シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

クラウドワークスの銀行口座開設における3つの手順|おすすめは手数料の少ない楽天銀行

クラウドワークスの振込手数料が高いとお悩みの方もいるでしょう。本記事では、クラウドワークスの銀行口座登録方法と報酬の受け取り方法や、手数料がお得な銀行を紹介しています。クラウドワークスの報酬の仕組みを知りたい方や、手数料を節約したい方はぜひ参考にしてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「クラウドワークスの報酬受け取りに口座開設は必要?」
「クラウドワークスへの銀行口座の登録手順を知りたい」
「手数料はどこの銀行口座がお得なの?」


このように、クラウドワークスの銀行口座開設について詳しく知りたいと思っている方もいるでしょう。


本記事では総合型クラウドソーシングサービスの一つであるクラウドワークスの、銀行口座登録や出金方式の種類とタイミング、手数料がお得な銀行を紹介します。


この記事を読むことで、クラウドワークスでの口座開設の手順や出金方法を理解でき、手数料を抑えてお得に報酬を受け取れるようになるでしょう。


クラウドワークスの利用を検討中の方、銀行口座の登録方法を知りたい方、手数料を節約してお得に副業で稼ぎたいと考えている方は、この記事をぜひチェックしてみてください。

クラウドワークスに銀行口座登録は必要?

クラウドワークスで実施した仕事の報酬を受け取るためには、銀行口座の登録が必須です。


アカウント情報に銀行口座を登録せずに、クライアントから仕事を受注して作業することは可能です。しかし、報酬を受け取る方法は銀行振込しかないため、仕事をしたら銀行口座を登録しましょう。

出金申請期限に注意

仕事をした後の報酬はワーカーが希望する出金方法で受け取れますが、出金申請には期限があることに注意が必要です。


クラウドワークスでは、出金申請期限を「報酬支払い確定日から180日後まで」と定めており、これを過ぎると報酬を受け取れなくなります。頑張って手に入れた報酬を無駄にしないためにも未出金一覧を確認し、期限までに出金申請を行いましょう。


出典:【ワーカー】報酬の出金期限はありますか?|株式会社クラウドワークス
参照:https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10367?l=ja&url=10367

クラウドワークスの銀行口座開設における3つの手順

ここからは、クラウドワークスへの銀行口座登録の手順を、ステップごとに紹介します。


すでにクラウドワークスのアカウントをお持ちの方は、3つの手順で銀行口座登録が可能です。初めてクラウドワークスに登録する方は、アカウント登録の手順の1つとして行えますので、この機会に登録にチャレンジしてみてください。

1:「プロフィール編集」を開く

銀行口座情報を登録するには、クラウドワークスのアカウントが必要です。持っていない場合はまずアカウント登録を行いましょう。


アカウントを登録済の方はクラウドワークスのサイトからログインし、ページ右上にあるアカウント名をクリックして、プルダウンメニューにある「プロフィール編集」を選択してください。

2:「振込先口座登録」を開く

プロフィール編集の画面が開いたら、共通情報メニューの中にある「振込先口座登録」をクリックしてください。


すでに登録済の銀行口座を変更したい場合も、このメニューから手続きが可能です。

3:本人名義の口座情報を登録する

口座情報の入力画面が開くため、必要な情報を入力して「口座を登録する」をクリックしてください。


銀行口座の名義人は、アカウント登録した本人のもののみが登録できます。また、日本の銀行口座のみ登録可能であることにも注意しましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

クラウドワークスの銀行口座に関する知識

口座情報を入力することで、クラウドワークスからの報酬を受け取る準備ができました。ここからは、おすすめの銀行や、振込日、出金方法の種類と特徴について紹介します。


銀行の種類や出金方法によって、かかる手数料が異なります。正しい知識を身につけて、お得に利用しましょう。

おすすめは楽天銀行

クラウドワークスに登録する銀行口座は、楽天銀行がおすすめです。


クラウドワークスからの振込手数料は、他の銀行の場合は税込み500円ですが、楽天銀行だけは税込み100円に設定されています。振込手数料は1回の出金ごとに発生するため、楽天銀行を設定しておくことで手数料の節約につながるでしょう。


出典:【共通】振込手数料について|株式会社クラウドワークス
参照:https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10214/?l=ja&url=10214

振込日は月2回

クラウドワークスからの報酬振込日は、基本的には「15日締め・月末振込」と「月末締め・翌月15日振込」の2回です。出金申請を行うと、15日時点での未出金報酬は月末日に振り込まれ、月末時点のものは翌月15日に振り込まれます。


未出金の報酬の状態によっては、この振込日以外で出金できる「クイック出金」も利用可能です。クイック出金の詳細についてはのちほど紹介します。


出典:【ワーカー】報酬が振り込まれるタイミングについて|株式会社クラウドワークス
参照:https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10213?l=ja&url=10213

出金方式

クラウドワークスには3種類の出金方式があり、ワーカーは自分の好きな方式をリクエストして報酬を受け取れます。また、「クイック出金」をリクエストすると、3種類の出金方式とは別に、決められた締め日以外で出金が可能です。


ここからは、それぞれの出金方式の詳細と特徴を紹介します。

随時出金方式(標準設定)

随時出金方式は、締め日時点の未出金報酬額が1,000円以上ある場合、当月末日に振り込まれる方式です。未出金報酬額が1,000円に満たない場合は振込を行わず、次回の締め日まで繰り越されます。


クラウドワークスではこの方式を初期設定としています。1,000円以上の未出金報酬がある場合は、特別なリクエストをしなくても月2回振り込まれますが、その都度振込手数料が差し引かれてしまいます。他の方式にしたい場合は、サイトの報酬確認画面で変更しましょう。


出典:【ワーカー】出金方法の変更について|株式会社クラウドワークス
参照:https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10217?l=ja&url=10217

50,000円以上出金方式(オプション)

50,000円以上出金方式は、締め日時点の未出金報酬額が50,000円以上ある場合、当月末日に振り込まれる方式です。未出金報酬額が50,000円に満たない場合は振込を行わず、次回の締め日まで繰り越されます。


随時出金方式との違いは未出金報酬額のみですが、随時出金方式よりも金額が大きいため振込回数が減り、手数料を節約できます。自身の獲得報酬に合った出金方式を選びましょう。


出典:【ワーカー】出金方法の変更について|株式会社クラウドワークス
参照:https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10217?l=ja&url=10217

キャリーオーバー方式(オプション)

キャリーオーバー方式とは、未出金の報酬額があっても出金せず、次回に繰り越す方式です。


出金したい場合は随時出金方式か、50,000円以上出金方式に変更しましょう。出金方式を変更後の締め日時点での未出金報酬額を、その次の振込日に受け取れます。


報酬額を繰り越せ、まとまった額になってから出金可能のため、手数料を節約できる方式であると言えるでしょう。ただし、報酬支払い確定日から180日経過すると出金できなくなるため、それまでに出金処理を行う必要があります。


出典:【ワーカー】報酬の出金期限はありますか?|株式会社クラウドワークス
参照:https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10367?l=ja&url=10367

クイック出金

クイック出金とは、締め日に関係なく、申請から4営業日以内に未出金報酬を出金する手続きのことです。


クラウドワークスが定めた月2回の出金日以外でも報酬を受け取れるので便利ですが、通常の振込手数料の他に出金額の5.0%の利用料がかかります。


また、クイック出金申請後にはクラウドワークス事務局で審査が行われ、否認された場合にはクイック出金手続きは行われないことも頭に入れておきましょう。


出典:【ワーカー】早く出金を行いたい場合(クイック出金について)|株式会社クラウドワークス
参照:https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10215/?l=ja&url=10215

クラウドワークスの報酬が口座に振り込まれない例

クラウドワークスに銀行口座を登録して出金方式も設定したのに、出金日に報酬が振り込まれないことがまれにあります。


ここからは、クラウドワークスの報酬が口座に振り込まれない例とその理由、対応方法について見ていきましょう。

口座情報が間違っていた

クラウドワークスに登録した銀行口座情報に誤りがある場合は、報酬は振り込まれません。振込ができなかった場合はクラウドワークスから通知が届きますので、まずは登録している銀行情報に誤りがないかを確認し、誤っている場合は修正しましょう。


また、振り込まれなかった場合もクラウドワークスからの振込手数料は発生するため、注意が必要です。


さらに、出金方式を「随時出金方式」または「50,000円以上出金方式」にしている場合は、振込エラーにより自動的に「キャリーオーバー方式」に変更されている場合があります。銀行情報を確認した後は、出金方式が希望する方式になっているかも確認しましょう。


出典:【ワーカー】出金方法の変更について|株式会社クラウドワークス
参照:https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10217?l=ja&url=10217

報酬よりも手数料が上回った

出金対象の報酬額よりもクラウドワークスの手数料が上回った場合も、報酬は振り込まれません。


クイック出金の場合は、楽天銀行以外の銀行の振込手数料である500円と、5.0%のクイック出金手数料を合わせ、最低出金可能金額は530円に設定されています。


振り込まれていない場合は、振込対象の報酬額が手数料を上回っているかを確認しましょう。


出典:【ワーカー】報酬が振込手数料以下の場合について|株式会社クラウドワークス
参照:https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10219/?l=ja&url=10219

振込日が土日だった

振込日が土日祝日と重なった場合は、報酬はその前日に振り込まれます。


年末年始など、銀行が長期連休となる場合はさらに前倒しになる可能性があります。振込日に入金されていないと思ったら、その前日の入金履歴を確認してみましょう。

クラウドワークスの口座登録について把握しよう

クラウドワークスの銀行口座の登録方法やおすすめの銀行、出金方式の特徴と、使い分けや入金されない場合の主な原因と対策について紹介しました。


報酬の受け取りには手数料が発生しますが、クラウドワークスを利用する場合は手数料が少ない楽天銀行がおすすめです。


クラウドワークスから報酬を受け取る方法は銀行振込のみで、登録手順も簡単なため、クラウドワークスのアカウントを登録したら早めに銀行口座を登録しておきましょう。


また、ワーカーのスタイルに合わせた形式での報酬出金が可能です。自分の好みに合った出金方式を選択し、手数料が余計にかからないよう工夫してみてください。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/02/22

2022/07/20