シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

エンジニアからの転職を成功させる方法とは?失敗する原因もあわせて紹介

エンジニアからの転職を考えている場合、どのような転職先があるのか知りたい人もいるのではないでしょうか。この記事では、エンジニアからの転職先や転職を成功させる方法などを解説しています。この記事の内容を参考に、転職を成功させる方法を知り、転職活動を行いましょう。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「エンジニアから転職したいけれど、どんな転職先がある?」
「エンジニアの転職先はいろいろあるけれど、自分に合う転職先がわからない」
「エンジニアからの転職で失敗したくない」


転職を考えているエンジニアの中には、このような悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。


求職者からの人気が高いエンジニアですが、一方でエンジニアから異業種や異職種に転職したいという人も増えています。


本記事では、エンジニアが転職を考える理由や転職を成功させる方法、おすすめの転職先などを解説します。この記事を読むことで、エンジニアからの転職先にはどのようなものがあるのか、転職を成功させるためにどうすれば良いのかを知ることができるでしょう。


エンジニアからの転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

エンジニアから転職を考える人の特徴

エンジニアは非常に人気のある職業であり、転職してエンジニアになることを目指す人が多くいる一方で、エンジニアから転職を考える人も増えています。


エンジニアから転職を考える人は、同業種へ転職をすることが多いのが特徴でしょう。エンジニアから転職をする多くの人が同じ業種や職種を選んで転職しています。

エンジニアから転職する人の転職先とは

エンジニアから転職する人の特徴として、同業種への転職が多いことを解説しましたが、近年徐々に同業種への転職者が減少傾向にあります。


近年、業界や業種を問わずIT化が進んでいることが一因となり、エンジニアから異業種や異職種への転職が増えてきていると言えるでしょう。


エンジニアから異業種へ転職する人は、サービス業や商社、流通業への転職が多いです。これらの業界は、異業種から転職してくる人を受け入れやすい風土があるという点で共通しています。

エンジニアから転職を考える理由

異業種や同業種に関わらずエンジニアから転職を考える人は多くいます。なぜエンジニアから転職を考えるのか、気になる人もいるでしょう。


ここからはエンジニアから転職を考える理由について詳しく見ていきます。

体力的に限界を感じる

エンジニアの仕事は激務であり、無理な納期を設定されて時間に追われたり、人手不足で一人当たりの仕事量が多かったりして体力的に限界を感じる人が多いようです。


若いうちは無理をして何とかなったことでも、年を重ねると辛くて限界を感じてしまうこともあるでしょう。


エンジニアの過酷な労働環境に体力的な限界を感じることが、エンジニアから転職を考える理由の1つとなっています。

時間の余裕がなくプライベートが満喫できない

上述したようにエンジニアの仕事は激務であり、日常的に残業が多い業界です。また、トラブルが発生するとクライアントに迷惑をかけることになるため、休日に出勤して対応することもあります。


残業が多く、休日出勤をしなくてはならない場合もあるため、時間の余裕がなくプライベートを満喫することができないことが多いです。


働き方改革などの影響でこのような状況は改善されてきていますが、それでもやはり時間に余裕がないのが実情と言えるでしょう。


時間に余裕がなくプライベートが満喫できないことでストレスを感じる場合も多いため、エンジニアからの転職を考えるようになってしまうのです。

新しいスキルについていけない

新しい技術が次から次へと登場するIT業界では、新しいスキルを習得することが必要です。しかし、エンジニアの仕事は多忙であり、新しいスキルをなかなか取り入れることができず、ついていけないこともあります。


また、エンジニアは日々同じような業務を繰り返すばかりで、新しいスキルを身に付けられる環境ではないことに不満を感じることもあるでしょう。これらのことがエンジニアから転職を考える理由の1つになっています。

労働条件・待遇に満足できない

エンジニアから転職を考える理由として、労働条件や待遇に満足できないということも挙げられます。


エンジニアは激務をこなしながら頑張って働いても給与がなかなか上がらなかったり、職場環境があまり改善されなかったりして、労働条件や待遇が十分ではないことも多いです。


社内のポジションが埋まっていてなかなか昇進の見込みが立たないと、転職を考える人もいるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

エンジニアの転職パターン

エンジニアから転職を考える場合、どのような選択肢があるのか気になる人もいるでしょう。


エンジニアから転職をする場合、エンジニアとしてより処遇の良い会社を探したり、同じ業界で転職先を探したり、これまでの知識やスキルを活かすことができる異業種へ転職したりするパターンが考えられます。


ここでは、それぞれのパターンについて詳しくご紹介します。

エンジニアとして処遇の良い職場を探す

エンジニアとしての仕事に不満はなく、労働条件や待遇に不満がある場合には、エンジニアとして処遇の良い職場を探すというのがおすすめです。


たとえば、年収アップが期待できる大手SIerや、顧客対応がほとんどなくタイムスケジュールがそれほど厳しくない社内SEなどが挙げられます。


また、独立してフリーランスのSEとなれば顧客からの信頼やスキル次第では高収入を期待することができるでしょう。

同じIT業界で転職先を探す

転職してエンジニアとしてのスキルや経験を活かして働きたい場合には、同じIT業界で転職先を探すのがおすすめです。


SNSやECサイトなどの運営や開発を行っているWeb系の企業でのシステム開発や、クライアントの話を聞いて課題を明らかにし、助言や提案を行うITコンサルタント、クライアントから問題を聞き出し解決するためのシステムを提案、開発を受注するSIerなどの仕事があります。

異業種へ転職する

システムエンジニアとは別の仕事をしたいという場合には、システムエンジニアとしての知識やスキルを活かせる異業種へ転職するのがおすすめです。


IT機器を販売する会社などIT関連の会社で、エンジニアとしての知識を活かして営業職に就くという方法もあります。


また、データ入力や資料作成などパソコンに触れる機会の多い事務職もエンジニアからの転職で人気の職種です。


多くの企業が自社のWebサイトやシステムを使用していることが多いため、エンジニアは幅広い職種で重宝されるでしょう。

エンジニアからの転職を成功させる方法

エンジニアからの転職を成功させるためには押さえておきたいポイントがいくつかあります。ここではエンジニアからの転職を成功させる方法について解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

現時点におけるスキル・経験を正確に洗い出す

自分と転職先の企業にとってプラスとなる転職をするためには、自分のスキルや経験と合った企業を選ぶことが大切です。


そのため、現時点におけるスキルや経験を正確に洗い出しましょう。改めてこれまでの経験を振り返ってみれば、自分が持つスキルに繋がる経験が見つかります。


また、エンジニアとして使用している開発環境やプログラミング言語も書き出しておくと、職務経歴がより具体的になるでしょう。

将来のキャリアを明確にイメージする

将来のキャリアを明確にイメージしておくことも、転職先を選ぶ際の重要なポイントです。将来のキャリアに対する明確なイメージを持っていなければ、業種や企業など転職先を選ぶのに迷ってしまい、転職活動がうまく進まないことが考えられるでしょう。


どのような企業で何をして、何年後にどのようにキャリアアップしたいのか明確にイメージをしておくことで、面接時にも面接官にアピールしやすくなります。

業界研究・企業研究を丁寧に行う

転職の際には業界研究や企業研究を丁寧に行うことも大切です。業界研究や企業研究をしっかり行わずに転職してしまうと、転職した後にイメージとのギャップに後悔する可能性があります。


また、その企業が持つ風土や価値観が自分に適しているか確認しておくことも重要なポイントです。インターネットやそこで働いている知人などから情報収集を行い、自分に合っているかどうかを判断しましょう。

やりがいのある業種・企業を選択する

エンジニアから転職をする場合には、自分にとってやりがいのある業種や企業を選択しましょう。


今の仕事を辞めたいという気持ちだけで転職をしてしまうと、転職後に後悔をしてしまうことが多いです。転職をする際に、なぜその業種や企業が良いのか、自分にとってやりがいがある仕事とはどのような仕事なのかをしっかり考えましょう。


自分にとってやりがいを感じることができ、働いているイメージができるような業種や企業を選択してください。

可能な限り早く行動する

エンジニアからの転職を考える場合、年齢によって転職を成功させる難易度が変わるため、可能な限り早く行動することがポイントです。


企業は未経験でもポテンシャルを評価し若い人材を採用しようと考えるため、20代であれば転職先も豊富で内定も取りやすいでしょう。


しかし、年齢が上がるにつれて内定を得るのが難しくなっていく傾向にあるため、転職をするならできるだけ早く行動するようにしてください。

転職理由を明らかに整理しておく

面接では転職理由を聞かれることが多いため、転職理由を明らかに整理しておくようにしましょう。


このとき、残業が多い、時間の余裕がないなどネガティブな転職理由を伝えると印象が悪くなるだけでなく、転職しても同じことを考えるのではないかと面接官に思われてしまう可能性があります。


そのため、ネガティブな理由は伝えず、これからのキャリアについて考えた上での前向きな転職であることを伝えましょう。

異業種への転職では年収が下がることを理解しておく

エンジニアから異業種へ転職をする場合には、年収が下がることを理解しておくことが大切です。


異業種への転職では、あなたか成果を出し、能力を認めてもらえるまで時間がかかってしまうでしょう。また、エンジニアは他の業種と比較して年収が高い傾向にあるため、一時的に年収が下がることは理解しておいた方が良いです。


あなたの実績や能力が評価されるようになれば、自ずと年収も上がっていくでしょう。

転職エージェントなどを活用する

エンジニアからの転職を考えている場合には、転職エージェントなどを活用するのがおすすめです。転職エージェントの多くは無料で利用することができ、求人を紹介してくれるだけでなく、提出書類の添削や面接対策などさまざまなサポートを受けることができます。


転職エージェントを活用することで転職を効率的に進めることができ、内定獲得の可能性が高くなるでしょう。

システムエンジニアから転職したい人におすすめのIT関連業種

システムエンジニアから転職する場合、どのような業種なら転職しやすいか知りたい人もいるのではないでしょうか。


ここからは、システムエンジニアからIT関連の仕事に転職したい人におすすめのIT関連業種をご紹介します。

Web系エンジニア

エンジニアから転職をする際に、同じ業界への転職を考えているならWeb系エンジニアがおすすめです。


Web系エンジニア市場は現在も拡大していて、急速に成長しています。また、自社でサービスを開発し提供している企業が多いため、クライアントからプレッシャーを受ける可能性が低いでしょう。


Web開発に必要なプログラミング言語を習得していれば、即戦力となれる可能性があります。

社内SE

社内SEもシステムエンジニアからの転職先としておすすめです。社内SEは社内のIT担当として、一般企業内の社内システムを企画、構築、運用したり、企業が取り扱うIT機器などの管理を行ったりします。


違う業界への転職ですが、エンジニアとしての経験やスキルを考慮してもらえるため、比較的転職しやすいでしょう。


企業によっては残業や休日出勤がほとんどないことも多いため、ワークライフバランスを重視する人にもおすすめです。

ITコンサルタント

エンジニアから同じ業界へ転職する場合、ITコンサルタントもおすすめです。コンサルタントとして働いて得られるやりがいやスキルは非常に大きく、またエンジニアと比較して年収が高い傾向にあります。


しかし、激務になり、労働時間が長くなることも多いため、時間に余裕がないことを理由に転職を考えている人には向いていないと言えるでしょう。


長時間労働を厭わず働き、自分の市場価値を高めたいという人に向いている仕事と言えます。

ゲーム系のエンジニア

ゲーム系のエンジニアもエンジニアからの転職を考えている人におすすめの職種です。関わる仕事内容は変わりますがエンジニアとしての経験やスキルを活かしやすいため、転職後に即戦力になれる可能性が高いでしょう。


ユーザーに面白いゲームだと思ってもらえるようなコンテンツを作る必要があるため、柔軟な思考や創造力、そしてそれを形にできるスキルが求められます。

半導体技術者

エンジニアから転職する場合、半導体技術者もおすすめです。半導体のシステム設計やロジック設計など、さまざまな仕事を担当する半導体技術者は、技術が頻繁に更新される仕事であるため、新しい情報を集めるのが好きで、それに対応できる人に向いているでしょう。


半導体にもトレンドがあり、その時その時で変化していきます。常に変化していくトレンドに柔軟に対応できるマインドを持っている人におすすめの仕事です。

セールスエンジニア

セールスエンジニアの仕事はエンジニアとしての知識やスキルを活かすことができるため、エンジニアからの転職におすすめです。


エンジニアと同等の知識や高いスキルに加えて、技術を売り込めるだけの営業力が必要とされます。幅広いスキルではなく、転職先の企業に関連したスキルを持っていると転職しやすいでしょう。


エンジニアとしての経験が豊富でスキルが高くても、営業力がなければ転職できる可能性は低いと言えます。

フリーランス

エンジニアから転職せずに、フリーランスとして独立するという方法もあります。フリーランスのエンジニアは需要が高く、クラウドソーシングサービスなどでも仕事の依頼が多いため、エンジニアとして高いスキルを持っていれば活躍することができるでしょう。


実力があれば報酬が上がりやすいため、人によっては企業に属していた時よりも高い報酬を得られる可能性があります。


契約にもよりますが、出勤する必要がなく、時間に縛られない働き方ができるというのもメリットと言えるでしょう。

システムエンジニアから転職したい人におすすめの異業種

システムエンジニアから、IT業界に関係のない業種に転職をしたいと考える人もいるでしょう。ここではシステムエンジニアから転職したい人におすすめの異業種を紹介します。心機一転新しい業種でチャレンジしてみたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

営業職

積極的に未経験者を採用している営業職は、エンジニアから異業種へ転職したい人におすすめです。


特別なスキルがなくても行うことができ、営業としてのスキルを身に付けることができれば、販売するものが変わっても対応することができます。


エンジニアとは関係のない業種ですが、IT関連の営業ならこれまでの仕事で培った経験を活かすこともできるでしょう。

商社・流通業

商社や流通業もエンジニアから異業種へ転職したい場合におすすめです。商社や流通業界では商品を生産者から消費者へ届ける過程に関わります。


この業界へ転職する場合には、営業職として転職することが多いでしょう。たくさんの人に関わる仕事であり、コミュニケーション能力が必要とされます。そのため、コミュニケーション能力に自信がある人に適した仕事と言えるでしょう。

事務職

システムエンジニアから異業種への転職を考えている場合、事務職もおすすめです。休日出勤や残業があることは少ないため、時間に余裕がなくてエンジニアからの転職を考えている人に向いています。


事務職は人気があるため競争率が高く、正社員での就職は難しいですが、派遣社員や契約社員であれば比較的転職しやすいでしょう。


エンジニアと比べると年収は低くなってしまう場合が多いですが、ライフスタイルを重視した働き方ができます。

金融業

地方銀行やメガバンク、証券会社などの金融業もエンジニアからの転職におすすめです。これらの金融業はIT業界経験者の求人を出していることもあるため、転職しやすいでしょう。


AIを使った資産運用をしていたり、決算システムや社内メールシステムなどを自社開発している企業なら、エンジニアの経験やスキルを活かして働くこともできます。


転職で年収を下げたくないという人は、日系企業と比較して給与水準が高い傾向にある外資系金融企業がおすすめです。

製造業

設計やプログラミングの経験を活かすことができる製造業も、エンジニアから異業種へ転職したい人におすすめです。


製造工程の管理や発注管理など、さまざまなデータをITで管理している自動車業界や電機業界にとってITは欠かすことができないものと言えます。


製造業は労働組合のある企業が多いため、福利厚生が充実していたり労働時間が守られていたりするのがポイントです。


キャリアアップには繋がりにくいものの、ワークライフバランスを重視したい人に適しているでしょう。

サービス業

選択できる業種が多く、未経験者の求人もあるサービス業も、エンジニアからの転職におすすめです。転職の際に必要とされるスキルもなく、研修やマニュアルでスキルを身に付けることもできます。


人と関わることが好きな人や、ホスピタリティのある人は、お客さんと直接関わることができるサービス業も良いでしょう。


サービス業で身に付けられる接客スキルは、販売するものが変わっても役立てることができるのもメリットです。

医療業界

近年、医療業界では電子カルテを用いて患者の情報を管理することが増えているため、エンジニアから異業種へ転職を考えている場合には医療業界もおすすめです。医療業界では院内SEとして働いたり、医療システム開発者として働いたりすることができます。


院内SEは主に院内のパソコンシステムの保守管理を行い、事務作業が多いため比較的残業が少ないのがメリットです。


一方で医療システム開発者はシステム開発や導入、テスト、運用を行います。人材不足や海外需要の増加で需要や将来性が高いのがメリットと言えるでしょう。

教育関連

人材育成に興味がある人は、エンジニアから転職して教育関連の分野に携わるのもおすすめです。自分の経験を活かしてIT専門学校やIT研修、セミナーなどの講師をすることができます。


経験や教えることができる内容によって年収に幅がありますが、専門的な内容を教えることができれば高年収を狙うこともできるでしょう。

エンジニアからの転職に失敗する原因

エンジニアから転職をしようとして、失敗する人もいます。エンジニアが転職に失敗するのにはさまざまな原因がありますが、ここではその主な原因について見ていきましょう。

転職活動を後回しにして行ってこなかった

転職活動を後回しにして行ってこなかった場合、転職活動に失敗しがちです。エンジニアの仕事は激務であり時間に余裕がないことも多いため、転職活動を後回しにしているうちに年齢が高くなり転職が難しくなってしまいます。


システムエンジニアは30代になると求められるスキルが高くなるため、転職の難易度が上がることも多いです。転職をするなら転職活動を後回しにせず、早めに行動するようにしましょう。

誰にも相談することなく転職活動を行ってしまった

誰にも相談することなく転職活動を行うのも、転職活動に失敗する原因として挙げられます。誰にも相談せずに一人で転職活動をすると断片的な情報で転職を決めてしまったり、情報が多すぎて決められなかったりすることがあるでしょう。


転職サイトなどを見ると大量の求人の中から、自分に適した求人を探すのに多くの時間を取られてしまいます。


転職エージェントを活用すれば、自分で求人を探さなくても適した求人を紹介してくれるため、効率的に転職活動を進めることができるでしょう。

スキル・経験を洗い出さずに転職した

スキルや経験を洗い出さずに転職してしまうと、後から後悔することになる場合もあるため、注意が必要です。


しっかりスキルや経験を洗い出さないと自分を過大評価してしまい、自分の市場価値を見誤ったまま転職活動を行うことになります。そうすると、応募してもなかなか転職先が見つからない可能性が高いでしょう。


そのようなことにならないためにも、転職活動を行う前に自分のスキルや経験をしっかり洗い出すことが大切です。

転職の理由・目的が明確でないまま転職した

とにかく今の仕事を辞めたいという思いから転職の理由や目的が明確でないまま転職してしまうと、転職先でも同じような理由ですぐに退職したくなる可能性があります。


なぜ転職をしたいと思ったのか、自分はどんな仕事がしたいのかを明確にし、安心して長く働ける転職先を見つけましょう。

エンジニアからの転職を成功させる方法を知り行動してみよう

エンジニアから転職を考える理由や、おすすめの転職先、転職を成功させる方法などについて解説しました。


エンジニアは激務で時間的余裕もないことから、ワークライフバランスを重視して転職を考える人も少なくないでしょう。


エンジニアからの転職では同じ業界だけでなくIT関連や異業種など、さまざまな選択肢があります。自分が転職して何をしたいのか、どのようなことを重視したいのかをよく考え、転職先を考えることが大切です。


この記事で紹介した内容を参考に、転職を成功させる方法を知り、行動してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/04/26

2022/07/20