「IT業界で必要とされるスキルにはどんなものがある?」
「エンジニアに必要なスキルって?」
「ITのスキルを証明する国家資格の例は?」


このように、IT業界でどのようなスキルが必要とされるのか知りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。


本記事では、ITに必要なスキルやエンジニアに必要なスキルことなどを紹介しています。本記事を読むことで、IT業界で働くためにどのようなスキルが必要とされるのか把握できるでしょう。


また、ITのスキルを証明できる国家資格についても紹介するため、国家資格の取得を目指している人も参考にできます。


IT業界で必要とされるスキルについて知りたい人は、参考にしてください。

ITに必要なスキルとは?

IT業界で働きたいと考えている人の中には、ITにどのようなスキルが必要とされるのか知りたいと考えている人もいるでしょう。たとえばITエンジニアとして働くのであれば、プログラミング言語のスキルなどIT全般のスキルが必要になります。


しかし、IT業界で働く職種にも様々な種類があるため、必ずしもこのスキルが必要というようなものはありません。

IT業界でも職種などによって必要なスキルは多種多様

IT業界で働くエンジニア職にはプログラマーやシステムエンジニア、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアなど様々な種類があります。また、エンジニア職以外にも営業職やコンサルタントなどの職種も活躍しています。


このように多くの職種が存在していることから、IT業界を目指すのであれば職種によって必要とされるスキルを身につける必要があるでしょう。

エンジニアに必要なスキル一覧

IT業界でエンジニアとして働くのであれば、IT知識やプログラミングスキルなどを身につけておく必要があります。また、コミュニケーションスキルを高めておけば、より活躍できる幅を広げられるでしょう。


ここでは、エンジニアに必要なスキルを紹介していくため、どのようなスキルが必要なのか参考にしてみてください。

基礎的なIT知識

エンジニアは情報技術や通信技術を活用しながら業務を進めていくことになるため、最低限のIT知識は備えておく必要があるでしょう。


具体的にはソフトウェアやハードウェア、データベース、ネットワーク、セキュリティなどの分野の基本知識は身につけておきましょう。これらの知識は、どのようなエンジニア職を目指す上でも基本となります。

プログラミングスキル

エンジニアの仕事はプログラム開発に関わるため、プログラミングスキルを身につけておく必要があります。IT業界のエンジニアはプログラマーからキャリアをスタートするケースが多いため、多くの場合プログラミングスキルは必須になるでしょう。


なお、開発に用いられる言語にはC言語やJava、JavaScript、PHP、Ruby、Pythonなど様々な種類があるため、将来的に自身が関わりたい分野に合わせて選択する必要があります。

ヒアリング能力

エンジニアの仕事の中にはシステムの要件を決定するという仕事もあります。要件を決めるためにはクライアントのニーズをヒアリングし、正確にくみ取る必要があるため、ヒアリング能力を身につける必要があるでしょう。

提案力

システム開発ではクライアントのニーズをシステムとして具現化することになりますが、技術的や予算などの問題で実現できないものが含まれていることもあります。


そのため、エンジニアにはできることやできないことを見極め、クライアントに代替案を提案する能力も求められます。

論理的思考力

エンジニアには物事を筋道立てて考え、結論を導き出す論理的思考力が求められます。論理的な思考力があれば、システムの設計やプログラミングを含めた様々な仕事を効率的に進められるでしょう。

コミュニケーションスキル

エンジニアは1人でパソコンに向かって仕事をするイメージが強いですが、実際の現場ではチームで協力して仕事を進めていくケースが多いです。また、職種によってはクライアントからヒアリングを行うこともあるため、コミュニケーションスキルが求められます。


コミュニケーションの質によって仕事にも大きな影響があるため、問題なく意思疎通ができるレベルのコミュニケーションスキルを身につけるようにしましょう。

セキュリティやネットワークに関する知識

エンジニアとして働く以上、セキュリティやネットワークに関する知識は必須です。安全にシステムを利用するためにも、情報セキュリティの重要性は年々増しています。


また、エンジニアであれば、ネットワーク方式やプロトコルなどのネットワークの基本についても押さえておく必要があるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

ITのスキルを証明する国家資格の例

エンジニアとしてITスキルを証明するのであれば、IT系の資格を取得するのがおすすめです。ここでは、ITのスキルを証明する国家資格の例を紹介していきますので、参考にしてください。

ITパスポート

ITパスポートとは、ITに関する基本的な知識を持っていることを証明できる国家試験です。IPAが主催している情報処理技術者試験の試験区分の1つで、ITスキル基準のスキルレベル1相当の試験です。


試験ではIT技術だけでなく、経営に関する知識やプロジェクトマネジメントなども問われます。エンジニアはもちろん、ITを利用する人におすすめの資格です。


出典:iパスとは|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/about/about.html

基本情報技術者

基本情報技術者とは、ITエンジニアを目指す人におすすめの国家試験です。情報処理技術者試験の1つで、スキルレベル2に相当します。


ITエンジニアの登竜門とも言われている試験で、経営知識を含めた幅広いITの基本知識について問われます。そのため、IT知識全般を習得していることの証明になる試験です。


出典:基本情報技術者試験(FE)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

応用情報技術者

応用情報技術者とは、ワンランク上のITエンジニアとしての知識やスキルを証明できる国家試験です。基本情報技術者試験よりも難易度の高いスキルレベル3の試験となっているため、スキルアップを目指す人におすすめです。


試験範囲は基本情報技術者と同じですが、記述式の問題となるため、その分難しい試験だと言えるでしょう。


出典:応用情報技術者試験(AP)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストとは、ネットワーク関連の業務を担うエンジニアにおすすめの国家資格です。


ネットワークスペシャリストも情報処理技術者試験の1区分ですが、ITスキル基準のスキルレベル4に相当するため、情報処理技術者試験の中でももっとも難しいレベルの試験となっています。


プログラミングやネットワーク、データベース、セキュリティなどの内容について問われます。取得することで、高度なスキルを持ったネットワークの専門家であることを証明できる試験です。


出典:ネットワークスペシャリスト試験(NW)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/nw.html

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士は、サイバーセキュリティに関する知識やスキルを証明できる国家試験です。IPAが主催している試験の1つで、情報セキュリティスペシャリスト試験の後継となる資格です。


試験に合格して登録手続きを行うことで、登録セキスペとして活動できるようになります。


出典:情報処理安全確保支援士試験(SC)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sc.html

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

ITに必要とされるスキルを獲得してみましょう

IT業界で働くエンジニアは職種によっても必要とされるスキルに違いがあります。


本記事で紹介したエンジニアに必要なスキル一覧やITのスキルを証明する国家資格などを参考に、必要なスキルを身につけてIT業界で活躍できるようになりましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300