シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

Excel VBA副業案件の特徴や種類は?仕事の探し方や稼ぐ方法もあわせて紹介

ExcelVBAの副業案件にはどのような特徴や種類があるのでしょうか。本記事ではExcelVBAの概要やVBAを扱うフリーランスの副業案件の特徴、副業案件の種類などを紹介します。VBAの副業案件に興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「VBAを扱うフリーランスの副業案件にはどんなものがあるの?」
「VBAを扱うフリーランスの副業案件の種類って?」
「VBAを扱うフリーランスに必要となるスキルとは?」


このように、Excel VBAを使った仕事を探している人の中には、Excel VBAの案件について詳しく知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。


本記事ではExcel VBAの副業案件の特徴や種類について紹介しています。本記事を読むことで、Excel VBAを扱う案件にどのようなものがあるのか把握することができるでしょう。


また、VBAを扱うフリーランスの副業案件の探し方についても解説しているため、どのように案件を探せばよいのか知りたい人も参考にすることができます。


Excel VBAの副業案件について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Excel VBAとは?

VBA(Visual Basic for Applications)とは、MicrosoftのOffice製品で利用できるプログラミング言語です。Excel VBAを利用することで、ExcelなどのOfficeソフトを自動化することができます。


もとからExcelに搭載されているため、普段の業務でExcelを利用している場合はスムーズに学習を進めることができます。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

VBAとマクロの違いは?

VBAはOffice製品で利用できるプログラミング言語を指しますが、マクロはコンピューターの操作を自動化する機能を指します。マクロを作成するためにはプログラミングが必要になるため、Office製品の場合はVBAを利用するということになります。

Excel VBAで可能となること

様々な処理が自動で実行されることがExcel VBAのメリットです。Excel VBAを使うことで、データ集計や計算のほか、複数のファイルにまたがったデータ処理が自動でできるようになります。


ここからは、Excel VBAで可能となる処理の例を挙げていきます。

計算や数字の集計を自動化できる

Excel VBAを使うことで、データのコピーや書き換えも含めた計算や集計が自動化できるようになります。関数を残さず値だけセルに入力できるため、ファイルが重くならないこともメリットといえるでしょう。


計算や数字の集計には、関数やピボットテーブルを使って自動計算することも一般的な方法です。しかし、集計の際には複数のファイルやシートのコピー、数字の書き換えが必要となることも多いものです。


Excel VBAを利用すれば、シートコピーや数字の置き換えも自動で実行されるため、業務の手間が省けます。

ほかのアプリと連携が可能になる

Excel VBAは、Excelデータの集計処理を自動化するだけでなく、外部アプリを起動して作業することも可能です。


例えば、Excelで作成したシートをPDF化してプリントアウトするのも使い方の1つです。ほかにも、Webサイトを表示させたり、メモ帳のデータを取得してExcelに貼り付けたりなど、Office製品を始めとした様々なアプリとの連携が可能となります。

企業がVBAを必要とする理由

企業がExcel VBAを必要とする理由として、業務効率化に期待していることが挙げられます。


Excelを使用して業務をする場合には、1シートのみで完結することは少なく、複数のシート、ファイルにまたがって処理することがほとんどです。様々なファイルを開いたり閉じたりする時間を少なくすることで、業務時間が短縮できます。


また、参照先が別ファイルだったり関数をたくさん使ったりしている場合には、ファイルが重くなってしまい、再計算に時間がかかってしまう場合もあるでしょう。


Excel VBAを使って様々な処理を自動化することによってファイルが軽くなるほか、計算処理が速くなるなど、仕事の時間短縮に繋がるのです。

VBAを扱うフリーランスの副業案件の特徴

Excel VBAを使う副業案件には、在宅ワークが多いことが特徴として挙げられます。


クラウドソーシングサイトやスキルマーケットなど、副業案件を仲介するツールがWebで完結するものが多いことが理由の1つといえるでしょう。


ここからは、Excel VBAを扱う副業案件のさらに具体的な特徴を紹介します。

時給制の仕事や単発の仕事がある

副業案件の種類には、アルバイトなどのように時給で仕事を受注する時給制と、タスク毎に契約する単発案件の2つがあります。


時給制の仕事は、継続が期待できるため安定的な収入が見込めるのがメリットです。しかし、クライアントが指定する時間帯で作業する必要があったり、クラウドソーシングサービスでは単発案件と比較して募集案件が少なかったりというデメリットがあります。


Excel VBAを扱う単発の案件は、数千円~10万円程度が報酬の相場です。Excel VBAだけでなくほかの開発言語のスキルがあれば、単価はさらに高くなるでしょう。単発案件は、タスク毎に報酬が発生し、決まった拘束時間がないことがメリットといえます。

クラウドソーシングは安い案件が多めである

クラウドソーシングは、副業初心者向けの案件が数多く掲載されているのが特徴の1つです。副業案件を探すツールとして、クラウドソーシングサイトを利用する人も多いでしょう。


しかし、掲載案件には単価が安い案件も多いため、注意が必要です。さらに、クラウドソーシングサイトで受注した案件は、手数料を差し引いてから報酬が支払われるシステムであることも珍しくありません。


クラウドソーシングを利用する際には、システムについてもよく確認しておくことがおすすめです。

Excelのみ使って作業する案件がある

副業案件は、複数のExcelファイルのデータをコピーペーストしていくなど、Excelのみ使って処理していく仕事内容が掲載されることも特徴です。


1件ずつ手作業で処理していくには時間がかかるタスクでも、Excel VBAを活用すれば短時間で完了できる可能性があります。


副業案件を探す際には、Excel VBA、マクロ開発だけでなくExcelを扱ったデータ入力の仕事を検索してみることもおすすめです。

初心者でも挑戦できる案件が多い

VBAの副業案件の中には、データの結合やまとめなどを行うような案件も多いです。このような案件はやり方を覚えれば誰でも簡単に行えるため、初心者からでもチャレンジしやすいでしょう。

在宅で仕事ができる

前述のとおり、VBAの副業案件は在宅でできる案件が多いです。VBAの案件には、データの結合案件や複数のワークシートを結合するような案件、データ整理やスクレイピングなどが多いため、自宅でも簡単に対応できます。

VBAを扱うフリーランスの副業案件の種類

Excel VBAを扱う募集案件の内容には、どのようなものがあるのか気になる方もいるでしょう。Excel同士の単純なデータ転記だけでなく、グラフ化やWebシステムとの連携など、Excel VBAは様々なタスクでの活用が期待できます。


ここからは、Excel VBAを使った副業案件の種類や特徴について紹介していきます。

データをグラフ化する作業

プレゼンや会議資料、データの集計結果を視覚的に分かりやすくするために、グラフを活用することは多いです。企業によっては市場調査にWebアンケートを利用し、csvデータからグラフ化するケースもあります。


Excel VBAを活用し、膨大なデータを自動でグラフ化することは、業務を効率的に進める一助になるでしょう。


データをグラフ化するレベルのExcel VBAスキルがあれば、初級から中級程度の副業案件が受注できるといわれています。

出荷伝票や売上伝票を作成する作業

Excel VBAを使って、様々なファイルに格納されたデータを収集し、規定のフォーマットに入力、出力する作業です。


出荷伝票や売上伝票は、専用ツールを使用して売上の入力から伝票印刷まで一括で作成する企業もあります。


しかし、別で管理するExcelファイルから伝票用のファイルにデータを転記して、1枚ずつ伝票を作成する企業も多いです。このような場合は、Excel VBAを使うことで大幅に業務効率を上げることができるでしょう。

顧客リストを作成する作業

Excel VBAの機能の1つにユーザーフォームがあります。ユーザーフォームは任意のフォーマットを作れる機能であるため、顧客リストのような決められたデータを入力していく作業が簡便になります。


ユーザーフォームに入力した内容は、Excelに転記していくほか、後で呼び出せるようにキーワードや番号を自動作成したり、カレンダーに反映させたりできるのも特徴です。

給与・ボーナス・インセンティブを計算する作業

企業によって異なる報酬計算のルールをExcel VBAによって、独自のツールに仕上げていく仕事になります。


スタッフの実績を数値化することによって、給与やボーナス、インセンティブを決定する企業も多いです。契約数に応じて歩合を設定している場合や、売上金額の数%をインセンティブとして支給する企業もあるでしょう。

Webシステムと連携する作業

Excelで管理された情報を1件ずつWebシステムに登録する方法から、Excel VBAを使って自動でアップロードする仕組みを構築していきます。


企業の中には、Webシステムにデータを集約し一元管理している場合もあります。現場の作業はExcelで管理し、必要に応じてWebシステムにアップロードすることもあるでしょう。


Excel VBAを使うことでExcelと外部アプリが連携できるため、データのやり取りの自動化が可能となります。

PDF情報をExcelにリスト化する作業

PDFで作成されたファイルをExcelに転記してデータ化してく作業になります。


例えば、PDF化された複数の請求書や領収書を、Excelに1件ずつコピーペーストしていく作業は、時間がかかりますが、Excel VBA を利用してPDFファイルの情報をテキストとして読み込むことで、自動化処理が可能となります。


気を付けたいポイントは、PDFのテキストを自動で読み込むために有料ツールを使う必要があることです。

スクレイピング作業

Webサイトの情報を取得して解析や分析する作業を自動化する際にも、Excel VBAは活用できます。


マーケティングやサービス開発に必要な情報を取得するために、Webサイトから情報を取得することも多いです。スクレイピング作業は、商品の価格調査のほか、株価や関連するWebサイトのリスト化など様々なシーンで活用されています。

在庫管理ツールを作成する作業

在庫データの中から、品切れとなった商品の抽出や仕入れデータの入力、在庫一覧の表示などを実行するツールの作成です。既に稼働している在庫管理アプリの改良を依頼される案件もあるでしょう。


企業によっては、WebシステムとAccessの連携や、在庫データの作成から携わるケースもあります。

印刷を自動化するVBA作業

資料作りの手間を省くために、Excel VBAを活用して印刷を自動化する案件が募集されることもあります。


資料作成の際には、ファイルに保存されたExcelシートを1枚ずつ順番にプリントアウトしていくことも珍しくありません。印刷設定で通し番号を付けたり、印刷範囲を指定したりしながらプリントアウトすることもあるでしょう。


また、抽出したデータをExcelで作成したフォーマットに転記し、プリントアウトするまでの作業を依頼されるケースもあります。

▼VBAの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

VBAを扱うフリーランスの副業案件の5つの探し方

隙間時間や土日を使って副業案件を探す場合には、Webサイトの募集を探すのが一般的な方法です。Excel VBAのみを扱った案件は少ない傾向にありますが、エンジニア専用サイトや規模の大きな求人サイトに登録することで、様々な募集案件を検索できます。


ここからは、Excel VBAを扱う副業案件の探し方を5つ紹介していきます。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

1:スキルマーケットのプラットフォームを使う

イラストやホームページの作成、英会話など、個人のスキルを売買するツールがスキルマーケットです。自分が持つExcel VBAのスキルを売ることで、仕事を探す方法です。


募集しているスキルに応募するほか、自分のスキルを登録、出品してリクエストを待つ方法もあります。

2:求人サイトを使う

フリーランスに特化した求人サイトに登録するのも、副業案件を探す方法の1つです。ITエンジニアに特化したエージェントであれば、高額案件が紹介される可能性もあります。


隙間時間の副業や単発ではなく、週の稼働日数が定められている案件が多いことが特徴といえるでしょう。

3:クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングサービスを仲介して、仕事を受注する方法も副業案件の探し方として一般的です。プロフィールを登録し、キーワード検索することで現在募集中の案件が一覧表示されます。


クラウドソーシングサービスに仲介手数料を支払うケースや、相場より低い単価で発注されているケースも多いため、仕事の詳細はよく確認しておくことが大切です。

4:知人から紹介してもらう

以前働いていた職場からの紹介など、人脈を利用して仕事を探すのも方法の1つです。


メリットとしては、仲介する業者がいないため、手数料が発生しないことが挙げられます。また、自分のスキルや人柄を把握した上での紹介となることも、安心材料といえるでしょう。


紹介先企業から評価されれば、継続案件の提案やほかの案件の紹介に繋がる可能性もあります。

5:ブログを使う

ブログサイトを立ち上げて自分の実績をアピールし、スカウトを待つ方法もあります。


クライアントと直接のやり取りとなるため、クラウドソーシングやスキルマーケットのように、手数料が差し引かれないことがメリットです。また、人気の案件に募集が殺到して不採用となるリスクもなくなります。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

VBAを扱うフリーランスに必要となるスキル

いくら高い専門知識を持っていたとしても、Excel VBAのスキルだけでフリーランスとして活躍していくことは厳しいといえるでしょう。フリーランスの仕事は、開発をするだけでなく仕事の受注からスケジュール管理まで全て自分でする必要があります。


ここからは、フリーランスになるためにはExcel VBAの技術のほかに、どのようなスキルが必要となるのか紹介していきます。

高い交渉力

フリーランスとして仕事を獲得していく際には、交渉力を発揮して自分に有利な条件で契約していくことが大切です。


クライアントは、少ない予算で契約を結ぶことを希望するため、相場より低い契約金額を提示されることがあります。実績の少ないうちは、仕事を獲得するために不利な条件で契約してしまうことも多いでしょう。


タスク完了までにかかる時間、成果物のレベルに見合った契約金額となるように交渉していく能力が必要となります。

コミュニケーション能力

フリーランスとして活動する際、様々なシーンでコミュニケーション能力は重要となります。


まず、フリーランスには、経験の有無に関わらず営業能力が必要となります。自分を売り込み仕事を獲得する営業には、コミュニケーション能力が大切です。


また、クライアントが求める成果物や改善して欲しい課題を把握する際にも、コミュニケーション能力が必要です。密にコミュニケーションを取ったり細かくヒアリングしたりすることで、追加受注や認識の食い違いが避けられるでしょう。

プログラミングの能力

新たな知識習得は、フリーランスとしてスキルアップしていくために必要な要素です。Excel VBAだけでなく、ほかのプログラミング言語を習得することで受注できる仕事に幅が生まれます。


プログラミング言語は、バージョンアップに伴って機能の追加や廃止があります。


継続して仕事を受注していくためにも、使用する言語のバージョンアップのチェックやスキルアップに努めておくことが大切です。

Excelを使った業務改善作業の経験

実績の有無も、フリーランスの案件受注のカギとなります。


フリーランスや業務委託を依頼する企業は、即戦力となる人材を期待しています。そして、Excel VBAを活用する案件は、業務支援や業務効率化を期待する内容が多いです。


前職や以前に受注した案件などで業務改善に携わった経験は、大きな強みとなるでしょう。

スケジュールを管理する能力

フリーランスとして活動していく上では、自分のスキルと稼働時間、作業に係る工数を把握する必要があります。


作業工数をきちんと把握しておかなければ、複数の案件を同時に作業する事態となり、納期に間に合わない可能性も出てきます。納期の延長申請などが続くと、クライアントからの信用を失い、契約の打ち切りや再受注できなくなるケースもあるでしょう。


フリーランスには、スケジュール管理を含めた自己管理能力が大切です。

システムを開発するスキル

システム開発に携わった経験も、フリーランスとして案件を獲得していく上で大きな強みになります。


クライアントからのニーズは、既に稼働しているシステムの修正はもとより、システムを1から立ち上げて運用に至るまでの構築が求められるケースもあるでしょう。


Excel VBAは、複数のファイルにまたがった作業が可能であるほか、外部アプリとの連携によってさらに汎用性のある使い方ができます。システムの開発から運用まで委託されれば、長期継続での受注が期待できるでしょう。

VBAを扱うフリーランスの副業で稼ぐ方法

Excel VBAを使って副業案件を探すときには、Webサイトを活用することが多くあります。実績を積んだり自分を売り込んだりと、軌道に乗るまでは様々な努力が必要といえるでしょう。


ここからは、Excel VBAを扱うフリーランスの副業で稼ぐポイントを紹介します。

仕事の受け方を工夫する

効率よく稼いでいくためには、自分に合ったツールを活用していくのがおすすめです。


フリーランスのエンジニア専門エージェントに登録したり、大手のクラウドソーシングを利用したりすることは、受注案件を探す方法とて一般的な方法です。ある程度の実績を積むためにも、有効な手段といえるでしょう。


仲介手数料を差し引かれずに仕事を受注する方法には、自分でWebサイトを立ち上げてスカウトを待つという手段もあります。クライアントの評判が良ければ、口コミによりほかのクライアントからの受注が入る可能性が高くなります。

案件を受注するときは以前作ったプログラムを使い回す

クラウドソーシングなどでは、同じような案件が複数投稿されているケースも多いです。一度作ったプログラムが転用できないか検討してみましょう。


以前作ったプログラムを修正して使い回すことで、効率よく複数の案件をこなすことができるでしょう。

実績を積むまでは簡単な案件から始める

クライアントが、エンジニアを採用する際にチェックするポイントの1つは実績です。


多くの実績を積んだフリーランスには、ある程度のキャリアやスキルがあると判断されるでしょう。そのため、簡単な案件を受注することから始めて実績を積んでいくのもおすすめです。

VBAを扱うフリーランスの副業におすすめのサイト4選

VBAの副業案件を探す場合は、フリーランス向けの案件紹介サイトやクラウドソーシングサイトを利用するのがおすすめです。


ここではVBAを扱うフリーランスの副業におすすめのサイトを紹介していくため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1:クラウドワークス

クラウドワークスは様々な業務委託の案件を受注できるクラウドソーシングサイトです。仕事のカテゴリには開発やデザインなど200種類以上のカテゴリがあり、未経験者からチャレンジできる案件も多数掲載されています。


Excel VBAの案件も多く扱っているため、初心者からVBAの副業案件に挑戦したい人におすすめです。

2:ランサーズ

ランサーズも豊富な業務委託案件を掲載しているクラウドソーシングサイトです。副業の種類は350以上と非常に多くのカテゴリにわかれています。


VBAの副業案件も多いため、自分のスキルに合った案件を見つけやすいでしょう。

3:ココナラ

ココナラはスキルを販売できるスキルマーケットです。自分の知識やスキル、経験などを商品として出品できるサービスであるため、自分の得意な分野に絞って副業をしたい人に向いています。


実際にVBAを利用した自動化などを出品している利用者も多いです。

4:ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズはIT起業家やフリーランスエンジニア向けのエージェントサービスです。週2~週3日案件やリモート案件なども多いため、VBAの副業案件を探している人にもおすすめです。

VBAを扱うフリーランスとして副業を始めよう

Excelは、多くの企業で使用されているツールです。Excel VBAを活用することで、様々なシーンでの業務効率化が期待できるでしょう。Excel VBAは、Excelのみならず外部アプリと組み合わせることで、スクレイピングや独自のシステム開発も可能となります。


この記事を参考に、Excel VBAを扱うフリーランスとして副業に一歩踏み出してみましょう。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/03/04

2022/09/13