シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

Web開発に役立つおすすめの開発環境|効率良く開発するためのポイントとは?

Web開発に役立つ開発環境にはどのようなものがあるのでしょうか。本記事ではWeb開発環境の選び方やWeb開発に役立つおすすめの開発環境、効率良くWeb開発するためのポイントなどを紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「Web開発環境を選ぶときはどんなポイントで選べばいい?」
「Web開発に役立つ開発環境にはどんな種類がある?」
「効率的にWeb開発業務を進めるためにはどうすればいいの?」


このように、Web開発やWeb開発に用いられる開発環境について興味を持っている人も多いのではないでしょうか。


本記事では、Web開発業務の需要やWeb開発環境の選び方、おすすめの開発環境などを紹介しています。この記事を読むことで、どのようなWeb開発環境あるのか理解を深めることができるでしょう。


また、Web開発業務の流れや効率良くWeb開発するためのポイントなども解説しているため、将来的にWeb開発に挑戦しようと考えている人も参考にできます。


Web開発に役立つ開発環境について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Web開発業務の需要は?

近年ではスマホアプリ市場の拡大やIT人材不足などさまざまな背景により、Web開発業務は需要が高い状態です。インターネットを利用している人は年々増加しており、若者を中心に多くの人がスマホを利用しているため、今後もWeb系開発の需要がなくなることはないでしょう。


また、近年では多くの企業がWebサービスに参入していることもあり、今後も多くの企業がWeb開発を進めていくことが予想されています。そのため、Web開発に携わるエンジニアも需要が高いと言えるでしょう。

開発環境を選定する必要性

Web開発は高度な機能を備えたエディタでなくても開発できますが、開発環境によってはエラーがある個所を教えてくれるような便利な機能を備えているものもあります。そのため、選定する開発環境によってはWeb開発の生産性にも大きな影響を与えます。


また、高度な開発をする場合は専門的な開発環境を用意する必要もあるため、開発環境の選定は非常に重要だと言えるでしょう。

Web開発に必要とされる知識

Web系開発を行うのであれば、フロントエンドの開発言語やデータベース、ネットワークやセキュリティなどWeb開発に関する全般的な知識が必要とされます。


言語としては、HTMLやCSS、JavaScriptは最低限押さえておく必要があるでしょう。また、GitHubやLinux、シェルなどの知識も基本となります。

Web開発環境の選び方

どのようなWeb開発環境を選ぶのかによって、開発の進捗にも大きな影響を与えます。開発を始めてからつまずかないためにも、目的や言語に合わせてスムーズに開発を進められるWeb開発環境を選べるようにしましょう。


ここではWeb開発環境の選び方について解説していくため、参考にしてみてください。

目的に合わせる

Web開発環境は目的に合わせて選ぶ方法があります。開発環境にもさまざまな種類がありますが、目的とするOSを踏まえて選ぶことで適切な開発環境を選択できます。


たとえば、iOSやAndroidなどのスマートフォン向けのアプリ開発を行うのであれば、それぞれ適切な開発環境を選ぶと良いでしょう。

言語に合わせる

Web開発環境が扱うプログラミング言語に合わせて選ぶことができます。開発環境には大きく分けて統合開発環境とエディタの2種類がありますが、前者は開発全般に用いることができますが、動作は重たくなるケースが多いです。


一方、後者や軽めですがWebやフロントエンド開発に特化しているという特徴があります。そのため、Javaなどのバックエンド開発を行う場合は統合開発環境、JavaScriptなどを使ったフロントエンド開発ではエディタが用いられることが多いでしょう。

費用を確認する

Web開発環境は費用面で選ぶこともできます。Web開発に用いられる開発環境は無料で利用できるものが多いですが、中には有料のものも存在しています。


特に特別な目的がない場合は、まずは無料で利用できる開発環境を利用すると良いでしょう。また、有料の開発環境にもさまざまな種類があるため、余裕があれば有料の開発環境を試してみるのも良いでしょう。

機能を確認する

Web開発環境によって備わっている機能にも違いがあるため、機能面で選ぶことも大切です。たとえば統合開発環境の場合はデバッガやコンパイラなどの機能が備わっており、エディタの場合はそのような重い機能は備わっていないケースが多いです。


ただし、エディタの場合は自分で必要な機能を追加できるものもあるため、自分が必要とする機能を把握した上で開発環境を選ぶと良いでしょう。

Web開発に役立つおすすめの開発環境

Web開発に用いられる開発環境にはさまざまな種類があるため、どの開発環境を選べば良いのかわからないという人も多いでしょう。


ここではWeb開発に役立つおすすめの開発環境を紹介するため、開発環境選びの参考にしてみてください。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Sublime Text

Sublime Textは無料で利用できる高機能なエディタです。動作が軽く軽快に利用できるエディタとなっているため、本格的な開発を行うよりもHTMLやCSS、JavaScriptなどを使って軽いフロントエンド開発などを行う場合に向いています。


これからWeb開発を始めるプログラミング初心者の場合、候補として検討できるエディタだと言えるでしょう。

Visual Studio Code

Visual Studio CodeはMicrosoft社が提供している無料のエディタです。Windowsはもちろん、mac OSやLinuxにも対応しており、豊富な機能を備えています。


さまざまなプログラミング言語での開発に対応でき、拡張機能も豊富に用意されているため自分好みのエディタにカスタマイズすることも可能です。はじめて利用する開発環境としておすすめだと言えるでしょう。

PhpStorm

PhpStormはPHPを使った開発に特化している統合開発環境です。PHP向けの開発環境で、SymfonyやLaravel、Drupal、WordPressなどさまざまなフレームワークを使った作業に適しています。


また、PHPだけでなくHTMLやCSS、JavaScript、TypeScriptといったフロントエンドの開発もサポートしているため、PHPを使ったWeb開発を目的としている場合に最適だと言えるでしょう。

Eclipse

EclipseはJavaなどのさまざまなプログラミング言語の開発に用いられている統合開発環境です。EclipseもJavaで開発されているため、JVMが動作するOS上で動かせるという特徴があります。


Javaに必要な開発機能が最初から搭載されており、Javaのコンパイラも添付されているため、インストールすればすぐにJavaの開発が行えます。そのため、Javaの開発を行う場合に活用できる開発環境だと言えるでしょう。

WebStorm

WebStormはJavaScript向けの統合開発環境です。JavaScriptでの開発に必要な機能が最初から備わっているため、すぐにJavaScriptの開発をスタートできます。


また、JavaScriptの開発に用いられるHTMLやCSS、Node.js、React、Angularなどもサポートしているため、Webフロントエンド開発に適していると言えるでしょう。

NetBeans

NetBeansはJavaやJavaScript、PHPなどさまざまなプログラミング言語でのアプリケーション開発に役立つ統合開発環境です。もともとはJava用の開発環境として開発されました。


そのため、JavaをサポートしているWindows、Linux、mac OXなどのすべてのOSにインストールできます。

XAMPP

XAMPPはPHP向けの統合開発環境です。PHPとMariaDB、Perlを含んだApacheディストリビューションとなっており、XAMPPをインストールするだけでApache WebサーバーやMySQLまで簡単に利用できるようになります。


PHPを利用したWeb開発を行う場合におすすめの開発環境だと言えるでしょう。

Atom

AtomはGitHub社が提供している無料のテキストエディタです。Windowsやmac OSで利用でき、テキストファイルの作成や編集、保存などが可能です。


また、予測変換機能やショートカットなど、Web開発に便利な機能が搭載されている点が特徴だと言えるでしょう。

Web開発業務の流れ

Web開発を行う場合、さまざまな段階を踏んで作業を進めていくことになります。そのため、これからWeb開発を行う場合は手順を把握しておく必要があるでしょう。


ここではWeb開発業務の流れについて解説していきます。

要件定義書の作成

まずはどのような目的でWeb開発を行うのかという、Webサイトの構築に必要な要件を明確にしていきましょう。クライアントとの間に開発の目的やコンセプトなどの共通認識を持つことができ、優先事項を明確化が可能です。


また、要件定義の内容は要件定義書としてドキュメントに残します。要件定義書を作成することで、開発の方向性のずれなどを防止し、スムーズにプロジェクトを進めていけるようになります。

サイトマップとワイヤーフレーム設計

要件定義後は、Webサイトの構造設計や画面設計などのサイト設計を行います。サイト設計は、Webサイトの各ページにユーザーを誘導できるようにレイアウトの設計を行うことが目的です。


一般的には、Webサイトのページ構造をまとめたサイトマップの作成と、Webページの要素配置をまとめたワイヤーフレーム設計を行います。サイトマップはユーザーの導線を考えた上で、適切に階層化することがポイントです。


また、ワイヤーフレーム設計ではトップページから順に情報を整理しながらレイアウトを決めていきます。

デザイン設計

ワイヤーフレームをベースにデザイン設計を行います。デザイン設計では、Webサイトの目的などを踏まえた上で使用する色や雰囲気を決めていきます。


使用する色はメインカラーと指し色であるアクセントカラーを決め、デザイン作成を行いましょう。デザイン設計を制作会社に依頼する場合は具体的なイメージを伝える必要があるため、参考にしてほしいサイトなどと伝えておくとスムーズに進むでしょう。

Googleツール導入のためのアカウント開設・タグの発行

Webサイトに訪れたユーザーやサイト内でのユーザーの行動を分析するためには、Webサイト内にアクセス解析ツールなどの外部ツールを導入するのが一般的です。ツールを導入するには、各種ツールの管理画面で発行できるタグをWebサイトのHTMLに埋め込む必要があります。


そのため、ツール導入のためのアカウントを開設し、タグを発行しましょう。なお、タグの発行はWebサイトのコーディングよりも前に行うことになります。

コーディングとCMSシステムの導入

HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を使ってWebサイトのコーディングを行います。プログラミング言語を使って一からWebサイトを作成することもあれば、専門的な知識がなくでもWebサイトを構築できるCMSを利用するケースもあるでしょう。


CMSシステムを導入する場合は、コーディングデータにスクリプトを埋め込み、システムと連携できるように作業を行います。他にもWebサイトの問い合わせフォームなどに利用するシステムを導入する場合は、この工程で実装を行います。

サーバーやドメインの取得

Webサイトを新しくインターネット上に公開するには、サーバーとドメインを取得する必要があります。


サーバーはWebサイトのデータを保管する場所のことで、ユーザーのブラウザからのリクエストに対してサーバーがデータを返すことで、ブラウザ上にWebサイトが表示されるようになります。


ドメインはインターネット上でWebサイトを識別するための住所のような役割を持つもので、ドメイン名は希望する名称を指定することが可能です。

Webサイトの公開と確認

サーバーやドメインを準備し、テスト環境でWebサイトの確認などを行ったら、Webサイトを公開しましょう。新規に立ち上げて作成したWebサイトの場合はすぐに公開できますが、既存のWebサイトをリニューアルするようなケースもあるでしょう。


リニューアルのタイミングでサーバーを移転して新しいサイトを公開する場合、公開されるまでに数日かかることもあります。

動作のテスト

Webサイトをインターネット上に公開したら、最後に正しく表示されているかどうか動作を確認しましょう。ブラウザやスマートフォン、タブレットなど、対応している各デバイスで問題なく表示されていることを確認します。


また、アクセス解析ツールを導入している場合は、サイトに設置したタグが機能しているかどうかも必ず確認しておきましょう。ツールの確認を行う場合、ツールの管理画面から問題なく稼働しているかどうかを確認することが可能です。

エンジニアが効率良くWeb開発するための5つのポイント

Web開発を行う場合、段階を踏んで開発を進めていくことで効率良くWebサイトを構築していくことができるでしょう。ここでは最後に、効率良くWeb開発するためのポイントを紹介します。

1:タスクをリスト化する

まずはWeb開発に必要なタスクをリスト化していきましょう。Web開発を行う際の各プロセスで必要なタスクを明確にしておくことで、プロジェクトの方向性を間違うことなく進めていけるでしょう。

2:Webブラウザを準備する

Web開発ではWebブラウザが必須となるため、インターネットに繋がるブラウザを用意しましょう。Webブラウザにはさまざまな種類がありますが、Google Chromeなどの日本国内でのシェア率の高いブラウザを利用すると良いでしょう。

3:HTMLエディタを使う

Webサイトを構築するにはHTMLを記述できるHTMLエディタが必要です。テキストエディタとも呼ばれるもので、入力補助機能や校正機能など、Webサイトの構築を効率的に行うためのさまざまな機能が用意されています。


おすすめのHTMLエディタとしては、本記事でも紹介したVisual Studio CodeやAtomなどがあります。

4:専用のフォルダを作る

WebブラウザとHTMLエディタを用意したら、Web開発を行うための専用のフォルダを作成しましょう。専用フォルダを作るのは必須ではありませんが、Webサイト構築に使用するHTMLやCSSを纏めておくための専用フォルダを作成しておくと効率的に作業を進められます。


フォルダを作る場所はどこでも問題ないため、デスクトップなどのわかりやすい場所に作成しておきましょう。

5:HTML・CSSファイルを作る

Webサイトに必要なHTMLファイルとCSSファイルを作成していきます。事前に設計したサイトマップやワイヤーフレームをもとに、Webサイトのコーディングを行っていきましょう。

Web開発に適したおすすめの開発環境を参考にしよう

Web開発に用いられる開発環境にはさまざまな種類があります。ぜひ本記事で紹介したWeb開発環境の選び方やおすすめの開発環境などを参考に、目的や言語などに合った開発環境を使ってWeb開発を進めてみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/04/22

2022/07/20