「Unityエンジニアってどんな仕事?」
「Unityエンジニアの将来性は高いって本当?」
「Unityエンジニアになるにはどんな方法がある?」


このように、Unityエンジニアの将来性について知りたいと考えている方もいるのではないでしょうか。


本記事では、Unityエンジニアの仕事内容やUnityエンジニアの将来性などを紹介しています。本記事を読むことで、Unityエンジニアがどのような仕事なのか理解を深められるでしょう。


また、Unityエンジニアに必要なスキルなども紹介するため、Unityエンジニアになりたいと考えている方も参考にできます。


Unityエンジニアの将来性について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Unityとは?

Unityとは、主にゲーム開発に用いられる開発ツールです。3Dゲーム開発の分野で高いシェアを獲得しているゲームエンジンで、Unityを使って開発を行うエンジニアのことをUnityエンジニアと呼びます。


Unityはゲーム開発に用いられるイメージが強いですが、ゲーム業界以外でも活用されていることから、今後はUnityエンジニアが活躍できるフィールドも広がっていくことが期待されています。

Unityエンジニアの仕事とは?

Unityはゲーム開発に用いられる開発ツールですが、ゲーム開発以外の分野でも活用されています。そのため、Unityエンジニアの仕事も多岐にわたります。


ここでは、Unityエンジニアの仕事について解説していきます。

フロントエンド開発

フロントエンド開発とは、主にユーザーの目に触れるブラウザ側の開発を指します。UnityエンジニアはゲームやアプリケーションのUIなど、ユーザーが直接触る部分の開発を行うケースも多いです。


フロントエンド開発に携わる場合、主にグラフィカルなプログラムの開発を行います。他にも、APIを使ったサーバーサイドとの連携や通信設計などを担当することになるでしょう。

サーバーサイド開発

サーバーサイド開発とは、フロントエンドとは反対にユーザーの目には見えないサーバー側の処理の開発を指します。仕事内容は、基本的にはサーバサイドエンジニアと同じです。


ただし、Unityエンジニアの場合は3Dゲームのサーバーサイド開発を行うケースが多いため、3Dゲーム開発に必要なテクスチャやマテリアルなどの知識が求められるでしょう。

ゲーム開発

Unityエンジニアの代表的な仕事は、ゲーム開発で汎用的な処理を実装することです。ゲーム開発ではシナリオに沿ったイベントやキャラクターなどの実装を行います。


Unityにはゲーム開発に必要な基本的な処理があらかじめ機能として用意されているため、一からプログラミングを行わなくても3Dゲームが開発できます。


プログラミングスキルが無くてもゲームを開発することは可能ですが、独自の表現を実現するためにはC#を使ったプログラミングも必要です。

ゲーム開発以外の開発

Unityは、ゲーム開発以外にも自動車業界や医療業界など様々な業界で活用されています。自動車業界では、Unityを使ったVR開発によって3Dイメージを再現しながらデザイン設計を行うことが可能です。


医療業界では、外科手術などに使用するVRシミュレーターの開発に利用されています。このようにUnityを利用することで、精度の高いシミュレーターやVR、AR開発を実現できます。

Unityエンジニアの将来性について

Unityエンジニアという仕事に興味を持っている方の中には、Unityエンジニアの将来性について気になっている方も多いでしょう。オンラインゲームの普及や需要の拡大もあり、今後もゲーム業界は成長していくことが予想できます。


ここでは、Unityエンジニアの将来性について解説していきます。

Unityエンジニアの将来性は高い

Unityは3DゲームやVRゲームの開発だけでなく、マルチプラットフォームにも対応しているため、オンラインゲームやゲーム機用のソフトウェアなどあらゆる環境のゲーム開発に対応しています。


ゲーム業界は今後も成長していくことが予想されているため、Unityエンジニアは将来性の高い職種だと言えるでしょう。

Unityはゲーム以外の分野からも需要が高くなってきている

医療分野でのVRシミュレーター開発や自動車業界での設計、さらに建築業界の設計や施工など、様々なシーンでUnityの需要が増えてきています。


今後もUnityが活用される分野は増えていく可能性があることから、将来的にUnityエンジニアの需要はより高まるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Unityエンジニアに必要なスキル

Unityエンジニアを目指す場合、Unityの操作スキル以外にもいくつかのスキルの習得が求められます。ここではUnityエンジニアに必要なスキルを紹介していくため、参考にしてみてください。

チームを管理するマネジメントスキル

ゲーム開発などの開発現場では、基本的に複数人のチームで作業を進めることになります。それぞれが自分の担当する箇所の開発を行い、結合しながらゲームを完成させていくため、お互いに進捗を把握しておく必要があります。


このような理由から、自身の仕事をしっかり管理し、他のメンバーの進捗も把握しておくためのマネジメントスキルが必要になるでしょう。また、開発現場でのリーダーの役割を担う場合は、チームを管理するためのより高度なマネジメントスキルが求められます。

プログラミングスキル

Unityにはゲーム開発に必要な基本的な機能があらかじめ用意されているため、プログラミングを行わなくてもゲーム開発ができます。


しかし機能の拡張やチューニングなどを行う場合にプログラミング作業が発生するため、UnityエンジニアにはC#でのプログラミングスキルが必要になるでしょう。

3Dモデリングのスキル

Unityはゲームキャラクターの3Dモデリングだけでなく、医療業界での骨格や臓器の3Dモデリングなどにも用いられています。そのため、Unityエンジニアには3Dモデリングのスキルも必要になるでしょう。


高度な3Dモデリングのスキルを身に付けることで、Unityエンジニアとして活躍できるフィールドも広がっていくでしょう。

アセットとメモリの使用量の管理スキル

Unityで3Dモデリングなどを多用していると、メモリの使用量が多くなりすぎて動作が固まることがあります。このような場合、どのアセットがメモリを消費しているのか確認する必要があるため、Unityエンジニアにはアセットとメモリの使用量の管理スキルが必要になるでしょう。


なお、AssetBundleと呼ばれる機能を利用すればアセットをまとめて管理できるため、習得しておくと良いでしょう。

Unityエンジニアになる方法

Unityエンジニアになるためには、ここまで紹介してきたようなスキルを身に付ける必要があります。すべてのスキルを最初から習得しておくことは難しいですが、まずはプログラミングスキルなどの最低限のスキルを習得し、実務を通してスキルアップしていくと良いでしょう。


スキルを習得する方法としては、スクールに通う、独学で勉強するといった選択肢があります。ここでは、Unityエンジニアになる方法について解説していきます。

プログラミングスクールに通って技術を習得する

プログラミングスクールに通うことで、効率的にプログラミングスキルを身に付けられます。スクールではカリキュラムに沿ってプロの講師から指導してもらえるため、短期間でスキルを習得できるでしょう。


また、分からない点があってもその場で確認しながら学習を進めていけるため、途中で挫折するリスクも軽減できるでしょう。ただし、プログラミングスクールは費用が高額になるケースが多いというデメリットもあります。

独学で勉強して技術を習得する

書籍や学習サイトなどで独学する場合は、自分のペースで勉強でき、費用も抑えられます。ただし、独学の場合はモチベーションを保つことが難しく、途中で挫折してしまうリスクもある点には注意が必要です。


独学で勉強する場合、勉強を始める前に「ゲームを作る」などの目標を立ててから学習を進めると良いでしょう。

自分でゲームを作ってみる

独学やプログラミングスクールを利用することである程度プログラミングスキルを身に付けたら、自分でゲーム開発を行ってみると良いでしょう。自ら手を動かしてゲームを作ってみることで、より実践的なスキルを習得できるでしょう。

Unityエンジニアの年収はどれくらい?

Unityエンジニアに絞った年収のデータはありませんが、ゲームプログラマーの年収は490万円ほどとなっています。


また、スマートフォン向けゲーム開発の求人では想定年収が450~800万円ほど、アプリ開発の場合は350~700万円ほどとなっています。


そのため、Unityエンジニアの年収としては300~800万円ほどが相場だと言えるでしょう。

Unityエンジニアとして働く場合の注意点

ゲーム業界はVRやARなどの新しい技術を積極的に取り入れており、スマホゲームの流行によって新しいゲーム会社が次々に生まれています。


このように勢いのある業界だからこそ、Unityエンジニアを目指す場合にはいくつかの注意点があることも押さえておきましょう。最後に、Unityエンジニアとして働く場合の注意点について解説していきます。

常に最先端の技術を求め続ける

ゲーム業界は新しい技術を次々に取り入れているため、ゲーム業界で働くことで最先端の技術に触れるチャンスもあります。ゲーム業界で活躍できるUnityエンジニアになるためには、常に最先端の技術を習得していく姿勢が必要になるでしょう。


現在はUnityのシェアも高いですが、将来的には別のツールが主流になる可能性もあります。また、新しい技術が求められる可能性もあるため、常に新しい技術を習得していくようにしましょう。

最低でも3年は勤められる会社を選ぶ

企業を選ぶ際には、最低でも3年程度は勤められる経営基盤が安定した企業を選ぶことが大切です。近年ではスマホゲームやスマホアプリ開発を中心に新しい会社が多く生まれていますが、経営基盤が安定していないケースもあります。


そのため、勢いのある会社だからといって安易に就職先を決めないように気を付けましょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

Unityエンジニアの将来性について知っておこう

今後ゲーム業界をはじめUnityエンジニアが活躍できるフィールドは増えていくことが予想されるため、Unityエンジニアには将来性があると言えます。


本記事で紹介したUnityエンジニアの仕事内容や将来性などを参考に、積極的にスキルを身に付けて将来性の高いUnityエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300