シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

C言語の副業案件にはどのようなものがある?必要なスキルについても解説

C言語の副業案件にはどのようなものがあるのかご存じでしょうか。本記事では、C言語の副業案件を受注するために必要なスキルやC言語の講師の副業案件に求められるスキル、副業案件を受注する方法などを紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「C言語を扱う副業案件はどんな内容なの?」
「C言語の副業案件を受注するために必要なスキルには何がある?」
「C言語の副業案件を受注するにはどうすれば良いの?」


このように、C言語の副業案件を行ってみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。


本記事では、C言語の副業案件の内容やC言語の副業案件を受注するために必要なスキルなどを紹介しています。本記事を読むことで、C言語の副業案件がどのようなものなのか把握することができるでしょう。


また、C言語の副業案件を受注する方法なども紹介するため、これから実際にC言語の副業をしようと考えている人も参考にできます。


C言語の副業案件について詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

C言語はどのようなプログラミング言語か?

C言語とは、さまざまな言語のもとになったプログラミング言語です。他の言語と比較しても古い言語ですが、現在でも代表的な言語として幅広い分野の開発に用いられています。


また、実行速度が速く機械との相性が良いなどのメリットもありますが、C言語を理解するためにはメモリやCPUに関する理解も必要でしょう。習得難易度は高いですが、現在でも人気のある言語だと言えるでしょう。

C言語の副業案件の内容は?

C言語の副業案件の内容としては、システム開発や既存システムの改修、アプリ開発などの案件が多い傾向があります。他のプログラミング言語の副業案件と同様に、プログラマーやエンジニアが行うような開発案件が基本になるでしょう。


近年ではさまざまな新しいプログラミング言語が登場していますが、OSやソフトウェア開発など幅広い分野の開発に対応できるC言語は、現在でも多くの開発案件で利用されています。

C言語の副業案件を受注するために必要なスキル

C言語の副業案件の多くは一般的なエンジニアが行うような開発案件です。そのため、C言語の副業案件を受注するためには、ソフトウェア開発やシステム開発、組み込み技術などの知識が必要になるでしょう。


ここではC言語の副業案件を受注するために必要なスキルについて解説していきます。

ソフトウェア開発に関する知識

C言語を使ったソフトウェア開発の案件を受注しようと思うと、ソフトウェア開発に関する基本的な知識が必要になります。ソフトウェア開発の案件では他の新しい言語が使われているケースもありますが、現在でもC言語で開発が行われているケースは多いでしょう。


C言語の副業案件でソフトウェア開発を受注するには、オープンソースを利用したソフトウェア開発が短期間で行えるレベルが必要であるため、オープンソースの使い方も押さえておきましょう。

システム開発に関する知識

C言語は業務系システムの開発に用いられているケースが多く、現在長期間利用されているような業務システムの多くがC言語によって開発されています。そのため、C言語の副業案件を受注するなら、システム開発に関する知識やスキルは必須になるでしょう。


C言語を使用したシステム開発案件では、企業の業務システムや電子機器の制御システムなどの案件が多いと言えます。システム開発の案件を受注するのであれば、仕様書をもとに1人でC言語を使ったシステムのコーディングができるレベルが目安となるでしょう。

組み込み技術に関する知識

C言語の副業案件の中には、家電や機械などの独立した機器の中に組み込まれているシステム開発の案件も多いと言えます。そのため、組み込み技術に関する知識やスキルも必要になるでしょう。


組み込み系の場合は機器に組み込まれて使用することになるため、ハードウェアの知識が必要とされます。そのため、ハードウェアとソフトウェア両方に対する深い理解が必要になるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

C言語の講師の副業案件に求められるスキル

C言語の副業案件はシステム開発やソフトウェア開発などが多いですが、中には講師の案件も存在しています。C言語を使った開発経験があれば、プログラミングスクールの講師として副業を行うこともできるでしょう。


C言語の講師の案件の場合は、先に紹介したスキルに加えてコミュニケーションスキルなども求められます。ここではC言語の講師の副業案件に求められるスキルを紹介していくため、参考にしてみてください。

コミュニケーションスキル

C言語の講師の案件を受注するのであれば、基本的なコミュニケーション能力が必要になるでしょう。近年ではプログラミングの需要が高まっているため、初心者からプログラミングを学び始める人も増えていると言われています。


このような初学者にC言語を教えるには、わかりやすい解説をするためのコミュニケーションスキルが必要になるでしょう。

適切な課題を与えられる能力

C言語は構文自体は簡単であるため、文法周りの基礎であれば短い時間で完了します。そのため、C言語のカリキュラムや研修はあまり期間が長くはありません。


短い期間でC言語のスキルを定着させるには、受講者に適切な課題を与えられる能力も必要になるでしょう。たとえば、受講者にさまざまな演習問題を与えて、問題を解説するようにすると良いでしょう。

C言語の副業案件を受注する方法

C言語の副業案件を受注する方法としては、クラウドソーシングやエージェントを利用する方法などさまざまな選択肢があります。


ここではC言語の副業案件を受注する方法を紹介していきます。

エンジニア向けのクラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングとは、インターネット上でさまざまな人材に案件を発注することです。近年ではさまざまなクラウドソーシングサイトがあるため、C言語の案件を受注するために利用することができるでしょう。


クラウドソーシングサイトはエージェントと比較すると案件の単価は低い傾向がありますが、初心者向けの案件も多いです。


ここではおすすめのクラウドソーシングサイトを紹介していきます。

ランサーズ

ランサーズはあらゆるジャンルの副業案件を取り扱っているクラウドソーシングサイトです。システム開発の仕事だけでなく、ライティングやデザイン制作などさまざまなカテゴリを扱っています。


ランサーズはクラウドソーシングサイトの中でも規模が大きなサービスであるため、案件探しにクラウドソーシングを利用する場合は登録しておきましょう。

クラウドワークス

クラウドワークスもランサーズと同様にあらゆる分野の案件を探せるクラウドソーシングサイトです。豊富な案件が集まっているため、副業探しにランサーズを利用する場合はクラウドワークスも併用すると良いでしょう。


クラウドワークスには未経験者でも対応できるような案件も多いため、はじめて副業を行う人でも仕事を見つけやすいのが特徴です。

ココナラ

ココナラは自分のスキルを販売できるサービスです。前述のクラウドソーシングサイトと違い、自分で自分の知識やスキルなどを商品として出品できます。


ココナラを利用して副業を行う場合は、自分でポートフォリオを用意し、クライアントが購入してくれるのを待つ形になります。実際にココナラでC言語のプログラミングスキルを出品している人も多いです。


ココナラであればピンポイントのスキルでも商品にできるため、やりたいことが決まっている人にもおすすめです。

エージェントを活用する

エージェントを活用すれば、自分の希望やスキルに合ったC言語の副業案件を紹介してもらえるでしょう。エージェントであれば個人では受注できないような高単価案件も扱っているため、安定的に高収入を得ることも可能になります。


週5勤務が可能であれば、フリーランスエンジニア向けのエージェントであるSEESを利用するのがおすすめです。SEESは年齢不問の案件を多く取り扱っているため、40代以上のシニアエンジニアでも案件を獲得しやすいのが特徴です。

SNSからスカウトをもらう

SNSを使って自身のスキルや実績などをアピールすることで、クライアントからスカウトをもらうという方法もあります。SNSで定期的に発信しておくことにより、興味を持った企業から声がかかる可能性もあるでしょう。


スカウトであればエージェントなどを通さないため、企業と直接交渉することができます。また、自身のスキルにマッチした案件に参画しやすくなるため、積極的に活用するのがおすすめです。

知り合いに仕事を紹介してもらう

知り合いからC言語の案件を紹介してもらう方法もあります。身の回りの友人や前の職場の同僚などにC言語の案件を探している旨を伝えておけば、案件獲得に繋がる可能性もあるでしょう。


知り合いからの紹介であれば最初から信頼関係があるため、スムーズに話が進む可能性も高いでしょう。ただし、相手の信頼を裏切らないように誠実に仕事を行うことを十分意識することも大切です。

プログラミングの副業案件をより受注するコツ

C言語の副業案件をより受注するには、C言語だけでなく他のプログラミング言語のスキルも身につけておくことが大切です。C++やC#、Python、JavaScript、Ruby、PHPなどのスキルがあれば、より幅広い案件に対応できるようになるでしょう。

C言語のスキルを活かした副業を検討してみよう

C言語の副業案件を行うにはシステム開発やソフトウェア開発の知識が求められます。ぜひ本記事で紹介した、C言語の副業案件を受注するために必要なスキルや副業案件を受注する方法などを参考に、C言語のスキルや開発経験を活かして副業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/04/26

2022/07/20