シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

データアナリストに役立つおすすめの資格9選|仕事内容や求められる知識も紹介

データアナリストにはどのような資格が役立つのでしょうか。本記事ではデータアナリストの仕事内容やデータアナリストにおすすめの資格、データアナリストに求められる知識などを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「データアナリストとはどんな仕事?」
「データアナリストに役立つ資格にはどんなものがある?」
「データアナリストに求められる知識やスキルとは?」


このように、データアナリストに必要な資格や知識、スキルなどについてさまざまな疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


本記事では、データアナリストに役立つおすすめの資格や仕事内容などを紹介しています。この記事を読むことで、具体的にどのような資格がデータアナリストに役立つのか把握できるでしょう。


また、データアナリストに必要なスキルなどについても紹介していますので、これからデータアナリストへの転職を視野に入れている方にも役立ちます。


データアナリストに役立つおすすめの資格について知りたいと考えている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

データアナリストの仕事内容とは?


近年あらゆる業界でデータの利活用が広まる中で、データアナリストの重要性も高まってきました。データアナリストにはコンサル型とエンジニア型の2種類がありますが、それぞれ業務内容は異なります。


データアナリストを目指す場合、コンサル型とエンジニア型の仕事内容の違いについても把握することが大切です。ここではデータアナリストの仕事内容について解説します。

コンサル型の場合

コンサル型のデータアナリストとは、クライアント企業が抱えている課題解決のためにデータ分析を行うことが仕事です。主にコンサルティング会社などに勤務し、データ分析の結果から解決策のアドバイスを行います。


後述するエンジニア型データアナリストと比較すると、ExcelやBIツールなどのツールを活用し、ビジネスに関わる案件に携わる傾向があります。

エンジニア型の場合

エンジニア型のデータアナリストは、コンサル型よりもITエンジニアに近い立ち位置で仕事を行うデータアナリストです。主にWebメディアの運営会社などに勤務し、自社で効果測定やアクセス解析などを行います。


また、エンジニア型のデータアナリストはデータマイニングなどを利用して、ビッグデータの分析を行い、事業に貢献するという役割を持ちます。


コンサル型のデータアナリストと違ってプログラミングスキルも必要となるため、よりエンジニアに近いポジションだと言えるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

データサイエンティストとの違い


データアナリストもデータサイエンティストと同様に、データ分析によって得られた結果をビジネスに活かすことが仕事ですが、前述のとおりデータアナリストにはコンサル型とエンジニア型があります。


データサイエンティストはデータアナリストの上位職となっているため、両方のスキルや役割を兼ね備えていると言えるでしょう。

データアナリストに役立つおすすめの資格9選


データアナリストは、データ分析のための専門的な知識やスキルが求められます。そのため、データアナリストに必要なスキルを身につけるためには資格を取得するのがおすすめです。


ここではデータアナリストに役立つおすすめの資格を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1:統計検定

統計検定とは、統計に関する知識や活用力を認定する全国統一の資格試験です。一般財団法人「統計質保証推進協会」が認定している資格です。


5段階のレベルと、統計調査士や専門統計調査士などの種別にわかれています。


準1級以上になると実社会の課題に対してデータ分析を活用するスキルを証明できるため、データアナリストであれば準1級の取得を目指すのがおすすめです。

2:ORACLE MASTER

ORACLE MASTERは、世界的に有名なOracle Databaseの管理スキルを証明できる資格です。日本オラクル社が認定するベンダー資格で、試験勉強を通してデータベース管理に必要なスキルを体系的に身につけることができます。


試験のグレードはBronze、Silver、Gold、Platinumの4つとなっており、Oracle Databaseの管理や運用に関する問題、SQLの問題などが出題されます。

3:OSS-DB技術者認定試験

OSS-DB技術者認定試験は、LPI-Japanが認定しているオープンソースデータベースの知識や技術力を認定する資格です。


OSS-DB技術者認定試験には「Silver」と「Gold」の2つのレベルがあり、SilverはPostgreSQLなどのオープンソースデータベースの設計、開発、導入、運用スキルを、Goldは大規模なデータベースシステムの改善や、運用、コンサルティングスキルを認定するものとなっています。


データ分析に必須なデータベースに関連した資格であるため、データアナリストにおすすめです。

4:情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は、情報処理技術者としての知識や技能が一定以上の水準であることを認定する国家資格です。


経済産業省が実施している資格で、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験などの幅広いIT知識を認定する試験や、ITストラテジスト試験やシステムアーキテクト試験、データベーススペシャリスト試験といった高度な知識や技能を認定する試験にわかれています。


出典:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/

5:応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、応用的な情報処理技術者としての知識やスキルを認定する国家資格です。前述の経済産業省が実施している情報処理技術者試験の1区分で、基本情報技術者試験よりも応用的な内容が出題されます。


応用情報技術者試験の試験勉強を通して、データアナリストに必要な基本的なIT知識や応用力を習得できるでしょう。


出典:応用情報技術者試験(AP)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html

6:データベーススペシャリスト試験(DB)

データベーススペシャリスト試験(DB)とは、データベースの専門分野の知識やスキルを認定する国家資格です。情報処理技術者試験の1区分で、難易度の高い高度情報処理技術者試験の1つとなっています。


試験勉強を通して、データベースのスペシャリストとして高品質なデータベースの企画や要件定義、開発、運用保守を行うスキルを身につけられるため、データアナリストに役立つでしょう。


出典:データベーススペシャリスト試験(DB)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/db.html

7:Python3 エンジニア認定データ分析試験

Python3 エンジニア認定データ分析試験は、Python3を利用したデータ分析の基礎や方法のスキルを認定する資格です。


一般社団法人「Pythonエンジニア育成推進協会」が認定している民間資格で、問題は「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」から出題されます。


Pythonはデータ分析に活用される汎用言語であるため、データアナリストに必要なPythonによるデータ分析のスキルを身につけるためにも、有効な資格試験です。

8:G検定・E資格

G検定・E資格とは、一般社団法人「日本ディープラーニング協会」が認定しているディープラーニングに関する資格です。「日本ディープラーニング協会」は、ディープラーニングに関する知識を有し、事業に活用できるジェネラリストや実装できるエンジニアの育成を目指す協会です。


G検定はジェネラリスト向けの資格、E資格はエンジニア向けの資格となっているため、データアナリストの種類に合わせて受験するとよいでしょう。

9:アクチュアリー資格試験

アクチュアリー資格試験はアクチュアリーになるための資格試験です。公益社団法人「日本アクチュアリー会」が認定している資格試験で、保険数理士や保険数理人とも呼ばれるアクチュアリーに必要な知識を認定します。


資格勉強を通して、データアナリストに必要な確率や統計などの知識を身につけられるでしょう。

データアナリストに求められる知識やスキル


データアナリストにはIT全般の知識が必要になります。また、その中でも統計学やデータベース、プログラミング言語のスキルなどは必須になるでしょう。


ここでは、データアナリストに求められる知識やスキルについて解説します。

統計学の知識

データ分析では、クラスター分析やアソシエーション分析などの分析手法を用いることになります。このデータ分析には統計学の知識が必須となるため、データアナリストには統計学の知識が必要です。


ほかにも確率や統計、微分積分などの知識も習得しておくと良いでしょう。

データベースの知識

データ分析で用いるデータはデータベースによって管理することになるため、データアナリストにはデータベースの知識も必要です。


リレーショナルデータベースによるデータ管理に対する理解や、データを扱うためのデータベース言語であるSQLのスキルは、身につけておくようにしましょう。

プログラミングスキルや言語の知識

データアナリストはプログラマーと違い、基本的にはプログラミングを行うことはありません。しかし、機械学習やディープラーニングなどではPythonやR言語などのプログラミング言語を使用することになるため、これらの言語の知識は身につけておきましょう。


PythonやR言語には、データ分析に活用できるフレームワークも豊富に用意されています。

データ分析ツールの知識

データ分析を実施する際にはさまざまなツールを利用することになるため、データ分析ツールに関する知識も必要です。たとえば、Web上からデータを収集するWebスクレイピングツールが扱えれば、プログラミングせずにデータ収集ができるようになります。


また、データの可視化を行うためには、BIツールの活用も欠かせないでしょう。

マーケティングの知識

データアナリストの仕事はデータ分析を行うことではなく、データ分析の結果を企業のビジネス課題の解決に活かすことです。そのため、データアナリストにはマーケティングの知識やビジネスへの理解も必要になります。


マーケティングに関する基本的に知識がなければ、データ分析結果を利益に結び付けることは難しいでしょう。

論理的思考力

データ分析は課題解決のために行うものです。たとえ優れたデータ分析スキルを持っていても、解決すべき課題の設定が誤っていると、企業の抱える問題を解決することはできません。


そのため、データアナリストは論理的思考力を駆使し、適切な課題設定を行うことが重要になるでしょう。

データアナリストの業務形態


データアナリストはIT企業だけでなく、さまざまな業種の企業で活躍しています。データアナリストの業務形態としては、2つに分けることができるでしょう。


ここでは、データアナリストの業務形態について解説します。

クライアントワーク業務

クライアントワーク業務とは、クライアント企業の課題解決を行うことを事業とする企業で就業することです。クライアントワークに該当する企業としては、マーケティング会社やWeb制作会社などがあります。


クライアントワーク業務を行うデータアナリストは、さまざまな案件に携わることができるでしょう。

インハウス業務

インハウス業務とは、自社の製品やサービスに関連したデータ分析を行っている企業で就業することです。インハウスとは「社内」といった意味を持つ言葉で、金融や証券、医療、研究機関、大学などで活躍するデータアナリストが該当します。


これらの組織では、各種専門分野のデータ分析スキルを持ったデータアナリストが活躍しています。

データアナリストの将来性


世間ではDX化が推進されていますが、DX化に対応できるような高度IT人材は不足している状態です。そのため、データアナリストの需要は高い状態にあります。


今後もデータアナリストの需要が増すことが予想されているため、データアナリストには高い将来性があると言えるでしょう。

データアナリストにおすすめの資格を参考に取得を検討してみよう


データアナリストにはさまざまな知識やスキルが必要となるため、資格を取得するのがおすすめです。


ぜひ、本記事で紹介したデータアナリストにおすすめの資格や、データアナリストに求められる知識やスキルなどを参考に、必要なスキルを身につけてデータアナリストを目指してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/01/27

2022/07/20