性が高いでしょう。


開発に採用する企業が増えれば、それだけ学習する人も多くなっていきます。このような好循環も期待できることから、Vue.jsは将来性が高いと言えるでしょう。

▼Vueの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

「Vue.js」を活用する4つのメリット

Vue.jsはさまざまなメリットがあることから、多くの種類があるJavaScriptのフレームワークの中でも高い人気を誇っています。これからVue.jsを習得するのであれば、Vue.jsを活用することにどのようなメリットがあるのか把握しておくとよいでしょう。


ここではVue.jsを活用するメリットを紹介するため、参考にしてみてください。

1:ユーザーが使いやすいページを作ることができる

Vue.jsはユーザーが入力した値をすぐに反映できるというメリットがあります。Vue.jsはMVVMモデルを採用しているため、情報入力とほぼ同時に画面上の情報も変化するという特徴があります。


そのため、Vue.jsを利用したアプリケーションやサービスはユーザー目線で見ると非常に使いやすい仕様になると言えるでしょう。Vue.jsを活用することで、ユーザーの満足度向上にもつながるでしょう。

2:比較的学習コストがかからない

JavaScriptのフレームワークにはさまざまな種類があります。その中でも、Vue.jsは習得するための学習コストが比較的低めなフレームワークとなっています。


JavaScriptには他にも多くのフレームワークやライブラリがあるため、できるだけ多くの種類をマスターするには、フレームワークやライブラリ一つひとつに時間をかけることはできません。


その点、Vue.jsは日本語の情報も見つかりやすいため、習得することも難しくはありません。Vue.jsをスムーズに習得できれば、他のフレームワークを勉強する時間も確保しやすくなるでしょう。

3:シンプルなため他のライブラリなどと組み合わせやすい

Vue.jsはシンプルで自由度が高い設計になっています。そのため、Vue.jsは他のライブラリとも組み合わせやすくなっており、使い勝手が良いというメリットがあります。

4:通信量が少なく動作の軽いページを作れる

Vue.jsはサーバーへの通信量を減らし、動作の軽いWebページを開発することにも役立ちます。サーバーへの通信量が少なく済むということは、サーバーへの負荷も少なくなります。


そのため、Vue.jsはSPA開発に用いられることも多いです。

SPA開発に適している

SPAとは「Single Page Application」の略で、一つのページで構成されたWebアプリケーションを指します。ブラウザ側でできる処理を全てJavaScriptで終わらせることで、サーバーとの通信量を必要最低限に抑える設計のことをSPA開発と呼びます。


Vue.jsはSPA開発にも適しているため、サーバー負荷の少ないWebアプリケーション開発に向いているというメリットがあるでしょう。

「Vue.js」を活用するデメリット

ここまでVue.jsを利用するメリットを紹介してきましたが、一方でVue.jsにもデメリットがあります。開発において致命傷となるようなデメリットではありませんが、Vue.jsを利用する場合はどのようなデメリットがあるのか把握しておくことが大切だと言えるでしょう。


ここではVue.jsを活用するデメリットについて解説していきます。

ネイティブアプリの開発があまり進んでいない

ネイティブアプリとは、Google PlayやApp Storeなどのアプリケーションストアからスマートフォンにインストールして利用するアプリを指します。Vue.jsのネイティブアプリには「week」というものがありますが、weekはまだ発展途上だと言えます。


特に大きな問題があるわけではありませんが、ネイティブアプリの開発があまり進んでいない点は懸念点だと言えるでしょう。

大規模なサイトの制作には向いていない

前述のとおり、Vue.jsが得意としているのは一つのページで構成されたアプリケーションであるSPAの開発です。そのため、Vue.jsはさまざまなアプリケーション開発に適したフレームワークですが、大規模なサイト開発には向いていないと言えます。


大規模開発を行う場合は、Reactなど他のフレームワークを利用するのがおすすめです。

「Vue.js」のスキルを習得する4つの方法

これからVue.jsを習得しようと考えている人の中には、どのようにして学習すれば良いのか知りたいという人もいるでしょう。Vue.jsの学習方法としては、学習サイトや動画、参考書を利用して独学で学ぶ方法、プログラミングスクールで学ぶ方法などが挙げられます。


ここではVue.jsのスキルを習得する方法を紹介していくため、参考にしてみてください。

1:学習サイトを活用する

学習サイトを活用することで、実際に手を動かしながらスキルを身につけていくことができます。動画や参考書などを利用して学習する場合も、並行して学習サイトを活用すると良いでしょう。


学習サイトを利用してVue.jsを勉強するのであれば、ProgateやVue.jsの公式サイトを活用すると良いでしょう。

Progate

Progateはスライド形式でプログラミングを学べる学習サイトです。スライド学習で知識を学んだ後は、実際にブラウザ上にコードを書くことができます。


Progateを利用すれば、JavaScriptやHTML、CSS、Vue.jsについて手を動かしながら学ぶことができるでしょう。JavaScriptの基本的なスキルも学べるため、一から勉強したい人におすすめです。

Vue.js公式

Vue.jsの公式サイトは日本語に対応されており、公式サイト上でVue.jsが勉強できる仕様になっています。そのため、公式サイトを活用するだけでもVue.jsを習得することができるでしょう。


ただし、公式サイトはある程度の知識がある前提になっているため、HTMLやCSS、JavaScriptを使ったプログラミングができる中級者におすすめです。プログラミング自体に慣れていない初心者の場合は、先に紹介したProgateを利用すると良いでしょう。

2:操作動画を見て学ぶ

インターネット上には、プログラミング学習に役立つ動画が豊富にあります。動画であれば操作画面を見ながら自分でもVue.jsを使ったコーディングができるため、相手の意図についても理解を深めながら学習をすることができます。


動画投稿サイトに上がっている動画であれば無料で学習に利用できるため、活用してみると良いでしょう。

3:プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通うことで、短期間で効率的にVue.jsを含めたプログラミングスキルを身につけることができるでしょう。書籍や学習サイトを使って独学で勉強ができる人でも、わからないことがあった場合は躓いてしまう可能性があります。


また、自分自身で解決できないとモチベーションが下がってしまい、そのまま挫折してしまう可能性もあるでしょう。しかし、プログラミングスクールであればその場で講師に質問することができるため、わからない点も解消しながら学習を進めていくことが可能です。

4:参考書を読む

参考書を使って独学することもできます。プログラミングの学習の場合は手を動かす方が実践的なスキルを身につけることができますが、学習を進めていくうちにわからない点や思い出せない点も出てくるでしょう。


そういった場合に参考書を用意しておけば、あとからでもリファレンスとして活用できるため便利です。また、参考書の場合はインターネットよりも信頼性の高い情報が体系的にまとまっているため、何冊が用意しておくとよいでしょう。

「Vue.js」で具体的にできることの8つの例

JavaScriptのフレームワークと言うこともあり、Vue.jsを用いることでフロントエンドアプリケーションの開発を効率的に行うことができます。しかし、Vue.jsを用いることで具体的にどのようなことができるのかイメージしにくいという人もいるのではないでしょうか。


ここではVue.jsで具体的にできることの例を紹介していきます。

1:チャートやグラフを作ることができる

Vue.jsにはチャートやグラフを描画できるライブラリがあるため、Vue.jsを利用することで簡単なグラフを書くことができます。


グラフの描画に利用できるライブラリとして「Chart.js」というライブラリがあります。このライブラリとVue.jsの「vue-chartjs」というライブラリを利用することで、お絵描きツールのように簡単にグラフを書くことが可能です。

2:手の込んだチャットアプリを作ることができる

Vue.jsであればチャットアプリの開発も実現できます。チャットアプリを作るにはアカウントの作成やチャットルームなどを作成する必要がありますが、Vue.jsを利用すればこのようなチャットアプリに必要な機能を実装していくことが可能です。


基本的なチャットアプリの作り方がマスターできれば、アイデア次第で自分好みの手の込んだチャットアプリを作成することもできるでしょう。

3:バーチャルのトレーディングカードを作ることができる

Vue.jsではトレーディングカードのようなデータを作ることもできます。Vue.jsを利用することでバーチャルのトレーディングカードを作成し、クリックすることでカードを裏返したり、カードの種類を検索したりする機能を搭載することもできます。

4:カーソルで線を描く機能をつけることができる

Vue.jsを使えば、カーソルを使って線を描くことも可能です。また、使い方を工夫すれば線を書くだけでなく色の選択などもできるようになるため、お絵描きツールなどを作成することもできます。

5:検索機能をつけることができる

Vue.jsを利用すれば便利な検索機能をつけることも可能です。Vue.jsは高度なUIやUXを実現することができるフレームワークです。


Vue.jsを利用し、機能に合わせたコンポーネントを利用することで、ユーザーにとって使いやすい検索機能を搭載することもできるでしょう。

6:ソート機能をつけることができる

Vue.jsを利用すれば、データを画面上に表示するようなアプリケーションにソート機能を搭載することができます。多くのデータを画面に表示する場合、昇順や降順でソートしたいというケースは多いでしょう。


Vue.jsを活用すればソート機能やフィルター機能も実装できるため、ユーザーが目的とするデータを見つけやすいアプリケーションの開発に役立ちます。

7:レトロなUIを作ることができる

Vue.jsを利用することで、ひと昔前のOSのスクリーンのようなレトロなUIを作成することも可能です。また、設定画面などもレトロなデザインにすることができます。

8:メールアプリの開発もできる

Vue.jsではメールアプリも開発できます。近年ではさまざまなメールアプリが登場していますが、Vue.jsを使って自分の好きなデザインのメールアプリを自作してみるのも良いでしょう。

「Vue.js」と他の7つのフレームワークやライブラリとの違いは?

Vue.jsの他にも、JavaScriptのフレームワークにはさまざまな種類があります。JavaScriptを使った開発を行う場合は、開発対象に合わせて適切なフレームワークやライブラリを選ぶようにしましょう。


ここではVue.jsと他の7つのフレームワークやライブラリとの違いについて解説していきます。

1:React

ReactはFacebookが開発しているViewライブラリです。WebサイトのUI構築などフロントエンド開発に用いられるライブラリとなっており、Vue.jsとの共通点も多いです。


Vue.jsと比較すると、ReactよりもVue.jsの方がコードがシンプルであるため、学習しやすさであればVue.jsに軍配が上がるでしょう。

2:Angular

AngularはGoogleが提供するフレームワークです。もともとVue.jsは開発時にAngularに影響を受けているため、両者は構文が似ています。


また、SPA開発に適しているという共通点もあります。AngularもJavaScriptのフレームワークとして人気が高いですが、Vue.jsと比較すると学習難易度が高いと言えるでしょう。

3:jQuery

jQueryはアニメーションの実装などが簡単に実現できるライブラリです。JavaScriptのライブラリの中では有名なライブラリで、多くのフロントエンド開発で採用されています。


Vue.jsと比較すると、そもそもVue.jsはフレームワークですがjQueryはライブラリです。jQueryでは開発者によって書き方にバラつきがでたり、安定性が低いUIになってしまったりする可能性もあります。


フロントエンドの完成度を高めるのであれば、Vue.jsのようなフレームワークを利用する方が良いでしょう。

4:Ember.js

Ember.jsはVue.jsと同様にMVVMモデルを採用したフレームワークです。Ember.jsは大規模サイト開発に向いており、サーバーサイドの処理ができるなどのメリットがありますが、柔軟性に欠けているというデメリットもあります。


また、学習コストも高いことから、これから学ぶのであればVue.jsの方がおすすめだと言えるでしょう。

5:Hyperapp

Hyperappは非常に軽量なフレームワークです。サイズが小さいためスピーディに動かすことができ、小規模サービス開発に適しています。


ただし、その分大規模サービス開発には向いていません。また、Hyperappはまだ日本語の情報も少ないことから、Vue.jsと比較しても学習コストが良いとは言えないでしょう。

6:Riot.js

Riot.jsはフレームワークのように使い勝手が良いライブラリです。Riot.jsは軽量で学習コストも低いため、JavaScriptのライブラリとして人気が高いです。


Vue.jsと比較すると、Vue.jsの方が公式のサポートが充実していると言えるでしょう。

7:Knockout

Knockoutは古いMVVMモデルを採用しているフレームワークです。MVVMを採用しているためVue.jsと似ていますが、開発に遅れが出ているため、Vue.jsと比較すると使い勝手の悪さを感じる人もいるでしょう。

「Vue.js」でできることを理解し活用しよう

Vue.jsは今後も多くの企業の導入が期待できるフレームワークです。この記事で紹介したVue.jsでできることやVue.jsのメリットなどを参考に、将来性の高いVue.jsのスキルを身につけてみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/05/18

2022/08/22