40代からのフリーランスエンジニア向け・案件検索サイト【SEES】

【外部人材×PM・PMO】外部人材のPM・PMOは需要大!企業担当者の7割以上が外部のPM・PMOを活用したいと回答!しかし8割以上が探し方に苦戦中と判明

昨年の12月に実施した「【定点調査】シニアエンジニアについての意識調査」では、50歳以上のエンジニア(シニアエンジニア)やフリーランス(フリーエンジニア)といった外部人材について、企業担当者がどのように考えているのか明らかになりました。
シニアエンジニアを採用したい理由は、コミュニケーション力や信頼性、さまざまな環境に対応できることなど、年齢は高くても人間性や技術面に優れているため、企業担当者の多くがシニアエンジニアを高く評価していることがわかりました。

では、PMやPMO業務ではどうでしょうか。
PM(プロジェクトマネジャー)はプロジェクトの全責任を担い、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)はPMのさまざまなサポートを行うなど、どちらも重要な業務です。
業務委託や派遣といった外部人材でPMやPMOを活用する際、企業担当者はどのように考えているのでしょうか。

<業界実績17年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

※昨年の12月に実施した「【定点調査】シニアエンジニアについての意識調査」は以下URLからご確認いただけます。

https://miraie-group.jp/sees/article/detail/expectations_for_senior


そこで今回、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-sees.com/)を運営する株式会社Miraieは、PM・PMOのフリーエンジニア/派遣/外部人材/外部業務委託を活用している企業担当者を対象に、「外部人材(業務委託/派遣)×PM・PMO」に関する調査を実施しました。

PMやPMOについても、外部人材の活用が高まっている?その理由とは?

はじめに、外部人材のPM・PMOの需要について伺ってみましょう。

「外部人材(業務委託/派遣)のPM・PMOの需要について、高まっている傾向があると感じますか?」と質問したところ、『やや高まっている(46.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『とても高まっている(34.9%)』『どちらともいえない(わからない)(17.1%)』『低まっている(1.9%)』と続きました。


企業担当者の8割が、程度の違いはあっても外部人材のPM・PMOの需要が高まっていると感じていることがわかりました。

次に、外部人材のPM・PMOの活用への意欲と、費用面について伺ってみましょう。


「外部人材(業務委託/派遣)のPMやPMOを活用したいという意欲と、その際にかける費用に関してどのような予算感がありますか?」と質問したところ、『今と同じように活用したい(予算も現状維持で様子を見たい)(46.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『予算を増やして、積極的に活用したい(30.8%)』『活用はしたいが予算は抑えたい(19.2%)』『活用を控えたい(予算も減らしたい)(3.6%)』と続きました。


企業担当者の9割以上が、程度の違いはあっても活用したいと思っていることがわかりました。また、費用に関しては、企業担当者の7割以上がこれまで通り、もしくはこれまで以上に増やしたいと考えているようです。

続いて、外部人材のPM・PMOを活用したい理由について伺ってみましょう。


「外部人材(業務委託/派遣)のPMやPMOを活用したい理由として、近いものを教えてください(上位3つまで)」と質問したところ、『即戦力として活躍できる(55.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『社内よりも専門性が高い人材が揃っている(41.6%)』『正社員として採用するよりもコストを削減できる(40.2%)』『人事労務管理のコストがかからない(19.4%)』『業務量の変動に合わせて柔軟に活用増減ができる(15.4%)』と続きました。


『即戦力として活躍できる』ことが理由の一位ということから、実績や経験豊富なPM・PMOは需要があることが考えられます。

外部人材(業務委託/派遣)のPMやPMOを活用する際、年齢制限は設けている?

先程の質問で、外部人材のPM・PMOを活用したいと考えている企業担当者が9割以上いることがわかりました。

次に、実際に活用する場合は年齢制限を設けているか伺ってみましょう。

「外部人材(業務委託/派遣)のPMやPMOを採用する際、年齢制限を設けていますか?」と質問したところ、『設けていない(51.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『設けている(50歳以上は採用しない)(23.0%)』『設けている(40歳以上は採用しない)(15.9%)』『設けている(60歳以上は採用しない)(9.4%)』と続きました。


半数以上が年齢制限を設けていないことがわかりました。昨年実施したシニアエンジニアの調査と比較すると、「年齢制限を設けていない」と回答した方は、32.6%から51.7%と増加しています。

外部人材のPM・PMOにおいては、シニアエンジニアと比べると年齢の壁が高くなく、年齢を重ねても採用される際に有利であると考えられます。


一方で、年齢制限を設けている理由はなんでしょうか。


「年齢制限を設けている理由を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『新しい技術に付いてこられない(気がする)(44.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『同じ能力でも単価が上がりがち(38.0%)』『体力面に不安がある(33.9%)』『現場の雰囲気に合わない(気がする)(22.2%)』『年齢が高いと気を遣う(気疲れする)(17.5%)』と続きました。

年齢があがることで、技術面・費用面などに課題があると考える企業担当者が多いようです。

外部人材(業務委託/派遣)のPMやPMOを活用する際、どのような視点で人材を選んでいる?

先程の質問では、採用時の年齢制限について詳しく伺いました。

続いては、外部人材のPM・PMOに求める【人間性】について伺ってみましょう。

「【人間性】に関する重要項目 外部人材(業務委託/派遣)のPMやPMOを活用する場合、どのような人間性を重視しますか?(複数回答可)」と質問したところ、『プロジェクトに対する責任感(50.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『最後までやり遂げる忍耐力(47.9%)』『臨機応変に対応できる柔軟性(38.7%)』『様々なステークホルダーに寄り添える共感性(32.2%)』『徹底的に準備をすることができる計画性(21.6%)』と続きました。


企業担当者は、外部人材のPM・PMOの人間性に関して、仕事に対する責任感や忍耐力の強さを求めていることがわかりました。

次に、外部人材のPM・PMOに求める【実績・能力】について伺ってみましょう。

「【実績・能力】に関する重要項目 外部人材(業務委託/派遣)のPMやPMOを活用する場合、どのような実績や能力を重視していますか?(複数回答可)」と質問したところ、『多種多様な環境に柔軟性をもって適応してきた実績(35.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『自社のプロジェクトに類似した業務の実績(33.5%)』『コミュニケーション能力(32.0%)』『特定の分野において高い専門性を発揮してきた実績(30.8%)』『プロジェクト管理ツールやシステムの知識や知見がある(24.0%)』と続きました。


過去のさまざまな実績が採用基準の一つとして重視されるようです。

次に、企業担当者が活用時に、【人間性】【実績・能力】について何を最重視するのか詳しく伺ってみましょう。

■【人間性】【実績・能力】の選択肢の中で最重視する項目とその理由を教えてください

  • ・人とのつながりが大切なので付き合いやすい人、しっかりと結果を出せる人(30代/女性/埼玉県)
  • ・様々な場面に遭遇することがあります。そんな時に慌てず、臨機応変に対応できるか、落ち着いて状況判断できるかなど、対応力を重視しています(30代/女性/神奈川県)
  • ・社内の要員と同じような業務内容をしてほしいと思うので、コミュニケーション力・管理力・融通性を重視したい(40代/男性/愛知県)
  • ・柔軟な対応能力︰自身の考えを持ち意見でき、突発的な変更があっても臨機応変に対応出来る。又、間違った時は隠さず報告が出来る(50代/男性/東京都)


臨機応変に対応できること、社内外問わずコミュニケーションできることなどが採用基準として重要視されていることがわかりました。

外部人材(業務委託/派遣)のPMやPMOを探すことに苦労している?

先程の質問では、外部人材(業務委託/派遣)のPMやPMOに求めるスキルや能力について伺いましたが、実際に活用したいと思う人材を見つけることは出来ているのでしょうか。


「活用したいと思うような外部人材(業務委託/派遣)のPMやPMOを探すことは、どのくらい苦労すると思いますか?(していますか?)」と質問したところ、『ある程度苦労すると思う(している)(61.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『とても苦労すると思う(している)(25.4%)』『あまり苦労しないと思う(していない)(11.8%)』『まったく苦労しないと思う(していない)(1.8%)』と続きました。


外部人材のPMやPMOを探すのに苦労すると思うと答えた企業担当者が、程度の違いはあっても8割以上いることがわかりました。

なぜ苦労すると思うのか、具体的に伺ってみましょう。

■その理由を具体的に教えてください

  • ・なかなかニーズに合った人材がいない(40代/男性/東京都)
  • ・探す場がわからない(40代/男性/埼玉県)
  • ・弊社の要望する部門のスキルと人間性が相まっていないことが多かった(50代/男性/富山県)
  • ・弊社の社風に順応できて、なおかつ専門性とスキルの高い人材を見つけるのが難しいと感じる(50代/女性/東京都)


求める人材選びに多くの企業担当者が苦労していることがわかりました。

実績、技術、コミュニケーション能力などの複数の要素を持ち合わせる人材と、企業が求める条件とをマッチングさせることは難しいようです。

【まとめ】

ここまでの調査で、企業担当者が外部人材のPM・PMOを活用する時に求める人材について詳しく伺ってきました。


企業担当者の求める人物像をまとめると、仕事に対する責任感や忍耐力の強さ、豊富な経験と実績、臨機応変に対応できる能力、コミュニケーション力などをバランスよく持ち合わせていることが大切だとわかりました。


また、そのような人材を採用することが難しいと実感している企業担当者が多いこともわかりました。


外部人材のPM・PMOとして活躍したいと考えている方は、企業担当者の要望に当てはまる経験や実績をアピールポイントとして活用してみてはいかがでしょうか。

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの案件サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの案件サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie

    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2023/05/25

2023/05/26

SEESは
非公開案件が80%以上

ITに特化したコーディネータが
あなたにぴったりの案件をご提案

SEESってどんなサービス?

年齢などを理由に他のエージェントからは案件を紹介されなかった方も、SEESでご活躍の場を見つけていただいております。

まずはお気軽にご登録ください!

\ 簡単60秒 /