シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

フリーランスで週3日稼働の仕事はある?働くコツやおすすめのサービスを紹介

フリーランスで週3日だけ働くことは可能なのでしょうか。この記事ではフリーランスが週3日働くことで得られる効果や週3日で働くコツ、週3日の仕事を探すのにおすすめのサービスなどを紹介します。参考にしてみてはいかがでしょうか。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「フリーランスが週3日で働くことはできる?」
「フリーランスで週3日だけ働くにはどうすればいい?」
「フリーランスが週3日の仕事を探すにはどんなサービスが利用できるの?」


このように、週3日稼働のゆとりある働き方がしたいと考えているフリーランスの方もいるのではないでしょうか。


この記事では、フリーランスが週3日働くコツについて紹介しています。この記事を読むことで、どのようにすれば週3日稼働で働けるか把握できるでしょう。


また、週3日の仕事を探すのにおすすめのサービスも紹介しているため、現在週3日の案件を探しているフリーランスの方も参考にできます。


フリーランスで週3日働く方法について知りたい方は、この記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

フリーランスで週3日働ける?

フリーランスのエンジニアとして働いている方の中には、週3日程度の稼働で働きたいと考えている方も多いでしょう。結論から述べると、週3日稼働でフリーランスとして生活していくことは可能です。


週3日稼働の場合、残りはプライベートな時間に使えるため、メリットが多い働き方だといえるでしょう。ただし、誰でも週3日働くだけで生活できるというわけではありません。

収入の目安

週3日稼働でフリーランスの場合、月収の目安は30~50万円程度です。週3日だけ働いているフリーランスエンジニアの方が、会社員のエンジニアよりも収入が多いケースもあるでしょう。


もちろん、勤務地や職種によっても収入は異なりますが、実際に週3稼働で生活できているフリーランスはこの程度の収入を得ていると考えてよいでしょう。

フリーランスで週3日働くことで得られる6つの効果

週3日稼働という余裕のある働き方に憧れているというエンジニアの方は多いでしょう。しかし実際に週3日で働く場合、どのような良い効果があるのか理解しているという方は少ないのではないでしょうか。


ここではフリーランスで週3日働くことで得られる効果について解説していくため、参考にしてみてください。

1:平日に休みを取れる

週3日だけ働くということは、一週間のうち残りの4日は休みになります。そのため、会社勤めなどをしている人が働いている平日に休みを取ることができるため、休日であれば混雑しているような場所にも平日に出掛けられるようになります。


また、会社員であれば有給を取得しなければならない市役所にも、平日に足を運べるようになるでしょう。そのため、時間の使い方に頭を悩ませる心配がなくなります。

2:家庭と両立しやすい

結婚して家族がいる方の場合、仕事だけでなく育児や家事など家庭と両立する必要があります。しかし休日や祝日しか休みがないと、家のことがなかなかできないという場合は多いでしょう。


しかし週3日だけ稼働する場合は休みの時間が増えるため、家庭に時間を割けるようになります。育児などの面でも、より多くの時間を二人で協力できるようになるでしょう。


また、夫婦共にフリーランスであれば、それぞれが週3日働くことで、うまく仕事を休まず続けられるようになるでしょう。

3:業務に集中しやすい

週3日稼働に限りませんが、フリーランスエンジニアの場合、会社勤めをしているエンジニアのように本来の業務以外の仕事を任されることがありません。フリーランスはクライアントからしてみれば外部の仕事のパートナーであるため、依頼された仕事をこなすことが重要になります。


このようにフリーランスであれば本来の業務と無関係な雑務をする必要がなくなるため、業務だけに集中しやすくなるでしょう。

4:自己投資の時間を作れる

会社員の場合は自己投資をしたくても、忙しい平日の仕事終わりや土日などの限られた時間しか使えません。その点、週3日だけ働くフリーランスであれば、残りの多くの時間を自由に使うことができます。


そのため、空いている時間を自己投資に活用することも可能でしょう。また、フリーランスエンジニアはスキルによって収入も大きく変わるため、自己投資によってスキルアップすることによるリターンも大きいです。

5:起業準備ができる

週3日だけ働いて、残りの空いている時間で起業の準備を進められます。フリーランスエンジニアが起業する場合、オリジナルのアプリの開発や運営準備などさまざまな作業があります。


週3日稼働で残りの時間を自由に使える場合、余裕を持って起業準備を進めることができるでしょう。また、前述のとおり週3日稼働でも多くのフリーランスエンジニアは月収として30万円程度の報酬を得ているため、生活に困るということもないでしょう。

6:気持ちが安定しやすい

会社員として働いている場合、普段が忙しすぎて休みの日も寝てしまい、好きなことができないという方は多いでしょう。しかし、紹介したように週3日稼働のフリーランスであれば、空いている残りの時間は遊びに行くのも自己投資に使うのも自由です。


自分の好きなことに時間を確保できるようになることで、ストレスをため込むこともなくなり、気持ちも安定しやすくなるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

フリーランスで週3日働くコツ

フリーランスが週3日だけ働いて生活しようと思うと、ある程度高単価の案件を獲得する必要があります。また、効率よく作業を行うためのスキルを身につける必要もあるでしょう。


ここではフリーランスで週3日働くコツについて解説していきます。

短時間で成果を出せるスキルを持つ

週3日だけ働くフリーランスは週5日働くフリーランスよりも稼働時間が短くなります。そのため、短時間で確実な成果を出せるスキルを身につける必要があります。


週3日稼働の場合、一度スケジュールに遅れが発生すると残りの時間で取り戻すことが困難になるため、週5日で働くエンジニアよりも確実に成果を出せるスキルを磨きましょう。

案件数の多いプログラミング言語を習得する

プログラミング言語によって案件の傾向が変わるため、週3日の案件が多い言語というものも存在します。たとえばスタートアップ企業などで活用されている言語の案件であれば、週3日稼働やフルリモートなど柔軟な働き方が可能なケースが多いです。


具体的には、週3日案件の多いRubyやSwift、Kotlin、Javaなどを習得すると良いでしょう。

稼働日以外の状況を把握する

自分は週3日稼働でも、プロジェクトに参加している他のエンジニアは週5日で稼働しているというケースもあるでしょう。このような場合、稼働日以外の状況も把握しておかなければ、自分の稼働日に何をすればいいのかわからなくなってしまいます。


稼働日にしっかりとパフォーマンスを出せるように、周りの状況もきちんと把握しておきましょう。

自己管理に注意する

週5で稼働しているフリーランスエンジニアの場合、会社員と同じようなサイクルで働くことになるため、規則的な働き方ができます。しかし週3日稼働のフリーランスエンジニアは間に休みが挟まるため、自分でしっかりと生活を管理する必要があります。


週3日だからといって生活リズムが乱れれば、休みは多いのに逆に疲れがたまってしまうこともあるでしょう。

他の案件と掛け持ちする

週3日稼働で働くなら、週3日の案件と週2日の案件などを掛け持ちするのもポイントです。掛け持ちすることによってさまざまな案件を経験できるため、エンジニアとしてのスキルもアップできます。


掛け持ちすることで経験を積み、案件の単価が上がっていけば、週3日でも十分な収入を得ることも可能になるでしょう。

人との交流を欠かさない

フリーランスとして独立すると会社員のように毎日人と関わることがなくなるため、1日中誰とも話をせずに終わるということもあります。


しかし週3日という短い稼働時間で案件をこなすには、クライアントがどのような希望を持っているのかしっかりとコミュニケーションを取って把握することが重要です。


そのため、できるだけ人との交流を欠かさないように気をつけましょう。人と関わることはコミュニケーション能力を磨く意味でも重要ですが、精神面での安定のためにも大切なことです。

週3日の仕事を探すフリーランスにおすすめのサービス

週3日の仕事を探すなら、フリーランス向けエージェントなどの案件紹介サービスを活用しましょう。フリーランス向けのサービスの中には、週2日や週3日稼働、フルリモートなど、柔軟な働き方が可能な案件も多くあります。


ここでは週3日の仕事を探すフリーランスにおすすめのサービスを紹介するため、どのようなサービスがあるのか参考にしてみてください。

シューマツワーカー

シューマツワーカーは、週末のみや土日のみといった短時間で働ける案件を見つけられるサービスです。副業を探している人と企業とをつなぐマッチングサービスで、週末だけといったすき間時間で働ける案件を探しているフリーランスに最適でしょう。


取り扱っている案件の多くがリモートワークとなっているため、自宅から短時間だけ働くことも可能です。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、IT起業家やフリーランス向けの案件紹介サービスです。週2日、週3日の案件やフルリモート案件も多く取り扱っているため、自分に合った働き方ができるでしょう。


また、専属のエージェントが希望に合った案件を紹介してくれるのはもちろん、企業との契約交渉や債権管理といった作業も代行してもらえます。

フリーランスで週3日稼働の仕事を探そう

高いスキルを身につけることができれば、フリーランスとして週3稼働で働くことも可能です。この記事で紹介したフリーランスが週3日働くことで得られる効果や週3日で働くコツなどを参考に、週3日稼働のワークライフバランスの取れた働き方を目指してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/02/22

2022/07/16